ビギナーバイナリーオプション

MACDの使い方

MACDの使い方
ゼロラインをサインとして重視されている方々がいらっしゃったので何か有効な考え方が背景にあるんじゃないだろうかと疑問に感じましたがゼロラインその物にはやはりあまり意味はなさそうですね。

ただMACDは計算上、0からの距離が平均線より見易いため上昇や下降幅、直近の最大点が見易くなっている事に自分なりに平均線とは被らない存在意義を見つける事ができました。

皆様ご解答頂いてどうもありがとうございます。

MACDの使い方

考案者:ジェラルド・アペル(Gerald Appel) 1970年代

短期と長期の指数平滑移動平均線によりトレンドの方向性、転換を見極めます。
MACDは、「マックディー」あるいは、「エム・エー・シー・ディー」と呼びます。
Moving Average(移動平均線) Convergence(収束) Divergence(拡散)

MACD=短期EMA-長期EMA(短期と長期のEMAの乖離幅)
シグナル=MACDの指数平滑移動平均線
(通常用いる期間:短期12日、長期26日、シグナル9日)

≪指数平滑移動平均線(EMA:Exponential Moving Average)の計算式≫


※初日は単純平均を使います
MACD=短期(12日)EMA-長期(MACDの使い方 26日)EMA=0ということは、
短期トレンド=長期トレンドということですから、
トレンドの転換点といえます。
・プラス圏 短期(12日)EMA-長期(26日)EMA>0ということは、
短期トレンド>長期トレンドということですから、
上昇トレンドといえます。
・マイナス圏 短期(12日)EMA-長期(26日)EMA<0ということは、
短期トレンド<長期トレンドということですから、
下降トレンドといえます。
トレンドが始まった場合、
短期指数平滑移動平均線(EMA)⇒早めに反応
長期指数平滑移動平均線(EMA)⇒遅れて反応
トレンドの序盤から中盤にかけて、MACDは拡大します⇒短期>長期
トレンド終盤では、MACDは縮小します⇒0 短期横ばい・長期継続

取引ルール

【買いシグナル】
・MACDがシグナルを上抜けた時⇒上昇トレンド開始の可能性(※BuySellポイント買い)
・MACDが0の上に抜けた時⇒上昇トレンドの確認(短期>長期)
「ゴールデンクロス」:短期移動平均線が長期移動平均線を上抜いた地点

・逆行現象(強気の乖離(ブリッシュ・ダイバージェンス):
相場が下降しているのに、MACDが下げ渋る状態
価格が低水準にある場合、価格の下落力の低下によってMACDが上昇することで引き起こされていると考えられます。下落力の低下、すなわち、底値反発という転換点が近いことを示唆しています。

【売りシグナル】
・MACDがシグナルを下抜けた時⇒下降トレンド開始の可能性(※BuySellポイント売り)
・MACDが0の下に抜けた時⇒下落トレンドの確認(短期>長期) MACDの使い方
「デッドクロス」:短期移動平均線が長期移動平均線を下抜いた地点

・逆行現象(弱気の乖離(ベアリッシュ・ダイバージェンス):
相場が上昇しているのに、MACDが上げ渋る状態
価格が高水準にある場合、価格の上昇力が徐々に弱まることで短期移動平均線の上昇ペースが落ち、MACDの低下、に繋がっていると考えられます。
上昇力の低下、すなわち、高値反落という転換点が近いことを示唆しています。

また、文言、データなどの著作権は、株式会社フィスコにあります。 これらのコンテンツは著作権法などの法律、規制により知的所有権が 保護されており、個人の方の本来目的以外での使用や他人への譲渡、 販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除く)。 MACDの使い方 以上の点をご了承の上、ご利用ください。

テクニカル分析辞典

※「テクニカル分析辞典」は、あくまで情報提供を目的としたものであり、 投資その他の行動を勧誘するものではありません。銘柄の選択、売買価格などの 投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。 また、掲載される情報は信頼できると判断した情報源をもとに (株) フィスコが作成したものですが、 その内容及び情報の正確性、完全性または適時性について、 (株)フィスコは保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。

また、本文、データなどに関しましては、著作権法などの法律、規制により知的 所有権が保護されており、個人の方の本来目的以外での使用や他人への譲渡、 販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除く)。 以上の点をご了承の上、ご利用ください。

気になるMACDの性能は?初めてでも失敗しない使い方と覚え方

MACDを表示させたチャート画像

短期EMAと長期EMAが表示されたチャートにMACD線を表示させた画像

ココまでの解説を踏まえて、下の画像を御覧ください

↑MACDに注目すると、短・長期EMAの乖離幅と連動していることが分かると思います。画像の左側から

MACD線の要点をまとめた画像

上下の位置 MACD線 EMA同士の乖離幅 チャート
上半分 上昇 広い 上昇トレンド
上半分 下落 狭い 上昇トレンドの終了or調整
下半分 下落 広い 下降トレンド
下半分 上昇 狭い 下降トレンドの終了or調整

シグナル(線)=赤い点線

シグナル線の画像

↓コチラの画像はMACD線(グレー)とシグナル線(赤)を表示したチャート画像です。コレを見ながら解説を進めます。

まず。シグナル線は 「MACD線の移動平均線(SMA)」 です。

で、この乖離幅を「距離」と捉えられるのではなく「額=〇〇円」と考えて下さい。
短期EMAと長期EMAの距離が、1日目は1円、2日目は2円、3日目は3円、、、というふうに考えると、この「乖離幅=額、〇〇円」を元にローソク足やチャートを作れるわけです。

つまり「短期EMAと長期EMAの乖離幅チャート」ということ(˘ω˘ )

短期EMAと長期EMAの乖離幅チャートと普通のチャートを並べた画像

シグナル線は 「”短・長期EMAの乖離幅チャート(MACD)”MACDの使い方 を元に作られた移動平均線」 なのです。だからMACD線に沿うような動き方をするのですね〜(´ー`)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる