FX のやり方

FX会社でスプレッドが狭いのはどこ

FX会社でスプレッドが狭いのはどこ
画像引用元:DMM FXスマホアプリ「DMMFX」の画面キャプチャ

海外FX業者でスプレッドが狭いのはどこ?最狭業者比較ランキング

GEMFOREXの公式画像

※1 表中の初回最低入金額の通貨単位は、各社の公式サイト内での表記を採用しています。 ※2 表中のHotForexのゼロスプレッド口座の取引手数料は、主要通貨ペアのものです。その他の通貨ペアでは往復8ドルの手数料になります。 ※3 TradersTrustでは、初回入金2万円から利用できるプロ口座の提供もあります。プロ口座の取引手数料は往復6ドルとなっており、VIP口座とプロ口座のスプレッドは同じです。

海外FX業者EURUSDUSDJPYGBPUSDAUDUSDUSDCADEURJPY
XM1pips~1.2pips1pips~1.3pips1pips~1.7pips1.2pips~1.6pips1.2pips~2pips1.1pips~1.6pips
GEMFOREX0.4pips~0.7pips0.3pips~0.6pips1.4pips~1.9pips0.3pips~0.FX会社でスプレッドが狭いのはどこ 8pips0.8pips~1.2pips0.5pips~0.9pips
FXGT1pips~1.4pips1pips~1.3pips1.1pips~1.FX会社でスプレッドが狭いのはどこ 5pips1.2pips~1.7pips1.5pips~1.7pips1.3pips~1.9pips
LAND-FX0.7pips~1.1pips0.8pips~1.2pips1.3pips~1.8pips0.7pips~1.1pips0.9pips~1.5pips0.8pips~1.7pips
AXIORY0.6pips~1.1pips0.7pips~1.2pips0.7pips~1.5pips0.7pips~1.3pips0.8pips~1.6pips0.7pips~1.4pips
TitanFX0.7pips~1.1pips0.8pips~1.2pips0.8pips~1.5pips0.7pips~1.1pips0.8pips~1.6pips0.8pips~1.3pips
FBS0.6pips~1.2pips0.7pips~1.1pips0.7pips~1pips0.7pips~1.3pips0.7pips~1.4pips1.1pips~1.8pips
Tradeview0.5pips~0.8pips0.6pips~1pips0.6pips~1.3pips0.8pips~1.3pips0.7pips~1.5pips0.6pips~1.1pips
HotForex0.6pips~1.1pips0.9pips~1.5pips0.8pips~1.5pips0.8pips~1.4pips1.1pips~1.8pips1.2pips~1.9pips
exness0.5pips~0.7pips0.5pips~0.7pips0.4pips~1.9pips0.7pips~0.9pips0.7pips~1.4pips1.1pips~1.2pips
TradersTrust0.4pips~0.9pips0.5pips~1.3pips0.6pips~1.7pips0.6pips~1.4pips1.2pips~2.3pips1.2pips~1.9pips
FXPro1.2pips~1.4pips1.1pips~1.3pips1.2pips~1.5pips1.5pips~1.7pips1.3pips~1.5pips1.7pips~2.1pips

ECN取引の他社口座タイプとは単純に比較はできませんが、 スプレッドとしては非常に狭い ことが分かりますね。

スプレッドが狭い中上級者向けおすすめ海外FX業者

一般向け口座(スタンダード口座)と、中上級者向け口座(低スプレッド口座)から、スプレッドが狭い利用しやすい口座タイプを確認しましょう。

GEMFOREXのノースプレッド口座は取引手数料なしでコスパ最強

GEMFOREXのノースプレッド口座は取引手数料なしでコスパ最強

GEMFOREXのノースプレッド口座は、取引手数料がなく、 基本的な取引コストとして狭いスプレッドだけで取引できる口座タイプ です。

さらにGEMFOREXの特徴として、 一定の頻度・数量以上のスキャルピングは禁止 となっている点には気をつける必要があります。

exnessのゼロ口座は業界最狭水準のスプレッドで無制限レバレッジ取引可能

exnessのプロ口座は業界最狭水準のスプレッドで最大2,000倍のハイレバ取引可能

  • AUDUSD
  • EURAUD
  • NZDJPY
  • EURUSD
  • EURCAD
  • NZDCAD
  • FX会社でスプレッドが狭いのはどこ
  • GBPUSD
  • EURCHF
  • NZDCHF
  • NZDUSD
  • EURGBP
  • GBPNZD
  • USDCAD
  • EURJPY
  • CHFJPY
  • USDCHF
  • EURNZD
  • CADCHF
  • USDJPY
  • GBPAUD
  • AUDGBP
  • AUDJPY
  • GBPCAD
  • AUDCHF
  • CADJPY
  • GBPCHF
  • AUDCAD
  • GBPJPY

XM Zero口座 最大手の安心感と低スプレッドの最強コンビ

海外FXおすすめ業者ランキング第1位XMの公式画像

通貨ペア平均スプレッド
EURUSD1.1pips
USDJPY1.2pips
GBPUSD1.4pips
AUDUSD1.4pips
USDCAD1.6pips
EURJPY1.3pips

海外FXといえばXMですが、スプレッドが広くて使いにくいとの声が上がっていました。
そこで登場したのが、低スプレッドが魅力のZero口座。 XMの弱点だったスキャルピングや短期トレードにも使える口座 FX会社でスプレッドが狭いのはどこ となっています。

取引手数料が往復10ドルと高いですが、スプレッドは全通貨の平均で2.0pipsを下回ります。

Axioryナノスプレッド口座 透明性の高い環境で低スプレッドトレードが可能

AXIORYの公式画像

通貨ペア平均スプレッド
EURUSD0.9pips
USDJPY0.9pips
GBPUSD1.1pips
AUDUSD1.0pips
USDCAD1.2pips
EURJPY1.1pips

FXGT プロ口座はスキャルピングトレーダーにおすすめ

FXGTの公式画像

通貨ペア平均スプレッド
EURUSD0.9pips
USDJPY0.9pips
GBPUSD1.1pips
AUDUSD1.0pips
USDCAD1.2pips
EURJPY1.1pips

自分で各業者のスプレッドを実測比較する方法

ここからは、海外FX業者の公表スプレッドや、比較サイトのスプレッドが信用できない、または自分で平均スプレッドなどを調べてみたい方のために、海外FX各業者のスプレッドを実測比較する方法を解説します。

海外FXのスプレッドはカスタムインジケーターで実測比較可能

そんな時に利用したいのが、MT4やMT5のカスタムインジケーターですね。

ツール名利用できるカスタムインジケーター
MT4spread_recorder.FX会社でスプレッドが狭いのはどこ mq4
MT5SpreadMeter OGT Free

スプレッドを実測比較する手順

MT4 spread_recorder.mq4

MT4 spread_recorder.mq4

MT5 SpreadMeter OGT Free

MT5 SpreadMeter OGT FX会社でスプレッドが狭いのはどこ Free

スプレッドに関する注意点

スプレッドはトレード成績に直結する

スプレッドは値動きに紛れがちなため見えにくいものですが、1回の取引ごとに確実に発生しているコストです。

期間口座A
(1pips)
口座B
(1.8pips)
1ヶ月のスプレッド
によるコスト
20pips36pips
1年間のスプレッド
によるコスト
240pips432pips

スプレッドが1pipsの口座と1.8pipsの口座を比較した今回の例では、 スプレッドによる1年間のコストの差額は192pips になりました。

海外FX業者のスプレッドは基本的に変動制

多くの海外FXはNDD方式を採用しているため、提供されるスプレッドは市場の流動性に応じた変動制になっている場合が多いです。

実際の取引にあたってはスプレッドが変動するか固定されているかによる影響は少ないのですが、スプレッド比較をする場合、 海外FX業者によっては変動するスプレッドの中の最低値を公表している場合がある点には注意 が必要です。

基本的に国内FXよりスプレッドは広い

スプレッドが狭くてもスリッページは起きる

海外FXの特徴として、スリッページの有無があります。

多くの海外FX業者採用しているNDD方式(STPやECNもこの中に含まれる)では、顧客の注文はインターバンク市場でマッチングして決済されるわけですが、市場の流動性が低い場合(市場に出ている注文が少ない場合)は、自分が希望する価格とは違う周辺の価格で約定することがあります。

この FX会社でスプレッドが狭いのはどこ 注文した価格と約定した価格のズレが「スリッページ」 ですね。

口座タイプによってスプレッドは異なる

しかし、だからといって低スプレッド口座の方が必ず優れている訳ではなく、ボーナスキャンペーンの利用や初回入金額などの面で、 低スプレッド口座には制限がある場合が多い ですね。

スプレッドが狭いFX会社・FXサービス

LINE FX

LINE証券株式会社のFXサービスである「LINE FX」。LINE証券株式会社は、野村證券の親会社である野村ホールディングスとLINEの子会社であるLINE Financialが共同開発した証券サービスです。スプレッドは米ドル/円0.2銭、ユーロ/米ドル0.4pips(2020年12月時点)など、業界でも狭い水準となっています。

LINE FXでは、為替レートの変動や経済指標などといったFXの取引に必要な情報を、タイムリーにLINEで通知してくれるため、情報を気軽に受け取ることができます。また、LINE FXはスマホ取引専用ですが、パソコンと同等クラスの高機能チャートを使い取引を行うことができます。移動平均線やボリンジャーバンドなど、計11種類のテクニカル指標を利用することが可能です。口座開設も簡単で、最短3分間で口座申し込みを行うことができます。

アプリが使いやすくサポートも充実、DMM.com証券「DMM FX」

DMM.com証券「DMM FX」

DMM.com証券「DMM FX」は80万口座を突破(2020年8月31日同社調べ。DMM FXと外為ジャパンFXを合算した数値)している国内大手FXサービスの一つです。スプレッドは米ドル/円0.2銭、ユーロ/米ドル0.5銭(2020年10月時点)など、業界でも狭い水準となっています。また、2020年10月12日(月)AM9:00~2020年12月19日(土)AM3:00まで、スプレッド縮小キャンペーンが実施されており、米ドル/円0.1銭、ユーロ/円0.3銭、ユーロ/米ドル0.3pipsとなっています。

スプレッド業界最狭水準。1通貨単位から取引が可能「MATSUI FX」

MATSUI FX


MATSUI FXは、松井証券が提供するサービスです。

主要通貨スプレッド最低水準、1000通貨からの取引可能、トレイダーズ証券「みんなのFX」

トレイダーズ証券「みんなのFX」

トレイダーズ証券が提供する「みんなのFX」は、ドル円スプレッドやユーロ円、ポンド円、豪ドル円など主要通貨スプレッドも業界最狭水準で、口座維持費やロスカット手数料など各種手数料も無料となっています。

HEDGE GUIDE 編集部 FXチーム

HEDGE GUIDE 編集部 FXチームは、FXに関する知識が豊富なメンバーがFXの基礎知識から取引のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」

海外FXスプレッド35社徹底比較!最狭・ゼロ・ノースプレッドの業者を一挙紹介!

海外FXスプレッド

あんな

あきら

\3000円のボーナス!/

スプレッドとは

スプレッドとは

スプレッドとは「 買値と売値の差額 」です。

スプレッドの説明図解

スプレッドの説明図解

スプレッドの説明図解

スプレッドの説明図解

同時に売ったら、本来「プラマイ0円」になるはずです。

  • 100.857円で買い、
  • 100.853円で売るので、
  • 0.04円の損

あなたが買った瞬間から、そのドルの価値が「0.04円下がっている」

完全な同時なので、相場は動いていません。

下がった原因は 「その差額をFX業者が取っている」 ためです。

あすか

かずき

ただ、口座への入出金の手数料などの 「純粋な手数料」とは、本来の意味が異なる と理解しておいてください。

海外FXで重視すべきなのは、最初に説明したとおり「 業者の総合評価 」です。

あんな

あきら

\3000円のボーナス!/

海外FXと国内FXのスプレッドの違い

海外FXと国内FXのスプレッドの違い

FXのスプレッドに関して「 国内と海外でどう違うのか 」が気になる人も多いでしょう。

仕組み:変動制か固定制か

海外と国内のFXのスプレッドの一番の違いは「 変動制か・固定制か 」です。

海外FX変動制
国内FX固定制

海外FXは変動制なので、スプレッドが広くなることも狭くなることもあります。

国内FXは固定制なので、スプレッドでどれだけ取られるかを明確に計算できます。

まいこ

りょうた

  • 世界のFX会社はほとんどが変動制
  • 世界のFX投資家も、変動制の会社を使う
  • 日本人の投資家も、稼いでいる人はほとんど変動制
  • 固定制は「DD方式」でないとできない
  • DD方式は「業者が市場とあなたの間に入る」形式
  • あなたが「売る」なら、業者は「買う」ことになる
  • あなたの利益と業者の利益が相反する
  • ゆえに「不透明なトレード」が起こりうる

口座タイプ

  • スタンダード口座
  • マイクロ口座
  • プロフェッショナル口座
  • ゼロスプレッド(ノースプレッド)口座

これは、 国内FXの場合「通常でもほぼゼロスプレッドに近い」 ためです。

あんな

りょうた

スプレッドが狭いおすすめの海外FX業者

スプレッドが狭いおすすめの海外FX業者

FX会社でスプレッドが狭いのはどこ
FX業者 USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY

XM Trading
1.4~1.7pips 2.0~2.4pips 3.5~3.7pips

GEMFOREX
1.6~1.8pips 1.5~1.7pips
1.9~2.0pips

iForex
0.7 pips 1.2 pips 2.3 pips

LANDFX
0.8~1.2pips
1.4~2.5pips 1.4~2.1pips
AXIORY
AXIORY
1.2~1.3pips 1.2~1.5pips 1.5~1.7pips

BigBoss
1.5pips 1.9pips 2.4pips
IS6FX
IS6FX
1.6pips 2.3~2.5pips
3.1~3.5pips

HotForex
1.6~1.7pips
1.4~1.6pips 2.8~2.9pips

Tradeview
1.8~2.0pips 2.2~2.4pips
2.6~2.8pips
FBS
FBS(エフビーエス)
1.2~1.6pips 1.7~2.0pips
3.6~4.2pips

以下、それぞれの業者について、 スプレッドがどこでわかるか、業者自体の特徴はどうなのか を解説していきます。

XM Trading

XM Trading公式サイトのキャプチャ画像

最大レバレッジ888倍
平均スプレッド 1.4~1.7pips
取引通貨ペア57種類
取引ツールMT4/MT5

レーダーチャート

公式サイトのキャプチャ画像

それぞれ平均スプレッドは0.1~0.6pipsと変動がありますが、 最小はすべて0 です。

公式サイトのキャプチャ画像

まいこ

海外FXスプレッド比較!全70社から最狭スプレッドのおすすめ口座を7つ厳選【2022年6月最新版】

記事監修者 三井秀俊

記事にあるように、海外FX口座におけるスプレッドを選ぶ際に注意したい点が6つあります。
まず、スプレッドは口座タイプにより異なるため、どの口座を選択するかをしっかり決める必要があります。中上級者向けの口座はスプレッドが狭めに設定されているケースが多いため、スプレッド重視なら中上級者向けの口座を選択しましょう。
平均のスプレッドも確認すべきです。最小だけで判断すると後々こんななずではなかったと思うこともありえます。そのため、平均のスプレッドもしっかり確認してください。
この他、取引したい通貨ごとのスプレッドも確認しましょう。ご自身が取引したい通貨のスプレッドが狭いのであれば、検討する価値が高いです。

海外FXのスプレッドに関するよくある質問【FAQ】

海外FXでスプレッド最狭(最小)なのはどこですか?

固定スプレッドの海外FX業者はありますか?

海外FXのスプレッドが広いのはなぜですか?

海外FXで口座の種類によってスプレッドが違うのはなぜですか?

海外FXでスプレッドが広がるタイミングはいつですか?

  1. 経済指標の発表後
  2. 米大統領選挙などの政治イベント
  3. 欧米の祝祭日や深夜・早朝などの流動性の低い時間帯
  4. テロや要人のサプライズ発言などの突発的なイベント時

海外FXスプレッド比較 まとめ

この記事で紹介してきた 「スプレッドが狭い一般向け口座おすすめ3選」 と 「スプレッドが狭い中上級者向け口座おすすめ4選」 を読めば、自分に合ったスプレッドの狭い海外FX口座を選ぶことができます。

監修者コメント

海外FXにおいて、スプレッドと取引手数料がどれぐらいになるのかはしっかり確認すべき事項です。この記事により、どこのFX業者がスプレッドが狭いのか、また取引手数料が安いのかを確認できたと思います。
さらに各通貨の場合、どのようなスプレッドになるかまで確認すべきです。GEMFOREXのノースプレッド口座であれば、取引手数料もかかりませんし、スプレッドも最小となることが多いため、コストをかけたくない方に向いています。
変動スプレッドが嫌、という方はeasyMarketsがよいでしょう。海外FX業者には珍しく、固定スプレッドを採用しています。
そして、忘れてはならないのが、いかにコストが低くても、実際に取引できなければ意味がないということ。そのため、約定力に関しても確認すべきです。結局約定できなければ取引する意味がないのです。特に、大きく変動しそうな場合には、約定力がモノを言います。売買できてはじめて収益は発生します。そうした観点からも海外FX業者の見極めは重要です。海外FX業者の発表している公式の約定データや、約定率に関する評判・口コミは最低限確認すべきです。そして、取引にストレスのかからない海外FX業者を選んでいきましょう。

【2022年最新版】
海外FX業者おすすめランキング

【2022年最新版】海外FX業者おすすめランキング

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、 初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者 を紹介しています。

FXスプレッド比較

DMM FX取引画面スプレッド

画像引用元:DMM FXスマホアプリ「DMMFX」の画面キャプチャ

この差額を「スプレッド」と言います。スプレッドは日本語で「広がり」を意味するため、買値と売値の差がどれくらい広がっているかを表す用語だと覚えておきましょう。

含み損分がFX会社の利益になっているため、「スプレッド=実質コスト」と言われているのですね。

例:スプレッドによるコスト比較
0.1銭 0.2銭 0.3銭
100通貨 10銭(0.1円) 20銭(0.2円) 30銭(0.3円)
1,000通貨 1円 2円 3円
10,000通貨 10円 20円 30円
100,000通貨 100円 200円 300円

10万通貨でも「数百円しか変わらないじゃん」と思うかもしれませんが、1日1万通貨を200日続けると200万通貨となり1000円単位でコストに差が出てきます。

取引量が増えれば増えるほど「スプレッドの狭さ」が重要になります。

スプレッドはFX会社によって異なる

カバー先の多さや取引システムの強度によってスプレッドが異なります。基本的にカバー先が多く、システムが強固なほどトレーダーに有利なスプレッドを提示できるとされています。

FX取引は「インターバンク市場」→「カバー取引先」→「FX会社」→「トレーダー」の流れになるため、カバー取引先が多いほどトレーダーに有利なレートを選ぶことができるようになっています。

カバー先数とスプレッドの関係
FX会社名 カバー先数 米ドル/円スプレッド(銭)
マネーパートナーズFX 19 0.0
みんなのFX 11 0.2
SBIFXトレード 2 0.1〜7.8
セントラル短資FX 26 0.2
ヒロセ通商 23 0.2
外為どっとコム 24 0.2
DMM FX 13 0.2
外貨ex byGMO 30 0.2
GMOクリック証券 19 0.2
トライオートFX 28 0.3
LIGHTFX 11 0.2
FXブロードネット 7 0.2
FXプライムbyGMO 17 0.3
外為オンライン 11 1.0

スプレッド狭い・広いの判断基準は?

スプレッドの値は、相場状況や各社間のスプレッド競争によっても変動するため、相対的に狭いスプレッドを提供している会社を選ぶようにしましょう。

最近では、米ドル/円なら0.2銭以下、ポンド/円なら0.7銭以下、ユーロ円なら0.4銭以下であれば「スプレッドが狭い」といえます。

スプレッド比較表(単位:銭) FX会社でスプレッドが狭いのはどこ FX会社でスプレッドが狭いのはどこ FX会社でスプレッドが狭いのはどこ
会社名 ドル円 ポンド円 ユーロ円
マネーパートナーズFX 0.00.4 0.2
みんなのFX 0.2 0.5 0.2
SBIFXトレード 0.1〜7.FX会社でスプレッドが狭いのはどこ 8 0.88 0.28〜15.8
セントラル短資FX 0.2 0.6 0.4
ヒロセ通商 0.2 1.0 0.4
外為どっとコム0.2 0.7 0.4
DMM FX 0.2 1.0 0.5
外貨ex byGMO 0.2 1.0 0.5
GMOクリック証券 0.2 1.0 0.5
トライオートFX 0.3 1.0 0.5
LIGHTFX 0.2 0.9 0.4
FXブロードネット 0.2 1.0 0.5
FXプライムbyGMO 0.3 1.1 0.6
外為オンライン 1.0 4.0 2.0

スプレッドが原則固定か確認しよう

スプレッドの種類 特徴
原則固定(例外あり) レートの変動に関わらず、基本的にスプレッドが固定されている。重要経済指標の発表時など大きくレートが動く際には固定スプレッドより拡がる可能性はある。
変動制 レートの変動に応じてスプレッドが変動する。スプレッドコストが大きくなる可能性が高い。

スプレッドの提示率(約定率)も合わせてチェック!

スプレッドの提示率は、成立した注文数のうち何割の注文が固定スプレッドで提供されたかを表す数値で、提示率が高いほど提示されているスプレッドで取引できる可能性が高くなります。

取引通貨に応じてスプレッドが狭いFX会社を選ぼう

取引をする通貨ペアを決め、該当通貨ペアのスプレッドが狭いFX会社を選ぶようにしたいですね

参考:取引量の多い通貨ペアランキング
順位 通貨ペア 取引量
1 米ドル円 1,FX会社でスプレッドが狭いのはどこ FX会社でスプレッドが狭いのはどこ 971,927,438
2 ポンド円 609,715,503
3 ユーロ円 220,118,354
4 ユーロ米ドル 206,182,303
5 豪ドル円 204,929,082
6 ポンド米ドル 113,288,724
7 NZドル円 23,688,395

スプレッドが狭いFX会社 TOP3

マネーパートナーズFX

マネーパートナーズFXのイメージ画像

評価コメント

人気通貨ペアのスプレッド一覧

マネーパートナーズFXの口コミ・評判

みんなのFX

みんなのFXのイメージ画像

評価コメント

また、広告スプレッドを提供できた割合を表す「スプレッド提示率」が米ドル円では、AM8:00~翌AM5:00の時間帯において「約99%※」、その他の通貨ペアのスプレッド提示率も、平均で約97%程度で、安心して取引ができる環境が整っているといえます。

一点注意しておきたいのは、そもそも取引量が少ない「早朝」においては、スプレッドが広がりやすいため、「AM7:10~AM8:00、AM5:00~AM5:50」の早朝時間の取引は避けた方が無難かもしれません。

人気通貨ペアのスプレッド一覧

みんなのFXの口コミ・評判

SBIFXトレード

SBIFXトレードのイメージ画像

評価コメント

人気通貨ペアのスプレッド一覧

SBIFXトレードの口コミ・評判

みんかぶ(FX/為替) 編集部コメント

スプレッドは手数料ですので安いほうが良いに決まっています。少しでも安いFX会社を選ぶのは利用者として当然です。20年ぶりの円安水準により、ドル円の流動性不安から原則固定スプレッドをやめる業者が相次ぎました。そんななか、外貨ex byGMOはいち早く固定スプレッドを再開しました。
スプレッドが限界まで狭くなった昨今、多くのFX会社は取引通貨ペアや時間帯に応じたキャッシュバックキャンペーンを展開し、実質スプレッドが縮小する動きとなっています。各社がキャンペーンスプレッドと銘打った低スプレッドを打ち出しており混戦状態。FXプライムbyGMOや外貨ex byGMOは毎月の約定履歴を公表しており、スプレッドだけに目を向けるのではなく約定力にも注目したいですね。ますますスプレッド競争は激化しており、高頻度の売買を繰り替えるスキャルピングトレードに有利な展開となっています。

みんかぶ(FX/為替)監修者

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド MINKABU PRESS 外国為替情報編集長

1992年チェースマンハッタン銀行入行後、 1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行 (旧ナショナルウェストミンスター銀行) に移籍。
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月にミンカブ入り、 外国為替分析のプロとしてメディア出演や講演多数。
(社) 日本証券アナリスト協会検定会員。日経CNBC FX経済研究所 木曜日レギュラーも務める。

約定力が高いFX会社

ヒロセ通商

ヒロセ通商のイメージ画像

評価コメント

人気通貨ペアのスプレッド一覧

ヒロセ通商の口コミ・評判

FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMOのイメージ画像

評価コメント

人気通貨ペアのスプレッド一覧

FXプライムbyGMOの口コミ・評判

通貨別スプレッド比較

米ドル スプレッド比較

ユーロ FX会社でスプレッドが狭いのはどこ スプレッド比較

英ポンド スプレッド比較

豪ドル スプレッド比較

その他通貨 スプレッド比較

スプレッドに関するQ&A

注目サービス

みんかぶ(FX/為替)限定キャンペーン

FX会社でスプレッドが狭いのはどこ

ピックアップ

他の金融商品を調べる

【掲載情報について】当サイトに掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。また、掲載されている評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 口コミの内容はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 最新情報は各FX会社の公式サイトにてご確認ください。 『みんかぶ(FX/為替)』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。【ランキング根拠について】各ランキングページに評価項目を掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。

掲載情報について 当サイトに掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。また、掲載されている評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 口コミの内容はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 最新情報は各FX会社の公式サイトにてご確認ください。 『みんかぶ(FX/為替)』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 ランキング根拠について 各ランキングページに評価項目を掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる