外為トレードバトル

リスク管理

リスク管理
リスクマネジメントPDCAサイクル

リスクマネジメント

リスクマネジメント委員会体制図

リスクマネジメント委員会体制図

危機発生時の即応体制の強化

東レグループでは、リスクマネジメント規程に、重大な危機が発生した場合の全社対応の基本原則を明確に定め、危機発生時にはその運用を徹底しています。また、同規程を適宜見直し、社会環境の変化により発現する新たなリスクに備えています。 特に、危機発生時に迅速な経営判断ができるよう、国内外関係会社を含めた危機発生部署からの連絡・通報ルートの明確化と周知を図っています。 2019年末から惹起した新型コロナウイルス感染症に対しては、従業員の健康と安全、事業継続に対する深刻なリスクが急激に拡大しているとの認識から、この即応体制の仕組みに基づいて、2020年2月7日に、代表取締役副社長(当時)を本部長 ※1 とする全社対策本部を設置しました。対策本部を中心に、事業拠点の所在する国や地方自治体の感染予防指示や依頼を踏まえたうえで、以下の対応を行っています。

  • 従業員の安全を守る施策の立案と実行
  • 日本も含めた各国の従業員の健康状態の把握と、感染者発生時の適切な対応
  • 国内外関係会社への適切な支援 など
  1. ※1 2021年7月時点では取締役 専務執行役員が本部長を務めています。

CSRロードマップ2022の目標

  1. 東レグループ全体で全社リスクマネジメント活動を強化し、リスクを低減させます。
  2. 東レグループ全体におけるリスクマネジメント教育を通じて、社員のリスクマネジメント意識の向上に取り組みます。

(2)定期的なリスクマネジメント(3年間1サイクルの、優先対応リスク低減活動)、定常的なリスクマネジメント(国内外の動向を注視し、調査・ 分析を経て経営に重大な影響を及ぼすリスクについて「特定リスク」と して全社体制を構築し対応)を行い、全社的な危機発生時には、リスクマネジメント規程に基づいて適切に対応していきます。

リスクマネジメント

リスクマネジメント委員会体制図

リスクマネジメント委員会体制図

危機発生時の即応体制の強化

東レグループでは、リスクマネジメント規程に、重大な危機が発生した場合の全社対応の基本原則を明確に定め、危機発生時にはその運用を徹底しています。また、同規程を適宜見直し、社会環境の変化により発現する新たなリスクに備えています。 特に、危機発生時に迅速な経営判断ができるよう、国内外関係会社を含めた危機発生部署からの連絡・通報ルートの明確化と周知を図っています。 2019年末から惹起した新型コロナウイルス感染症に対しては、従業員の健康と安全、事業継続に対する深刻なリスクが急激に拡大しているとの認識から、この即応体制の仕組みに基づいて、2020年2月7日に、代表取締役副社長(当時)を本部長 ※1 とする全社対策本部を設置しました。対策本部を中心に、事業拠点の所在する国や地方自治体の感染予防指示や依頼を踏まえたうえで、以下の対応を行っています。

  • 従業員の安全を守る施策の立案と実行
  • 日本も含めた各国の従業員の健康状態の把握と、感染者発生時の適切な対応
  • 国内外関係会社への適切な支援 など
  1. ※1 2021年7月時点では取締役 専務執行役員が本部長を務めています。

CSRロードマップ2022の目標

  1. 東レグループ全体で全社リスクマネジメント活動を強化し、リスクを低減させます。
  2. 東レグループ全体におけるリスクマネジメント教育を通じて、社員のリスクマネジメント意識の向上に取り組みます。

(2)定期的なリスクマネジメント(3年間1サイクルの、優先対応リスク低減活動)、定常的なリスクマネジメント(国内外の動向を注視し、調査・ 分析を経て経営に重大な影響を及ぼすリスクについて「特定リスク」と して全社体制を構築し対応)を行い、全社的な危機発生時には、リスクマネジメント規程に基づいて適切に対応していきます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる