初心者バイナリオプション戦略

インジケーターの作成

インジケーターの作成
1) ヤマハレーシングヘリテージを反映した新スタイル
レトロデザインに終わらない、最新スポーツモデルのテクノロジーを融合して再構築されたデザイン。 「人機一体」の乗車体験のために、足つきやニーグリップへのフィット感も考慮 されている。

【新車】ヤマハからスポーツヘリテージ「XSR900」2022年モデル発売発表!121万円で6/30(木)より

ヤマハ発動機から、2022年度モデルの「XSR900 ABS」の発売が発表された。昨年から発売日は6月30日、価格は121万円(税込み)だ。車体のデザインは2021年のうちに発表されており、欧州では先行発売。ネオクラシックスポーツの筆頭として存在感を放っているXSR900だが、今回のモデルチェンジでは排気量アップ、運転支援技術の投入などを果たし、外観も大きく変化。 80年代のレーシングマシンにならったデザインのほか、往年の「ゴロワーズカラー」をイメージさせる青×黄の「ブルーメタリック」の新色をまとう。

ネオクラ最新モードは”ワル系”! 新型ヤマハXSR900ディテール詳報〈スタイリング編〉

専用装備で戦闘力増! 新型ヤマハXSR900ディテール詳報〈エンジン&車体編〉

XSR900 ABS

メーカー希望小売価格:¥1,210,000(インジケーターの作成 税込)

1) ヤマハレーシングヘリテージを反映した新スタイル
レトロデザインに終わらない、最新スポーツモデルのテクノロジーを融合して再構築されたデザイン。 「人機一体」の乗車体験のために、足つきやニーグリップへのフィット感も考慮 されている。

2) 排気量アップ(845cm3→888cm3)した新エンジン
従来モデルから排気量がアップ。 845cm3→888cm3となったCP3(クロスプレーン・コンセプト3気筒)エンジンを搭載。 主要パーツのほとんどが新設計されており、軽量化を図られている。また、アシスト&スリッパークラッチ搭載、1・2速のハイギアード化したトランスミッションの最適化によって、優れた乗り味を実現する。

3) 最新の鋳造技術を駆使した軽量新フレームと軽量ホイール
最新の製造技術を駆使した 最低肉厚1.7mmの新フレームを採用。横剛性が従来比50%アップし、直進安定性が向上 した。また、ホイールは鋳造ながら鍛造に匹敵する強度と靭性を備えた、ヤマハ独自の“SPINFORGED WHEEL(スピンフォージド ホイール)”による軽量ホイールを採用。軽量化によるばね下重量、慣性モーメントの低減に貢献する。

4) 「IMU(Inertial Measurement Unit)」を活用し運転操作を支援する各種制御
2015年モデル以降の「YZF-R1」で実績のある 「IMU」のセンサー構成を見直すことで50%の小型化を実現 。「IMU」の情報を受け取り車両側にフィードバックする ECUにはトラクションコントロールシステム、スライドコントロールシステム、リフトコントロールシステムが織り込まれる。クイックシフターも搭載。

5) 新丸型LEDヘッドランプやフルカラーTFTメーターの採用
新規開発のLEDヘッドランプは薄型で車体デザインとの融合を狙ったデザイン。 また3.5インチのフルカラーTFTメーターを搭載 し、回転数に応じて色が変化するデジタルバータコメーター、燃料計、平均燃費、水温計、外気温計、シフトインジケーター (使用ギア表示エリア色反転)、ETCインジケーターの表示機能などを備える。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる