初心者向けFXトレード

FXの練習方法は

FXの練習方法は

トレード手法の一つである、値動きを予想する「ファンダメンタルズ分析」を学習しましょう。

FXの環境認識が「できない」人のための練習のコツと使う時間足

ゆん

この記事では、FXのデイトレで必要な『環境認識』の基本を解説します^^

FX初心者

FXの『環境認識』ができない人のための練習のコツと使う時間足についてお伝えします。

『環境認識』がわかれば、目線がブレずにトレードできるようになりますよ。

FXの『環境認識』って何?

FXの『環境認識』というのは、現在の価格がどのような状況にあるかを認識することです。

環境認識 1時間足 高値圏

環境認識 1時間足 高値圏

「現在のレートがどのような状況にあるか」っていうのは、過去のレートの流れを見てください。

・アップトレンドかダウントレンドか
・レンジか
・トレンドが出ているとしたら、トレンドのどのあたりにレートがあるのか

※執行足 ⇒ エントリーする足

環境認識 ⇒ 月足、週足、日足
執行足 ⇒ 4時間足

環境認識 ⇒ 日足、4時間足
執行足 ⇒ 1時間足、15分足、5分足

・トレンドが出ているから、トレンドに乗っていこう
・アップトレンドが出ているけど、過去のレートの高値に近いなぁ
・レートが一定の幅で行ったり来たりしている

FXの練習方法は 細部を見るのは、エントリーポイントに近づいて来た時だけでいいんです。

なぜFXトレードをする前に『環境認識』をするの?

なぜFXトレードをする前に『環境認識』をするのかというと、レートがどっちに行くのか方向がわからないとトレードのシナリオが立てられないからです。

トレードのシナリオも同じように、「ここのラインまで来たら、様子を見てエントリーする。エントリーしたらここで決済する。」

「このレートまでは上昇するだろうから、このラインを上に抜けて、ここに押したら買う」
「レートが高値圏まで来てるから、ダブルトップを作って、ネックラインを下抜けして、半値くらい戻ったら売り」

では、日足から『環境認識』してみましょう。

FXの『環境認識』の練習方法

日足チャートを見る

日足 環境認識 ドル円

日足 環境認識 ドル円

「ドル円の日足は、ずっと下落が続いている」と頭に入れておきます。

4時間足チャートを見る

4時間足 環境認識 ドル円

4時間足 環境認識 ドル円

☆の押し安値 を下に抜けるとアップトレンドが崩壊します。

1時間足チャートを見る

1時間足のダウントレンド終了?

1時間足のダウントレンド終了?

1時間足のダウントレンド終了?

1時間足のダウントレンド終了?

4時間足レベルのネックライン(1時間足の押し安値)を下に抜けて、再び黒いラインまでレートが戻っているので、

シナリオ② 1時間足 環境認識 ドル円

FXの練習方法は シナリオ② 1時間足 環境認識 ドル円

1時間足 環境認識 ドル円 ダウントレンド継続

FXの練習方法は 1時間足 環境認識 ドル円 ダウントレンド継続

チャートの局面では、切り上げラインを下抜けたあと、再び切り上げラインに戻っていますが、切り上げラインを抜けた足の次の足からエントリーしたとしても、損切りラインは 赤ライン なので、損切になりませんね。

FXの『環境認識』のコツ

FXの『環境認識』のコツはエリオット波動を使うことです。

エリオット波動をきっちり測ろうとしても無理なので、「3波は1波と同じくらいか長い」「2波や4波は波が荒い」「3波は陽線や、陰線が続く場合が多い」

・3波は1波と同じくらいか長い
・2波や4波は波が荒い
・3波は陽線や、陰線が続く場合が多い

FXの『環境認識』で使う時間足ってどの足?

FXの『環境認識』で使う時間足は、デイトレーダーなら日足や4時間足がいいですね^^

でも、できればチラ見でもいいので、日足を見て、「現在のレートが日足のどの辺にいるか」ということを、頭に入れておいた方がいいです。

ドル円1時間足 1波の終わり 3波の始まり

ドル円1時間足 1波の終わり 3波の始まり

FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

トレード初心者が倍速で上達する3つのコツ

素早く上達する3つの秘訣



感覚の言語化

絞り込み練習でセンスを磨く

反復練習で身体モデルを構築

今日のまとめ

うまくいかないのは、やらないからできないか、やらなくてもできる方法を探している、ただそれだけのことではないでしょうか。

最速で勝ちトレーダーになる方法、選択の自由がもたらす2つの罠。

あきらめが肝心、あきらめなければ成功する、いったいどっちなの?

ムダに反応しない方法

【無料プレゼント】トレードノートをつけるべき3つの理由

「運」を支配する、勝負強い人の思考と行動。

  • H
  • 2019年 8月 21日
  • NoN
  • 2019年 8月 21日
  • 猫チャギラ
  • 2019年 8月 21日
  • NoN
  • 2019年 8月 21日
  • わんぽ
  • 2019年 8月 21日

知識が浅い人に難しい事を説明させると、素人にはとんちんかんですが、
ノーベル賞をとる様な方は、ノーベル賞をとる様な内容でも素人に分かる様に
説明できますよね。

ここ数ヶ月勉強をしてきて、最近になって実弾でのトレードを開始しました。
私はトレードノートの代わりに、Twitterにチャートの写真を添付し、どういう
根拠でエントリーしたかをツイートしています。

写真には今どういう波なのか、レジサポラインはどうなのか、フィボはどうなのか、 FXの練習方法は
などを落書きし、本文中にはその写真のライン等を説明しながら、どういう根拠で
エントリーし、損切りと利確の事も明記しています。

こうする事によって、誰も見ていないと思いつつも恥ずかしい内容はツイート
できないので、自然と根拠の多い所でのエントリーになりますし、迷晴れさんが
おっしゃる、「自分自身への説明の言語化」ができると考えます。

1度自転車に乗れるようになると、何年ぶりでも乗れるのはそういう神経経路が
確立されるからとよく言いますが、私も自転車に乗るかの様に颯爽とトレードが
できるようになるまで、インプットとアウトプットを繰り返し精進していきたいと
思います。

進化した トレード専用練習ソフト ForexTester5

Forex Tester日本代理店は2011年に本社から日本での正規ディーラーとして認定され、それ以来、ForexTesterの販売をさせていただいております。私たちの使命は、日本のトレーダー、その中でも初心者の方に使っていただくことです。その一つの取り組みが、『少しでもお値打ちに提供すること』です。カナダ本社(forextester.jp)の承諾を得て、日本代理店価格でのご提供が可能になりました。当サイトで購入された製品は、”ForexTester公式サイト( http://forextester.jp )”と全く同じものとなっており、アップグレードや技術的なサポートは、本社でも受けられます。どうぞ、ご安心してお求めください。

フォレックステスター初めて

旧フォレックステスター

フォレックステスター使っていない

トレーダーの悩み

トレードでこんなお悩みありませんか?

  • デモトレードより、もっと効率のよいトレード練習はないの?
  • チャートが動く速度を速くできたらいいのに
  • 昨日のチャートを振り返ってもう一度トレードできないかな
  • 会社が休みの 土日に FXトレードの練習 がしたい
  • インジケータの数値を変えてオリジナルの手法を作りたい
  • ローソク足を手動で1本ごと、動かしたい
  • ローソク足をマルチタイムで、ダウ理論、プライスアクションなどの を検証したい

フォレックステスター5

フォレックステスターは徹底したトレーダー目線であなたの悩みを解決します

フォレックス テスターは、様々なトレーダーのお役に立てるツールとして日々、進化しています。チャートを初めてみるというFX初心者の方が、基本学習もできるよう、“FX取引学習コース”を装備してありますので安心してお使いいただけます。また、自分のトレードスタイルや手法が決まっていない方は、ローソク足を手動で進め、じっくり裁量力を磨きチャートを理解する学習にForex FXの練習方法は Testerは役に立つと思います。中級者の方には、自分のロジックをEAに反映させ、トレードをワンランク上げることにお役に立てると思います。

フォレックス テスターはお役に立てると思います

トレード初心者

詳細はここをクリック↑

FXトレードをこれから始める方に

  • FX未経験者がFX知識を学ぶことができる“FX取引学習”機能付き
  • リアルな売買トレードを、土日にFX練習ができ、リアルマネー無しで本番さながらにできます
  • FXトレードの要となる資金管理も練習でき、リスク管理も身に付きます

トレードスタイル

詳細はここをクリック↑

トレードスタイルが決まっていない

  • 基本的なダウ理論をローソクを動かしながらリアル環境で学べます ・フィボナッチを使いチャート読解力や裁量力アップできます
  • 60種類のインジケータ・オシレーターは、変数を調整して使用できます

手法

詳細はここをクリック↑

手法・EAロジックを検証したい

  • プログラミング無しで作れる『簡単EAビルダー』を利用できます で詳細なトレード分析できます
  • 装備された21種類のストラテジーは、変数設定を変えて微調整可能。オリジナルEAで自動売買検証ができます

フォレックステスター カスタマーレビュー

フォレックス テスターを使って一つの手法を何度も何度も検証し、繰り返し練習しました。おかげさまで、チャートから読み取れる情報(見えてなかった新しい視点からの)の量が増えてエントリーポイントを厳選し待てるきっかけの一つになりました。リアルトレードでの検証はとても時間がかかるので効率が悪いですが、フォレックス テスターのような練習ソフトがあったことで非常に助かりました。

Forex Tester は、勝てるトレーダーになる為には必要なツールだと思います。月足から1分足までローソク足の動きをマルチタイムで確認しながら、ダウ理論、プライスアクションなどの を検証しています。諦めずに練習すれば自分だけのルールを見つけられると思います。フォレックス テスターは日本代理店が国内にあるということもあり分からない事や困った事など日本語でサポートしてもらえるので安心です。

フォレックス テスター がいいツールだということはわかったけど、使いこなせるだろうか・・・

フォレックステスター操作方法

操作方法は?

  • 基本操作から動画解説を用意してあります もあります
  • サイトから検索して調べられます

フォレックステスター電話相談

電話で教えてくれますか?

  • 電話では正確な説明ができないため行っておりません。お問い合わせフォームから受け付けております。ご質問は2時間以内返信いたします(弊社営業時間内の場合)

フォレックステスター返品

どうしても使えなかったら?

  • 購入後30日以内の返品が可能です

世界中で50,000人以上の顧客に満足頂いています FXの練習方法は

フォレックステスターは2005年から15年以上の販売実績

購入までのご相談は電話でもご対応させていただきます

トレードをする前に、トレードを学ぶ。Forex Tester5を使う。
『仕事』として行うトレード。限られた時間で効率よく仕事をするためには?

フォレックステスターを使い、PDCAでFX仕事術を身に着けてみてはいかがですか?

フォレックステスターでただ漠然とトレード練習するのではなく、トレードを仕事としてとらえ、学ぶことを中心にしたトレーニング行うためにも『 PDCA 』という仕事術を、トレード練習にも取り入れてみませんか?
職場で成績を上げている人に多い傾向は、PDCAに忠実に仕事をしているということです。では、PDCAをウィキペディアで調べてみると、『PDCAサイクル(PDCA cycle、plan-do-check-act cycle)は、事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つ。Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する』とあります。 FXの練習方法は
この仕事の進め方はそのままトレードスキルをアップするのに役立ちます。つまり・・ トレード戦略(計画)⇒ ForexTesterでトレード(実行)⇒ 成績を出す(評価)⇒ 分析する(改善) という流れです。これは、トレーダーという仕事にそのまま当てはまります。成績を上げるトレーダーは無意識のうちにPDCAの考え方をしています。
漠然とForexTesterを回していても意味がありません。常に PDCAサイクルを意識していきましょう。そして、トレード学習に対して自分の足らない点を埋めていきましょう。 この意識をしっかり持ってトレードにかかわるとき、ForexTesterは欠かせないものとなるでしょう。

フォレックステスターでただ漠然とトレード練習するのではなく、トレードを仕事としてとらえ、学ぶことを中心にしたトレーニング行うためにも『 PDCA 』という仕事術を、トレード練習にも取り入れてみませんか?
職場で成績を上げている人に多い傾向は、PDCAに忠実に仕事をしているということです。では、PDCAをウィキペディアで調べてみると、『PDCAサイクル(PDCA cycle、plan-do-check-act cycle)は、事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つ。Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する』とあります。
この仕事の進め方はそのままトレードスキルをアップするのに役立ちます。つまり・・ トレード戦略(計画)⇒ ForexTesterでトレード(実行)⇒ 成績を出す(評価)⇒ 分析する(改善) という流れです。これは、トレーダーという仕事にそのまま当てはまります。成績を上げるトレーダーは無意識のうちにPDCAの考え方をしています。
漠然とForexTesterを回していても意味がありません。常に PDCAサイクルを意識していきましょう。そして、トレード学習に対して自分の足らない点を埋めていきましょう。 この意識をしっかり持ってトレードにかかわるとき、ForexTesterは欠かせないものとなるでしょう。

PDCAサイクル

トレードスキル

初心者トレーダーでありがちなのが、
D(実行)してC(評価)で止まってしまうパターンです。
A(改善)をP(計画)へすぐに繋げられず、循環しない現象が起きています。

例えば、あるロジックで勝率が上がったのに、獲得pips数が下がってしまった場合を考えてみましょう。そのときの目標が「勝率を上げる」というのであれば、この計画は成功です。しかし、トレーダーとしてその計画で「pips数を上げる」ということが目標であった場合はこの計画は失敗となります。
このように目標の定め方によってその計画の評価や改善方法が全く変わってしまうこともありますので、トレード検証に取り組むときは必ず「何のために行っているのか」という目標をしっかりと設定しておく必要があります。
効果を生み出す重要なポイントは、ゴール・目標を達成するためのPDCAになっているかをいうことです。日々のルーチン業務をPDCAに落とし込んでも、成果は得られにくいです。まずは、目指すべきゴール・目標が明確して、そこに繋がるPDCAサイクルを高速で回していきます。高速で回すことで、改善のスピードがあがり、GOAL・目標に近づきます。

トレードのPDCA

Plan:計画(シナリオ)

Do:実行(エントリー)

Check:評価(結果)

Action:改善(問題点チェック)

せっかくPDCAを導入したのに「効果がない」という場合のありがちな失敗例としてよくあるものには「PDCAを1回だけしかやっていない」や「PDCAのどれかが抜けている」、「計画倒れで終わってしまう」などがあります。
PDCAはある計画を実行した物事に対して、評価、改善をして効果を確かめるものですが、必ずしも即効性があるとは限りません。一度のサイクルでは気づけなかったことでも、何回か繰り返し行うことで気づく問題点もありますので、継続して行うことが大事です。
また、PDCAをきちんと行っているつもりでも、実は「評価しただけで改善をしていない」や「きちんとした評価が行われてないまま、改善をして失敗した」といった場合もあります。そのような場合だと、PDCAの効果がしっかりと発揮されずかえって「やらなければよかった」なんていう状態になることもありますので気をつけましょう。
さらに、あまり高い計画を立ててしまうと実行できない場合や、実行できたとしても「最初から無理がある」ということで評価ができない場合があります。このようなことにならないように、最初はハードルを低く設定して、できることから始める方がよいでしょう。

フォレックスステスター繰り返し練習

あなたは、デモトレード で、検証時間がかかる もどかしさ を感じたことはありませんか?

トレード検証をする時に、このジレンマは誰もが一度は抱いたことがあると思います。本やネットで得た手法などを使って、まずはデモトレードや少額のリアルトレードをやってみます。
しかし確認するには時間がかかりすぎるため、しびれを切らして、思わしくない結果に嫌気を差すという苦い経験はありませんか?
そんな経験をお持ちの方なら誰もが一度は思ったことがあると思います。もっと効率的に検証できたらいいのに!と。

フォレックステスター であれば、そんな悩みをすべて解決してくれます。過去10年以上のデータをチャート速度を自由に変えて検証できるので“じっと待つ”必要はありません。(ネットが繋がっていなくても練習できます)4時間、日足、の長期足でのトレードも数秒で完了します。さらに、手動でローソク足1本1本を動かすことも可能。戻すこともできます。リアルトレードのデモとは違い、土日でも関係なく動作させることができます。仕事の合間でも空いている時間があれば、いつでも動作するチャートを使って練習ができます。(ネットが繋がっていなくても練習できます)Forex Tester は、トレーダーのための最強のツールです。

ForexTesterを使うメリットは?

・Forex Tester は、土日や空いた時間にいつでも、チャートを動作させて疑似トレードができる!
・Forex Tester の特徴の一つは、チャートの巻き戻しができること! FXの練習方法は
・動かすスピードを任意に変更可能なので時間短縮ができる!
・もちろんローソク足を1本ごと進めたり戻したり、手動でも動作させることができる!
・付属のインジケーターのパラメーターを変更して同じ期間を何度も検証できる!
・ネットや本から得た手法がどれくらい有益かどうかのトレードテストができる!
・裁量トレードだけでなく一度に複数の自動売買ストラテジー(EA)のテストもできる!
・テスト結果を集計して一覧表にできる!
・一度購入すれば毎月最新の無料データがダウンロードでき、それ以上お金がかかりません!
・有料データでは、昨日のチャートを動作させて、リベンジトレードができる!(毎日更新)

Forex Tester は、チャートスピードを変えたり、手動で動かすことができるので重要ではない箇所は早回しできます。これにより大幅な時間短縮が可能です。しかも、リアルチャート同様、複数の異なる時間足チャートを表示した状態で、各チャートが連動して動作します。長期足で環境認識して短期足でタイミングをとるトレードもリアルにできます。

FX初心者におすすめ!フォレックステスター使い方の提案

①どんなロジック、手法でもいいので一つ選ぶ。ただし自己資金をもとに最大ドローダウンをチェック
②自分ができる時間帯(日本時間、ロンドン時間、NY時間)を選択して検証
③検証する中で付け加えたいと思ったルールはメモしておく。まずは基本形で検証
④12ヵ月分行い、成績結果を出す。
⑤月ごとのトータルを集計
⑥+になっているかどうかをジャッジ
⑦全月プラスになっていたら、レバレッジと自己資金、最大ドローダウンを見比べてリアル使用での効率性を検討する
⑧よりpips数を稼ぐため、基本ルールにアイディアを盛り込む
⑨最初に戻り検証を繰り返す

Forex Tester では、②の検証を行うのに便利な機能が追加されました。さらに、③のメモ機能も充実。④~⑥にも、エクセルへの成績データ出力ができます。

今は買い?売り?の判断基準に基づき、目線を固定した上でエントリーポイントを探す。
ではどの時間足を判断基準にするのか? 目線を固定した後のエントリーポイントを探る時間足は? その理由は?裁量トレードでは、自分自身が納得できるトレードを行うことができることが FXの練習方法は 魅力です。本物のトレードスキルの習得には、Forex Tester がお役に立てると思います。

『 トレード 』という“仕事”をするために必要な能力(スキル)をつけるための工程

【 図面(シナリオ)を描けるようになるために必要な能力を鍛える工程 】


① チャートを読み解く文法(基準)をひとつに決め、その文法を習得する学習
② 文法に必要な要素の学習
③ 文法に沿った読みがスムーズにできるようになるためのトレーニング(チャート朗読)
④ 学習とトレーニングを進めながらチャートのストーリー構成を理解し推測する

【 図面通りに作業を進められるようになるために必要な能力を鍛える工程 】


⑤ どの時間足に引いた水平線を基準にシナリオを描くかを決める
⑥ どの時間足のどの波を狙うかを決める
⑦ シナリオ通りに実践するトレーニングを行う
⑧ トレード結果が好ましくなかった場合、結果的にシナリオ通りになったが途中で自分のシナリオ


が信じられなくなったためか、シナリオ自体が全く違ったためか、どちらなのかを分析する
上記⑤⑥が決まっていれば、あとは⑦⑧にて徹底的に洗い出す作業と学習です。
まずは、シナリオ通りにならなかったのか?あるいは、できなかったのか?です。
シナリオ通りにならなかった理由は、シナリオが足らなかったからです。図面の描き方が足ら
なかったからです。そこを補強します。これは学習とトレーニングでカバーします。
シナリオ通りにできなかった理由は、メンタルの問題です。
この⑧からフィードバックする情報を、シナリオの不足か、作業(エントリー・エグジットの
タミング)の問題か、メンタルの問題かに仕分けします。その後、適切な解決策を講じます。
・シナリオを描く能力を高めて行う具体的なトレードとは?
チャートの先読みができるシナリオ力をつけること、具体的には 1 時間以上のチャートの背景から
現在値がどこからどこまで動くのかを推測し、その結果そうなるかどうか?このシナリオが当たれ
ば勝ち、外れれば負けとして検証すれば勝率が出ます。損切りは直近高安プラスアルファ。この値
はシナリオを立てる時間足で決めるので、一律ではありません。損切り設定は大きくなります。
しかし、シナリオ通りの結果が得られるという勝率が高ければ勝てます。このシナリオ裁量でのトレ
ードのデメリットは損切りの設定値が大きくなること。それに伴うメンタル面の負荷。です。ここ
を克服できないと枚数を増やすことが難しくなります。逆にメリットは、エントリー部分の細かい
トレーニングを省けるため、シナリオを描くための力をつけるための学習とトレーニングにしぼり
込めるということです。さらに、あらかじめストーリーを描けるのでイフダン OCO 注文ができる
ということです。時間がない兼業トレーダーの方でも長期背景をもとにしたトレードが可能となり
ます。資金と枚数とドローダウン、この3つを自分の器に合う配合にすることがポイントです。

● シナリオを描く能力を高めて行う具体的なトレードのデメリット面の軽減策


要するに、シナリオで描いたエントリーポイントにて、いかに損切り設定値を小さくしてピンポイ
ントでエントリーできるかということです。これができれば懸念されるメンタル面での負荷が激減
します。では具体的にどうするかというと、背景認識を短期足に落とし込み小さな波を見てエント
リーポイントを決めればいいのです。つまりシナリオを描くという同じ考え方を短期足で行うとい
うことです。大きな足でのエントリーエリアで、小さな足使い、その辺でのエントリーポイントを
特定する。さらに小さな足を使い同様にエントリーポイントを探すということです。これにより損
切りは、より小さな足短期足での直近高安超えに設定できるため結果的に小さくなるのです。
デメリット面は短期足でのエントリー技術を身につけないとできないという点です。スキャルピン
グトレードのスキルも必要となるので習得するための工程が増えます。


● 損切りを小さくするスキルを習得するときの注意点


以下のことに気をつける必要があります。
① 大きな時間足でシナリオを描きながら、短期でのエントリーポイントを探す
② どの時間足のどの波のどの部分を狙うのか?を決める
③ FXの練習方法は 短期足を使う目的はあくまでも損切りを小さくできるポイントでエントリーするということ
④ エントリー後はすぐに①②のシナリオに立ち返ること

陥りがちなのが、①②のシナリオが見えなくなりいつの間にか短期足のシナリオにすり替わって
しまうことです。最初のシナリオで決めたことを実践しましょう。
・スキャルピング・トレードのシナリオの立て方
基本的にスキャルピングでもやり方は変わりませんが、シナリオを立てる時間足が小さくなり、シ
ナリオに影響する波(大きな波)が増えるという点が変更になります。さらには、素早い判断のも
とに、損切りにするか保有するかをジャッジする能力も必要です。1 分足の動きを見て判断する場
面もありますので、シナリオだけでは賄えないスキル習得の必要性があります。
考え方はそれぞれですが、検トレではスキャルトレードで唯一異なる部分は、利確方法だと考え
ます。スキャルは伸ばさないトレードとして定義し、最も速いレジサポで利確を行います。エント
リーの考え方はデイトレ、スウィングともに変わりません

FX練習ソフトを自作してみた(FxTraininer)

FX練習ソフトの画面

FX FxTrainer問題チャート

FXだって練習が大事

長々と書きましたが FXだって日々の地道な練習が大事 だということです。そこで今回私は自分自身を鍛えるためにFX練習ソフトを作ったわけです。

こんなFX練習ソフトを作った

今回私が自作したFX練習ソフトの顔がこちら。 FxTraininer と名づけました。

FX練習ソフトの画面

FxTraininerの基本的なアイデア

FxTraininerでのトレード練習方法

FxTrainer問題数設定画面

FxTrainerエントリor見送り

FxTrainer回答

FxTrainer成績

練習結果

FX練習ソフトで練習してみてわかった私のトレードの問題点と改善策

無駄な仕掛けが多すぎる

全体の圧力が不明なところで仕掛けている

本当に仕掛けるべき状況で仕掛けるように自分を訓練する

以上のような知見から 「チャートの状況を素早く正確に読み取る力」を高める必要がある ことがよくわかりました。

まとめ:FX練習ソフトで問題点があきらかになる

  • ほかの技能と同じくFXにおいても練習は大事
  • 私が自作したFX練習ソフト(FxTraininer)の概要
  • FX練習ソフトを使ってみて自分のトレードにおける問題点と改善策が浮き上がった

FXトレードはプロ野球のバッティングに似ている

FX修行中のカタ通です。 最近FXをやっていて思うことがあります。「FXってプロ野球バッターのバッティングと似ているな」と。今回はFXのどこがどう野球のバッティングと似ているのか?というお話しです。 FXトレードとプロ野球の.

クオンツの歴史本「ウォール街の物理学者」を読んだ感想

「ウォール街の物理学者」を読んだので感想を書きます。 物理学で投資に勝てるのか? 「ウォール街の物理学者」は金融経済の分野に果敢に挑んだ物理学者達の歴史が書かれている書籍です。そして打ち立てられた経済理論が書かれた本でもあります.

ForexTesterで過去4ヶ月分のバックテストをした感想(口コミ)

ForexTester3(フォレックステスター3, FT3)FXの練習方法は を使って過去4ヶ月分のバックテストを行いました。これがForexTester3初体験です。感想を書きます。 ForexTesterの口コミ情報を知りたい人の参考になれば幸いで.

プライスアクションの教科書「FX5分足スキャルピング」を読んだ感想

ボブボルマン氏のFX本「FX5分足スキャルピング」を読みました。感想を書きます。 プライスアクションを学びたいならFX5分足スキャルピング 今回紹介するFX本「FX5分足スキャルピング─プライスアクションの基本と原則(英題"Un.

【独学OK】FX勉強方法をゼロから初心者のために解説

鈴木拓也

鈴木拓也

FXの勉強効率を上げる2つの方法

はっきり言うと、 こんな勉強方法は効率が悪くて全くおすすめできません。

  • 全体像を先に把握する
  • 目標から逆算して行動する

勉強方法1:全体像を先に把握する

FXの勉強で一番大事なポイントは、まず最初に「全体像を把握する」ということです。これにより、 勉強効率が何倍もアップする と自信を持って言えます。

ですので、まずは入門書などでFXの世界の全体像をつかむことが先決で、その後、勉強を進めて行く中で細かい点を理解していくのです。

FXの内容が簡潔にまとまっているうえに、Amazon Kindleにて無料で読むことができますので、サクッとお手軽にFXの全体像が掴めます。

勉強方法2:目標から逆算して行動する

次に大事な勉強方法は、「目標から逆算して行動する」ということです。これをする人としない人とでは、成果が出るまでのスピードがまるで変わってきます。

一方、目標をしっかりと定めている人は、 ゴールから逆算して日々の行動に落とし込むことが出来ます

FX学習で、初心者が勉強するべき項目

ここからは、FX初心者がこれから勉強しなければいけない項目を説明していきますが、全て重要なものであり、一つでも欠けてしまうとFXで稼ぐことが難しいと言えるものでもありますので、しっかりと理解していくようにしましょう。

  • FXの仕組み(基礎)
  • チャートの見方(基礎)
  • トレード手法(基礎・応用)

FXの仕組み(基礎)

まず、FX初心者が最初に勉強するべき項目は、「FXの仕組み」についてです。

これは、「FXとはそもそも何か? 為替はどんな仕組みなのか? どうして価格が動くのか? 利益の計算は?」などの基本的なことです。

FX初心者の方が最短・最速で勝てるようになりたければ、一見遠回りに見えるかもしれませんが、まずは基礎を徹底的に学習していくことが必要です。

そんな百戦錬磨のプロトレーダーが日々しのぎを削っている世界の中で、 何の知識・経験も持たずにマーケットの世界に足を踏み入れてしまったら、一瞬で負けてしまう のは言うまでもありません。

ですのでFX初心者は、まず「FXの仕組み」を理解する事が重要になります。

チャートの見方(基礎)


FXの仕組みが理解出来た次は、「チャートや為替レートの見方」について学習しましょう。

チャートというのは、過去のレートの推移をグラフ化したものであり、 今後、どのように動くのかを予想する上で、極めて重要なツール です。

鈴木拓也

鈴木拓也

FXのトレード手法を勉強する(基礎・応用)

FXの基本が理解出来たら、次は「トレード手法」を学習しましょう。

トレード手法というのは、チャートのタイミングを計るテクニカル分析資金管理ファンダメンタルズ分析(経済の分析)など、幅広い知識と戦略になります。

FXで勝率を上げていくには、それらの知識をしっかりと蓄え、自分の中に勝てるトレード手法を確立することが大事になります。

もちろん、それらの中には、本当に良いノウハウもあるのかもしれません。しかし大切なのは、そんな付け焼き刃のような安い手法を真似するのではなく、一度それらの手法を学んだら、自分で納得がいくまで検証・分析を徹底して行うことです。よく、本や参考書を買って、それを十分に読み込まずに、次の新しい本に目移りしてしまうのと同じですね。

FXで安定して稼ぐためには、 1つの手法を学習したら、それを徹底的に自分の中に消化させることが重要 です。もちろんそのノウハウをそのまま使うことも大切ですが、さらに、自分のオリジナルの視点を加えることで応用が効くようになります。

自分のトレード手法を確立する事ができれば、後は、チャンスが来たらその手法を発動するだけでポンポンと利益をあげていくことができますので、焦らず着実に基本の手法を身につけていくことはとても大切な心構えです。

例えば、FXで稼ぎたい金額が20万円で決めたなならば、その目標をしっかりとイメージし、以下で紹介する手法を参考に、少しずつそれにみあったスキルを磨いていきましょう。

ファンダメンタルズ分析(基礎)


トレード手法の一つである、値動きを予想する「ファンダメンタルズ分析」を学習しましょう。

よく「ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析は、どちらが重要ですか?」という質問を頂きますが、その議論は意味がありません。トレードをする上で、ファンダメンタルズ分析もテクニカル分析もどちらの知識も重要です。

相場が動く時は、 必ずその裏でファンダメンタルズ的な要因 があります。例えば、米国の景気が悪くなれば、米金利が下がり、米国から投資マネーが流出しますので米ドルは売られます。

ですので、「チャートの形がこうだから、為替がこう動いた」といテクニカル分析的な解釈も、短期的な観点からは可能ですが、総じてそれらは後解釈にすぎず、第一前提として、相場の大きな流れはファンダメンタルズによるものということは覚えておきましょう。

テクニカル分析(基礎)

ファンダメンタルズ分析と並んで勉強する必要があるのが、「テクニカル分析」です。

テクニカル分析には、相場のトレンドを把握する「トレンド分析」と、相場の買われ過ぎや売られ過ぎを把握する「オシレーター分析」の代表的な2つの方法があります。

その他にもテクニカル分析には様々な種類がありますが、どれが一番有効なのかは一概には言えません。どれも体系的に確立された手法で有効ですし、逆に言うと、使い手のスキルが不十分であれば、どれもたいして効果を発揮できないとも言えます。

まずはそれぞれのテクニカル分析を理解し、どれか自分に合ってそうなものを2つか3つピックアップしましょう。そして、これだという手法を見つける事ができれば、他のものに浮気をせずに その手法だけを徹底的に極めるまで学習 していくことが重要です。

資金管理(基礎)

トレード戦略と同じか、それ以上に大切なことに『資金管理』があります。

FXの魅力の一つは、「少額から始められて、レバレッジをかけることにより大きなリターンを得ることが出来る点」です。

しかし逆を言うと、しっかりとリスク管理を徹底してやらなければ、 すぐに投資資金を失って大損してしまう危険性 もあります。

多くの人は手法ばかりに目が行きがちで、絶対勝てる手法(そんなものはありませんが…)を探す事には全力を尽くすのですが、守りの資金管理には全く目を向けていないのです。

手法を勉強し攻めることも重要ですが、守りの資金管理が出来ていないと、たいていの場合は資金が無くなりゲームオーバーになってしまいますので、資金管理はしっかりと勉強しましょう。

トレードスタイル(応用)

FXのトレードスタイルには、スキャルピングデイトレードスイングトレード長期トレードの4種類があります。

それらは1回のトレードにどれくらいの時間をかけるかによって分けられております。

どのトレードスタイルが自分に合っているかは、生活スタイルや性格等にもよっても変わってきます。

4つのFXトレードスタイル
トレードスタイルトレード時間の目安
スキャルピング数秒~数分
デイトレード数分~1日
スイングトレード1日~数週間
長期トレード数週間~数年

リスクを最小限に抑えたトレード手法(応用)

FXで安定収入を得たい方におすすめなトレード手法は、リスクを最小限に抑えて、利益を最大限に伸ばすトレード手法です。

そのようなトレードを実現するために大切なのが、トレード回数を極端に絞り、高勝率なエントリーポイントだけに的を絞ってトレードしていく『待ちの姿勢』 です。

スキャルピングの場合話は別ですが、トレード回数が多いとスプレッド分だけ手数料がかかりますし、メンタル面も疲弊していきます

逆にトレード回数は全然多くないけれど、数回のトレードに全身全霊をかけて臨む方が勝率もアップしますし、トレード回数が多い人と比べてメンタル面への負担は低いです。

リスクリワード

そんなリスクを最小限に抑えるトレードで意識したいポイントは、『リスクリワード』です。

リスクリワードとは、「利益幅と損失幅の比率」のことで、多くの人は、このリスクリワードの設定がでたらめで大損をして撤退していく事になります。

リスク対リワードは、必ずリワード(利益)の方を大きく(もしくは同じ)に設定していないと、安定して稼ぐことに結びつきません

デモトレードで練習を徹敵的に行う(実践)

そこで有効になる練習方法はデモトレードです。

FX会社が提供しているデモトレードツールを利用する事で、リアル為替相場のもと、ほとんど実際にトレードしているような形で練習する事ができます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる