暗号資産オプション取引の基本

バイナリーオプションと個人再生

バイナリーオプションと個人再生
man

バイナリーオプションで借金地獄にハマる理由と借金返済する方法

バイナリーオプション

バイナリオプションは投資の中でも 「上か?」 「下か?」 の 2択で選ぶだけの簡単な投資 ですが、バイナリーオプションで借金地獄にはまる人もいます。

バイナリーオプションで、どうして借金地獄になってしまうのか? バイナリーオプションの借金地獄から抜け出すためにはどうすればいいのか? をくわしく解説します。

この記事をおすすめする人

バイナリーオプションで借金地獄にはまる理由

※ただし、カードローンやクレジットカード支払いをつぎ込んでバイナリーオプションに投資をした場合には、バイナリーオプションで借金ができることがあります。

バイナリーオプションで借金地獄にはまる理由

バイナリーオプション投資が簡単だから

バイナリーオプションは、 為替レートが 「上に行くか」 「下に行くか」 の 2択で変動を予測するだけの簡単な投資 です。

※予想が当たれば資金が1.9倍ほどになり、予想が外れれば資金はゼロになります。

売却のタイミングを計る必要がないから

FXや株式投資のように 1日中チャートに張り付かなくていい手軽さ が、バイナリーオプションで 初心者が損失を出す原因 となります。

バイナリーオプションは元本以上の損失が出ないから

つまり、 バイナリーオプションなら 掛け金以上に資金を失うことはありません。

バイナリーオプションで借金を作ってしまう理由とは

それなら、バイナリーオプションで借金を抱えるというのは矛盾しているように思うかもしれませんが、 実際にはバイナリーオプションで数百万円単位で借金を抱えている という人はいます。

バイナリーオプションで借金を作ってしまう理由

そもそも儲からない仕組みだから。

バイナリーオプションで 借金地獄になる理由のひとつ として、 「そもそも儲からない仕組みだから」 というのがあります。

※バイナリーオプションは、ユーザーが投資した資金が、当たれば資金が1.9倍、負ければ資金がゼロになる投資です。

そして、 ユーザーが出した損失が業者の利益となる仕組み です。

逆に、ユーザーが利益を出すと、業者の損失となる仕組みなので、 なるべくユーザーが損をしたほうがバイナリーオプション業者は儲かる。 というワケです。

短期で結果がわかる中毒性があるから。

30秒ごとに資金が1万円が1.9万円になるワケですから、勝てれば 「すぐに資金が増やせる!面白い!」 となり、負ければ 「失った資金を取り戻そう…。」 という心理が働いて、 徐々に掛け金が増えていく ことになります。

バイナリーオプションで資金を失うパターンとして一番よくあるパターンが、「最初のうちは勝てていたのだけれど、取引を重ねるうちに結局はすべての資金を失ってしまった。」というパターンです。

業者がユーザーにとって不利な取引制限をかけているから。

バイナリーオプション業者の中には、業者にとって不利なバイナリーオプションのエントリータイミングが来ると、 「注文数が上限に達しました」 等のメッセージを表示して、ユーザーのエントリーを制限している業者があります。

ネット上で簡単に注文できるから。

店頭で現金をやり取りするときには、数万円~数十万円というお金を投資するときには、 「こんなにお金を掛けて大丈夫だろうか?」 という不安な心理が働きます。

実際には現実にお金が増減しているのですが、「バーチャル空間の単なる数字」として考えがちです。

詐欺業者に騙されてしまうから

記事冒頭のインスタでもわかるように、 マルチレベルマーケティングで高額なバイナリーツールを勧誘して販売している業者 はたくさんいます。

バイナリーオプションの借金返済する方法

バイナリーオプションにはまってしまうと、 借金をしてまでバイナリーオプションで失った損失を取り戻そうとしてしまい、 危険です。 実際にバイナリーオプションで損失を抱えて借金をしてしまう人も多いです。

バイナリーオプションの借金返済方法

まずは、バイナリーオプションを辞める

バイナリーオプションの時間でアルバイトをする

「バイナリーオプションでできた借金を返済するにはどうすればいいか?」といえば、 バイナリーオプションと個人再生 これまで バイナリーオプションに使ってきた時間 を 「アルバイト」などに使えばOK です。

バイナリーオプションの借金は免責不可になる?

なぜなら、破産法252条4項には、 「浪費や賭博(ギャンブル)による借金は自己破産でも免責不可になる。」 と定められているからです。

不用品を売ってお金にする。

特に、 ブランド品などの高額商品 があれば、 まとまったお金を得る ことができます。

保険を解約してお金を作る。

生命保険の内容にもよりますが、長期間の積み立てがあった場合には、保険を解約することである程度まとまった金額のお金を稼ぐことができるため、 バイナリーオプションの借金を返済 に充てることができるでしょう。

※ただし、保険を解約してしまうと不安な面もあると思いますので、バイナリーオプションの借金を返済したらその後は再度保険に入りなおしたほうがいいですね。

バイナリーオプションの借金が返済できない時の対処方法

バイナリーオプションの借金が返済できない時の対処方法

弁護士や司法書士に相談する。

弁護士や司法書士の依頼費用 バイナリーオプションと個人再生 は 30分~1時間で数万円の費用 がかかるかもしれませんが、それで借金返済のめどがつくのであれば、相談したほうがいいですね。

債務整理をする。

バイナリーオプションの任意整理

任意整理を選択すると、 債権者との合意により支払い利息をすべてカット できるため、借金の支払い総額が大きく減額されて 支払いが楽になります。

また、利息はかからずに返済期間を延ばしてもらうことで、月々の返済額が少なくなるため、返済が楽になります。

バイナリーオプションの特定調停

任意整理と同じような話し合いを、簡易裁判所の調停で行うとイメージするとわかりやすいと思います。

バイナリーオプションの個人再生

上述した任意整理や特定調停では、利払い部分をカットしてもらえることはあっても、借金の元本の減額は難しいですが、 個人再生 なら 元本自体を5分の1~10分の1までカットしてもらうことができます。

ただし、個人再生を行う場合は、減額した借金を原則3年間で完済する必要があり、再生計画の内容を裁判所や個人再生委員会に認められて許可を受ける必要があります。

バイナリーオプションの自己破産

自己破産手続きとは、裁判所に申し立てを行うことで 借金返済額をゼロにしてもらう方法 です。

どんなに高額な借金があったとしても、自己破産手続きをおこなえば借金を帳消しにしてゼロにすることができるため、 収入が少ない人、生活保護の人なども良く利用している債務整理の方法 です。

自己破産手続きは債務整理の中でも一番有名な方法ですが、もちろん、それにともなう デメリット・リスク もあります。

バイナリーオプションと個人再生
※自己破産手続きを行うためには、一定額以下の現金などを除いたすべての資産を、借金返済のために放棄する必要があり、持ち家があればそれも手放さなければなりません。

自己破産手続きは、いわば、「人生をゼロからやり直す。」という 人生のリセットボタン です。

バイナリーオプションで借金を作らないための注意点

バイナリーオプションで借金を作らない方法

余剰資金のみで投資する。

バイナリーオプションで借金をしないためには、余剰資金のみで投資をおこない、 生活費やカードローンなどに手を出さないように しなければなりません。

バイナリーオプションと個人再生

バイナリーオプションに大金を賭けるのではなく、お小遣いの範囲内であらかじめ決めた金額で投資を行うようにするといいですね。

バイナリーオプションの詐欺に注意する。

バイナリーオプションの詐欺というのは、 「勝率90%で簡単に稼げる」 などと言って、 高額なツールを販売する詐欺師 のことです。

詐欺師の販売する高額なツール、コミュニティ、サロン等に参加しても、 バイナリーオプションで勝てるようにはなりません ので、くれぐれもご注意ください。

勝てるようになるまでデモトレードを活用する。

バイナリーオプションで借金を作ってしまう原因の一つが、 「バイナリーオプションで勝つことができないから」 です。

稼げなければ、撤退する。

繰り返しになりますが、バイナリーオプションで一番危険なパターンが、 勝てると調子に乗って掛け金を増やし 、 負けると、負けた分を取り戻そうとして掛け金を増やす。 というパターンです。

稼げないのにバイナリーオプション取引をしていても意味がありませんので、稼げなければ早めに撤退するか、 勝てるようになるまでデモトレードで修業をしたほうがいい ですね。

バイナリーオプションの借金:まとめ

バイナリーオプションは、だれにでも理解できる簡単なとうしであるがゆえに、ゲーム感覚で金銭感覚を失ってしまう 「ある意味では危険な取引」 であるといえます。

お小遣いの範囲内で「余裕資金」で楽しむ分には借金を抱えることにはなりませんが、カードローンや高額ツールなどの詐欺にはまってしまうと、 バイナリーオプションで借金地獄 バイナリーオプションと個人再生 にはまってしまう可能性があります。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

ただ今ショウ公式[email protected]【ID:@471mpxkg】に登録した方に勝率80%叩き出せる極秘ノウハウをプレゼント! バイナリーオプションと個人再生

新聞掲載記事情報(令和3年9月号)

県営接種会場

1年以上続くコロナ禍によって私たちの消費生活にも大きな変化がありました。行動が制限されたことで、オンラインのサービスが普及し、ネット通販の利用が大幅に増えていますが、逆に身近な地域に目を向けたり、日常生活を充実させるためにいろいろと工夫している方も多いのではないでしょうか。
在宅時間が増えたので、家の中を整理し、不要なものはリサイクルにまわしたり、省エネ家電に買い替えたりするのは、環境や社会のためにも役立っていますね。
また、今まで利用したことのなかった飲食店のデリバリー・テークアウトや、県内での観光も、新しい発見になるとともに、地域への大きな応援になっています。
普段から地元で生産された新鮮な食材を購入している方は多いと思いますが、時には奮発して地元のブランド食材を選び、おしゃれな食器を使うのもよいですね。
このような誰かのためになるエシカル(倫理的)な消費は、地域を支え、まわりまわって自分のためにもなります。
全ての消費をエシカルにするのは難しいことですが、自分のできる範囲で、誰のためになるかを想像しながら買い物をしてみましょう 。

・災害後の修理便乗商法~複数業者から見積もりを~

「知らない業者が来て『雨どいが壊れている。台風の後なので、火災保険で自己負担なく修理できる。保険の申請手続きも行う』と言われ、以前から修理したかったので依頼した。でも本当に自己負担なく修理できるのか」と相談がありました。
大雨や大雪などの災害の後は、保険金による住宅修理を勧誘する業者の訪問が増えるので注意が必要です。「手数料として40%も請求された」「工事の見積額より少ない保険金しか下りず、断ろうとしたら高額なキャンセル料を請求された」などの事例もあります。
火災保険は、自然災害などで建物に生じた被害を対象にしています。経年劣化による損傷は対象外なので、申請すれば必ず支払われるとは限りません。うその申請をした場合は罪に問われる可能性もあります。まずは、加入先の損害保険会社に相談してください。
勧誘されたその場での契約も危険です。複数業者から見積もりを取り、工事内容や金額を比べて慎重に契約しましょう。
今回は解約することになり、契約書を受け取って8日以内だったので、クーリングオフにより無条件で契約解除できました 。

・バイナリーオプション取引の罠~甘いセールスに要注意~

「SNSで知り合った人から『確実にもうかる』と言われ、バイナリーオプション取引を行っている海外の業者を紹介されたが、信用できるのか」との相談がありました。
バイナリーオプション取引とは、為替相場などの投資対象の値が、決められた期間に上がるか下がるかを予想する金融取引です。一見単純に見えますが、実際は専門知識や高度なリスク管理力が必要です。予想が当たって事前に決めた価格を上回れば(下回れば)一定の金額を受け取ることができますが、予想が外れると投資額を全額失ってしまいます。
この取引を国内で業として行う場合、金融商品取引業の登録が義務づけられています。海外の業者であっても登録が必要であり、金融庁のウェブサイトで登録を確認することができます。
しかし近年、無登録の海外業者がスマホを利用する若者を対象にして、ゲーム感覚で簡単に楽しめるかのように装い勧誘する事例が増えています。「もうかると聞いたのに大損した」「解約できない」「もうかっているのに出金できない」などの相談が寄せられています。甘いセールストークには要注意です 。

・多重債務の解決~弁護士ら専門家に相談を~

「生活費が足りず、いくつもの金融機関から借り入れを繰り返していたら、借金が300万円を超えた。税金も滞納しており、これ以上返済を続けることができない」との相談がありました。
複数の金融機関から借り入れをして返済が行き詰まった状況を多重債務といいます。多重債務に陥った場合の債務整理には、次の四つの方法があります。
「任意整理」は、当事者が個別に交渉して返済の仕方を取り決める方法です。
「特定調停」は、裁判所の調停委員が間に立ち、返済の交渉を仲介してもらう方法です。
「個人再生」は、裁判所に再生計画を提出して認可を受け、原則3年で債務を返済する方法です。
「自己破産」は、裁判所を通じて債務の返済を免責してもらう方法です。
多重債務を個人の力だけで解決するのは極めて困難であり、弁護士や司法書士など法律の専門家に相談して方法を選択し、取り組んでいくのが一般的です。今回の事例は、弁護士に債務整理を委任することになりました。
センターではこうした専門家相談会も開催していますので、ご相談ください 。

・強引な不動産投資の勧誘~興味なければ会わず断って~

「勤務中『不動産投資に興味はないか』と電話があり、何度断ってもかかってくるので、仕方なく会って説明を聞いた。『マンションを購入し、賃貸すればローンは返済できる。マンションは資産になり老後も安心だ。家賃収入は保証する』と2千万円の物件を勧められた。長時間説得されてやむを得ず契約したが、返済していけるか不安」と相談がありました。
20代の若者を中心に、投資用マンションを強引に勧誘される事例が増えています。投資は必ずもうかるとは限りません。建物や設備の老朽化による価格下落、空室や滞納による家賃収入の減少などのリスクがあります。家賃保証に期限があり、ローンを返済できなくなった事例もあります。
契約前に、価格は適正か、将来にわたり家賃収入は見込めるか、返済は継続できる額か、固定資産税や修繕費などオーナーとしての経費は負担できるかなどを慎重に判断することが大事です。
話を聞くだけのつもりでも、会えば断ることは難しくなります。興味がなければ、会わずにきっぱり断りましょう。
今回はクーリングオフにより無条件で解約できました 。

・ガソリンスタンドでタイヤ勧誘~交換の必要性と価格 よく確認~ バイナリーオプションと個人再生

「ガソリンスタンドでタイヤの空気圧を見てもらったら、『亀裂が入りパンク寸前だ。すぐ交換した方がいい』と言われた。タイヤは古くなく、おかしいと思い、いつものディーラーで確認してもらうと亀裂などなかった。うその説明でタイヤを購入させようとしたのか」との相談がありました。
タイヤの交換が必要であっても、急がされてそのまま購入するのはトラブルのもとです。必要性と価格をよく確認してからにしましょう。真実に反することを告げられて購入した場合は、取り消せる可能性があります。
車の点検整備は使用者の義務です。トラブルを防ぐため、タイヤをはじめエンジンオイルやバッテリー、ライトなど、車の基本的な状態を日頃から把握しておくことが大切です。
タイヤは走行距離が長くなるほど摩耗します。スリップサインが現れたら早急に交換しましょう。タイヤ側面の△印が参考になります。あまり走行していなくても経年劣化で性能が低下し、製造から10年が交換の目安です 。

・補聴器の契約トラブル~会話聞こえにくい まず受診を~

「一人暮らしの母が54万円の補聴器を訪問販売で購入していた。2年前にも同じ業者から50万円で購入したが、母はビープ音がうるさいと言って、すぐに外してしまう。購入後の聞こえの調整やメンテナンスもせず、新たな補聴器を勧める販売方法は納得できない」との相談がありました。
補聴器に関して、「勧誘されて購入したが、医師に不要と言われた」「試用なしで購入したが、音がうるさい」などのトラブルが増えています。
会話が聞こえにくいと感じたら、まずは専門医の診察を受けてください。補聴器が必要と診断された場合は、フィッティングやアフターケアの体制が整った専門店に相談しましょう。聞こえが不十分だと説明がよく理解できないまま契約に至るおそれがあるので、周りの人も協力しましょう。通信販売では試用できない時があるため、事前に返品条件などの確認が必要です。
今回は、販売店に販売方法の問題点を指摘して苦情を伝えたところ、無条件で解約できました 。

バイナリーオプションの借金は債務整理や自己破産できるのか?

man

バイナリーオプションで借金を負う状況とは?

  • カードローンで借りたお金でバイナリーオプションして、負ける
  • クレジットカードで借りたお金でバイナリーオプションして、負ける
  • 友人から借りたお金でバイナリーオプションして、負ける
  • 家族から借りたお金でバイナリーオプションをして、負ける
  • 資金使途自由のカードローン
  • クレジットカードで入金できるため、クレジットカードの利用
  • 友人・知人・家族

バイナリーオプション負った借金の債務整理

任意整理とは

fp

  • カードローンなら、大手消費者金融や銀行
  • クレジットカードなら、クレジットカード会社
  • または、上記の債権を譲渡された債権回収会社

バイナリーオプションの借金も任意整理できるのか?

自己破産とは

自己破産のデメリット

財産を処分しなければならない
官報に掲載される
保証人がいた場合、保証人に借金の請求が行く
免責が認められるまで、就けない職業がある
  • 土地家屋調査士
  • 不動産鑑定士
  • 宅地建物取引士
  • 旅行業務取扱管理者
  • 金融商品取引業
  • 警備員
  • 風俗営業者
  • 旅行業者
  • 宅地建物取引業者
  • 生命保険募集人
  • 損害保険代理店
ローンやクレジットカードが利用できなくなる

バイナリーオプションの借金も自己破産できるのか?

免責不許可事由
  • 浪費やギャンブルによって多額の借金をしてしまった場合
  • 財産を隠したり、壊したり、勝手に他人に贈与したりした場合
  • 破産申立てをする前の1年間に、住所、氏名、年齢、年収等の経済的な信用に関わる情報について嘘をついた上で、お金を借りたり、クレジットカードで買物をしたりしたような場合
  • ローンやクレジットカードで商品を買った上で、その商品を非常に安い値段で売ってお金に替えた場合
  • 破産の申立てをした日から数えて7年以内に免責を受けたことがある場合
  • 裁判所や破産管財人が行う調査に協力しなかった場合
  • 浪費やギャンブルによって多額の借金をしてしまった場合

しかし、 「裁量免責」 という制度があります。

  • 真摯に借金をしたことを反省すること
  • 裁判所や破産管財人が行う調査に積極的に協力すること

個人再生とは

  • マイホームがある場合に、マイホームを手放さなくても手続きができる
  • 自己破産の制限職種がないので、働き続けながら債務整理ができる

個人再生の不認可事由

  • 再生手続きまたは再生計画は法律の規定に違反し、その不備を補正することができないとき
  • 再生計画(住宅資金特別条項を定めたときはその再生計画)が遂行される見込みがないとき
  • 再生計画が再生債権者の一般の利益に反するとき(清算価値保障原則)
  • 債権額の総額(住宅ローンや担保権付ローンを除く)が、5,バイナリーオプションと個人再生 000万円を超えているとき
  • 支払い総額が最低弁済額を下回っているとき
  • 再生債務者が住宅の所有権またはその敷地の使用権限を失うことになると見込まれるとき
  • 再生計画に住宅資金特別条項の定めがないとき
  • 再生計画の決議が不正の方法によって成立するに至った時
  • 再生債務者が将来において継続的にまたは反復して収入を得る見込みがないとき
  • 再生債務者が、給与またはこれに類する定期的収入を得ている者に該当しないか、またはその額の変動の幅が小さいと見込まれる者に該当しないとき
  • 給与所得者等再生による債務の一部免除、ハードシップ免責または破産免責を受けたときから7年以内に給与所得者等再生の申述をしていたとき
  • バイナリーオプションと個人再生
  • 返済総額が可処分所得額の2年分以上の額であると認められないとき(可処分所得弁済要件)

バイナリーオプションの借金も個人再生できるのか?

  • 浪費やギャンブルによって多額の借金をしてしまった場合
  • 浪費やギャンブルによって多額の借金をしてしまった場合

バイナリーオプションの借金でも債務整理はできるのか?

  • ローンが5年~10年の間利用できなくなる
  • クレジットカードが5年~10年の間利用できなくなる
    バイナリーオプションと個人再生
  • 司法書士や弁護士に支払う報酬(数十万円)が発生する
  • 自己破産をした場合、保証人がいれば、保証人に請求が行く

teacher

teacher

  • 誠実に返済計画について話をする
  • 少しずつでも良いから返済を進める

teacher

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる