日本語で徹底解説

米国株の取引時間について解説

米国株の取引時間について解説
(※写真はイメージです/PIXTA)

夜間取引(PTS取引)とは?15時以降も株取引ができる裏ワザを紹介

夜間取引とは、証券取引所の通常の取引時間外に取引する株式取引のことです。 また、PTSとは「Proprietary Trading System」の略であり、証券取引所の取引時間外の取引できるシステムを指します。 夜間取引(PTS取引)では市場の開いていない夜間に株取引を行うことで「東証」、「ジャパンネクストPTS」、「チャイエックスPTS」の3つの市場での取引ができます。そのメリットとデメリット、注意点について説明します。

夜間取引(PTS取引)とは?15時以降も株取引ができる裏ワザを紹介

押さえておきたい証券口座『楽天証券』の情報はこちらをクリック

楽天証券は低コストではじめられる、続けられる資産運用のサポートが特徴。 はじめてでも使いやすい商品が多く、楽天ポイントをゲットできるサービスも。 さらに楽天ポイントを使っての投資で、楽天市場でのお買い物時のポイントが最大+1倍になります。

    米国株の取引時間について解説
  • ・ 夜間取引(PTS取引)を簡単に説明すると
  • ・ 夜間取引(PTS取引)のメリットとデメリット
  • ・ これから始める人のための注意点
  • ・ 夜間取引(PTS取引)が可能な証券会社

夜間取引(PTS取引)を簡単に説明すると

夜間取引(PTS取引)を簡単に説明すると

PTS取引とは、簡単に言うと、「 証券取引所の取引時間以外の時間に行う株取引 」のことです。

●夜間取引(PTS取引)をもう少し詳しく説明

PTS取引は、「Proprietary Trading System」の略称 で、日本語に訳すと「私設取引システム」です。

PTS取引は証券会社が独自に行っているもので、日本にはSBIジャパンネクスト証券の「 ジャパンネクストPTS 」とチャイエックス・ジャパンの「 チャイエックスPTS 」の2種類があります。

原油需給と原油相場の見通し【ストラテジストが解説】

原油需給と原油相場の見通し【ストラテジストが解説】

(※写真はイメージです/PIXTA)

世界の原油生産量は昨年12月から今年4月までわずか0.45%増、ウクライナ情勢悪化が影響

(注)データは2022年5月10日時点。単位は百万バレル/日。寄与度は%。世界全体の寄与度の項目は2021年12月から2022年4月までの変化率(%)。 (出所)EIAのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成

[図表1]世界の原油生産量と消費量 (注)データは2022年5月10日時点。単位は百万バレル/日。寄与度は%。
世界全体の寄与度の項目は2021年12月から2022年4月までの変化率(%)。
(出所)EIAのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成

消費量は同期間4.98%減、足元の需給はあまりひっ迫しておらず、1年後もひっ迫なしの見通し

WTI原油先物価格は急騰局面を終え、この先100ドルを割り込んで徐々に低下の公算が大きい

(注)データは2021年1月から2023年12月。2022年5月以降はEIAによる2022年5月10日時点の見通し。原油需給は世界の原油消費量から生産量を差し引いたもの。 (出所)EIAのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成

[図表2]原油需給と原油価格の見通し (注)データは2021年1月から2023年12月。2022年5月以降はEIAによる2022年5月10日時点の見通し。
原油需給は世界の原油消費量から生産量を差し引いたもの。
(出所)EIAのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる