初心者におすすめ

株とFX 最高のトレーダーへの道

株とFX 最高のトレーダーへの道
ドル円などFX取引で得た利益については、確定申告しなければなりません。 適用されるのは「申告分離課税」 で、税率は所得の大小にかかわらず20%(現在は復興特別所得税を含む20.315%)。その年の利益と損失を通算して税率を掛けます。 FXでの利益は、「日経225先物」などの株価指数先物取引との損益通算も可能 です。

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

●金持ちになれる人は「総資産」に注目する お金に縁のない人は「勤労所得」に注目する
「どのぐらい稼いでいるんですか」
と聞く人はいるが、
「総資産はどのぐらいですか」
と質問する人は、ほとんどいない。
富の尺度は総資産額であって、勤労所得ではない。
これは今も昔も、そして将来においても変わらない真実である。
総資産を計算するには、現金はもちろん、株式、債権、不動産や、もしあれば所有している会社の現在価値、持ち家の評価額を全て合計し、そこから債務の金額を引けばよい。
総資産額が究極の富の尺度になるのはなぜかと言えば、それが最終的に資産を全て現金化した時の金額だからである。
金持ちになれる人は、勤労所得と総資産の違いをよく心得ている。
勤労所得も大切だが、それは資産を構成する4本の柱の1本に過ぎないのである。
その4本の柱を挙げよう。
①所得
②貯蓄
③投資
④節約
金持ちになれる人は、この4つの要素を全て含んだものが総資産であり、どれ1つとっても、非常に重要なものだということをよく心得ている。

●金持ちになれる人が使いこなす”4つの武器” 株とFX 最高のトレーダーへの道
所得には、勤労所得と不労所得の2種類がある。
勤労所得は、額に汗して得たお金のことで、会社の給料や下請け仕事の手間賃、事業で得た収益などが含まれる。
勤労所得を得るには、時間と労力を投資しなければならないが、他の3本の柱の基本となるものであり、非常に重要である。
勤労所得は、全てのお金の流れの源になるものと言える。
全ての条件が同じならば、勤労所得が多ければ多いほど、投資や貯蓄に回せるお金も多くなる。
確かに勤労所得は非常に重要なのだが、総資産の構成要素として考えた時に、初めてその価値がものを言うもである。
困ったことに、お金に縁のない人と中流階級の人は、4本の柱のうちの勤労所得だけに目がいってしまうため、総資産額が大きく増えることがない。
不労所得は、働かずに得る所得で、やはり消費、貯蓄、投資に回すことのできるお金である。
貯蓄もまた、なくてはならないものだ。
大金を稼いだとしても、それを保持しておかなければ富を築くことはできないからである。
まずお金の源泉となる所得があって、それを貯蓄することができなければ、その先の投資へは一歩も進むことはできない。
所得の一部を貯蓄できるようになったら、それを投資に回して、お金を増やすための基礎固めができたことになる。
投資がうまくいけばお金はどんどん増え、総資産も膨らんでいく。
金持ちになれる人は、何に、どのように投資するかをよく研究し、優秀な投資家であることを自認しているものだ。
お金に縁のない人は、投資は金持ちの道楽ぐらいにしか思っていないため、投資について勉強しようとせず、ずっとお金に縁のないまま一生を終わる。
もしかすると、4本目の柱は、あなたが思う以上に重要な要因かもしれない。
富を築こうとする時、「節約」の重要性に気づく人はあまりいないが、節約と貯蓄は車の両輪の関係にある。
まず意識的に生活費を切りつめ、貯蓄を殖やすようにすれば、投資に回せるお金が多くなるというわけだ。

●「収入」が増えただけでは”資産”は増えない
あなたの総資産は4つの柱から成り立っている。
言ってみれば、車輪の4つ付いたバスのようなものである。
車輪が1つしかないバスだったら、なかなか前に進まず、乗り心地も悪いし、火花が散り、苦労続きの割には、同じ所をグルグル回っているだけだ。
思い当たる節がないだろうか。
金持ちになれる人のバスには、4つの車輪がきちんと揃っている。
だから彼らは滑らかな走りで、比較的容易に目的地に到達することができるのだ。
お金に縁のない人と中流階級の人は、車輪が1つしかないバスでお金のゲームをやろうとする。
彼らは金持ちになったことがないために、お金を稼ぐことだけが金持ちになる道だと思っている。
「出費は収入に比例して増加する」
というパーキンソンの法則を理解していない人は、以前より多くの収入を得るようになれば、もっと高級な車を買う。
今より収入が増えれば、もっと大きな家、もっと素敵な服を買い、もっと長い休暇を取る。
一般的に、収入が増えれば出費もそれに伴って増えていく。
つまり、収入を増やすだけでは、富を築くことはできないのである。
一体、金持ちというのは、収入を指して言うのだろうか、それとも総資産額を指して言うのだろうか。
その答えは総資産だ。
金持ちになろうと思えば、総資産を増やさなければならないし、所得だけが総資産ではないのである。
株とFX 最高のトレーダーへの道
●金持ちになれる人は「お金をフル活用する」 お金に縁のない人は「お金のためにフルに働く」
「お金をたくさん稼ぐには、フルに働かなければならない」
と思い込んでいる人は多い。
しかし、
「お金をフル活用する」
ことの大切さを知る人は少ないに違いない。
一生懸命働くことが大事なのはもちろんだが、1人きりで働いていても金持ちにはなれない。
なぜかって?
自分の周囲を見回してみればいい。
数え切れないほどの人が休みなく、朝から晩まで、時には夜が明けるまで働いている。
彼らは金持ちだろうか。
とんでもない。
ほとんどの人は文無しか、それに近い状態だ。
ところが、高級リゾートホテルのラウンジでくつろいでいる人たちはどうだ。
ゴルフやテニス、ヨットに明け暮れ、買い物三昧の休暇を取る人は、例外なく金持ちである。
ここではっきりさせておこう。
金持ちになるためには、フルに働かなければならないという話はまやかしなのだ。
金持ちは賢い働き方をしているから、長い休暇も取れるし、一日中遊んでもいられる。
つまり、テコの効果をよく理解し、活用しているので、小さな努力で大きな効果を上げることができるのだ。
そして自分たちの代わりに働いていくれる人を雇い、お金をフル活用する。

●お金を稼ぐのは「一生のこと」か、「一時的なこと」か
私の経験では、確かにお金を稼ぐためには一生懸命働かなければならない。
ところが、お金に縁のない人にとっては
「一生のこと」
が、金持ちになれる人にとっては
「一時的なこと」
でしかない。
金持ちになれる人は
「自分のお金が自分の代わりに仕事をしてくれるようになるまで働けばいい」
ことをよく知っている。
自分のお金が有効な働きをすればするほど、自分自身は働かなくてもよくなるのである。
お金はエネルギーであることを忘れてはならない。
仕事に自分のエネルギーを注ぎ込み、お金のエネルギーをもらう。
経済的な自由を手に入れる人は、自分が投資したエネルギーを有効に活用する術を心得た人たちなのだ。
つまり、何はさておき、初めはお金を稼ぐためにフルに働き、その後で自分のためにお金をフルに活用するのだ。

●「経済的自由」とは”不労所得”が”必要経費”を上回ること
お金のゲームとなると、どうすれば勝ち組になれるかという手がかりすら持っていない人がほとんである。
あなたのゴールは何か。
いつゲームに勝つのか。
目標は1日に3回ご飯を食べることか、年収10万ドルか、はたまた、億万長者になることか。
「自分が働きたいと思った時意外は、2度と働かなくて済むようになること」、
そして、
「働く時は必要に迫られてではなく、自分で働きたいと思った時だけになること」
が、お金のゲームの最終目的だ。
言葉を換えれば、できるだけ速やかに「経済的自由」を手に入れることが目的なのである。
私の
「経済的自由」
の定義は単純で、
「お金のために働いたり、誰かに頼ったりしなくとも、自分の好きなライフスタイルを実現できること」
だ。
自分の好きなように生きていこうとすると、お金がかかりすぎることが多い。
経済的に自由になるには、働かずしてお金を稼げるようになる必要がある。
そういう所得のことを不労所得と言うわけだが、お金のゲームに勝つとは、好きなように生きていくための経費を賄えるだけの十分な不労所得を得ることである。
つまり、不労所得が必要経費を上回ることが、経済的な自由を得るということなのだ。
不労所得源には2つのタイプがある。
1つ目は、
「お金を自分のためにフル活用する」
タイプ。
これには、株式、債権、政府発行の公債、銀行預金、商品・貴金属への投資から得られる収入、さらには、不動産投資などからの収入が含まれる。
もう1つの不労所得源は、
「ビジネスを自分のためにフル活用する」
タイプ。
例としては、印税、著作権料、ライセンス料、フランチャイザー、倉庫スペースの所有、自動販売機の所有、ネットワーク販売などが挙げられる。 株とFX 最高のトレーダーへの道
その他にも、あなた抜きでもお金を稼ぎ出してくれるビジネスであれば、種類を問わず不労所得である。
この場合、価値を生み出しているのはあなたではなく、ビジネスだと考えればよい。
困ったことに、ほとんどの人のお金の設計図は、勤労所得がオン、不労所得がオフになっている。
不労所得を得ることは、全く正常かつ自然なことだ。
直接・間接を問わず、不労所得につながるビジネス・チャンスをものにすれば、勤労所得と不労所得を一挙両得で手に入れられる。

デイトレーダーに必要な資金はどれくらい?年収や生活の基準も

デイトレーダーに必要な資金はどれくらい?年収や生活について

株やFXなど、金融商品のトレードにはいくつかのスタイルがあります。そのうち 1日の中で売買が完結するのがデイトレード です。一度購入したらその日のうちに売却してしまいます。翌日まで持ち越すことはありません。またデイトレードの中でも、 数秒から数分で売買を完結させるのは「スキャルピング」 と呼ばれます。そのほか、数日の間ポジションを保有し続けるのは「スイングトレード」、さらに 数カ月以上保有するトレードは「ポジショントレード」 というように分類されます。

1日で売買を完結させるデイトレードで扱うのは、容易に売買できる流動性の高い金融商品。 上場株式やFX(外国為替証拠金取引)、CFD(差金決済取引)、株式指数先物取引 などです。

また ポジションを持ち越すリスクが小さい、というのもメリット になります。トレードを終えてポジションを持っていなければ、知らない間に市場の急激な変動に巻き込まれるのを避けることができます。

デイトレーダーの年収

デイトレーダーの年収

デイトレーダーに必要なのが値動きを予測する能力 。値動きを表すチャートや、それを分析するテクニカル指標などへの理解度も、収入の違いになっていくでしょう。

では、どれだけの人が、デイトレーダーとして利益を出し続けているのでしょうか。 デイトレーダーとして生き残るのは、約10% と言われています。この数字に対する受け止め方は、人それぞれだと思います。

1日の生活リズム

1日の生活リズム

デイトレーダーは、市場の値動きを見ながら取引します。市場が開いている時間に、生活のリズムが左右されることになるでしょう。例えば 日本株の場合、市場が開いているのは9時から15時の間 。その時間は取引に集中し、残りの時間で情報収集や、収支のチェックなどをすることになります。

その他、 ドル円などFX取引では24時間取引が可能 だったり、日経225先物取引には夜間取引など、夜のトレードに集中可能なタイプもあります。専業のデイトレーダーであれば昼間は睡眠に使い、夜の海外市場に集中するという生活も可能でしょう。日中に本業がある方であれば、夜の数時間に副業としてデイトレードをするという選択もできそうです。

資金はどれくらい必要か

国税庁が公表した「平成30年分民間給与実態統計調査」では、1年の平均給与が441万円。簡略化のため目標を年400万円とすると、 1,000万円の資金があれば、1年にトレードを繰り返し40%分の利益を出せばいい ことになります。100万円の資金なら400%。10万円の元手なら4,000%、40倍にする必要があります。実現可能な数字を探ることになるでしょう。

様々なアンケートを見ると、副業による月の収入は、1~5万円未満というケースが多いようです。仮に副業による年収を50万円としましょう。 1,000万円の資金があれば、1年に5%分の利益を積み重ねれば実現可能 です。100万円の元手なら50%、毎月5%弱の利益を出し続けることで達成できます。目標を設定し計画を立てることで、必要な資金も分かってきます。

税金はどのようにかかる?

税金はどのようにかかる?

ドル円などFX取引で得た利益については、確定申告しなければなりません。 適用されるのは「申告分離課税」 で、税率は所得の大小にかかわらず20%(現在は復興特別所得税を含む20.315%)。その年の利益と損失を通算して税率を掛けます。 FXでの利益は、「日経225先物」などの株価指数先物取引との損益通算も可能 です。

国内上場株式の売却益については、 「申告分離課税(譲渡所得)」 となります。税率はFXと同じく20%。証券会社で特定口座を作り、「源泉徴収あり口座」で取引をするなら、確定申告の必要はありません。なお、トレードを繰り返す中では、利益が出ることもあれば損失を出してしまうこともありますが、損失が出た際には損益通算され、すでに源泉徴収された分から自動で還付されます。

このようにデイトレードを始める際は、住宅資金について考えるときと同様、 目標を設定し計画を立てて資金を準備 します。また、デイトレーダーとして利益を出し続けるには、値動きを予測する知識や経験も必要です。資金の準備と並行して、勉強やトレーニングにより習得していくことになります。専業であれ副業であれ、チャレンジし成功すれば、デイトレードは新たな収入源となるでしょう。

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

初心者です。本意気で個人投資家・デイトレーダーの仕事をするならどんな道具をそろえればいいんでしょうか?

初心者です。本意気で個人投資家・デイトレーダーの仕事をするならどんな道具をそろえればいいんでしょうか?パソコンや周辺機器など(デスクトップ・ノートなどなど←メーカーや数量も)
脱サラした場合の法的手続きなど(国民年金に入る・・・など)

・・・ざっくりした質問ですんません。

ベストアンサーに選ばれた回答

まじめな回答をすると、
PCは何でもいいけど、私は2台×2モニタで4モニタでやってました。
メーカーは特に関係なし。モニタも大きめで液晶のやっすいヤツで十分。

あと必要なのは、人それぞれなんだけども、運動器具。エアロバイクなんかね。
気分転換にちょうどいい。人間集中力ってそんなに続かないから。

家族構成とかご存知ないですが、脱サラしてデイトレするくらいだから
かかる経費は極力抑えたほうがいい。実家があるなら実家ぐらし。親のスネカジリって言われるけど、余計な経費がかからないのはデイトレやる上では精神衛生上非常によろしい。

家族が居るなら、田舎に引っ越すのも手だね。友人で農家&デイトレーダーってヤツもいたなぁ。

デイトレーダーって儲かった、損した、ってことより、活動は金融機関の暦どおりだから、休みたいときに休めないし、遊ぶこともできないし、夜に酒を飲みにいくこともできないし、そっちのほうがキツイかねぇ。

特典・キャンペーン中の証券会社

新規口座開設&クイズに正解で4,000円プレゼント!

タイアップキャンペーンもれなく現金4000円プレゼント!

クイズに挑戦&新規口座開設等で最大2,000円プレゼント

トライオートETF新規口座開設キャンペーン

オトクなタイアップキャンペーン実施中!

新規デビュープログラム

総額1億円還元キャンペーン

運用スタートプログラム

開設後1ヶ月間取引手数料0円!

2,株とFX 最高のトレーダーへの道 000円プレゼント

証券に関する悩みや疑問をキーワードから探す

その他の回答

最も重要なのは道具立てではなく、貴方の才覚や性格適性です。そして資金力です。

短期売買は市場に参加している人たちの間でのお金の奪い合いです。誰かが儲ける為には他の誰かがお金を失って泣く必要があります。証券会社は手数料を取りますし、利益を得た人からは税金が徴収されます。だから参加者の収支を合計すると必ずマイナスになるマイナス・サム・ゲームです。従って必然的に勝者の数よりも敗者の方が圧倒的に多くなります。ましてや市場には知識、経験、情報、資金力などで圧倒的に有利な立場を築いて待ち構えている歴戦のプロがいます。そういった歴戦のプロに素人が打ち勝って利益を出すのは容易なことではありません。結果として勝者は10%程度で残りの90%は敗者になると言われます。

貴方に勝者になれるだけの才覚や適正があるかどうかは以下のリンク先にあるような回答を読んで自己診断してください。

p://detail.株とFX 最高のトレーダーへの道 chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1115033751
p://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?queId=7148553
p://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?queId=7066781
p://detail.chiebukuro.株とFX 最高のトレーダーへの道 yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?queId=6887221
(知恵袋のリンク規制で完全なURLを書けないので頭に「htt」を補ってください。)

自分に勝てる要素があると思える場合でもいきなりデイトレードを始めるのはやめた方がよいです。最初は長期投資から始めて市場ルール、チャートの読み方、テクニカル指標の使い方、市場心理の読み方などを学ぶことです。いきなりデイトレードを始めても何かを学ぶ前に資金を失って強制退場になるのがオチです。

ちなみにアメリカでは破滅したデイトレーダーが妻子を撲殺し、さらには取引していた証券会社で銃を乱射して多数の死傷者を出し、最後には自殺するという悲惨な事件が起こっています。市場は敗者には容赦がありません。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1386731058

データーの注目できるものそろえる事です
株式投資はリスクがあります まず友達に聞いて店でそろえる事
入らないものまで買わないように パソコンは八台入ります
でも何処までやるかわからないから何処までのそろえていいのかアドバイスで来ません 株とFX 最高のトレーダーへの道
始めは四台のパソコンで始めてください 日本の会社の情報ソフトが高いです
外国のソフトはなれなければ出来ませんから暗号使っています

私は元金300万から始めて今では10年なります
信用置ける株式会社に勤めている人を捕まえる事です 女性でも男性でもいいですから
信用が出来なければ裏切られます

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる