プロが直接査定

その理由とデイトレ手法を徹底解説

その理由とデイトレ手法を徹底解説
当社の信用リスク 当社がお客様に引渡すべき株券等の引渡しが、履行期日又は両者が合意した日に行われない場合があります。この場合、「株券等貸借取引に関する基本契約書」・「信用取引規定兼株券貸借取引取扱規定第2章」に基づき遅延損害金をお客様にお支払いいたしますが、履行期日又は両者が合意した日に返還を受けていた場合に株主として得られる権利(株主優待、議決権等)は、お客様は取得できません。 投資者保護基金の対象とはなりません 貸付いただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管および投資者保護基金による保護の対象とはなりません。 手数料等諸費用について お客様は、株券等を貸付いただくにあたり、取引手数料等の費用をお支払いいただく必要はありません。 配当金等、株主の権利・義務について 貸借期間中、株券等は楽天証券名義又は第三者名義等になっており、この期間中において、お客様は株主としての権利義務をすべて喪失します。そのため一定期間株式を所有することで得られる株主提案権等について、貸借期間中はその株式を所有していないこととなりますので、ご注意ください。(但し、信用貸株では貸借期間中の全部又は一部においてお客様名義のままの場合もあり、この場合、お客様は株主としての権利義務の一部又は全部が保持されます。)株式分割等コーポレートアクションが発生した場合、自動的にお客様の口座に対象銘柄を返却することで、株主の権利を獲得します。権利獲得後の貸出設定は、お客様のお取引状況によってお手続きが異なりますのでご注意ください。貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金については、発行会社より配当の支払いがあった後所定の期日に、所得税相当額を差し引いた配当金相当額が楽天証券からお客様へ支払われます。 株主優待、配当金の情報について 株主優待の情報は、東洋経済新報社から提供されるデータを基にしており、原則として毎月1回の更新となります。更新日から次回更新日までの内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動には対応しておりません。また、貸株サービス・信用貸株内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がありますので、必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。 大量保有報告(短期大量譲渡に伴う変更報告書)の提出について 楽天証券、または楽天証券と共同保有者(金融商品取引法第27条の23第5項)の関係にある楽天証券グループ会社等が、貸株対象銘柄について変更報告書(同法第27条の25第2項)を提出する場合において、当社がお客様からお借りした同銘柄の株券等を同変更報告書提出義務発生日の直近60日間に、お客様に返還させていただいているときは、お客様の氏名、取引株数、契約の種類(株券消費貸借契約である旨)等、同銘柄についての楽天証券の譲渡の相手方、および対価に関する事項を同変更報告書に記載させていただく場合がございますので、予めご了承ください。 税制について 株券貸借取引で支払われる貸借料及び貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金相当額は、お客様が個人の場合、一般に雑所得又は事業所得として、総合課税の対象となります。なお、配当金相当額は、配当所得そのものではないため、配当控除は受けられません。また、お客様が法人の場合、一般に法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。税制は、お客様によりお取り扱いが異なる場合がありますので、詳しくは、税務署又は税理士等の専門家にご確認ください。

【集中投資でFIREした元会社員が教える】なぜ投資家は暇そうにしているのか?

小型株集中投資で築いた資産をもとに、入社4年目の26歳でFIRE(経済的自立と早期リタイア)を果たした『投資をしながら自由に生きる』の著者が、「お金と時間の自由」を最速で得るための秘策を伝授! 最小限の時間で場所にも縛られず、極めて自由度が高い状態で仕事を楽しみしながら、経済的自由を謳歌するたった1つの方法を徹底指南する。 【この記事の画像を見る】 その理由とデイトレ手法を徹底解説 ● 投資と投機の違い 投資は、自分が働かなくてもお金が入ってくる仕組みを所有することだといいました。株式投資にせよ、不動産投資にせよ、自分の時間を使わなくても、所有しているだけでお金が入ってくる仕組みです。 しかし、同じ株式投資でも秒単位の値動きをとらえて売買するような「スキャルピング」や「デイトレード」のような手法は、投資とは呼べません。これらはギャンブル性の高い「投機」といえます。同様に、「証拠金」を入れて、レバレッジをかけて差益を狙うFX取引や商品先物取引も、投機であり、投資とはいえません。 そもそも「投資」と「投機」は、その行為の本質的な意味が異なります。 投資は、株の配当金や不動産の家賃(インカムゲイン)、保有していた株や不動産の売却益(キャピタルゲイン)を得ることを目的にしています。一方の投機は、目先の価格変動を予測し、売値と買値の差額によって生じる「利ざや」を抜くことを目的としています。 ◆「投資」と「投機」の違い 【投資】価値あるもの(資産)を所有することが目的 【投機】価格変動から利ざやを抜くことが目的 相場が開いている時間帯、需給や市場環境の変化などがさまざまに絡み合った複雑な要因によって、「価格」は変動し続けます。その価格変動から利ざやを抜く投機では、つねに相場を監視し続ける必要があります。 それは不労所得ではなく、むしろ精神的な緊張感とストレスをともなう“重労働所得”です。映画やドラマで、複数台のPCモニターに映し出されたチャートを同時にチェックしながら、即時に売買を判断し注文を繰り返す人のやっていることが、いわゆる「投機」です。 一方、投資は本質的な「価値」に対してお金を投じます。目先の需給や市場環境の変化によって「価格」はつねに変動しますが、企業や不動産の本質的な「価値」は、すぐには変動しません。そのため、投資先を見極めるために時間を使うことはあっても、つねに価格の変動を監視する時間は必要ありません。 その理由とデイトレ手法を徹底解説 投機をやっている人はつねに忙しそうにモニターに張りついていますが、投資をやっている人はいつも暇そうにしているものです。 株式や不動産の「価値」にお金を投じる投資家は、自分の時間を使って働くことなく収入を得ることができます。一方、「価格」の変動にお金を投じる投機家は、同時に時間も労力も投じる必要があるため、投資をしているように見えますが、実情は「労働」と変わりません。 「お金と時間の自由」を目指すのであれば、「投機」ではなく「投資」によってお金を増やすほうがよいのです。

株のデイトレのやり方を徹底解説。手数料格安の証券口座を使うのがキモ

例えば、デイトレで投資金額の2%の利益を得られたとします。
100万円投資して2万円儲かったイメージですね。
しかしここで使っている証券会社の手数料が買いと売りで合計1%かかっていたらどうでしょう。
100万円投資して2万円儲かったのに、そのうちの1万円は手数料として支払う羽目になってしまいます。
実に利益の50%です。
(そして手数料の厄介なところは儲かった時だけでなく損した時にも支払う必要がある点です。)

これが デイトレの場合は頻繁に利益確定を行うので、利益が出た場合は毎年税金を支払う必要が生じてしまいます。
税金を支払うのを先送りにすれば、それだけ複利効果を高めて投資のリターンを上げることが期待できるのですが、デイトレでは難しいということですね。
残念ながらこの二つのデイトレのデメリットを100%克服する方法は存在しません。

とはいえ、 今回の記事で解説する手順では極力この二つのデメリット(手数料と税金)の負担が軽くなるように工夫していきます。

【デイトレのやり方1】口座開設

まずトップクラスに重要なのが、 「そもそもどこの証券口座でデイトレードを行うか」 といった問題です。
薄い利益を積み重ねていくのがデイトレードです。
先ほどの例に挙げたような、往復の手数料が1%も発生する証券会社でデイトレードを始めてしまってはほとんど勝ち目はありません。

手数料格安の口座を使うべき

つまり、 何にもまして手数料が安い証券口座を使うべき なのです。
多少UIが良くないとか、ポイント還元が少ないとかそういったことは手数料に比べればどうでもいいです。
デイトレ以外の株式投資でも手数料にはもちろん注意すべきですが、デイトレーダーは何よりも手数料を最重視してください。

デイトレ向きの手数料格安サービス

SBI証券はアクティブプランを選択すれば国内株式の現物取引が1日100万円まで手数料無料で行えます。
従って、運用金額が少額であればSBI証券のアクティブプランを使うだけで手数料問題は完全に解決できると言えます。

松井証券は、国内株以外売買できないというデメリットがある一方、 月間の約定代金が50万円までであれば手数料が発生しません。
SBI証券だけで足りなければ、こちらを併用することで実質的に手数料無料の枠を拡大できます。

一方のネオモバは取引ごとに手数料が発生する仕組みではなく 月額制 です。
すなわち、こちらも取引頻度が多いデイトレーダーに向いたサービスだと言えます。
具体的には月間の約定代金が50万円までであれば月額220円(税込み)で何回でも取引することができます(2021年6月現在)。
ネオモバは通常の100株単位ではなく1株単位で日本株が売買できるという仕組みでして、少額から始めてリスクを抑えたいデイトレーダーにオススメです。

特に値嵩株をデイトレで取引したい場合に向いています。
例えば、ファーストリテイリング株で利益を狙えそうだと判断したときに、通常の証券口座であれば最低850万円程度の資金とそれに応じた手数料が必要です。
こういったとき、ネオモバであれば85,000円程度あればファストリ株を買えますし、月額制なので取引毎の手数料も発生しません(2021年6月現在)。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる