オンライン学習サービス

株の仕組みを世界一わかりやすく解説

株の仕組みを世界一わかりやすく解説

500円は誰が持っていても500円ですが、「A列1番のチケット」や「サイン入りユニフォーム」はただひとつ、他に代わるものがありません。

細野真宏の世界一わかりやすい株の本 実践編 みんなのレビュー

投稿元:

投稿元:

投稿元:

投稿元:

投稿元:

どんな証券会社を選ぶべきかみたいな話に始まり
その後、増資と株式分割が株価に与える影響について書いてました。
実践にしてはずいぶん狭い範囲。。。と思ったんだけど
どうやらこの本が書かれた時はそういう事がたくさん起きてて
それが投資タイミングだと騒がれていたかららしい。

でも、どうして投資タイミングか説明されてる事があまり多くなかったから
この本で解説した、みたいな位置づけな気がします。 株の仕組みを世界一わかりやすく解説
まあ確かにわかりやすかった。
しかしその背景を知らないと突飛すぎだし
そんなタイミングだけを待って投資するのも難しい気がする。
増資とか株式分割ってそんな頻繁にあるものなのか??

投稿元:

投稿元:

「世界一分かりやすい」というだけあって、確かに分かりやすい。
特に「増資」と「株式分割」については大変参考になりました。
細野さんの本を読むと、 株の仕組みを世界一わかりやすく解説
「分かっていた気がしていたけど、実は理解していなかった」点が発券できて、非常に面白いです。

投稿元:

資産運用は投信だけでまだ個人での株取引自体は
始めていないのですが、予備知識として知っておく
べき内容が丁寧に書かれていたのでとてもわかり
易かったです。なかでも「増資」の意味とそれに
伴う株価の変動予想についてはわかり易くてオススメです。

投稿元:

基本編(?)に続き、さらりと読めた。しかしこの実践編を読んで株を始めようとヤフーファイナンスを見るとあら大変。 株の仕組みを世界一わかりやすく解説
チ ャ ー ト が 読 め な い 。

投稿元:

投稿元:

わかりやすい。
厚い本でもないので、頭が疲れる前にすんなり読める。
初心者に最適

投稿元:

予備校講師が書いた
株式投資入門パート2。
前作にも増して
明快でなめらかな語り口だ。

スタイルは同じ。
株に関する問題を提示して
考えさせて
その後に模範解答を示す。
その快刀乱麻の切れ味と 株の仕組みを世界一わかりやすく解説
論理的で明快な
そのくせ難しくない正答の導き方は
なぜか上質な探偵小説を読むようで
すごくわかった気にさせる。
しかし、自分が一人でその明快さを
もてるかというとそこは疑問が生じる。
明答にたどり着く苦労がやはり必要なのだ。

恐らく前作で質問が多かったと思われる
証券会社の選び方から入るのが
実践編っぽい。
株式会社は銀行と違って
顧客から預かったお金は
信用協会で保証されているから
証券会社の信用や破綻にそれほど
こだわる必要はないというのは納得。

この本で多くのページを割いて
語られているのが「増資」と「株式分割」で
株価がどう動くか。
チャートへのこだわりや日常的な動きではなく
イレギュラーなことだが
だから逆に論理を積み重ねれば
正解に行き着く。
本質的には、
株が欲しい人が多ければ株価は上がる。
少なければ下がる。
ということだけで正解を導き出す。
このシンプルさが明快さを生んでいる。

前作、この実践編どちらもが
本当に株式について知らない人が
一からその仕組みを学ぶためにいい本だと思う。
もちろんこれだけで勝てるほど株は甘くない。
とは重々理解しているつもりだ。

NFTをわかりやすく解説|ツイートが3億円で売れた!「アートやデジタルデータが資産になる」NFTとは

NFTとは


NFTとは、 Non-Fungible(代替不可能)なトークン です。

NFTは、本来であればコピーなどが簡単にできるデジタルデータを「唯一のもの」として証明し、情報を付与し著作権に似た形で二次使用で利益を得たり、取引したりできる 資産の一種 です。では、NFTについて詳しく説明していきましょう。

NFTが注目されている理由3つ

「デジタル資産の希少性」を担保

NFT化することにより、作品やデータの希少性が保たれることは、大きな意味を持っている のです。

デジタル資産を「自分のもの」として証明できる

NFTではデジタル資産を「ひとつだけのもの」として担保するだけでなく、 所有者が誰であるかを証明 します。

NFTは投資商品として人気が急上昇している

  • 唯一無二のモノとして担保される
  • 所有者が証明される

二次販売で利益を得ることができ、今では NFTアート等は投資商品としても注目 されています。

NFTの注意点

NFT リスク 注意

法整備が追いついていないリスク

また NFTの取引にかかる法規制・権利関係なども整っているわけではなく、要するに「何かトラブルが発生した場合に簡単には解決しない」「混乱がおきやすい」状況 です。

NFTに詳しい弁護士もまだ多くはありません。いずれにしても金銭のやり取りがある以上は リスクがあると認識 しておきましょう。

デジタル資産じたいは「モノ」として所有はできない

意外と負担になる手数料

いずれにしても 手数料・利用料・販売手数料など、取引に関連する料金については事前にしっかり確認 しましょう。

著作権侵害に関する注意が必要

また、 NFT作品を購入したからといって著作権を手にしたわけでもありません。 ですから購入したデジタルアートに手を加え、別のものとして販売して利益を得ようとしたら問題になるでしょう。

法整備が整っていないリスクはすでに述べました。著作権とNFTについても同じで、 法律は明確にはなっていないため、充分な注意が必要 です。

NFTの始め方・買い方

NFTの買い方
①仮想通貨取引所に口座開設
②ウォレット作成
③仮想通貨取引所で仮想通貨を購入
④ウォレットに仮想通貨を入金
⑤NFTマーケットプレイスでNFT購入

① 仮想通貨取引所に口座を開設する

最初にNFTを購入するために必要なお金、仮想通貨を準備します。銀行に口座を開くように、 仮想通貨取引所に口座を開設 しましょう。

  • GMOコイン
  • コインチェック
  • ビットフライヤー

② ウォレットを作成する

③ 仮想通貨取引所でイーサリアムを買う

④ ウォレットにイーサリアムを入金する

⑤ NFTマーケットプレイスでNFTを購入する

NFTの売り方・販売方法

株の仕組みを世界一わかりやすく解説 株の仕組みを世界一わかりやすく解説
NFTの売り方・販売方法
①仮想通貨取引所に口座を開設
②NFT作品を用意
③ウォレットを作成
④NFTマーケットプレイスに作品情報を記入
⑤作品をマーケットプレイスにアップ

① 仮想通貨取引所に口座を開設する

② NFTアート・作品を用意する

③ ウォレットを作成する

④ NFTマーケットプレイスに作品の詳細情報を記入する

⑤ オリジナルな作品をマーケットプレイス上にアップする

NFTの特徴は3つ

① 代替が不可能
デジタルデータ等を 1点モノ として証明する

② 取引が可能
所有者は、自分が持つNFTを売買するなど 取引 株の仕組みを世界一わかりやすく解説 できる

③ プログラマビリティ
著作権のようなイメージで、たとえばその「1点モノ」がさまざまな場所で使用された場合、一定の収益を得られる。デジタルデータにこうした 機能をプログラムすることが可能

NFTの特徴1|代替不可能な「唯一無二」なモノ

nftとは わかりやすく


NFTを説明するのに、よく例に出されるのが「硬貨」と「チケット」です。

あなたが持っている 500円玉と誰かが持っている500円玉はまったく同じ価値 で、交換しても500円です。

FNTとは


500円は誰が持っていても500円ですが、「A列1番のチケット」や「サイン入りユニフォーム」はただひとつ、他に代わるものがありません。

代替不可能なトークン= NFTとは、唯一無二、1点モノ ということです。

NFTの特徴2|信頼が担保され「取引」ができる

nftとは マーケットプレイス


NFTにはブロックチェーンという技術が使われています。これは信用を担保するものです(仕組みについては後ほど簡単に触れます)。

NFTは、この 「鑑定書」 にあたり、誰が作成し、誰のものであるかを担保します。

NFTとは わかりやすく

Twitter創業者のジャック・ドーシー氏が 最初に投稿したツイートがオークションにかけられ数億円で売買 されました。

このように、 株の仕組みを世界一わかりやすく解説 株の仕組みを世界一わかりやすく解説 NFTによってデータはデジタル資産の一種となり、資産となることでさまざまな取引が可能 となります。いわゆる投資対象にもなり、実際にこのツイートは価値あるものとして高額な取引が行われました。

NFTの特徴3|データにさまざまな情報や機能をプログラムできる

nftとは何


NFTには取引できる以外にも、 条件によって自動的に作動する「プログラム」を組み込む ことができます。

同様にして、デジタルデータに対して印税のような仕組みや、版権許諾仕組みを組み込んだりすることができるようになり、 デジタルコンテンツの新たな収益化手段として注目 されています。

ブロックチェーン技術とは

NFTでポイントとなるのが、ブロックチェーンです。なぜなら、 ブロックチェーン技術により、デジタルデータのコピーや改ざんを防ぎ、価値や希少性を守れる からです。

ブロックチェーン NFT

ブロックチェーンと暗号資産(仮想通貨)

NFT 暗号資産

仮想通貨は「仮想」であり、現実に手元に現金があるわけではありません。 仮想通貨は、ネット上で商品等の対価として使用する=お金のように利用できるもの です。ビットコインや暗号資産のCMが盛んに流れているので、聞いたことがある人は多いでしょう。実際に、暗号資産の取引量は増加傾向にあります。

NFTアートだけじゃない!ゲームにトレカ・ファッションショーまでNFT化

nft 作品


ジャック・ドーシー氏が2006年に呟いた初ツイートがNFTとして出品されたとき、約3億1,500万円という驚愕の金額で売却され大きな話題を集めました。

現在、NFTは大きく領域を広げています。 NFTアートは特に有名ですが、ゲーム、トレーディングカード、それらが驚くような金額で取引 されています。ここでは話題になった5つのNFTを紹介します。

(2022年5月10日追記)入札価格が99%値下がり?NFTバブルは弾けたのか

(2022年1月25日追記)TwitterがNFTをプロフィール画像にできる機能を提供


Twitterは2022年1月20日(米国時間)、 サブスクリプションサービス「Twitter Blue」でNFTのプロフィール画像を設定する機能を提供 すると発表しました。Twitterは以下のようにコメントしています。

ドルチェ&ガッバーナが初のNFTコレクション「総額6億円」で落札

NFT アパレル

ドルチェ&ガッバーナは高級ドレスやジュエリーなどのコレクションを初の NFTコレクションとして発表 、落札者にはカスタムメイドのデジタルウェアラブルや、コレクションのイベントへの招待など、リアルな世界での特典もあり、メタバース(三次元仮想空間)と両方の世界観が楽しめるのだとか。

NBAのトレーディングカードは2,000万円で売買

NFT トレカ

子どもが夏休み自由研究で描いたドット絵が高値に!

NFT ドット絵

ドット絵がインフルエンサーの目に留まり拡散したことから、一気に価値が上がりました。 二次流通したドット絵の中には1点40万円の値がついたものも あります。

仮想空間で不動産取引をしガラスの家に住む!

NFT 不動産

ディセントラランド

NFTでは、ディセントラランドというブロックチェーンを活用したVRゲームが「生活できる仮想空間」として有名です。 こうした仮想空間で仮想の会社を設立し、家や土地を売買し、服を購入し、友だちと散策をし、バーチャルイベントに参加することもできる のです。

NFT取引所|NFT作品はどこで買うの?

NFT 作品 売りたい

  • 銀行振込
  • クレジットカード
  • イーサリアム(ETH)株の仕組みを世界一わかりやすく解説

NFT市場が熱い!今後はどうなる?

NFT 市場 2021


NFTは今後、どのような展開を見せるのでしょうか。 NFT市場は2021年に急速に拡大 しています。

Coincheck 国内初となる、 暗号資産交換業者が運営! 株の仕組みを世界一わかりやすく解説 ​口座開設でNFT(β版)利用可能​

DMM Bitcoin 口座開設から取引方法まで、土日祝を含めた365日サポート対応で安心! 取引できる暗号資産は15種類!

Adam byGMO(アダム バイ ジーエムオー) 初めての方でも簡単に使えることが人気! 二次販売も可能!

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは? 意味・定義をわかりやすく解説

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは? 意味・定義をわかりやすく解説

2025年までにシステム刷新を行えなかった場合に想定されるシナリオ 株の仕組みを世界一わかりやすく解説

①市場の変化に合わせて柔軟かつ迅速にビジネスモデルを変更できず、デジタル競争の敗者になってしまう
②システムの維持管理費が高額化することで技術的負債を抱え、業務基盤そのものの維持・継承が困難になる
③保守運用の担い手が不足することで、サイバーセキュリティや事故・災害によるシステムトラブルやデータ滅失などのリスクが高まる

(出典)DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~/経済産業省

DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進にむけた企業の現状と課題

DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進には経営戦略が不可欠

DXレポートでは、DX推進には「新たなデジタル技術を活用して、どのようにビジネスを変革していくかの経営戦略そのものが不可欠である」と言及しています。

しかし、DXの必要性に対する認識は高まっているものの、具体的な方向性に関してはまだまだ模索中…という企業が多いのが現状。明確なビジョンが無いまま「AIを活用して何かできないか」といった 曖昧な指示が出され、PoCを繰り返すだけになってしまっているケースが多々報告されている そうです。

その一方で、いち早く既存システムを刷新する判断を下し、DXを推進している企業には「必ずと言っていいほど経営層のコミットがある」と言及されています。

スピーディーな変革が求められている状況ではありますが、まず最初の課題は経営層を巻き込んでしっかりと自社の経営戦略を固めることと言えるでしょう。

DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進に必要な“DX人材”とは?

経済産業省のDXレポートを皮切りに、DXという概念はビジネス界隈に浸透。言葉の意味や重要性を理解した企業は増加したものの、 DX推進を担うDX人材の不足が課題になるケースが増加 しています。

SaaS とは何かを世界一わかりやすく5分で解説

2つ目の注意点は、セキュリティリスクがある点です。SaaS 株の仕組みを世界一わかりやすく解説 はインターネット上でデータを管理するシステムのため、不正アクセスをはじめとしたセキュリティリスクがあります。もちろん、多くのクラウド事業者がセキュリティ対策を最優先事項として掲げ、堅牢な対策が行われていますが、リスクはゼロではありません。データの取り扱いについてルールを決めたり、機密事項は自社環境で保管したりするなどの工夫が必要となるでしょう。

SaaS サービスの分類と主要サービス紹介

グループウェア


グループウェアとは、主に企業など複数人での作業が必要な組織において利用されるシステムです。ファイルのストレージ、日報報告、スケジュール管理、社内決裁フロー、タイムカード、プロジェクト管理などのツールを一元で管理することができます。代表的なサービスには、Google Workspace、サイボウズ Office などが挙げられます。


普段から Gmail や Yahoo! メールなどの「フリーメール」と呼ばれるサービスを利用している人も多いのではないでしょうか。これらも Google や Yahoo! が提供するサーバー上にアクセスして送受信・管理を行うため、SaaS の一種と言えます。

ストレージ


大量の写真やファイルを保存するために、Dropbox、Google Drive といったストレージサービスを利用している方も多いでしょう。インターネット上のサーバーにデータを保管するこれらのサービスも、SaaS のひとつと言えます。


Twitter、Facebook、Instagram をはじめとしたSNSも、インターネット上の各種サービスにアクセスして自分の投稿を保存・共有して利用するため、SaaSに分類できます。このように、普段意識することはなくとも、SaaS 株の仕組みを世界一わかりやすく解説 は非常に身近な存在であると言えます。

DX を推進する SaaS


現在、多くの企業で DX 化が推進されています。データとデジタル技術を活用して、業務効率化による生産性の向上や競争力の向上を目指す DX において、SaaS は非常に重要な役割を果たします。

例えば、SaaS を導入すれば、自動的にバージョンが更新されるため、常に最新のシステム・機能を使うことができるようになります。また、SaaS はパッケージ化されていることに加え、使い方についてのドキュメントなども公開されているため、担当者が異動・退職した場合などでも、システムがブラックボックス化してしまうことを防げます。

このようなことから、DX 推進のためには SaaS は欠かせないものと考えられているのです。

SaaS と RPA ツールの違いとは


企業の業務効率化に用いられる技術と言えば、SaaS のほかに「 RPA 」という言葉を耳にしたことがある人も多いでしょう。RPA とは「 Robotic Process Automation 」の略で、これまで人の手で行われていた作業を、AI や機械学習などを活用して代行することです。

SaaS も RPA も業務を効率化するという目的は一致していますが、サービス形態が異なります。先述の通り、SaaS は事業者がサーバーで提供するサービスを利用するのに対して、RPA ツールは、サーバーやネットワーク、ソフトウェアを自社に導入して運用するオンプレミス型であることが一般的です。そのため、カスタマイズ性は高いものの、SaaS に比べると運用コストが高額になる傾向があります。

ここまで、SaaS の概要やメリット・デメリット、主要サービスについて紹介してきました。現在、数多くの SaaS に分類されるサービスが提供されています。自社に合ったサービスを見つけ、そのメリットを最大限に活用してみてください。

世界一わかりやすい 図解 金融用語 (単行本)

世界一わかりやすい 図解 金融用語

第1章 金融の基本的な用語
1-1 基本的な金融の仕組みは、どうなっているか?
金融
直接金融
間接金融
発行市場
流通市場
公募
私募
イスラム金融
1-2 現金だけが通貨とは限らない
通貨
現金通貨
キャッシュレス決済
電子マネー
クレジットカード
デビットカード
QRコード決済/バーコード決済
フィンテック
仮想通貨
ビットコイン
1-3 金利は、どうやって決まっているのか?
金利
利回り
リスクフリーレート
単利/複利
名目金利/実質金利
短期金利
長期金利
固定金利
変動金利
プライムレート
コラム 市場で価格が決まるメカニズムとは?

第2章 金融市場に関する用語
2-1 金融市場には、どのような種類があるか?
金融市場
需要と供給
短期金融市場
インターバンク市場
コール市場
手形市場
LIBOR
TIBOR
オープン市場 株の仕組みを世界一わかりやすく解説
CD市場
CP市場
長期金融市場
ユーロ市場
2-2 証券取引所と市場の指標には、
どのようなものがあるのか?
証券取引所
上場
上場廃止
PTS
TOPIX
日経平均株価
JPX日経インデックス
NYダウ
S&P500種指数
ナスダック総合指数

第3章 金融機関に関する用語
3-1 金融機関とは何か?
金融機関
預金取扱金融機関
ユニバーサルバンク
インベストメントバンク
ベンチャーキャピタル
シャドー・バンキング
地下銀行
3-2 政府系金融機関には、どのようなものがあるか?
政府系金融機関
日本政策投資銀行
日本政策金融公庫
商工中金
住宅金融支援機構
3-3 銀行は、どのような業務を行っているのか?
(銀行の)固有業務/付随業務
決済機能
信用創造機能
リテール
ホールセール
ALM
(銀行の)窓口販売
金融商品仲介業
BIS規制 株の仕組みを世界一わかりやすく解説
不良債権
3-4 銀行には、どのような種類があるか?
普通銀行
都市銀行
地方銀行

第二地方銀行
長期信用銀行
信託銀行
全銀協
インターネットバンキング
異業種の銀行参入
3-5 協同組合には、どのような種類があるか?
信用金庫/信金中央金庫
信用組合
労働金庫
農協
漁協
農林中金
3-6 ノンバンクとは何か?
ノンバンク
消費者金融
リース業
3-7 証券会社とは何か?
金融商品取引業者
証券会社
オンライントレード
3-8 保険会社とは何か?
保険会社
相互会社
共済
生保の株式会社化

第4章 金融商品に関する用語
4-1 個人資産の運用方法には、どのようなものがあるか?
ファイナンシャル・プランナー
マイナンバー制度
アセットアロケーション
リバランス
リスク
分散投資 株の仕組みを世界一わかりやすく解説
ポートフォリオ
積立投資
ドル・コスト平均法
ラップ口座
プライベートバンキング
オフショア市場
4-2 金融商品とは、どのようなものか?
金融商品
インカム・ゲイン
キャピタル・ゲイン
元本保証
短期金融商品
4-3 株の仕組みを世界一わかりやすく解説 預金には、どのような特徴の商品があるか?
総合口座
流動性預金
定期性預金
解約自由型定期預金
仕組預金
財形制度
休眠口座
4-4 証券とは何か?
有価証券
オフバランス
証券化
ABS
特別目的会社 株の仕組みを世界一わかりやすく解説
4-5 信託とは何か?
信託
金銭信託
教育資金贈与信託
4-6 債券とは、どのような金融商品なのか?
債券/公社債
(債券の)現在価値
国債
個人向け国債
地方債
社債
金融債
WB
CB
劣後債
無担保債
仕組債
新発債/既発債
格付
デフォルト
ジャンク債
4-7 投資信託とは、どのような金融商品なのか?
投資信託
ファンドマネージャー
オープンエンド/クローズドエンド型
株式型投資信託
公社債型投資信託
インデックス型投資信託
アクティブ型投資信託
ファンド・オブ・ファンズ
目論見書
基準価額
個別元本
トータルリターン通知制度
ノーロード投信
投信ラップ
MRF
ETF
J-REIT
ETN
4-8 外貨建て金融商品には、どのようなものがあるか?
外国為替
為替相場
実効為替レート
実質為替レート
TTS/TTB
購買力平価
アメリカドル
ユーロ
外貨預金
外国株式
ADR
外国債
デュアル・カレンシー債
外国投資信託
外貨建て個人年金保険
4-9 デリバティブとは、どのような金融商品なのか?
デリバティブ
ヘッジ
レバレッジ
先物取引
オプション取引
ヘッジファンド
投資ファンド
商品ファンド
FX
円キャリー・トレード
くりっく365
CFD
シカゴ・マーカンタイル取引所
タックス・ヘイブン
コラム 取引手数料、どうしても安くなければだめですか?
4-10 ローンや借り入れは、どのような仕組みなのか?
ローン
融資形態
手形
住宅ローン
リバースモーゲージ
元金均等返済
元利均等返済
繰上返済
抵当権
総量規制
リスケ
4-11 株式投資は、どのような仕組みで行われているか?
株式
単元株
株価
現在値
気配値
出来高
売買代金
株価チャート
4-12 証券取引口座とは、何か?
売買委託手数料
証券総合口座
特定口座
保護預り
証券保管振替制度
本人確認
分別保管 株の仕組みを世界一わかりやすく解説 株の仕組みを世界一わかりやすく解説
NISA
4-13 株主になると、どのようなメリットを得られるか?
株主総会
IR
配当金
株主優待 株の仕組みを世界一わかりやすく解説
株式分割
4-14 株式取引に関する用語には、どのようなものがあるか?
IPO
信用取引
ミニ株
るいとう
4-15 株式会社組織の特徴的な用語とは?
自社株買い
ストックオプション
従業員持株会制度
M&A
TOB
MBO
株主代表訴訟
機関投資家
4-16 企業会計を知るには、
どのような用語をおさえたら良いか?
決算
連結決算
財務諸表
キャッシュフロー
自己資本
有利子負債
時価総額
減損会計
時価会計
税効果会計
持株会社
配当性向
配当利回り
PBR
PER
ROA
ROE 株の仕組みを世界一わかりやすく解説
4-17 保険全般の基本は、何か?
生命保険
損害保険
医療保険
介護費用保険
少額短期保険
終身
定期
有期
定額保険/変額保険
一般勘定/特別勘定
逓減/逓増
4-18 生命保険・損害保険には、どのような種類があるか?
養老保険
収入保障保険
リスク細分型保険
三大疾病保障保険
がん保険
学資保険/子供保険
自賠責保険 株の仕組みを世界一わかりやすく解説 株の仕組みを世界一わかりやすく解説
(任意の)自動車保険
火災保険
地震保険
傷害保険
個人賠償責任保険
4-19 生命保険の契約書に書かれている専門用語の意味は?
保険事故
主契約/特約
リビング・ニーズ特約
保険契約者/被保険者/受取人
保険料
払込方法
保険金/給付金
告知義務
有配当/無配当保険
予定利率
(保険契約の)満期/更新
解約返戻金
クーリング・オフ
契約転換制度
4-20 株の仕組みを世界一わかりやすく解説 損害保険の契約書に書かれている専門用語の意味は?
保険価額
全損
比例てん補
再調達価額
免責
示談
ノンフリート等級
再保険
4-21 公的年金、私的年金の仕組みとは?
公的年金
企業年金
企業型確定拠出年金
個人型確定拠出年金
確定給付企業年金
個人年金保険
変額年金保険
トンチン年金
コラム 将来が不確定なことを認め、受け入れて資産運用をしましょう

第5章 金融政策に関する用語
5-1 政府や中央銀行は、どんな金融政策を行っているか?
金融政策
アベノミクス
金融庁
フィデューシャリー・デューティー
中央銀行
日本銀行
金融政策決定会合
政策金利
公開市場操作
預金準備率操作
量的緩和政策
ゼロ金利政策
セーフティネット貸付
財政出動
5-2 景気を判断する指標には、どのようなものがあるか?
GDP
景気動向指数
日銀短観
国際収支統計
インフレ
デフレ
マネタリーベース
マネーストック統計
消費者物価指数
米国雇用統計
コラム 株の仕組みを世界一わかりやすく解説 金融商品だけが、あなたの資産を殖やすのではありません

第6章 国際金融に関する用語
6-1 国際的な金融機関には、どのようなものがあるか?
世界銀行
BIS
IMF
FOMC 株の仕組みを世界一わかりやすく解説
ECB
OECD
アジア開発銀行
アジアインフラ投資銀行
6-2 国際通貨体制は、どのように維持されているか?
為替介入
外貨準備
通貨切り下げ
ドルペッグ制
G7
G20
6-3 国際的な金融問題には、どのようなものがあるか? 株の仕組みを世界一わかりやすく解説
サブプライムローン問題
リーマン・ショック
欧州財政危機

第7章 利用者保護制度に関する用語
7-1 利用者保護とは、何か?
金融商品取引法
セーフティネット
ディスクロージャー
約款
情報の非対称性
ペイオフ
預金保険機構
証券取引等監視委員会
投資者保護基金
生命保険契約者保護機構
損害保険契約者保護機構
ソルベンシー・マージン比率
金融商品販売法
消費者契約法
マネー・ローンダリング
インサイダー取引
金融ADR

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる