成功事例

通貨の特性とは

通貨の特性とは
一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの
二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの(※)

マーケット情報

--> auじぶん銀行なら、お預入時の為替手数料が全8通貨無料!

米ドル 世界No.1の基軸通貨 圧倒的な取引量 初心者にもおススメ

通貨の説明

世界で最も取引量が多い通貨

アメリカ合衆国(以後、アメリカで統一)の通貨、米ドル。
世界の通貨取引で約44% *1 と、他と比べて圧倒的な取引量を占め、世界規模で影響力の強い通貨です。
また、アメリカの経済力の高さや通貨価値が安定していることなどから『基軸通貨』と呼ばれ、世界の基準・標準となっており、もっとも多くの地域で使用されています。ニュースなどから得られる情報が豊富で、為替取引においての判断材料も多くあります。

有事のドル買い

マーケット情報

auじぶん銀行 チーフエコノミスト山下周 が解説します。

2008年以降の動き

[図]

執筆者:auじぶん銀行株式会社 チーフエコノミスト 山下 周

注目の経済指標・イベント

雇用統計

FOMC

「連邦公開市場委員会」のこと(「Federal Open Market Committee」の略称)。日本における「日銀金融政策決定会合」にあたり、アメリカの金融政策を決定する重要な会合です。その後、発表されるスタンスや政策金利などが為替相場に影響を与えることもあり、見逃せないイベントです。

小売売上高

米四半期GDP(国内総生産)

アメリカの経済指標

  1. *1 通貨の特性とは 資料:JETRO 出典:BEA
  2. *2 資料:JETRO 出典:BLS
  3. *3 資料:JETRO 出典:センサス局
  4. *4 資料:外務省

ユーロ 世界No.2の取引量 米ドルの動向に大きな影響を受ける トレンドを掴みやすい

通貨の説明

国家の枠を超えた統合の象徴

第二の基軸通貨

情報が多く、トレンドを掴みやすい

マーケット情報

auじぶん銀行 チーフエコノミスト山下周 が解説します。

2008年以降の動き

図

2010年のギリシャ危機 *1 に端を発して欧州債務危機が拡大し、ECB(欧州中央銀行)による段階的な金融緩和もあり、2012年7月には歴史的なユーロ安・円高水準となる、94円台まで円高が進みました。相場反転のきっかけとなったのは、ドラギECB総裁が『ユーロを守るためには何でもする』と発言したことでした。2012年後半以降は、「アベノミクス政策」や日銀による「異次元緩和」を受けて大幅な円安が進行したため、2014年12月には150円目前までユーロ高・円安となりました。

ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)の種類や特徴、日本で買える銘柄を紹介!

一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの
二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの(※)

法定通貨や電子マネーとの違い

暗号資産(仮想通貨)の主な分類

ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)の種類と特徴

ビットコイン(BTC)

イーサリアム(ETH)

リップル(XRP)

リップル(XRP)は2004年に考案され、2013年に配布が開始された暗号資産(仮想通貨)です。多くの暗号資産(仮想通貨)が非中央管理型であるのに対して、リップル(XRP)はRipple Labs Incという管理主体によって管理されているという特徴があります。

また、リップル(XRP)は、Ripple Labs Incが提供する国際送金ソリューション「RippleNet」上でのブリッジ通貨としての役割があります。Ripple Labs Incは、国際送金の課題となっていた、送金に要する時間や、送金手数料の高さなどを解決するため、取引の処理速度が速いリップル(XRP)をブリッジ通貨として使用することで、自由度の高い価値の交換を実現することを目標としています。

ビットコインキャッシュ(BCH)

ライトコイン(LTC)

ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)を購入する際の注意点

購入したい暗号資産(仮想通貨)を取り扱っている取引所で口座を開設する

暗号資産(仮想通貨)は数多くの種類が存在しますが、全ての暗号資産(仮想通貨)をひとつの取引所で購入できるわけではありません。特定の暗号資産(仮想通貨)を購入したい場合は、その暗号資産(仮想通貨)を取り扱っている取引所で口座を開設しましょう。
例えば、GMOコインでは、以下21銘柄を取り扱っています。
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
ネム(XEM)
ステラルーメン(XLM)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
オーエムジー(OMG)
テゾス(XTZ)
クアンタム(QTUM)
エンジンコイン(ENJ)
ポルカドット(DOT)
コスモス(ATOM)
シンボル(XYM)
モナコイン(MONA)
カルダノ(ADA)
メイカー(MKR)
ダイ(DAI)
チェーンリンク(LINK)
FCRコイン(FCR)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる