オプショントレーダー

加重移動平均線について

加重移動平均線について

では実際に移動平均線を使ってどのように相場の進む方向性を判断するのかを見ていきましょう🔍

必見!初歩のテクニカル分析ガイド

ローソク足は、始値・高値・安値・終値の四本で構成され、相場の方向性・転換点・力強さの程度を知る手掛かりとなります。始値に対して終値が高い物を「陽線」、始値に対して終値が安い物を「陰線」と呼びます。
上昇相場では陽線が多くなり、下降相場では陰線が多くなります。陽線、陰線は罫線とも呼ばれ、価格の足どりを見る上で欠かせないツールと言えます。ローソク足の上についた線を「上ヒゲ」、下についた線を「下ヒゲ」といいます。
また、ヒゲのついていないローソク足を「丸坊主」と呼び、ヒゲを伴う線の、実体の別や長さでも大まかな強さのニュアンスをみることができます。

Step3 トレンドライン

トレンドラインの引き方

チャンネル

Step4 サポート(支持線)&レジスタンス(抵抗線)

レジスタンス

トレンド転換のシグナル

上昇トレンドの転換 上昇トレンドにおいては、価格はレジスタンス・レベルで一時的に下がった後、通常は、再度そのレベルを超えて上昇します。 前回の高値を抜けなかった場合はトレンド転換のシグナルと見ることができます。

Step5 移動平均線

グランビルの法則

  • 1 . 平均線が長期下落ないし横ばいの後、上昇に転じた場合は買いの第一段。
  • 2 . 上昇中の平均線を価格が下回っても、平均線の上昇基調に変化がないと思われる時は押し目買い。
  • 3 . 価格が足踏みののち、上昇中の平均線とクロスしないで再騰し始めたときは買い乗せ。
  • 4 . 平均線が下降中でも価格が異常にかけ離れて下落した場合は、自律反騰の公算大。
  • 5 . 平均線が長期上昇ののち、横ばいかあるいは低落し始める場合は買い手仕舞いの第一段。
  • 6 . 下降中の平均線を価格が上回っても、平均線の下降を食い止められないと思われる時は戻り売り。
  • 7 . 価格が保ち合いののち、下降中の平均線とクロスするまでに至らずに、再下落した場合は売り乗せ。
  • 8 . 平均線が上昇中でも価格が異常にかけ離れて上昇した場合は、自律反落の公算大。要するに、株式にはトレンドと修正リズム、つまり趨勢としての方向と、時には価格行き過ぎの修正運動があり、それを移動平均線の動きを軸として分析し、売買のタイミングを捉えようとするものです。

ゴールデンクロス/デッドクロス

移動平均線の種類

加重移動平均線 昨日と今日の終値を比べ、今日の終値にウェート置くように計算して出したもの。
移動平均の先端がより値動きに素早く反応すると考えられます。

指数平滑移動平均線 一定期間の平均を求めるのではなく、過去全ての価格が計算対象。
単独で使うことはなく、他の指標の基礎データとして使われることが多い。

変位移動平均線 単純移動平均を先行させたもの。
交差までに時間を要するのでその分ダマシのシグナルが少なくなります。

Step6 MACD(Moving Average Convergence/Divergence Trading Method)加重移動平均線について

MACD構成

  • 短期指数平滑移動平均線
  • 長期指数平滑移動平均線
  • MACD=(短期指数平滑移動平均線)-(長期指数平滑移動平均線)
  • Signal=MACDの移動平均線

通常は 短期 12日、長期 26日、Signal 9日 で計算されることが多い。

MACDの見方

  • MACDがSignal(MACD平均線)を下から上に抜いたら買い
  • MACDがSignal(MACD平均線)を上から下に抜いたら売り
  • 買いシグナル発生後→MACD、Signalとも0ラインを上回ればシグナルの有効性追認
  • 売りシグナル発生後→MACD、Signalとも0ラインを下回ればシグナルの有効性追認

3.MACDとシグナルとの差(乖離)が最大となった場合も絶好の売買タイミング 以前に反転した位置がその後の反転ポイントの目安。0ラインの前後での反転も多い。
価格の動きと照らし合わせても、トレンド転換の予兆を察知できます。

4.ダイバージェンス(逆行)による反騰・下落の示唆 上昇の示唆 価格は下落中だが、MACDは上昇、又はMACDラインのボトムが切り上がっている。 下落の示唆 価格は上昇中だが、MACDは下落、又はMACDラインのトップが切り下がっている。

  • 上昇トレンド入り→価格が上昇に向かう、MACDも上昇に向かう。
  • 下降トレンド入り→価格が下落に向かう、MACDも下落に向かう。

Step7 RSI (相対力指数・Relative Strength Index)

MRSI(相対力指数・Relative Strength Index)は価格の上昇・下落に変動した値幅を考慮したうえで計算したものです。通常、過去14日間のデータをもとに計算されることが多い。

計算式は以下のような式
RSI = 過去14日間の上昇幅の合計 ÷ 過去14日間の値幅の合計 × 100%

RSIの一般的見方

  • 70%を超えると買われ過ぎ
  • 30%を下回ると売られ過ぎ

RSIの弱点

価格が上昇&RSI下降 → 上昇力は弱い 上昇相場でRSI(70%以上)の山が直前の山を越えられないで、その後、直前の谷を割りこんだ場合は売りシグナル

価格が下落&RSI上昇 → 下落は弱い 下降相場でRSI(30%以下)が直前の谷を割り込まないで、直前の山を越えた場合は買いシグナル

Step8 エリオット波動分析

エリオット波動の構成

第1波:上昇 →第2波:下降 →第3波:上昇 →第4波:下降 →第5波:上昇
a波:下降 →b波:戻し →c波:下降
以上8つの波(5つが上昇、3つが下降)を1サイクルとしている。

エクステンション(延長波) エリオット波動の理想的な上昇トレンドは5つの波から構成されます。
そのうちの一つの推進波(第1波、第3波、第5波)がさらに5つの波に分かれて拡張する様相をエクステンション(拡張、延長)といいます。
エクステンションが起きるのは珍しいことではなく、大多数の波は3つの推進波のうちのどれかにエクステンションが発生します。 第1波がエクステンションを起こすことは珍しいが、第3波のエクステンションは株式市場で、商品市場では第5波のエクステンションがよく見られます。エリオットの波動には、エクステンション以外にも、ダイアゴナル・トライアングル(斜め三角形)やフェイラー(未達成)といった他の変形波もあります。
エクステンションを伴う推進波は第1波、第3波、第5波のうち一つの推進波だけです。よって第3波がエクステンションしたら、第5波のエクステンションはなく、第5波は第1波と類似したものになり第1波と第3波にエクステンションがなければ、第5波はエクステンションしやすいと予想できます。

様々なエクステンションのパターン 第5波がエクステンションした場合、2回復帰(ダブル・リトレイスメント)が起きる。
第5波のエクステンション完了後、

  • 1 . まず3つの調整波によりエクステンションの開始時点まで下降が起こる
  • 2 . 次にエクステンションが終わった水準までの戻しが起こる
  • 3 . その先、上昇トレンドに戻るかあるいはトップを形成するのかは、長期サイクルにおける現在の価格の位置による。

Step9 フィボナッチ級数(数列)とエリオット波動

フィボナッチ級数の構成

  • 1 . 連続する2つの数の和はその上位の数(上記の2つの連続する数字の合計)は、次の数に一致する。
    〈例〉1+1=2、 1+2=3、 加重移動平均線について 2+3=5、 3+5=8、 5+8=13、・・・という具合です。
  • 2 . どの数もその下位の数に対しては1.加重移動平均線について 618倍
    (フィボナッチ数列の数値を1つ前の数値で割ると、1.618という数値になる)。
    ※ 数値が大きくなればなるほど、1.618に近づく。
    〈例〉13÷8=1.625、 21÷13=1.615、 55÷34=1.6176、 144÷89=1.6179
  • 3 . どの数もその上位の数に対しては0.618倍
    (1つ後の数値で割ると、0.618という数値になる)
    ※ 数値が大きくなればなるほど、0.618に近づく。
    〈例〉8÷13=0.6153、 加重移動平均線について 13÷21=0.6190、 34÷55=0.6181、 89÷144=0.6180
  • 4 . どの数も2つ下位の数に対しては2.618倍
    (フィボナッチの系列の数値を2つ前の数値で割ると、2.618という数値になる)。
    〈例〉34÷13=2.6153、 55÷21=2.6190、 89÷34=2.6176、 144÷55=2.6181
  • 5 . どの数も2つ上位の数に対しては0.382倍
    (2つ後の数値で割ると、0.382という数値になる)。
    〈例〉34÷89=0.3820、 21÷55=0.3818、 34÷89=0.3820、 55÷144=0.3819
  • 6 . 0.618を2乗すると0.382、1.618を2乗すると2.加重移動平均線について 618となる。
    1.618や0.618、0.382といった数値は、黄金分割とか黄金比率、平均律と呼ばれた数値です。その比率はピラミッドや古代ギリシャのパルティノン神殿の建築様式にも使用されています。
    この比率は、エリオット波動理論では目標値を定めるのに欠かせない数値です。日本でも昔から2/3戻し(0.618=61.8%)1/3戻し(0.加重移動平均線について 382=38.2%)といった様に使用されています。
    その他に重要な数値は、1÷2(0.5=50%)、1÷1(1.00=100%)。これらの数値は、重要なサポートやレジスタンスとなります。

第一種・第二種金融商品取引業(関東財務局長(金商)第236号)、商品先物取引業(店頭商品デリバティブ取引)
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本商品先物取引協会、日本投資者保護基金
一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会 会員 会員番号1033

あい証券株式会社
第一種・第二種金融商品取引業(関東財務局長(金商)第236号)、商品先物取引業(店頭商品デリバティブ取引)
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本商品先物取引協会、日本投資者保護基金
一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会 会員 会員番号1033

移動平均線でバイナリーオプションを攻略!MAを使った3つの見方/使い方

移動平均線のサムネイル画像

インジケーターまとめ

トレード経験のある女性

移動平均線を使っている男性

  • 設定期間の終値の平均をグラフ化したインジケーターであること
  • 相場転換やエントリーポイントのサインとして役立つこと

疑問に思う女性

驚きを隠せない男性

移動平均線(Moving Average)を使った3つの相場判断

①移動平均線を使って相場の進む方向性を判断する

相場の進む方向性を知るイメージ


では実際に移動平均線を使ってどのように相場の進む方向性を判断するのかを見ていきましょう🔍

移動平均線の方向性を見る

移動平均線の向き

向きを見るだけなので、視覚的に判断しやすいですよね💡
そして 真横に向かっていれば現在の値動きは方向性が曖昧 で、上下どちらに進んでいるかが判断しにくい状況と言えます^^

移動平均線に対するローソク足の位置

移動平均線は “相場の平均値” として見ていくことができるため、直近の価格(ローソク足)が “平均値より上か下かって視点” で見ていくとすごくシンプルに判断できるようになります💡

【上方向が優勢】 【下方向が優勢】
移動平均線に対するローソク足の位置から上方向が優勢と判断
ローソク足がMAよりも上… 上方向が優勢 !
移動平均線に対するローソク足の位置から下方向が優勢と判断
ローソク足がMAよりも下… 下方向が優勢 !
【上方向が優勢】
移動平均線に対するローソク足の位置から上方向が優勢と判断
ローソク足がMAよりも上に位置していれば 上方向が優勢 !
【下方向が優勢】
移動平均線に対するローソク足の位置から下方向が優勢と判断
ローソク足がMAよりも下に位置していれば 加重移動平均線について 下方向が優勢 !

ローソク足と移動平均線の位置から方向性を判断する

移動平均線に対するローソク足の位置から方向性が曖昧な様子

【上方向が優勢】 【上下の優劣なし】
移動平均線に対するローソク足の位置から上方向が優勢と判断移動平均線に対するローソク足の位置から方向性が曖昧な様子
【上方向が優勢】
移動平均線に対するローソク足の位置から上方向が優勢と判断
【上下の優劣なし】
移動平均線に対するローソク足の位置から方向性が曖昧な様子

移動平均線はたった1本の線にも関わらず、現在の 相場が進む方向性をシンプルに判断できるとっても優秀なインジケーター なんです😊

移動平均線の設定期間による違い

画像は先ほどと同じ1分足に移動平均線の期間を 20 、 50 、 100 の3種類を表示してみました✨

移動平均線の異なる設定期間を比較

  • 期間(20)→短期の移動平均線
  • 期間(50)→中期の移動平均線
  • 期間(100)→長期の移動平均線

期間が短ければ短いほど 現在の値動きに敏感に反応し、 期間が長ければ長いほど 現在の値動きに鈍感になるのが移動平均線なんです💡

  • ◯得意 =相場の本来の動きを見失いにくい(ダマシに遭いにくい)
  • △不得意 =急な値動きに追いつくのに時間がかかる
  • ◯得意 =急な値動きにすぐ対応できる
  • △不得意 =相場の本来の動きを見失いやすい(ダマシに遭いやすい)

そのため 短期・長期の移動平均線を基に、得意なところで不得意なところをカバーしていけるような使い方 ができると理想的かなと私は思います💡

短期と長期の移動平均線のクロスが相場状況の変化の初動になりやすい

短期の移動平均線が長期の移動平均線を クロスすると相場状況が変化するときの初動になりやすい と言われています🍀

短期と長期の移動平均線のクロスの様子

短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上にクロスすることを “ゴールデンクロス=上昇へ転換する合図” 。
反対に上から下にクロスすることを “デッドクロス=下降へ転換する合図” と2本の移動平均線を使って判断することができます😊

②移動平均線を使って相場の勢いを図る

相場の勢いのイメージ

移動平均線の角度

移動平均線の角度から勢いを判断する

移動平均線とローソク足の離れ具合(乖離率)

移動平均線とローソク足の乖離

そのため、急激な値動きが起きてローソク足がグンっと伸びたときには移動平均線がすぐに追いつけず、 “ローソク足と移動平均線の間に空間” ができることがあります💡

この空間が 『乖離/乖離率/乖離幅』 と呼ばれるものです😊

ローソク足と移動平均線の間にできた空間=“乖離”はいつかは必ず埋まるもの

移動平均線とローソク足の乖離は埋まる

勢いが強ければ強いほど乖離は広がっていきますが、この乖離もいつかは埋まる。って知識があれば、 「そろそろ乖離が埋まるんじゃないか?」という視点を持つことができる ようになります^^

③移動平均線を使ってタイミングを図る

タイミングを図るイメージ

移動平均線は基準になる

押し目のイメージ

このように、相場が進む上方向に向かっているときに、下方向に向かってくるローソク足を移動平均線が跳ね返すタイミングを 『押し目』 と言います😊

戻り目のイメージ

今回ご紹介した『押し目・戻り目』の他にも、移動平均線を使って売買ポイントを見極める “グランビルの法則” という考え方があります😊

おまけ


移動平均線の使い方についてお話してきましたが、おまけとして移動平均線の種類について簡単に解説します😊

FXにはどのMA(移動平均線)がいい?おすすめMA3つと設定方法

ゆん

この記事ではFXトレードをする時に一番使われているインジケーターMA(移動平均線)について解説します。

FX初心者

今回はMAの意味と設定の仕方、 おすすめMAの数値を解説します。

MA(移動平均線)とは

MA(移動平均線)とは、FXトレードで多くの人が使うインジケーターの1つです。

MAは『 Moving Average』が正式名称です。

加重移動平均はあまり使わないので、 単純移動平均と指数移動平均について解説しますね。

SMA(単純移動平均線)とEMA(指数平滑移動平均線)との違い

ザクっと解説すると、SMA(単純移動平均線)は終値の平均、EMA(指数平滑移動平均線)は直近の終値を重視した値の平均です。

◆SMA(単純移動平均線)エスエムエー

単純移動平均線は、『Simple Moving Average』とという正式名称なので、『SMA』エスエムエーと呼ばれています。

MAはなぜ終値なのか

為替市場も同じで前日の終値をブレイクすると、レートが一気に動く時があります。

◆EMA(指数平滑移動平均線)イーエムエー

指数平滑移動平均線は『Exponential Moving Average』という正式名称なので、『EMA』イーエムエーと呼ばれています。

SMAとEMA

SMAとEMA

SMA(単純移動平均線)は 加重移動平均線について ブルー 、EMA(指数平滑移動平均線)は ピンク です。

EMA 加重移動平均線について ピンク の方がSMA ブルー よりローソク足に沿って動いていますよね。

MA(移動平均線)の弱点

MAは今の状況を判断する指標ということですね。

MA(移動平均線)の設定

MA(移動平均線)出し方

MA(移動平均線)出し方

チャートの『挿入』 ⇒ 『インディケータ』 ⇒ 『トレンド』 ⇒ 『Moving Average』をクリック

MAパラメータ

MAパラメータ

simple選択

simple選択

・期間 ⇒ 20
・移動平均の種別 ⇒ Simple

色を選択

色を選択

OKクリック

OKクリック

SMAが出ます

SMAが出ます

MA(移動平均線)の削除の仕方

移動平均線にカーソルを合わせる

移動平均線にカーソルを合わせる

分析ツールを削除

分析ツールを削除

移動平均線(MA)でトレンドを読む

消費者物価指数(CPI)とは 消費者物価指数は毎月総務省が発表している指標で 一般消費者世帯が購入するモノやサービスなどの物価を数値化したものと定義されています。 また、消費者物価指数は別名・経済の体温計ともいわれています。 公表日は毎月15日前後です。 どのように算出されているか 消費者物価指数の算出方法は基準になる年の物価を100とし、その時によって変わる物価を比較し計算します。 基準となる年は5年ごとに改定されており、2022年の現時点では2020年が基準年になっています。 消費者物価指数はラスパイ .

国債について知ろう!国債とはどのようなものか?

資産形成を行う上でよく耳にする国債という言葉。こちらについて理解すると、お金がどのように流れているのかが理解できるようになってきます。しっかり理解していきましょう。 国債とは? 国債とは、簡単に言うと国が発行する債券になります。 加重移動平均線について アメリカが発行する債券は「アメリカ国債」日本が発行する債券は「日本国債」と呼ばれます。 ※債券とは→国や企業が投資家から資金を借り入れるために発行する有価証券。 ※有価証券とは→株式や債券などの財産的価値のある権利を表す証券。 地方が発行する債券は地方債、企業が発行する債券は社債 .

【FXトレード履歴】2022年1月14日GOLD 環境認識とトレード根拠の解説

今回のFXトレードはXMで行いました。 2022/1/14ゴールドロング ツイッターにも乗せたこの画像 このトレードの考察について記載します。 ファンダメンタルズの視点 ・利上げによる米国株式のリスク回避・1/12発表された消費者物価指数(CPI)の上昇率7% インフレ懸念これらによる米国株式市場の下落・ドル高=株式やドルからの資金の流出→リスクオフではどこに資金が流れているかと考えたところゴールドが買われていたため、ゴールドはロングでエントリーしようと決めていた。 テクニカルの視点 テクニカルでは こち .

SMA200が最強の移動平均線である理由とトレードへの活用法について

200SMAを表示させたユーロドルの日足

▼ ユーロドル日足

200SMAを表示させたユーロドルの4時間足

▼ ユーロドル4時間足

200SMAを表示させたユーロドルの1時間足

▼ ユーロドル1時間足

200SMAを表示させたユーロドルの15分足

▼ ユーロドル15分足

200SMAを表示させたユーロドルの5分足

▼ ユーロドル5分足

短期足に上位足のSMA200を表示する方法(15分足に1時間足を表示など)は下記を参考にどうぞ。
移動平均線を使いこなすための必須スキルなので、知らない人は覚えておきましょう。

FX侍です、こんにちは。 今回は「短期足に上位足の移動平均線を表示させる方法」について。 例えばMTF対応のインジケーターを使わず、5分足に1時間足のMAを表示させるって事ですね。 MTFのカクカクしたのが嫌!って人もいますからw FX侍的にはカクカクしてる方が.

なぜSMA200に反応するの?

SMA200にローソク足が反応する理由は、 多くの人が見ている移動平均線だから という結論になります。

グランビルの法則

理由の1つが 『グランビルの法則』 です。

基本的にグランビルの法則は1時間足以上で用いるのが一般的ですが、先程のユーロドルのチャートの短期足でも上記イラストと似たような動きをしてますね。

ただしグランビルの法則は、海外では非常にマイナーな存在です。
考案者のグランビルさんはただのアナリストで、優れたトレーダーでも何でもありません。
事実、トレーダーとしてはポンコツだったという記録が残っています。

ぶっちゃけ海外の大口はグランビルの法則以外の理由でSMA200を見ていると思います(笑)
海外フォーラムでも「200 day MA」という単語をよく目にするので。

為替ニュース

SMA200を多くの人が見る理由の2つ目が 為替ニュース です。

『為替ニュースに登場する=多くの人が見る』

最強の移動平均線SMA200の使い方

-環境認識として使う-
SMA200は該当する時間足の長期トレンドを示す移動平均線です。
短期足に表示していても下記のような時間軸でのトレンドが分かります。

5分足であれば1000分(=16.6時間)
15分足であれば3000分(=50時間=約2日)
1時間足であれば200時間(=8.加重移動平均線について 3日)
4時間足であれば800時間(=33.3日)
日足であれば200日(=約10ヶ月)

ドル円1時間足にSMA200を表示させたチャート画像

▼ドル円1時間足(クリックで拡大します)

-エントリー判断として使う-
SMA200での反発を確認してエントリーするのも1つの方法です。

ポンドドルの15分足と1時間足にSMA200を表示させたチャート画像

▼ポンドドル15分足・1時間足(クリックで拡大します)

FX侍です、こんにちは。 今回はFXで最重要とも言えるサポレジについて。 これが分からないとFXで安定して勝てるようにはなりません。 ただしサポレジが難しいと感じる原因は、様々な要因が意識されること。 下記はポンドドルですが、ラウンドナンバー以外の要素もサポレジとし.


P.S.
SMA200からの乖離幅をpips表示するインジケーターを作りました。
詳細は下記ページをご覧下さい。 加重移動平均線について

FX侍です、こんにちは。 今回は「200SMAからの乖離幅」をpips表示で教えてくれるインジケーターの紹介。 非常にシンプルなインジケーターですが、探しても意外と無かったので作りました。 ▼ユーロ円15分足(クリックで拡大します) 日足・4時間足・1時間足・3.

P.P.S.
SMA200以外に『高確率で価格が反応する場所』をチャートに組み込んだテンプレを限定配布中です。
テンプレを使うと、値段が止まる場所・反発する場所がバッチリ分かります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる