FX手法

ストップ注文(損切り注文)の見分け方

ストップ注文(損切り注文)の見分け方
OCO(オーシーオー)注文は2つの注文を同時に出す注文方法です。指値注文と 逆指値 注文を同時に出し、一方が約定すればもう一方の注文は自動的にキャンセルされます。 詳細はこちらをご確認ください。 詳細表示

ストップリミット注文とは?

BNBを285BUSDで買い、今は$300になっていると想像してみてください。損失を防ぐために、価格がエントリーした価格まで下がったらBNBを売るというストップリミット注文を使用することにしました。ストップ価格を$289、指値を$285 (BNBを購入したときの価格) に設定して、売りのストップリミット注文を出します。価格が$289に達した場合、$285でBNBを売る指値注文が出されます。$285以上の価格で注文が成立する場合があります。

バイナンスでストップリミット注文を行う方法

あなたは、価格がまもなく上昇し始めると信じて、$31,820.50 (BUSD)で5 BTCを購入したとしましょう。

$31,ストップ注文(損切り注文)の見分け方 820が信頼できるサポートレベルであると考えた場合、この価格のすぐ下に (サポートラインが守られない場合に備えて) ストップ注文(損切り注文)の見分け方 ストップリミット注文を設定するのも良いでしょう。この例では、ストップ価格を$31,790、指値価格を$31,700として、5 BTCのストップリミット注文を行います。それでは、ここからは1つ1つ順を追って説明していきます。

[Sell BTC] をクリックすると、確認画面が表示されます。内容に間違いがないか確認し、[Place Order] を押して確定します。ストップリミット注文の発注が完了した場合、メッセージが表示されます。下にスクロールして、オープンオーダーを表示および管理することもできます。

ストップリミット注文のメリット

ストップリミット注文を使用するデメリット

ストップリミット注文は、指値注文と同様に、実行される保証がないというデメリットがあります。指値注文は、 指定した価格以上になったときに初めて約定を開始します。しかし、その価格で約定しないかもしれません。指値とストップ価格の間にギャップを作ることができても、ギャップが十分でない場合もあります。変動性の高い資産は、注文時に設定したスプレッドをオーバーシュートする可能性があります。

ストップリミット注文の戦略

1. ストップリミット注文を出す資産のボラティリティを調べましょう。ストップ注文と指値注文の間に小さなスプレッドを設定して、指値注文が満たされる可能性を高めることは、すでにお勧めしました。ただし、取引する資産が変動しやすい場合は、スプレッドを少し大きめに設定する必要があります。

2. 取引している資産の流動性について考えてみましょう。ストップリミット注文は、ビッドアスクスプレッドが大きい資産や流動性の低い資産を取引する際に特に有効です (ストップ注文(損切り注文)の見分け方 これは、スリッページによる不本意な価格を避けるためです)。

3. テクニカル分析で価格水準を判断しましょう。ストップ価格を資産のサポートやレジスタンスレベルに設定するのは良いアイデアです。この水準を判断する一つの方法として、テクニカル分析があります。例えば、重要なレジスタンスラインのすぐ上にストップリミット注文を設定した買いのストップリミット注文を使用することで、ブレイクアウトを利用することができます。あるいは、サポートレベルのすぐ下に売りのストップリミット注文を出せるようにすることで、市場がさらに下落する前に確実に脱出ができます。

FXの注文方法を解説!【成行・指値・逆指値・IFD・OCO・IFDO・トレール・ストリーミング】

FXの注文方法を解説!

初心者向きコラム

こちらでは、 基本的な注文方法(成行注文、指値/逆指値注文、IFD注文、OCO注文、IFDO注文、トレール注文、ストリーミング注文)の仕組みや使い方をご紹介 します。

また入門者が混同しやすい、 成行注文とストリーミング注文の違い指値注文と逆指値注文の違い を表とイラストでわかりやすくご紹介します。

成行注文(マーケットオーダー)

成行注文 (なりゆきちゅうもん) とは、 今見ているレートですぐに注文を出す注文方法 です。

成行注文は今すぐ約定させたいときに便利な注文

発注レートと約定レートのズレをスリッページという

スリッページの例

指値注文(リミットオーダー)

指値注文 (さしねちゅうもん) とは、 現在のレートよりも有利なレートで、あらかじめ注文を出しておく注文注文 です。

基本的には、 「新規注文」でこれからポジションを保有したいと考える場面での注文 に使われています。

指値注文は今より有利なレートで発注したいときに便利!

決済で指値注文を使う場合

もちろん新規注文だけではなく、 決済注文で利益確定 したいときも利用できます。

指値を決済の売りで使うときのケース

逆指値注文(ストップオーダー)

逆指値注文 (ぎゃくさしねちゅうもん) とは、 現在のレートよりも不利なレートで注文を出しておく注文方法 です。

基本的には、 今現在保有しているポジションを決済したいと考える「決済注文」 をするときに使われています。

逆指値注文は今保有するポジションを損切りしたいときに使う。

ストップロス注文(Stop Loss Order)やストップ注文 とも呼ばれ、ストップロスが指すように、損失を止めるために使う注文方法です。
逆指値の名称通り、基本的には指値注文の反対の使い方というわけです。

新規で逆指値注文を使う場合

100.10円を上抜けてそのまま上昇すると予想するとき、あらかじめ逆指値で買い注文を入れておくように、 ブレークアウトを狙った順張りの使い方 もできます。

逆指値注文を新規でブレークアウトを狙うときの使い方。

【成行・指値・逆指値】FXの基本的な注文方法を解説!

IFD注文

IFD注文 (アイエフディー注文) とは、 指値注文に、利食いか損切りの注文をセットにして出す注文方法 です。

IFD注文は新規指値に、決済指値か決済逆指値を同時発注できる注文方法。

IFDは「if done」の略なので、 イフダン注文 とも呼ばれています。

新規の指値注文 + {決済の指値(利益確定) or 決済の逆指値(損切り)} = IFD注文 となります。

OCO注文

OCO注文 (オーシーオー注文) とは、 2つの注文を行い、片方の注文が成立したら、もう片方の注文は取り消しにする注文方法 です。

OCO注文は新規の指値か逆指値に、決済の指値か逆指値を同時発注できる注文方法。

OCOは「One Cancels the Other」の略であり、自分自身で注文をキャンセルする必要はなく、一方が約定したら、もう一方は自動的にキャンセルとります。

新規注文時であれば、 レンジ相場の天底での反発を狙う「買いの指値・売りの指値」 、 直近高値・直近安値のラインブレークでトレンド追従を狙う「買いの逆指値・売りの逆指値」 ストップ注文(損切り注文)の見分け方 といった戦略もOCO注文で行えます。

IFDO注文

IFDO注文(アイエフディーオー注文)とは、 指値注文に、利食いと損切りの注文の両方をセットにして出す注文方法 です。

IFDO注文は新規指値、決済指値、決済逆指値を同時発注できる注文方法。

IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法ですので、IFO注文(アイエフオー注文) 、 IFDone OCO注文(イフダン・オーシーオー注文)とも呼ばれます。

このように、 IFDO注文は新規注文から利食い、損切りまでコントロールができるバランスに優れた注文方法 となっています。

トレール注文

トレール注文とは、 トレンド相場で一方方向にレートが動いているとき、利益を追求できる注文方法 です。

トレール注文は自動追従する決済逆指値で利益の最大化ができる注文方法。

正しくはトレーリングストップ注文(Trailing Stop Order)といいますが、単にトレール注文(Trail Order)との呼び名がメジャーです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる