取引のメリット

投資する上で注意したいこととは

投資する上で注意したいこととは
こちらも読まれています

リスクを抑えながら1,000万円を10年運用する方法はどれ?【FP監修】

写真:村井 英一

ライフプランとは、自分の生涯における生活設計のことをいいます。今後の人生でどんな暮らしがしたいか、大切にしたいものは何か、実現したいことは何かなど、将来どんな自分でいたいかを想像しながら計画を立て、それを実現していきます。
ライフプランを立てるとき、考えるべき大事なポイントは「健康」「生きがい」「お金」だといわれています。10年、20年と長い年月をかけてライフプランを実現していくのですから、まずは何より自分が「健康」でいなければいけませんよね。そして人生には「生きがい」が必要です。仕事や家族、趣味や社会活動など、ライフプランのなかに自分の生きがいを組み入れることで、より楽しく豊かな人生のプランニングができるでしょう。
そして、大事なのが「お金」のプランニング。健康で生きがいのある幸せな人生を送るために、お金は欠かせないものです。ライフプランの実現に必要なお金に関するプランニングは、できるだけ早いうちから準備を始めることが大切です。

1-2. ライフプランニングの事例

2. 1,000万円の10年運用シミュレーション

  • リンク先のページは変更となる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

2-1. 1,000万円を10年運用する場合のシミュレーション(想定利回り別、複利計算)

投資する上で注意したいこととは
運用資金(元本) 1,000万円
運用期間 10年
想定利回り(年率) 2% 3% 4% 5% 6%
運用結果 1,219万円 1,343.9万円 1,480.2万円 1,628.9万円 1790.8万円

2-2. 1,000万円運用で目標を1500万円に設定した場合にかかる年数(想定利回り別、複利計算)

運用資金(元本) 1,000万円
目標金額 1,500万円
想定利回り(年率) 2% 3% 4% 5% 6%
達成までの年数 20年6カ月 13年9カ月 10年4カ月 8年4カ月 7年

こちらも読まれています

こちらも読まれています

3. 預貯金が1,000万円を超えたら考えるべきことは?

3-1. ペイオフに注意する

ペイオフという制度をご存知でしょうか。
ペイオフとは、万が一預貯金をしている金融機関が破綻した場合にも、預金保護法によって、預金保険機構が預金者に一定額までの預金を払い戻すという預金保険制度のことです。
ペイオフは、預金者保護の観点から定められた制度ですが、預金のうち一定額までしか保護の対象とはならず、現在保護の対象となる預金の額は、ひとつの金融機関につき一人1,000万円までとなっています。
そのため、預貯金が1,000万円を超えた場合、まずは複数の金融機関に預貯金を分散するということを検討しましょう。

3-2. 資産運用を検討する

4.リスクを抑えながら1,000万円を10年運用する方法とは

4-1. 定期預金

こちらも読まれています

4-2. 個人向け国債/地方債

4-3. 社債

4-4. 保険

4-5. 不動産小口化商品

不動産小口化商品とは、個人単位ではなかなか購入しづらい不動産物件を一口100万円などの単位で小口化し、販売する金融商品です。実際の不動産を少額な資金で保有し、運用することができます。
また、相続財産の評価において、任意組合型(現物出資)の不動産小口化商品は現物不動産と同等の扱いとなるため、相続税評価額が不動産相場の約7割程度に引き下げられます。低リスク・ミドルリターンな資産運用という側面に加え、相続税や贈与税の節税メリットが得られる点も不動産小口化商品の特徴です。
不動産小口化商品の利回りは、2%~7%程度と物件によって異なります。価格変動リスクがありますので、利回りだけに囚われず、物件の立地や築年数、周辺の賃料相場など、様々な視点から購入する不動産の見極めが重要です。

こちらも読まれています

こちらも読まれています

4-6. 投資信託

こちらも読まれています

こちらも読まれています

4-7. REIT

こちらも読まれています

こちらも読まれています

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる