バイナリーオプションのコツ

FXの損切りとは

FXの損切りとは
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 FXの損切りとは トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

大損失の場合も…FXの「ロスカット」と「損切り」回避のポイント【プロトレーダーの解説】

ロスカットとは、投資家の損失拡大を防ぐための措置です。証拠金維持率がFX会社の定めた基準を下回ると、全保有ポジションが強制的に決済されます。全保有ポジションが決済されることで、含み損がすべて確定します。 ロスカットによって損失は確定してしまいますが、損失の拡大を一定以内に留めることができ、最低限の資金は残せます。もし、ロスカットがなければ、証拠金維持率が0%になってすべての証拠金を失うことも考えられます。 アラートメール 証拠金維持率が下がりロスカットが近くなると、アラートメールが通知されます。アラートメールとは、投資家に「もう少しでロスカットになるので気をつけてください!」と注意を促すお知らせです。アラートメールの通知基準はロスカット基準同様、FX会社によって異なります。

そもそも「損切り」とは

損切りとは、相場が不利な方向に動き一定の含み損を抱えた時に、投資家が意図的にポジションを決済して損失を確定させることです。 「OO円含み損を抱えたら」「XX pips下がったら」など事前に決めたルールに基づき自分の手で決済を行います。損切りで損失を確定することで、それ以上損失額が増えないようにします。 また、損切りとは逆で含み益を確定させることを「利確」や「利食い」、損失が膨らんでもそのまま放置しておくことを「塩漬け」といいます。

「ロスカット」と「損切り」の違い

ロスカットは投資家の資産を最低限守ることが目的で、FX会社の定めた基準に達すると自動的に執行されます。損切りは損失拡大を防ぎ、損失をコントロールするために行うもので、タイミングは投資家で決めることが可能です。 目的 ロスカットの目的は一定以上の損失拡大を防ぎ、投資家の資産を最低限守ることです。そのため、FX会社の定めた基準を証拠金維持率が下回ると、自動的にロスカットが執行されます。 損切りの目的は損失拡大を防ぎ損失をコントロールすることです。「◯◯円の含み損で損切り」など損失を限定することで、収益の安定化を図りやすくなります。 実行基準 ロスカットの基準はFX会社によって異なりますが、概ね証拠金維持率50%~100%です。基準を下回ると全ポジション強制決済となります。 一方、損切りはFX会社が設ける基準はありません。トレーダー自らが基準を決め、自分の好きなタイミングで損切りできます。 手動・自動 ロスカットはFX会社の定めた基準に達すると自動で執行されます。投資家自身がロスカットの執行をする・しないを選択することはできません。一方、損切りは自動で行われるのではなく、投資家自身で損切りの有無やタイミングを決められます。 このように、ロスカットは自動的に行われますが、損切りは投資家の裁量で決めることが可能です。

意外と使える!?相場の格言②「損切り」で次なる投資のステップへ

塩漬けは投資を長期にわたって停滞させる

塩漬けは投資を長期にわたって停滞させる

先人の知恵を得る【相場の格言】

先人の知恵を得る【相場の格言】

見切り千両

意地商いは破滅の因(もと)

しまったはしまえ

「利食い」に関する格言もみてみよう

「損切り」で次なる投資のステップへ

「損切り」で次なる投資のステップへ

まずは保有している銘柄を見てみよう

直近変動のあった銘柄をみてみよう▼

いまさら人に聞けない!「ふるさと納税」のいろは

年金運用が37兆円超えの黒字で過去最高額に【年金の基本的な運営方法を解説】

カーボンニュートラル実現は「水素」が鍵? 世界で本格導入が進行中

2021年夏のボーナスも減額――不安な将来に備え、今やるべき2つのこと

注目のキーワード

人気記事ランキング

キャンペーン

LINE証券の公式SNS

LINE証券 LINE公式アカウントでおトクな情報を受け取ろう

LINE証券 最短3分・スマホで完結 いますぐ無料口座開設

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる