ストラテジーの探し方

ビットコインETFが買える取引所は

ビットコインETFが買える取引所は
ビットコインの価格が半年ぶりに6万ドルを超えました。アメリカでビットコイン先物に連動したETFが近く承認される見通しになり、投資マネーが流入。インフレを見越した資金の逃避先としても注目されています。https://t.co/HppMdfPp9y— 日本経済新聞 電子版(日経電子版) (@nikkei) October 16, 2021

You must read the following information before proceeding. When you have read the information set out below, please click on the "I confirm that I have read and understand the above information" link at the bottom of the ビットコインETFが買える取引所は ビットコインETFが買える取引所は page to acknowledge that you have read the information and to continue.

This website is directed only at ビットコインETFが買える取引所は residents of Japan and the information provided is not for distribution outside Japan. Shares of the NEXT FUNDS are not offered for sale or distribution outside of Japan.

Not all securities, products or services described in the website are available everywhere. The information contained in this website is for information purposes only and does not constitute a distribution, an offer to sell or the solicitation of an offer to buy any securities or provide any services in any jurisdiction in which such distribution or offer is not authorized. Although the information provided on this site is ビットコインETFが買える取引所は obtained or compiled from sources that ビットコインETFが買える取引所は Nomura Asset Management Co., Ltd. believes to be reliable, Nomura Asset Management Co., Ltd. cannot and does not ビットコインETFが買える取引所は guarantee the accuracy, certainty or completeness of the information and materials contained in this website.

The information on this website is for reference purposes only and does not constitute an ビットコインETFが買える取引所は offer to sell or the solicitation of an offer to buy securities ビットコインETFが買える取引所は by Nomura Asset Management Co., Ltd. to any person in Japan.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United Kingdom and under no circumstance shall the provision ビットコインETFが買える取引所は of the information on this website be deemed to constitute an offer ビットコインETFが買える取引所は of securities or an offer to provide any services to any person in the United Kingdom.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United States or to any U.S. Person. Under no circumstances shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of ビットコインETFが買える取引所は securities or an offer to provide any services to any person in the United States or to any ビットコインETFが買える取引所は U.S. Person as defined under the Securities Act of 1933, as ビットコインETFが買える取引所は amended. Residents of the United States are specifically prohibited from investing in ビットコインETFが買える取引所は ビットコインETFが買える取引所は the NEXT FUNDS and no person ビットコインETFが買える取引所は may offer investment in these funds ビットコインETFが買える取引所は to residents of the United States.

ビットコイン先物ETFが1日で1100億円近く取引される記録破りの注目度、そもそもETFとは一体何?


暗号資産の業界では、ビットコインに関連するETFの登場が長年待ち望まれてきたとのこと。2017年には、ある資産運用会社がビットコインETF設立をアメリカ証券取引委員会に申請するところまでこぎ着けたものの、規制が追いついていないとの理由で却下されてしまいました。その後も繰り返しビットコインETFが申請される中、アメリカ証券取引委員会は10月15日に、ついにビットコイン先物ETFの取り扱いを初承認しました。これにより、ETFに特化したアメリカの資産運用会社であるProSharesが設定した「Bitcoin Strategy ETF」が、「BITO」のティッカーで19日に上場されることが決まりました。

ProSharesは公式サイトで、「Bitcoin Strategy ETFは、アメリカ初のビットコイン連動型ETFです。このETFは、投資家に便利で流動的かつ透明性が高い方法で、ビットコインのリターンへのエクスポージャーを得る機会を提供するよう作成されたものです。また、このファンドは主にビットコイン先物契約へのエクスポージャーを管理することで、資本の増加を図ることを目的としています」と説明しています。なお、Bitcoin Strategy ETFはビットコインに直接投資するものではなく、またビットコイン先物の価格や業績はビットコインの価格とは異なる可能性があるとのことです。


こうして取引が開始されたBitcoin Strategy ETFには、上場初日から投資家からの注文が殺到しました。金融調査会社・FactSetによると、19日のBitcoin Strategy ETFの出来高は約9億8100万ドル(約1120億円)で、ETFの1日の取引量としては2021年4月に上場されたBlackRock U.S. Carbon Transition Readiness ETFに次ぐ2番目とのことです。こうした活況を受けて、Bitcoin Strategy ETFの19日の価格は当初から約4.9%上昇し41.94ドル(約4800円)で取引を終えました。

ProSharesのマイケル・サピアCEOはBitcoin Strategy ETFについて、「証券口座を持ち、株やETFを買うことに抵抗がない投資家はたくさんいます。私たちは、この商品がそうした人たちに強くアピールできるものだと考えています」と話しました。


一方、アメリカ証券取引委員会のゲイリー・ゲンスラー委員長は「このようなETFは依然として投機性の高い資産クラスなので、投資家はこのETFがボラティリティ(価格の変動)と投機性という側面を抱えていることを理解すべきです」と述べました。

【経済】 ビットコイン---米ビットコインETF上場観測を控え15万円目前に

フィスコ <日足> 「株探」多機能チャートより

  • ・好業績の“中小型株”、今期「上方修正」期待リスト〔第2弾〕 <業績修正特集> (03/02)ビットコインETFが買える取引所は ビットコインETFが買える取引所は
  • ・好業績の“中小型株”、今期「上方修正」期待リスト〔第1弾〕 <業績修正特集> (02/28)ビットコインETFが買える取引所は
  • ・3月IPO戦線、一風堂・ほぼ日など注目企業「売買ポイント」は <株探トップ特集> (03/01)
  • ・住宅“再生”関連にスポットライト、中古市場活性化で関心 <株探トップ特集> (03/02)
  • ・【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 3月2日版
  • ・トランプ演説「想定内」で安堵感、“2万円”再挑戦が始まる <うわさの株チャンネル> (03/01)
  • ・清水三津雄氏【トランプ演説受けた急騰劇、その先にあるもの】(2) <相場観特集> (03/02)
  • ・植木靖男氏【トランプ演説受けた急騰劇、その先にあるもの】(1) <相場観特集> (03/02)
  • ・【大予想】来期“大幅増益”期待リスト 38社選出 <成長株特集> (02/26)
  • ・10万円以下で買える、今期売上・経常最高益「お宝候補」32社選出 <割安株特集> (02/25)

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信開始! 株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月6日発表分)
  • 明日の株式相場に向けて=再びの「200日移動平均線物語」
  • 大谷正之氏【強さ際立つ日本株、2万8000円は通過点か】(2) <相場観特集>
  • 訪日客受け入れ再開迫る、需要復活で「翻訳ビジネス」に開花宣言 <株探トップ特集>
  • ★本日の【サプライズ決算】速報 (06月06日)
  • 買い局面を迎えた【25日線上抜け】低PER銘柄 32社 <テクニカル特集> 6月6日版
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):アインHD、出光興産、HIS
  • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (6月6日)

人気ニュース【ベスト5】

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月6日発表分)
  • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (6月6日)
  • 明日の株式相場に向けて=再びの「200日移動平均線物語」
  • 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 33社選出 <成長株特集>
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):アインHD、出光興産、HIS

お薦めコラム・特集

  • 大谷正之氏【強さ際立つ日本株、2万8000円は通過点か】(2) <相場観特集>
  • 訪日客受け入れ再開迫る、需要復活で「翻訳ビジネス」に開花宣言 <株探トップ特集>
  • 雨宮京子氏【強さ際立つ日本株、2万8000円は通過点か】(1) <相場観特集>
  • 買い局面を迎えた【25日線上抜け】低PER銘柄 ビットコインETFが買える取引所は 32社 <テクニカル特集> 6月6日版
  • 明日の株式相場に向けて=再びの「200日移動平均線物語」

■関連サイト ビットコインETFが買える取引所は ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

米国でビットコイン先物ETFの取引が開始、価格の上昇は年末まで続くのか

松嶋 真倫

大阪大学経済学部卒業。都市銀行退職後に調査会社BaroqueStreetのメンバーとして暗号資産・ブロックチェーン業界の業界調査や相場分析に従事。マネックスクリプトバンク株式会社では業界調査レポート「中国におけるブロックチェーン動向(2020)」、「国内外のサプライチェーン領域におけるブロックチェーン活用事例と課題」「Blockchain Data Book 2020」などを執筆。国内メディアへの寄稿も行なう。2021年3月より現職。 閉じる

米国でビットコイン先物ETFの取引が開始、価格の上昇は年末まで続くのか

  • 米国で初めてビットコイン先物ETFが承認
  • ビットコイン先物ETFの承認が市場に与える影響
  • ビットコイン先物ETFによる上昇は年末まで続くのか

米国で初めてビットコイン先物ETFが承認

ビットコイン先物ETFの承認が市場に与える影響

ビットコイン先物ETFによる上昇は年末まで続くのか

暗号資産相場全体を押し上げる4つの要因

(1)ビットコイン現物ETFの進展

(2)ビットコインの大型アップデート

(3)ビッグプレイヤーの参入

(4)半減期アノマリー

暗号資産相場全体を下げる3つの要因

(1)金融緩和策の転換

(2)規制強化

(3)期待の剥落

投資のご経験 レポートやコラムの内容が コメント

ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ

ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想

ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ

世界的インフレの波 バフェットに学ぶ 円安局面の投資の考え方 高配当株の選び方

ご留意事項

本コンテンツは、情報提供を目的として行っております。
本コンテンツは、当社や当社が信頼できると考える情報源から提供されたものを提供していますが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではありません。また、過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本コンテンツの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本コンテンツでは当社でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」または当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

ビットコインETFが日本で買えるのはいつになるか?今後の可能性

米資産運用会社のプロシェアーズ(ProShares)が手がけるこのビットコイン先物ETFは 10月19日 、 ニューヨーク証券取引所での取引がスタート しました。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)で取引されているビットコイン先物の価格に連動します。
「ビットコイン・ストラテジーETF」で、証券コードは「 BITO 」。
同ETFの基準価額は19日の取引開始時は40ドルだったが、一時5%高の42ドル15セントまで上昇し、41.94ドルで初日の取引を終えました。
また、開始後2時間程度で1200万件、4億8000万ドル(約550億円)相当が取引されました。
結局このETFの 出来高は初日で1,ビットコインETFが買える取引所は 100億円(9.99億ドル)を記録 し、歴代ETFのデビュー時の出来高において2位となりました。

ナスダックに上場予定の米資産運用会社Valkyrieのビットコイン先物ETFも今週中に承認される見込みと言われています。

ビットコインの価格が半年ぶりに6万ドルを超えました。アメリカでビットコイン先物に連動したETFが近く承認される見通しになり、投資マネーが流入。インフレを見越した資金の逃避先としても注目されています。https://t.co/HppMdfPp9y

— 日本経済新聞 電子版(日経電子版) (@nikkei) October 16, 2021

日本ではいつから?

従って、現時点では、このビットコインETF は登録されておらず、買えません(2021/10/20時点)。
金融庁でのBITOの登録を待つ 必要があります。

ビットコインETFが日本で買えそうなところといえば

海外ETFを手広く扱っている証券会社のうち、今後取り扱いの可能性がある証券会社を挙げておきましょう。
SBI証券
ビットコインの現物取引を扱っています。
また、2021年2月15日(月)に、個人投資家向けカバードワラント(以下、「eワラント」)の新規銘柄として「ビットコインレバレッジトラッカー」の提供を開始しています。
シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)に上場している特定の限月の米ドル建ビットコイン先物を対象とするeワラントとなっています。

楽天証券
ビットコインの現物取引や証拠金(レバレッジ)取引を扱っています。
現物取引は、専用アプリ「楽天ウォレット」を使って、日本円での売買取引に加え、楽天ポイントを100ポイントから暗号資産に交換することなどが出来ます。

こうなれば、日本でも、暗号資産(仮想通貨)取引所でデジタル資産を直接売買することなく、伝統的な証券市場を通じてビットコイン(BTC)への投資ができることになります。
これにより、暗号資産を自分で安全に保管する必要がないなど 安全性が高まり、売買もはるかに簡単に なります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる