元トレーダーが解説

ボリンジャーバンドの見方

ボリンジャーバンドの見方
トレンド系指標

ボリンジャーバンドの見方・使い方とは|初心者の方へ分かりやすく解説

ボリンジャーバンドの見方と使い方

知識

ブタくん

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドは、ジョン・A・ボリンジャーさんが考案したテクニカル指標で、相場の値動きの振れ幅(ボラティリティ)を予測しチャートに表示するものだよ。

ブタくん

略してBBボリバンっとも呼ばれたりするよ。

ボリンジャーバンド

今回は株価チャートを確認・分析する際におすすめしたい無料チャートツール「Trading view」について記事を書きました。どのチャートツールを使えばいいのか悩んでいる方や「Trading view」というツールは聞いたことはあるが、どの様な機能・使い方をすればいいのか知らない方に参考になる内容となっています。

ブタくん

標準偏差とは

ブタくん

標準偏差

ボリンジャーバンドとは 統計学の標準偏差を利用し、高い確率で+2σ ~ -2σの間(バンド)で株価が動くだろうという予測をもとに一般的に使用されています。

ボリンジャーバンドの見方

ボリンジャーバンドの見方

真ん中のミドルライン(平均移動線)を中心として、そこから 上がり過ぎ下がり過ぎ を上下のバンド(線)で表しています。

つまり、 この帯は 平均移動線からどれぐらい偏りがあるのか視覚的にパッと分かるものになります

また、相場があまり動かない レンジ相場 では、ボリンジャーバンドの上と下の バンド幅が狭まります

ボリンジャーバンドの設定方法と使い方|順張り逆張りFXトレード手法

ボリンジャーバンドでエントリーと利確ポイントをビットコインFX(BitMEX)を攻略

トレンド系指標

今回は有名なインジケーター「 ボリンジャーバンド(bollinger band)」 の正しい設定方法、FXトレードで有用な見方・使い方を併せて解説したいと思います。

イナゴくん

仙人

ボリンジャーバンド(bollinger ボリンジャーバンドの見方 band)とは

BitMEXのボリンジャーバンド

  • 1次標準偏差、1σ=約68.3%
  • 2次標準偏差、2σ=約95.5%(表示する場合)
  • 3次標準偏差、3σ=約99.7%(表示する場合)

ボリンジャーバンドの逆張りと順張り戦略

逆張り手法(レンジ相場)

ボリンジャーバンドの 下弦 を 下値支持線 ・ 上弦 を 上値抵抗線 と考え、
ビットコイン価格が下値支持線(下弦)にきた時に買いポイント、上値抵抗線(上弦)にきた時に売りポイントとみる判断方法 です。

ボリンジャーバンドの使い方として一番有名なのがこの方法なのではないでしょうか。
しかし 実はこのボリンジャーバンドを開発したジョンポリンジャーは「逆張りで使うべきではない」 と言っています。

逆張り手法が成功しやすいのは、 相場が静かなレンジ相場時のみ 。
相場が荒い強いトレンドが発生している時には失敗しやすいという欠点があります。

順張り手法(トレンド相場)

±2~±3σ(一番外側のバンド)を ぶち抜いたままビットコイン価格が推移した時、トレンドが発生しトレンド相場に移行した可能性がある と判断します。
この場合逆張り手法と考え方が変わります。
上昇トレンド発生時は、上値抵抗線(上弦)に戻ってきた時は押し目買いポイント、下落トレンド時は、下値抵抗線(下弦)、もしくは中央ライン(移動平均線)に戻ってきた時は戻り売りうポイントとみる判断方法 です。
※外側のバンド(2σ)ではなく、内側のバンド(1σ)を基準に考えると良いです。

順張り手法が成功しやすいのは 相場が大きく動く時やトレンドがはっきりしている時 、失敗しやすいのはレンジ相場や値動きの少ない相場の時です。

ボリンジャーバンドは統計学に基づいて 「売られすぎ」「買われすぎ」 を測る指標として使われることが有名ですが、
これから説明する エントリーや利確ポイントのタイミングを判断する指標 としての方が使いやすいかもしれません。

ボリンジャーバンドは3パターンを覚えればOK

TradingViewをはじめ多くのチャートツールでも使える「ボリンジャーバンド」には、 スクイーズ→エクスパンション→バンドウォーク という基本的な3つの動きパターンで推移するという特徴があります。

スクイーズ

スクイーズというのは、英語で押しつぶすという意味で、ボリンジャーバンドがギュッと押しつぶされた状態を表しています。
値動きが非常に小さくなるので、 トレードするには難しい局面と判断することができます 。

エクスパンション

エクスパンションはスクイーズの後によく見られる状態で、バンドの両端が大きく開くことを意味します。
相場のトレンドが一気に動くためトレードチャンスといえる状態です。

一方向のみへのバンドの開きが起きている状態ではエクスパンションとは言わず ボリンジャーバンドの見方 、 上下両端のバンドが開いているという状態が重要 です。
片方のバンドしか開いていない時よりも、両端に開きがある エクスパンションの状態の方が、トレンドが安定していると見ることが出来ます 。

バンドウォーク

エクスパンションの後、開いたボリンジャーバンドの片側の縁に沿ってチャートが推移する状態をバンドウォークといいます。

時間足の 上位足(日足など) ボリンジャーバンドの見方 でバンドウォークが起きているとき、その 下位足(1時間足や5分足) では、 トレンドがはっきりしているのでトレードしやすい相場になっていることが多い です。

また、エクスパンションがなくとも、チャートがバンド上をダラダラと一方向に推移する状態もバンドウォークになります。
ダラダラ状態のときはトレンドが安定していないのでトレードの難易度が高いといえます 。
初心者は、日足でエクスパンションからのバンドウォークが起きているときにそのトレンドに沿ってトレードするといいと思います。

ボリンジャーバンドで利確ポイントを判断

ボリンジャーバンドの状態からビットコイン相場をみることで、
「このトレンドはまだ続くのか?」というトレンドの持続力を見ることができます。

ボリンジャーバンドのエントリーポイント例

上の例のように、ミドルバンドに反発したのを確認したポイントでロングでエントリーしたとします。
その後、 値の動きとは逆の下弦が開いてエクスパンションしたことで、上昇トレンドが強まったことがわかります 。

こうなると エクスパンションで開いたバンドが閉じる方向に動きだすまでは安定して上昇トレンドが続くと予想できる ので安心してポジションを持っていることができますね。

ボリンジャーバンドの利確ポイント例

開いたバンドの値動きとは反対の下弦が閉じる方向に動きだすときが第一決済ポイント と判断できます。
その後、 値動き側のバンド(上弦)もが狭まってきたところが第二利確ポイント となります。

第一決済ポイントでポジションの半分を決済し、第二利確ポイントで残りのポジションを決済して手仕舞う という風に、
指標を利用して 機械的にポジションを利確・もしくは損切りしていくことがトレードで勝つ重要なポイント です。

ボリンジャーバンドの表示方法

ボリンジャーバンドのインジ名はBB

ボリンジャーバンドの表示方法

Tradingviewのトレード画面に表示されているチャートのグラフマーク「インジケーター&ストラテジー」をクリックしましょう。

検索窓に「bb」もしくは「ボリン」とか入力するとボリンジャーバンドが出てくるので「ボリンジャーバンド」を選択しましょう。

ボリンジャーバンドの線幅を調節

ボリンジャーバンドがチャートに追加されますが、ツールによってはデフォルトだとなぜか上弦バンドの線が太い場合があるのでそういう場合は同じ太さに揃えましょう。
以下の画像のようにインジケーター名「BB」というところをクリックして歯車アイコンもしくは「フォーマット」を選択。
「スタイル」で線の太さを揃えます。細目に揃えると見やすいです。

線が細くなりました。

ボリンジャーバンドの期間を複数設定

インジ名の横にある歯車アイコンから「パラメーター」の標準偏差(σ)の値を変更することで複数のバンド幅を表示できます。1σと2σなど、2~3つ表示させたい場合は同じ手順でボリンジャーバンドをもう一つ表示し同じように設定を変更して二つのボリンジャーバンドを表示します。
二つのボリンジャーバンドを表示することができました。
1σと2σ、2σと3σどちらを表示するかですが、その時のチャートのボラティリティによって機能している方を選べばいいと思います。

設定を保存する

ボリンジャーバンド設定を保存する

設定を保存したい場合は以下の画像のように「フォーマット」から「Save as default」をクリックします。

ボリンジャーバンドの削除方法

間違えた場合や不要になった時は、チャートの以下の部分をクリックします。

項目の一番下に「削除」があるので、クリックするとボリンジャーバンドが消えます。

ボリンジャーバンドを使ったトレード方法(レンジ・トレンドの見分け方)

MT4ボリンジャーバンド

出所:GMOコイン「ビットレ君」

ボリンジャー・バンドはジョン・ボリンジャー氏によって1980年ごろに考案されたテクニカル分析の一つで、 統計学の標準偏差と正規分布※を元にしています。

統計学とは、バラツキがあるデータを分析して、特性や規則性を見つける学問です。また正規分布とは、データの分布がその平均値を頂点として左右対象な山形になる状態のことです。

この上部バンドを+1σ(シグマ)、+2σ、下部のバンドを-1σ、-2σと呼びます。また一般的に±1σ〜±3σで表記されることが多いです。

つまり24時間動いている相場で、 ボリンジャーバンドの見方 約7割の時間は±1σに収まっている ということになりますね!

ボリンジャーバンドはよく「±2σにタッチしたら逆張り」といったように、レンジ逆張りトレードに利用されがちですが、それだけではありません。

ボリンジャーバンドのチャート設定方法(スマホ編)

GMOコイン「ビットレ君」ボリンジャーバンド設定画面

出所:GMOコイン「ビットレ君」

GMOコイン「ビットレ君」ボリンジャーバンド設定画面2

口座開設ボタン

ボリンジャーバンドの設定値

かなり変形となり、従来の統計値からかなり乖離する可能性があります。おすすめはSMA20か21です。さほどテクニカル形状は変わりません。

ボリンジャーバンドの見方、スクィーズとエキスパンション

GMOコイン「ビットレ君」ボリンジャーバンドトレード画面

出所:GMOコイン「ビットレ君」

ボリンジャーバンドは、スクィーズの状態を「レンジ相場」、エキスパンションの状態を「トレンド相場」として見分けられるので、レンジトレードも順張りトレードも実演できる、万能なテクニカル指標です。

ボリンジャーバンドの手法と見方

【手法】レンジ相場のボリンジャーバンド逆張り

GMOコイン「ビットレ君」ボリンジャーバンド設定画面2

出所:GMOコイン「ビットレ君」

上の画像で、レンジ相場はどの数字から始まっていると思いますか?

GMOコイン「ビットレ君」ボリンジャーバンド設定画面3

ただし、スプレッドは為替と比較してしまうとさすがに見劣りしてしまいます。そのため、30分足や60分足でトレードをすると良いかもしれません。

【類似記事】

【手法】トレンド相場でのボリンジャーバンド

続いては、相場の3割にあたると言われる トレンド相場 です。
つまりボリンジャーバンドが大きく拡大して、エキスパンションしている状態のときです。

また、トレンドが発生すると、ボリンジャーバンド±2σ>±1σ>移動平均線の順に価格が抑えられて、それぞれが順張りするポイントになります。

GMOコイン「ビットレ君」ボリンジャーバンド設定画面4

出所:GMOコイン「ビットレ君」

ブレイクアウトとは、チャート上で表示される価格がボリンジャーバンドを大きく上回った(下回った)状態のことです。発生回数は少ないものの、当てれば大変大きな利益を生みます。

【練習】ボリンジャーバンドで、順張りトレードを実戦!スクイーズを探せ!

①まずはレンジ相場を見つける

GMOコイン「ビットレ君」ボリンジャーバンド設定画面5、スクイーズ

出所:GMOコイン「ビットレ君」

②チャートの変化を見逃さない

GMOコイン「ビットレ君」ボリンジャーバンド設定画面6、チャート変化

③急に価格が動くこともある

GMOコイン「ビットレ君」ボリンジャーバンドトレード画面急変

このチャートの状況は、勝負をかける最重要局面です。

直近では最高値かもしれませんが、 ボリンジャーバンド±2σ26本以内のレンジ相場で、エキスパンション発生しているということは、大きな上昇トレンド発生かもしれません。 怖がらずに買いでついていくべきでしょう。

④トレンド発生が確定

GMOコイン「ビットレ君」ボリンジャーバンドトレード画面、トレンド発生

出所:GMOコイン「ビットレ君」

特にエキスパンションの期間がどれだけ長いかは重要です。明らかに大きなエネルギーを蓄えている充電期間ですから、 始まった際に安易な逆張りはやめるようにしてくださいね!

口座開設ボタン

【まとめ】ボリンジャーバンドの見方・使い方

ひろぴーが最もおすすめする業者の一つ、GMOコイン!
仮想通貨FXはじめるなら初心者でもおすすめです。

テクニカル指標解説リスト |ボリンジャーバンド |トレンドライン・水平線 |移動平均線(SMA) ボリンジャーバンドの見方 |一目均衡表 ボリンジャーバンドの見方 |RCI |MACD |RSI |ストキャスティクス

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる