FXとは

Ripple(リップル)仮想通貨情報局

Ripple(リップル)仮想通貨情報局
たとえばリップル社が発行している「XRP」という仮想通貨は、「送金」に強みがあります。リアルな通貨で送金を行う場合、国内では銀行に1回あたり数百円の振込手数料を支払う必要があります。海外への送金はさらに多額の手数料がかかります。仮想通貨でも、ビットコインは他人の口座に送金する際に一定の手数料がかかりますが、XRPは送金手数料が無料、もしくは非常に安い手数料で送金できます。しかも、送金にかかる時間はわずか3秒程度。ビットコインでは送金に10分以上かかることもあり、このスピードもXRPの強みです。

仮想通貨 ビットコイン リアルタイム チャート

※テーブルは右にスライドします。⇔
BTC=ビットコイン ETH=イーサリアム XRP=リップル BCH=ビットコインキャッシュ LTC=ライトコイン XEM=ネム
ETC=イーサリアムクラシック MONA=モナコイン XLM=ステラルーメン BAT=ベーシックアテンショントークン QTUM=クアンタム XTZ=テゾスLSK=リスク Ripple(リップル)仮想通貨情報局
FCT=ファクトム IOST=IOST ENJ=エンジンコイン OMG=オーエムジー TRX=トロン DOT=ポルカドット ATOM=コスモス
PLT=パレットトークン XYM=シンボル LINK=チェーンリンク ADA=カルダノ MKR=メイカー SOL=ソラナ FTT=FTXトークン
SAND=ザ・サンドボックス

ビットコイン 長期チャート

仮想通貨 ビットコイン リアルタイム チャート

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ) Bitcoinのハードフォーク。2017年8月1日誕生。

Ethereum Classic(イーサリアム クラシック) イーサリアムから派生した仮想通貨。

ビットコインUSD先物 CME ビットコイン先物CME 2017年12月18日より取引開始。

● 4月失業率・有効求人倍率(8:30)
● 4月鉱工業生産(8:50)
● 4月商業動態統計(8:50)
● 新規上場:トリプルアイズ(5026 グロース)
● 2030 年冬季五輪・パラリンピック招致を進めている
● 札幌市に IOC の実務・技術者が道内の競技会場 Ripple(リップル)仮想通貨情報局
● 視察(〜6/2)
● 中国 5月コンポジット PMI
● 中国 5月製造業 PMI Ripple(リップル)仮想通貨情報局
● 5月非製造業 PMI(10:30)
● インド 1-3月期 GDP(21:00)
● 米 3月 FHFA 住宅価格指数(22:00)
● 米 3月 S&P コアロジック CS 住宅価格指数(22:00)
● 米 5月 CB 消費者信頼感指数(23:00)

● 1-3月期法人企業統計(8:50)
● 5月自動車販売台数(14:00)
● ペットの⽝や猫にマイクロチップ装着を義務付ける改
● 正動物愛護管理法施行
● 中国 5月 Caixin 製造業 PMI(10:45)
● ユーロ圏 4月失業率(18:00)
● 米 5月 ISM 製造業景況指数(23:00)
● 米 4月 JOLT 求人件数(23:00)
● 5月 J.P.モルガン・グローバル・コンポジット PMI(2日 0:00)ベージュブック(米地区連銀経済報告)(2日 3:00)
● 休場:韓国

● 5月国内企業物価指数(8:50)
● メジャー SQ 算出日
● エルニーニョ監視速報
● 中国 5月生産者物価(10:30)
● 中国 5月消費者物価(10:30)
● アジア安全保障会議(シャングリラ会合)(〜12日)
● 米 5月消費者物価(21:30)
● 米 6月ミシガン大学消費者マインド指数(23:00)
● 米 5月財政収支(11日 Ripple(リップル)仮想通貨情報局 3:00)

仮想通貨リップル(XRP)の今後がやばい|専門家が2021年〜2025年以降の価格を予想!

Interoperability is key to the future of global payments. As the first member of the ISO 20022 standards body focused on #DLT, we are committed to supporting the evolving needs of our customers and supporting an industry-wide standard for all https://t.co/5CoWhnbZqz

— Marcus Treacher (Ripple(リップル)仮想通貨情報局 @marcus_treacher) May 6, 2020

アメリカのリップル社は、2020年5月に「ISO20022標準化団体」に加盟しました。

金融機関同士の電子データ交換を行う際の基準のようなもの。

上記のツイートを行なっている「Marcus Treacher」は、リップル社におけるカスタマーサクセスの責任者です。

Marcusは「 相互運用性は、これからの国際送金の将来性において重要なポイントである 」とも発言しています!
リップルの将来性こちらもおススメ!

リップル社の他には、国際送金システムを提供する「SWIFT」や、クレジットカードブランド「VISA」や「Mastercard」が、本規格に加盟しています!

数多くの金融機関がこの規格に加盟すれば、Marcus氏の発言の通り、相互運用性は大きく強化されます。

相互運用性が強化されれば、 利用可能なデータ量が増加するなど、リップルにとっても様々なメリットを享受することが可能 です…!

【2020年1月15日】マネーグラムがインドに進出

【今週の重要ニュース👀】

リップル提携先のマネーグラム、インド進出

マネーグラムはインド進出にあたり、インドの送金業社エビックスキャッシュ(Ebixcash)と独占で提携。エビックスキャッシュが持つ顧客網を使って、インドにいる数百万人の顧客をターゲットにする。https://t.co/kYg40Qnna0

— コインテレグラフ日本版(Cointelegraph Japan) (@JpCointelegraph) January 18, 2020

リップル社と提携しているアメリカの大手送金会社「マネーグラム」がインドに進出することを、2020年1月15日に発表しました。

インド進出にあたりマネーグラムは、インドの送金業社「エビックスキャッシュ」と提携することを発表しています!

エビックスキャッシュの顧客はインドに数百万人いると言われています。

もしRipple Net等が用いられることになれば、リップルの知名度・需要も大きく向上することが予想されますね!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる