ストラテジーの探し方

米国大型株を利用するための条件

米国大型株を利用するための条件
ネット証券

アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信 Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型

(2)企業のファンダメンタルズ分析と株価バリュエーションに基づく銘柄選択を基本としたアクティブ運用を行います。
■ 高い利益成長もしくは持続的な利益成長の可能性が高いと判断される企業を発掘します。
■ 米国大型株を利用するための条件 株価の値上がりが期待できる企業を選別するため、アライアンス・バーンスタイン(以下、「AB」)*のリサーチ・アナリストとポートフォリオ・マネジャーがボトムアップによるファンダメンタルズ分析を行います。
*アライアンス・バーンスタインおよびABには、アライアンス・バーンスタイン・エル・ピーとその傘下の関連会社を含みます。
■ グロース特性に基づきスクリーニングされた銘柄(約300銘柄)について、アナリストによる綿密なファンダメンタルズ・リサーチを参考に、ABの米国大型成長株運用チームは投資推奨銘柄(約100銘柄)に絞り込みます。
■ 運用チームは、最終的にファンダメンタルズ分析の確信度やリスク特性などを考慮し、有望と判断される銘柄を選定します。

(4)マザーファンド、AコースおよびCコースの運用の一部は、ABのグループ会社に委託します。
■ 運用指図に関する権限委託:マザーファンドの株式等の運用、AコースおよびCコースの為替ヘッジ
※ 国内余剰資金の運用の指図に関する権限を除きます。
■ 委託先(投資顧問会社): アライアンス・バーンスタイン・エル・ピー、アライアンス・バーンスタイン・リミテッド、アライアンス・バーンスタイン・オーストラリア・リミテッド、アライアンス・バーンスタイン・香港・リミテッド

(5)S&P 500株価指数(配当金込み)*をベンチマークとします。
■AコースおよびCコース:S&P 500株価指数(配当金込み、円ヘッジベース)*
■BコースおよびDコース:S&P 500株価指数(配当金込み、円ベース)*
* S&P 500株価指数とは、米国の投資情報会社であるS&Pが算出、公表している株価指数で、米国の主要500銘柄を時価総額で加重平均し算出したものです。S&P 500株価指数(配当金込み、円ヘッジベース)は、S&P 500株価指数(配当金込み、米ドルベース)をもとに、為替ヘッジにかかる費用相当分を考慮して委託会社が円ヘッジベースに換算したものです。S&P 500株価指数(配当金込み、円ベース)は、S&P 500株価指数(配当金込み、米ドルベース)をもとに、わが国の対顧客電信売買相場の仲値を用いて委託会社が円ベースに換算したものです。
※ 投資対象国の株式市場の構造変化等によっては、ファンドのベンチマークを見直す場合があります。

小型株とは?

小型株とは?

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 米国大型株を利用するための条件 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

日経225、TOPIX、JPX日経400、東証プライム市場指数、東証スタンダード市場指数、東証グロース市場指数、東証マザーズ指数、旧東証市場第一部指数、東証グロース市場Core指数 、 日経225先物(期近)、225ミニ先物(期近)、TOPIX先物(期近)、JPX日経400先物(期近)、東証マザーズ先物(期近)、NYダウ30種、NASDAQ、S&P500指数、上海総合指数、上海A株指数、上海・香港ストックコネクト、ハンセン指数、H株指数、レッドチップ指数、225先物CME(期近)、225先物SGX(期近)、mini Dow(期近)、mini NQ100(期近)、mini S&P500(期近)、WTI原油先物(NYMEX)、天然ガス先物(NYMEX)、Gold先物(COMEX)、Silver先物(COMEX)、Cooper先物(COMEX)、Corn先物(CBOT)、Wheat先物(CBOT)、Soybean先物(CBOT) 計36種類

ドル/円、ユ-ロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円、ランド/円、カナダドル/円、スイス/円、 香港ドル/円、SGドル/円、ユ-ロ/ドル、ポンド/ドル、豪ドル/ドル、NZドル/ドル、ドル/スイス、ポンド/スイス、ユーロ/ポンド、ユーロ/スイス、豪ドル/スイス、NZドル/スイス、豪ドル/NZドル、Nクローネ/円、トルコリラ/円、人民元/円、メキシコペソ/円、ドル/カナダドル 計26通貨ペア
(当社『楽天FX』のレートを表示)

ローソク足、単純移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表、多重移動平均線、指数平滑移動平均線、VWAP、出来高、RSI、RCI、移動平均乖離率、MACD、ストキャスティクス、DMI、サイコロジカルライン、標準偏差
( 1,2,3,4,5分足、日足、週足、月足 )
※東証プライム市場指数、東証スタンダード市場指数、東証グロース市場指数、旧東証市場第一部指数についてはティック,分足は表示されません。

株価値上がり率、株価値下がり率、株価値上がり幅、株価値下がり幅、出来高、売買代金、売買代金急増、高PER、低PER、高PBR、低PBR、配当利回り、前場寄前値上り率、前場寄前値下り率、後場寄前値上り率、後場寄前値下り率、信用高倍率、信用低倍率、信用買残増、信用買残減、信用売残増、信用売残減、出来高乖離率、ティック数 計24種類
※順位は最大100位まで

2022年は「米国株式サービス強化元年」に!サービス大幅拡充のお知らせ


当社は、個人投資家の皆さまの米国株式投資へのニーズにお応えするべく、本年4月の米国株式取引専用のスマートフォンアプリ「SBI証券 米国株アプリ(2021年12月17日(金)に大型アップデート済)」の提供をはじめとして、毎日・毎週・毎月の好きなタイミングで一定株数または一定金額で定期的に米国株式・ETFの買付ができる「米国株式・ETF 定期買付サービス」や、上場初日から当社が取り扱う予定のIPO銘柄の情報を素早くキャッチできる「IPO スピードキャッチ!(米国・中国)」、米国株式を貸し出すことで貸株金利を受け取れる「米国貸株サービス(カストック【Kastock】)」の提供など、サービスの拡充に積極的に取り組んできました。

■SBI証券における米国株式取引状況


■SBI証券の米国株式投資サービス​

※1 比較対象範囲は、米国株式取扱い数上位のネット証券3社(SBI証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順))を指します(2021年12月23日(木)時点、当社調べ)。
※2 証券総合口座の開設タイミングによってお客さま毎に無料対象期間は異なります(1カ月超から最大2カ月まで)。
※3 米国株式の市場への通常注文(指値・成行・逆指値)が「米国株式手数料Freeプログラム」による手数料無料の対象となり、「米国株式・ETF定期買付サービス」による買付注文は対象外です。本プログラムの対象期間中の定期買付の設定・変更画面及び確認画面に表示される概算手数料・概算消費税・概算受渡金額は、手数料が含まれず計算され表示されています。約定時は、通常の米国株式取引手数料が発生しますのでご注意ください。

<金融商品取引法に係る表示>
商号等 :株式会社SBI証券 金融商品取引業者
登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、
一般社団法人日本STO協会

<手数料等及びリスク情報について>
SBI証券の証券総合口座の口座開設料・管理料は無料です。
SBI証券で取り扱っている商品等へのご投資には、商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引、取引所CFD(くりっく株365)では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

米国株(アメリカ株)・ETFおすすめ銘柄ランキング【2022年】初心者でも買える高配当株

米国株(アメリカ株)おすすめ証券会社ランキング5選【2022年】手数料を比較 株式投資の初心者にとって「米国株」は非常にハードルが高いものと感じるのではないでしょうか? しかし、実際には取引する通貨や手数料が.

2.日本円を米ドルに両替する

3.購入したい米国株を検索

  • Apple:AAPL
  • VISA:V
  • エヌビディア:NVDA など

4.欲しい米国株を注文

  • 購入する価格を指定する「指値注文」
  • 購入する価格を指定しない「成行注文」

円貨決済と外貨決済の違いは?

  • 円貨決済:投資家の代わりに証券会社が円を米ドルに両替して取引
  • 外貨決済:投資家自身が円を米ドルに両替して取引

おすすめは「外貨決済」です。

米国株で投資する際の注意点

日本株と違って株主優待はない

成長性の高い銘柄は配当がないことも多い

米国株のなかには、安定した配当が期待できる株のほかに、 配当を出さない代わりに株価上昇が狙える「グロース株」 もあります。

ネット証券

GMOクリック証券は初心者におすすめ?手数料や評判を調査

ネット証券

マネックス証券の特徴やメリットは?手数料や口コミ評判も解説

no image

ネット証券

株主優待おすすめランキング!10万円以下・5万円以下でも買える人気の株主優待は?

ネット証券

初心者におすすめのネット証券会社はどこ?メリットや手数料を比較

ネット証券

つみたてNISAにおすすめ銘柄の組み合わせを紹介!実際の運用実績を元に解説

本サイトで掲載する内容はクレジットカード及びローン商品、証券口座、FX、暗号資産等の一般的な情報提供を目的としております。当社は商品・サービスを提供する事業者とお客様との契約・取引に関して、いかなる関与もいたしません。 米国大型株を利用するための条件
当社は第三者を含む利用者・事業者間におけるトラブルには一切責任を負わないものとします。
本サイトでは各金融機関の情報に基づき、可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、情報の更新により、掲載内容と最新情報に相違がある場合もございます。本サイトに掲載の情報は記事の作成日または更新日時点での内容になりますので、商品・サービス等の最新情報につきましては、各金融機関の公式サイトにてご確認ください。
本サイトにて掲載の商品・サービスの詳細については、当社ではお答えできません。商品・サービスの内容や契約、申し込みに関するご質問は、商品・サービスを提供している事業者へお問い合わせください。
本サイト掲載の商品・サービスには、契約時に所定の審査が行われるものがございます。本サイトに掲載の情報は、個人の審査結果を保証するものではございません。
ローン商品の契約には利息が発生する可能性がございますので、お借り入れ条件をご確認の上、計画的なご利用をお願いいたします。
FXや株式等の金融取引は元本・利益を保証するものではなく、相場の急変動等により損失が生じる場合がございます。リスクを理解した上での取引をお願いいたします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる