FX取引データ

ボリンジャーバンドについて

ボリンジャーバンドについて
ボリンジャーバンドとMACDのチャート(ボリンジャーバンドが±2σにタッチしていて、MACDがデットクロスもしくはゴールデンクロスしているチャート)

チャート上でのボリンジャーバンドの見方と具体的な使い方

チャート上でのボリンジャーバンドの見方と具体的な使い方

ここでよく誤解されるのが、ボリンジャーバンドの±2σは95.4%の確率で「価格の動きが反転する」と認識してしまうことです。
まれにこのような解説をしているネット記事を見かけますが、ここまで説明してきた通り標準偏差とはランダムにばらつく数値の収束率を表しているに過ぎません。
収束」と「反転」では全く意味が違ってきますので ボリンジャーバンドは基本的に逆張りの指標にはなりません
ですので、「+2シグマにタッチしたから反転の合図だ!逆張りで売りエントリー!」というような短絡的なトレードだけはしないように気を付けましょう。

ボリンジャーバンドの基本パターン

実は、ボリンジャーバンドの形状変化には特定のパターンが存在し、そのパターンを利用してトレンド/レンジなど相場の環境認識をしたり、エントリー/利確のタイミングを判断することができます。

スクイーズ、エクスパンション、バンドウォーク

基本パターン説明
スクイーズボリンジャーバンドが収縮すること。相場がレンジ状態であることを示す。
エクスパンションボリンジャーバンドが拡大すること。相場のレンジ状態がブレイクしたことを示す。
バンドウォークローソク足が±2σに張り付いて一方方向に価格が推移している状態のこと。トレンド発生を示す。

ボリンジャーバンドの活用法

それは、開発者ジョン・ボリンジャーも本人の著書の中で解説している通り 「ボリンジャーバンドは順張り指標である」 ボリンジャーバンドについて ということです。

ボリンジャーバンドを利用したトレンドフォロー

下図は上昇トレンドの発生直後、 トレンド2波の押し目を狙う局面 です。

上昇トレンドの発生直後、トレンド2波の押し目を狙う局面

そして、下髭を付けながらローソク足の実体がミドルラインの上側で停滞しはじめた③の辺りが 絶好のトレンドフォローの押し目買いポイント となります。

今回はバンドウォークが発生して上昇トレンドが再開しましたが、ローソク足が +2σの内側で明確に収束 ボリンジャーバンドについて するようであれば微益(または建値)で決済して逃げてしまっても良いですね。

合わせて確認していただきたいのが②の部分です。
よく見てみると下降のバンドウォークが形成されかけているのが分かると思います。
つまり、「ボリンジャーバンドの+2σタッチで逆張りエントリー」という手法では運よく反転してくれれば大底からごっそり利益を取れますが、下降のバンドウォークが発生してしまう可能性も高いので「バンド内ぎりぎりで収束しながら」一方的に逆行されてしまい大きな損失に繋がります。

ボリンジャーバンドを利用したトレンド転換

それでは、ボリンジャーバンドを利用して トレンド転換の始まりを狙う手法 についてご説明します。

価格がボリンジャーバンドの+2σにタッチ

①で囲った期間を観察すると、価格がボリンジャーバンドの+2σにタッチしてバンドウォーク発生に何度も挑戦しているのが分かります。

つまり、①の状態から②や③へと相場状況が変わり始めたあたりが、 上昇から下降へとトレンド転換が最も起こりやすい瞬間 となります。

MT4でのボリンジャーバンドの設定方法

それでは最後に、現在最も人気の高い取引プラットフォーム MT4 を利用したボリンジャーバンドの表示/設定方法とおすすめの設定値について解説します。

MT4の表示/設定方法とおすすめの設定値

MT4の表示/設定方法とおすすめの設定値

次に、チャート上部のメニューにあるインディケーターリストのアイコンから「トレンド→Bollinger Bands」とクリックしていきます。

トレンド→Bollinger Bands

ちなみに、赤で囲った「期間」の設定値がミドルラインの期間設定であり、この場合は ミドルライン=20期間移動平均線 ということになります。

±2σとミドルラインのみのボリンジャーバンドが表示

そして、上の設定のままOKをクリックするとこのように±2σとミドルラインのみのボリンジャーバンドが表示されます。 ボリンジャーバンドで最も重要なのは±2σ ですので、これだけで利用しているトレーダーも数多く存在します。

レベル表示

この時、レベル設定の部分は空欄になっているはずなので、追加をクリックして表示された枠内に 「0.5」と「-0.5」のレベル設定をそれぞれ追加 していきます。
(2×0.5=1、2×-0.5=-1なので±1シグマが表示される)

±1σをセットにしたボリンジャーバンドがチャートに表示

ちなみに、「1.5」と「-1.5」のレベル設定を追加すると ±3σの表示も可能 です。

ただ、僕の経験上ボリンジャーバンドの±3σは利用頻度が低い上に表示するとかえってチャートが複雑になりすぎてしまい、初心者にとってはデメリットになるので表示することはおすすめしていません。

ボリンジャーバンドは標準偏差の計算式が複雑なことから、意味を正しく理解しないまま使用しているトレーダーが多くいます。 ですが、誤った認識のままボリンジャーバンドを利用してもトレードで勝てるようにはなりません。 トモヒロ ボリンジャーバンドの計算式と考え方 そもそもボリンジャーバンドって何をするインジ.

FXインジケーター入門|ボリンジャーバンドとは?相場分析に欠かせない3つの動きと見方

ボリンジャーバンドが±2σにタッチしていて、MACDがデットクロスもしくはゴールデンクロスしているチャート

ボリンジャーバンドとMACDのチャート(ボリンジャーバンドが±2σにタッチしていて、MACDがデットクロスもしくはゴールデンクロスしているチャート) ボリンジャーバンドについて

ボリンジャーバンドの落とし穴!トレード時の注意点

価格が±2σを外れる値動きの例として、 経済指標の発表などのイベント があります。

FOMC明けからトランプ氏の発言による相場反転のチャート

ボリンジャーバンドの使い方を実例で解説

ボリンジャーバンドの見方一覧

・「スクイーズ(収縮)」のときは 「逆張り」 を行う。

・「エクスパンション(拡散)」のときは、 「順張り」 を行う。

ボリンジャーバンドについて ボリンジャーバンド1

ボリンジャーバンド2

「スクイーズ」の状態の時にバンドから外れたら、 「逆張り」 をすれば良いとなります。

ボリンジャーバンドでは為替レートがバンドの中で推移することが原則で、ボリンジャーバンドから逸脱する為替レートは 売られ過ぎ・買われ過ぎのシグナル となります。

【黄色の円】のゾーンの直後に、 「エクスパンション」 が見られます。

そして、上のチャートに【水色の楕円】で 「バンドウォーク」 を表示しました。

【練習問題 (1) 】

ボリンジャーバンド3

【練習問題 (1) 】の答え

上のチャートに【黄色の円】で、2か所の 「スクイーズ」 を表示しました。

・最初の【黄色の円】のゾーンでは、ドル円が下落して2σに近辺で 「買い」 を行ないます。そして、ドル円が上昇して、2σの近辺では「売り」を行いましょう。

・最初の【黄色の円】のゾーンが終わると、 「エクスパンション(拡散)」 が起こっています。

上のチャートでは【水色の楕円】で 「バンドウォーク」 を示しました。

・このゾーンでは、最初にドル円の「買い」を行い、ドル円が上昇します。2σに近づいたところで 「売り」 を行えば良いと考えます。

・【水色の楕円】のゾーンの最後の局面では、 損失 になります。

【黄色の円】で2か所目の 「スクイーズ」 を示しています。・このゾーンで、 「逆張り」 を行うことが可能です。

「エクスパンション(拡散)」を確認したら、 「買い」 で追随すれば良いと考えましょう。

長期的なボリンジャーバンドで相場の方向性を確認

相場の方向性確認

記事のまとめ

  • ボリンジャーバンドはトレンドの方向だけでなくボラティリティ(値動きの大きさ)も読み取ることができる
  • ボリンジャーバンドには、 スクイーズ・エクスパンション・バンドウォーク の3つの特徴的な動きがある
  • 「スクイーズ」のときは「逆張り」を、「エクスパンション」のときは「順張り」を行う
  • MACDと組み合わせて使うことでダマしを避けられる可能性が高まる

ARTICLE LIST 入門編の記事一覧

SELECT 無料診断

INFO お知らせ

お知らせ

SERIES 連載

RECOMMEND おすすめ記事

【取引リスクおよび免責事項について】 FX(外国為替証拠金取引)は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合があります。 さらに、取引金額がその取引について預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。 FXの仕組みやリスクを充分に理解した上で、ご自身の判断と責任で口座開設・取引を行って下さい。 本サイトに掲載されている情報は、情報を提供することを目的としたものであり、投資の勧誘を行うものではありません。 このページ上に掲載されている各種情報については、慎重に作成、管理しておりますが、当社は、これらの情報の最新性、有用性、完全性等を保証するものではありません。当社は、お客さまがこれらの情報をご利用になったこと、またはご利用になれなかったことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。お客さまは、上記注意事項のほか、「エフプロ」利用規約をご一読くださいますようお願いいたします。

FXでのボリンジャーバンドの見方・使い方全まとめ

ボリンジャーバンドの使い方・見方まとめ

テクニカル分析

ボリンジャーバンドの使い方・見方まとめ

ボリンジャーバンドの使い方・見方総まとめ

とれろく

今日は標準偏差、確率論を取り入れたボリンジャーバンドについて、使い方や見方を完全解説します。解説では株取引ではなくFXを事例として使うので、FXトレーダーに非常に役立つコンテンツです。

ボリンジャーバンドの見方

ボリンジャーバンドは標準偏差(確率論)を取り入れたテクニカル指標です。「価格は統計的にこの範囲内に収まる」という範囲を線で表示することで、視覚的に割安なのか、割高なのか見ることが可能です。

ボリンジャーバンドの5本表示

±2σ内に収まる確率が約95.4%ということは、2σを超えた時に逆張り買いを行えば、約95.4%の確率で価格が戻り、非常に高い確率で勝てる。という狙いの逆張り手法が有名です。

とれろく

とはいっても、ボリンジャーバンドの使い方はそれに留まらず、様々な使い方があります。ここでは有名なボリンジャーバンドの使い方を全てまとめて紹介していきたいと思います。

ボリンジャーバンドの3個の使い方

  1. σ2タッチからの逆張り手法
  2. バンドウォークに乗る順張り手法
  3. 他のテクニカル指標と組み合わせて使う。

特に3の他のテクニカル指標と組み合わせて使うが一番重要なボリンジャーバンドの使い方です。ボリンジャーバンドと相性が良いテクニカ指標は何か?など、この章は一番重要なポイントを解説しています。

σ2タッチからの逆張り手法

σ2タッチからの逆張り手法のチャート画面

ボリンジャーバンドにはσ2にタッチした時点で逆張りする使い方があります。

この統計データを生かした売買手法が、σ2、σ3タッチからの逆張り手法です。レンジ相場であれば確率通り、非常に高い確率で勝てるものの、トレンドが発生した場合、大きな損失となります。

ボリンジャーバンドの逆張り手法が苦手とするトレンド相場のチャート

またFXのデイトレード、スキャルピングであれば取引する時間帯にも注意を払う必要があります。

例)ドル円時間帯別、市場別の値動き、ボラティリティ

ドル円1日の時間帯別、市場別の値動き、ボラティリティ

データより、日中であれば12時~16時頃がレンジ相場となりやすく、夕方以降は18時~21時までがレンジ相場になりやすい傾向が見て取れます。

とれろく

バンドウォークに乗る順張り手法

ボリンジャーバンドの幅が狭まることをスクイーズ。
バンドの幅が広がることをエクスパンションと呼び、エクスパンションが発生した流れに乗るバンドウォーク(順張り)手法があります。

バンドウォーク手法

バンドウォークは先程の逆張りとは使い方が真逆。σにタッチしたタイミングで、その方向へエントリーします。ただし、次の2点に該当しているか確認し、使う必要があります。

スクイーズは大きなトレンドの発生の前兆であり、さらにスクイーズが発生していると、損切りポイントを設定しやすく、またその幅が非常に小さくなるメリットがあります。

例)ドル円時間帯別、市場別の値動き、ボラティリティ

ドル円1日の時間帯別、市場別の値動き、ボラティリティ

とれろく

この時間帯はトレンドが発生しやすい特徴を持ち、ボリンジャーバンドのバンドウォークという使い方が最も機能しやすい時間帯です。

他のテクニカル指標と組み合わせて使う。

よって、ボリンジャーバンドの逆張り、順張り。どちらも使う場合は他のテクニカル指標と合わせて使い、ダマし、偽のシグナルを避けつつ売買する必要があります。

ボリンジャーバンドとADXの使い方

ボリンジャーバンドとADXを合わせて使ったチャート画像

トレンドの強さを示すテクニカル指標ADX(Average directional movement index)。ADXは強いトレンドが発生すれば値が上昇し、トレンドが弱くなれば減少するという特徴を持ちます。

とれろく

ボリンジャーバンドとMACDの使い方

ボリンジャーバンドとMACDを組み合わせて使う

ボリンジャーバンドとMACDのダイバージェンスの使い方

このように2つのシグナルが重なるタイミングで取引するのが理想です。

ただし、FXのデイトレードの場合、時間帯ごとに代わるボラティリティの変化により、MACDが機能しにくい。4時間足以上を使ったスイングトレードにオススメしたい組み合わせです。

ボリンジャーバンドとRSIの使い方

ボリンジャーバンドとRSIの使い方

ボリンジャーバンドの逆張りシグナルであるσタッチ、RSIの逆張りシグナルである売られすぎ、買われすぎシグナルの点灯。このサインが同時に発生していれば、強い逆張りシグナルとなります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる