外国為替市場

株価指数の見直し

株価指数の見直し
浮動株式数 株価指数の見直し = 上場株式数 - 固定株(注4)

東京証券取引所・名古屋証券取引所の市場区分の変更について(2022年4月4日から)

現在、東京証券取引所(以下「東証」という)には、市場第一部、市場第二部、マザーズ及びJASDAQ(スタンダード・グロース)の4つの市場区分があります。また、名古屋証券取引所(以下「名証」という)には市場第一部、市場第二部、セントレックスの3つの市場区分があります。
しかし、各市場区分のコンセプトが曖昧であり多くの投資者にとって利便性が低い、上場会社の持続的な企業価値向上の動機付けの点で期待される役割を十分に果たせていない、投資対象としての機能性と市場代表性を兼ね備えた指数が存在しないなどの課題が指摘されていたそうです。
そこで、今回の市場区分の見直しでは明確なコンセプトに基づいた市場区分に再編いたします。
東証と名証の市場区分の見直しは2022年4月4日(月)からを予定しています。

市場区分の変更の概要

東京証券取引所

東京証券取引所の市場区分の変更

名古屋証券取引所

名古屋証券取引所の市場区分の変更

  • ※ 2022年4月4日の前日における上場会社は、市場区分の選択や上場申請手続きを行うことなく、それぞれの新市場区分で上場が継続されます。
  • ※ 現行の指定替え制度(市場第一部から市場第二部への自動移行)は、プレミア市場からメイン市場への市場区分の変更として制度を継続いたします。

保有している株式や注文への影響

新市場区分へ上場予定の銘柄については、お客さまで特段のお手続き等を行わずとも自動的に新しい市場区分へ移行されます。
新しい市場区分は、日本取引所グループWEBサイトに掲載されている、「新市場区分の選択結果の一覧」ファイルをご確認ください。
また、今回の市場区分の変更により、注文方法に変更はありません。

注文画面では優先市場がデフォルトで表示されるが、プルダウンでご選択いただき変更が可能

株価指数の見直し

継続的に算出する株価指数、2022年4月に新設する株価指数、廃止を予定している株価指数がございます。詳細は日本取引所グループWEBサイトに掲載されている、「株価指数ラインナップの見直し」ページをご確認ください。
TOPIX(東証株価指数)は市場区分の見直しを契機に、市場代表性に加え、投資対象としての機能性を更に高めることを目的に見直しを行う予定です。ただし、多額のパッシブ連動資産や市場への影響を考慮し、2022年10月~2025年1月にかけて、段階的に移行します。詳細は日本取引所グループWEBサイトに掲載されている、「TOPIX見直しの概要」ページをご確認ください。
なお、今回の東証再編によって、日経平均株価の採用銘柄、計算方法について直接変更はありません。

auカブコム証券株式会社 金融商品取引業者登録:関東財務局長(金商)第61号 銀行代理業許可:関東財務局長(銀代)第8号 加入協会:日本証券業協会・一般社団法人 金融先物取引業協会

東京証券取引所・名古屋証券取引所の市場区分の変更について(2022年4月4日から)

現在、東京証券取引所(以下「東証」という)には、市場第一部、市場第二部、マザーズ及びJASDAQ(スタンダード・グロース)の4つの市場区分があります。また、名古屋証券取引所(以下「名証」という)には市場第一部、市場第二部、セントレックスの3つの市場区分があります。
しかし、各市場区分のコンセプトが曖昧であり多くの投資者にとって利便性が低い、上場会社の持続的な企業価値向上の動機付けの点で期待される役割を十分に果たせていない、投資対象としての機能性と市場代表性を兼ね備えた指数が存在しないなどの課題が指摘されていたそうです。
そこで、今回の市場区分の見直しでは明確なコンセプトに基づいた市場区分に再編いたします。
東証と名証の市場区分の見直しは2022年4月4日(月)からを予定しています。

市場区分の変更の概要

東京証券取引所

東京証券取引所の市場区分の変更

名古屋証券取引所

名古屋証券取引所の市場区分の変更

  • ※ 2022年4月4日の前日における上場会社は、市場区分の選択や上場申請手続きを行うことなく、それぞれの新市場区分で上場が継続されます。
  • ※ 現行の指定替え制度(市場第一部から市場第二部への自動移行)は、プレミア市場からメイン市場への市場区分の変更として制度を継続いたします。

保有している株式や注文への影響

新市場区分へ上場予定の銘柄については、お客さまで特段のお手続き等を行わずとも自動的に新しい市場区分へ移行されます。
新しい市場区分は、日本取引所グループWEBサイトに掲載されている、「新市場区分の選択結果の一覧」ファイルをご確認ください。
また、今回の市場区分の変更により、注文方法に変更はありません。

注文画面では優先市場がデフォルトで表示されるが、プルダウンでご選択いただき変更が可能

株価指数の見直し

継続的に算出する株価指数、2022年4月に新設する株価指数、廃止を予定している株価指数がございます。詳細は日本取引所グループWEBサイトに掲載されている、「株価指数ラインナップの見直し」ページをご確認ください。
TOPIX(東証株価指数)は市場区分の見直しを契機に、市場代表性に加え、投資対象としての機能性を更に高めることを目的に見直しを行う予定です。ただし、多額のパッシブ連動資産や市場への影響を考慮し、2022年10月~2025年1月にかけて、段階的に移行します。詳細は日本取引所グループWEBサイトに掲載されている、「TOPIX見直しの概要」ページをご確認ください。
なお、今回の東証再編によって、日経平均株価の採用銘柄、計算方法について直接変更はありません。

auカブコム証券株式会社 金融商品取引業者登録:関東財務局長(金商)第61号 銀行代理業許可:関東財務局長(銀代)第8号 加入協会:日本証券業協会・一般社団法人 金融先物取引業協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる