完全ガイド

オススメインジケーターの組み合わせを紹介

オススメインジケーターの組み合わせを紹介
トレーディングビュー

テクニカル分析で使えるFX指標・インジケーター組み合わせオススメまとめ

テクニカル分析

FXを始める初心者がまず覚えておきたい「 テクニカル分析 」について解説します。

これらテクニカル分析の基本的な見方や使い方、FX初心者でも活用できるテクニカル指標と相性の良いお勧めの組み合わせなどを紹介していきます。
ちなみに筆者は登録方法も簡単な海外ビットコインFX「Bybit」 を使っています。

テクニカル指標には3つの分類がある

  1. トレンド系インジケーター
  2. オシレーター系インジケーター
  3. チャート(パターン)分析

トレンド系テクニカル指標(インジケーター)の簡単な判別方法として、移動平均線や一目雲などに代表されるようなチャートに重ねて表示させるインジケーターであることが挙げられます。(例外もあります)

オシレーター系インジケーターは基本的に、サブチャートという別枠で表示されるものです。MACDやストキャスティクスなどが代表的ですね。

チャートパターン分析というのは、トレンドラインやヘッドアンドショルダー、ダブルボトムといったチャートの形を典型パターンに当てはめて未来の動きを考察する手法です。

仙人

諸説あるかもしれませんが、これら3種類の指標を組み合わせて未来の値動きを読むトレード手法を”テクニカル分析“といいます。

トレンド系テクニカル指標

単純移動平均線(Simple Moving Average)

一目均衡表(Ichimoku)

ボリンジャーバンド(Bollinger Band)

パラボリック(Parabolic SAR)

ドテンロングorショートなど 逆張りの指標として機能する指標 です。

トレンド発生やトレンド転換をいち早く察知できるパラボリックSARは、
初心者でも使いやすい簡単に判断できるテクニカルツールです。
ただ、ダマシもあるのですぐに損切り・撤退できるようにオーダーを出しましょう。

EMA(Exponential Moving Average)

ピボット・ポイント(Pivot Point)

ピボットポイントは海外トレーダーや機関投資家が好んで使用している、 相場の方向性を判断 し サポート/レジスタンスラインを可視化するための インジケーターです。

トレンド系指標一覧
移動平均線 ボリンジャーバンド フィボナッチ
ウィリアムズアリゲーター ドンチャンチャネル 一目均衡表/一目雲
エリオット波動 パラボリックSAR ケルトナーチャネル
EMA WMA オススメインジケーターの組み合わせを紹介 ギャン理論・ツール
エンベロープ GMMA(複合型移動平均線) ピボットポイント
リスクリワード・レシオ

オシレーター系テクニカル指標

RSI(相対力指数)

ストキャスティクス(Stochastics)

ストキャスティクスは レンジ相場でのオシレーター的な指標としても優秀ですが、ゴールデンクロス・デッドクロス・ダイバージェンスなど、多様な売買シグナルを発してくれる便利な指標 なので是非抑えておきましょう。

DMI・ADX(方向性指数)

+DI (買い手) が-DI (売り手)を下から上に抜けゴールデンクロスになった場合、買いシグナルが発生。
-DI (売り手) が+DI (買い手)を下から上に抜けデッドクロスになった場合、売りシグナルが発生。
ADX線が40の値を超える場合、上昇トレンドまたは下降トレンドが強い。

MACD(マックディー)

CCI(商品チャネル指数 Comodity Channel Index)

オシレーター系の指標でありながら、これ単独で使用しても十分にトレード確度を高めることができる優秀な指標です。
ビットコインのCCIは私が見た感じではオシレーター系指標の中でもかなり有効に機能 しています。

モメンタム(Momentum)

アルティメット・オシレーター(Ultimate Oscillator)

ウィリアムズ%R(William’s %R)

オシレーター系指標一覧
MACD ストキャスティクス ADX(DMI)
移動平均乖離率 RSI RCI
チョピネスインデックス モメンタム 究極オシレーター
ウィリアム%R CCI フォースインデックス
OBV RVI サイコロジカルライン
ROC AD ASI
ATR

チャートパターン

三角持ち合い

  • シンメトリカル(対称)・トライアングル = 前のトレンド継続
  • アセンディング(上昇)・トライアングル = 上昇トレンド継続
  • ディセンディング(下降)・トライアングル = 下降トレンド継続

ダブルトップ・ダブルボトム

ダブルトップ・ダブルボトムは、三尊・逆三尊(ヘッドアンドショルダー)と同じ トレンド転換を表す代表的なチャートパターン の一つです。

また、 「売られ過ぎ・買われ過ぎ」を判断する為のオシレーター系の指標を併用する と相性がいいので使いやすくなると思います。

ヘッドアンドショルダー(三尊)

三尊・逆三尊(ヘッドアンドショルダー)は数あるテクニカル指標の中でも、 簡単に判別できる分かりやすさからか、最も強力な指標でそのパターン通りに動くことが多い です。

フィボナッチ比率

ピッチフォーク

ワイコフチャート

    オススメインジケーターの組み合わせを紹介
  • Accumulation:累積
  • Mark Up:利幅
  • Distribution:分布
  • Mark Down:値下げ

エリオット波動理論

ギャン理論

チャートパターン一覧
ヘッド&ショルダー(三尊) 上昇/下降ウェッジ ハーモニックパターン
プライスアクション アセトラ/ディセトラ カップ&ハンドル
ピッチフォーク・ファン ウォルフ波動 ダブルボトム/トップ
上昇/下降フラッグ・ペナント Cフォーク ワイコフチャート
酒田五法 ダイヤモンドフォーメーション アイランドリバーサル オススメインジケーターの組み合わせを紹介

テクニカル指標オススメの組み合わせ

テクニカル指標オススメの組み合わせをご紹介します。
組み合わせる上での基本的な考え方としては、 トレンド系指標×オシレーター系指標という組み合わせが相性がいい ということです。

一目均衡表(一目雲) × RSI

ボリンジャーバンド × RSI・ストキャス

ボリンジャーバンド × MACD

為替FXツールではデフォルトでボリンジャーバンド とMACD を併用するインジがあるほどメジャーな組み合わせです。

三尊 × フィボナッチリトレースメント

エリオット波動 × フィボナッチリトレースメント

エリオット波動 の推進5波・調整3波のリズムはフィボナッチ比率 の値動きで推移する可能性が非常に高いです。
自然の法則を味方につける最強コンビです。

ビットコインFXおすすめインジケーターまとめ|仮想通貨トレードに特化した専用指標

ビットコインFXおすすめインジケーターまとめ!仮想通貨トレードに特化

テクニカル分析

仙人

ビットコインFX特化のインジケーターとは?

ビットコインFXや仮想通貨トレードで、チャートでとくに有効に機能するインジケーターや、ビットコインならではの指標を取り入れた、仮想通貨に特化したインジケーターがあります。

インジケーターは2種類に大別できる

基礎的な知識として、インジケーターには移動平均線 オススメインジケーターの組み合わせを紹介 やボリンジャーバンドのようなトレンド系指標と、MACD ・RSI ・ストキャスティクスのようなオシレーター系指標の2種類に大きく分類できます。
有名なインジケーターは、FXをはじめあらゆるマーケットのチャート分析に使われています。

インジケーターは星の数ほどある!

インジケーターは 有名なものからマイナーなものまで含むと無限に出てきます 。
誰でも発明することができるからです。マイナーなものは玉石混交です。

マイナーなやつは取引所のチャートに無い

移動平均線などのような有名なインジケーターはどこの取引所のチャートにでも標準でついていることが多いですが、 マイナーなインジケーターは最初から扱っているところなど皆無 です。

マイナーなインジはTradingViewやMT4で使える

そこで利用されるのは世界最大手チャートツールTradingView(トレーディングビュー) 、そしてインストール型トレードツールMetatrader(主にMT4)です。どちらも世界中で使われており、トレード専業のプロでも愛用しています。

このトレビューとMT4は、チャート分析をするツールとしても非常に優秀なのですが、重要なのは 個人ユーザーが自作インジケーターやストラテジー(売買アルゴ)を導入することができ、開発者とユーザーが世界で最も利用しているという点 です。

開発者が個人でも販売や配布を行うことができるという経済圏が確立されている訳です。
仮想通貨専用インジケーターは多くの場合、TradingViewで使うことができます。 (無料で使えます)

仙人

売買シグナル:APS(ちんイン)

XRP/BTCのバイナンスのチャート:インジ上昇後→雲が赤から緑でエントリー

USDT総時価総額を表示:USDT Supply

これはTradingViewに標準でついている銘柄「USDT market cap」を表示したシンプルなものなのですが、ビットコイン市場ではインジケーターのように使うことで有用に機能することが実証されています。

インジケーターを使わなくとも、トレビューでUSDT オススメインジケーターの組み合わせを紹介 market capを検索して銘柄追加していくことでも監視できます。

以下のチャート画像を見ると、まるで磁石に引き寄せられるかのように、 USDT(Tether)オススメインジケーターの組み合わせを紹介 の時価総額がビットコインチャートに先行した動きをしている ことがわかります。

Tether時価総額とBTCの比較チャート、その後

テザーのレートを追う:USDT/USD

USDT/USDとBTC/USDチャート(TradingViewで表示)を重ねた画像

TradingViewで表示したUSDT/USDとBTC/USDチャートで比較的にですがBTCの値動きとUSDTのドルレートが相関していると言われています。

テザーの値動きとBTC価格
1USDT>1USDUSDTの発行が追い付いていない、つまり法定通貨の流入が起きている。BTC上昇?
1USDT<1USDUSDTの消却が追い付いていない、市場から資金が抜けている。BTC下落?

金利を監視:BitMEX Funding Rate

海外取引所BitMEXの資金調達率と、bitfinex LS(ロングショート)オススメインジケーターの組み合わせを紹介 建玉数から次の動きを考察するのに便利な有料インジケーター『BitMEX Funding Rate』&『Bitfinex LS Volume』 があります。
二つのインジケーターがnoteでセット販売されています。

BitMEX Funding Rateインジケーター

BitMEX Funding Rateインジケーターは、海外取引所BitMEXで採用されている無期限スワップという金利を視覚的に表示したものです。
金利がプラスの場合はロング側が支払い・ショート側が受け取り、金利がマイナスの場合はショート側が支払い、ロング側が受け取りとなります。出来高も増えてきた日本から登録できるBybit オススメインジケーターの組み合わせを紹介 でのトレードでも通用します。

ロング側ショート側
資金調達率が+支払う貰える
資金調達率が-貰える支払う

  • 資金調達率がマイナスに片寄り→価格上昇傾向
  • 資金調達率がプラス片寄り→価格下落傾向

BitMEX-Funding-m59

似た無料のインジケーターには海外製ですが「BitMEX-Funding-m59 」もあります。

Bitfinex LS Volumeインジケーター

Bitfinex LS Volumeインジケーターは、BitfinexではLONG(買いポジション)、SHORT(売りポジション)の建玉数が公開されています。
そのデータを基に新規買い、ショート精算による買い、新規売り、ロング精算による売りを視覚化しています。

バイナリーオプションで勝てるインジケーターとは?使い方やおすすめを徹底解説

インジケーター

  • MT4で利用できるおすすめのインジケーターがわかる
  • 主要インジケーターの攻略法がわかる
  • インジケーターの組み合わせ方がわかる

バイナリーオプションで「 テクニカル分析 オススメインジケーターの組み合わせを紹介 」を用いて相場分析をするために必ず必須となる「 インジケーター 」を正しく使いこなしていますか。

また、インジケーターは大きく「 オシレーター系 」と「 トレンド系 」に分けることが出来ます。

  • 1 無料ツールMT4で利用できるおすすめのインジケーター
    • 1.1 トレンド系のおすすめインジケーター3選
    • 1.2 オシレーター系のおすすめインジケーター3選
    • 2.1 移動平均線攻略法
    • 2.オススメインジケーターの組み合わせを紹介 2 ボリンジャーバンド攻略法
    • 2.3 RSI攻略法
    • 2.4 ストキャスティクス攻略法
    • 2.5 MACD攻略法
    • 3.1 MACD+ストキャスティクス
    • 3.2 MACD+RSI
    • 3.3 ボリンジャーバンド+RSI
    • 3.4 移動平均線+MACD
    • 3.5 一目均衡表+MACD
    • 3.オススメインジケーターの組み合わせを紹介 6 移動平均線+RSI
    • 5.1 「挿入」から追加
    • 5.2 「ナビゲーター」から追加
    • 5.3 外部から入手したオリジナルインジケーターの追加
    • 5.4 同じ画面に複数のインジケーターを追加する方法

    無料ツールMT4で利用できるおすすめのインジケーター

    まずはバイナリーオプショントレーダーなら誰もが利用している「 MT4 」で利用することができるおすすめのインジケーターを「トレンド系」「オシレーター系」に分けて紹介していきたいと思います。

    先行移動平均線(DMA)とは?ディナポリやアリゲータ手法について紹介

    先行移動平均線(Displaced Moving Average:DMA)は、displace(ずらす)という単語が用いられている通り、移動平均線を本来の位置から未来や過去にずらして表示するものです。MT4/MT5ではチャートに移動平均線(Moving Average)を挿入する際、パラメータ設定画面の「シフト」に任意の数字を入れることで、正の数値ならその期間を先行、負の数値なら逆行させることができます。

    移動平均線の先行と逆行

    3本のDMAを用いるディナポリ手法

    • 短期:3日線×3日先行
    • 中期:7日線×5日先行
    • 長期:25日線×5日先行

    ディナポリ手法

    ディナポリ手法とは少し異なるアリゲータ

    • 短期:5日線×3日先行
    • 中期:8日線✕5日先行
    • 長期:13日線✕8期間先行

    アリゲータ

    移動平均線についてもっと学びたい方へのオススメコンテンツ

    移動平均線

    OANDA証券株式会社 第一種 金融商品取引業 関東財務局長 (金商) 第2137号 加入協会等:一般社団法人 金融先物取引業協会 日本証券業協会 日本投資者保護基金

    © since 1996 OANDA Japan Inc All rights reserved."OANDA", "fxTrade" and OANDA's "fx" family of trade marks are owned by OANDA Corporation.
    All other trade marks appearing on this Website are the property of their respective owners.

    TradingView(トレーディングビュー)最強といえる2つのおすすめ無料インジケーターを紹介

    トレーディングビューアイキャッチ

    トレーディングビュー

    先にネタバレすると40日間で 約300pips勝てる手法 をトレーディングビューの無料インジケーターを使って解説していきます。

    • トレーディングビューのインジケーターを追加する方法
    • トレーディングビューのインジケーターを削除する方法
    • 最強インジケーターを使ったトレード方法

    トレーディングビューでインジケーターを表示する方法

    インジケーターの追加方法

    MT4を超える圧倒的な機能

    インジケーターを決めたら1度だけクリックしてください。 特に音も表示もでないので何度もクリックすると同じインジケーターが何個も出てくるので注意です。

    インジケーターを表示する方法スマホ版

    おすすめインジケーター2選

    • Ultimate Moving Average-Multi-TimeFrame-7・・・
    • MacD Cutom indicator-Multiple Time Frame+・・・

    これからこの2つのセットは 最強インジケーター と呼んでいきます。

    おすすめインジケーターを使ったトレード方法

    チャート内にあるUltimate Moving Averageは緑線が上昇トレンド、赤色が下降トレンドとなっています。

    次にチャート下にあるMacD Cutom indicatorは緑丸が買いのサイン、赤丸が売りのサインになります。

    最強インジケーターが2つのセットである理由

    チャート下にあるインジケーターMacD Cutom indicatorのみでトレードした場合をみていきます。

    ではチャート内にあるUltimate Moving Averageはどうでしょう?

    一見Ultimate Moving Averageはそのままでも使えそうですが 赤い破線 をよーく見てください。

    そこでMacD Cutom indicatorとUltimate Moving Average、両方が同じ方向のサインを出した場合だけトレードすれば格段にトレード精度がよくなります。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる