ポジション取引戦略

FXレポート

FXレポート
詳しくみる

FXレポート

調査結果のポイント

1.市場を取り巻く環境
2.市場の数値的把握
3.FX投資家の属性
4.まとめ

第Ⅰ章 総論編

1.業界動向
(1)業界を取巻く環境
(2)参入企業数
(3)業界の主な出来事
2.店頭FX取引の市場規模
(1)預り証拠金残高(市場規模)推移
(2)預り証拠金残高シェア
(3)口座数
(4)口座数シェア
(5)取引高
3.取引所取引「くりっく365」のシェア
(1)「くりっく365」の預り残高シェア
(2)「くりっく365」の口座数シェア
(3)「くりっく365」の取引高シェア
4.経営戦略、事業戦略
(1)現状
(2)課題
(3)今後の戦略
5.決済リスク管理の強化策
(1)決済リスク管理強化の背景
(2)直近での具体的な対策・取組み
①決済リスク管理の強化
②サイバーセキュリティ対策
③マネーロンダリング対策
(3)今後の具体的な対策・取組み
①決済リスク管理の強化
②その他、クリアリング、BCP対応
(4)顧客本位の業務運営に関する原則への対応状況
6.自己資本規制比率の厳格化による業界への影響など
7.REG TECHの対応について
8.業界における将来展望と課題

第Ⅱ章 各論編

1.収益性
(1)業績推移
(2)収益状況
2.収入源の多様化策
(1)収入源の多様化策の現状
(2)取引所取引の参入意向
(3)CFD、バイナリーオプション導入意向
(4)システムトレードの導入意向
(5)同業とのBTOBの意向
(6)法人顧客の取込み強化策
(7)海外展開の意向
3.グループ戦略を含む新たなビジネス展開
(1)異業種との提携
(2)仮想通貨事業の展開と予定
(3)仮想通貨事業とFX事業との相乗効果、影響 FXレポート
(4)その他新たな事業の有無と内容、実績、動向とFX事業との相乗効果
4.顧客政策
(1)新規顧客開拓策
(2)既存顧客の囲い込み策
(3)既存顧客の稼働率アップ策
(4)今後のターゲット層
5.広告戦略、見直し
(1)広告戦略と新規広告及び見直し内容
(2)活用媒体
(3)年間広告宣伝費、新規顧客1人当たりの獲得コスト
6.取引実績
(1)年間新規顧客獲得数
(2)実働口座
(3)1口座当たりの平均預り残高
(4)預り証拠金額帯別の構成
(5)通貨別取引額
7.顧客属性
(1)取引振り
(2)年代別顧客構成
(3)男女別顧客構成
(4)男女・年代別の顧客構成
8.商品政策
(1)商品概要
(2)既存商品の変更点
(3)スプレッドの変化
9.CFD、バイナリーオプションの預り残高、口座数、取引高推移
(1)CFD取引
(2)バイナリーオプション取引

第Ⅲ章 個別企業編

1.(株)DMM.com証券
2.(株)外為どっとコム
3.ワイジェイFX(株)
4.(株)外為オンライン
5.セントラル短資FX(株)
6.(株)マネーパートナーズ
7.ヒロセ通商(株)
8.ソニー銀行(株)
9.(株)FXプライムbyGMO
10.FXレポート 松井証券(株)
11.トレイダーズ証券(株)
12.益茂証券(株)

FXレポート

-円安トレンドは継続か?米CPI通過で一段のドル高圧力拡大の可能性も-
本日のイベントは、中財新サービス業PMIが予定されており、NZ・独・仏・スイス・ノルウェー・スウェーデンが休場となります。
足元のマーケットでは、各国金融政策や金融引き締め観測が再びメインテーマとなる中で、日米金利差拡大を意識した動きもあって円安地合いが続いています。各国金融政策に着目すると、欧ラガルド総裁のタカ派発言から7月ECB理事会での利上げが既定路線、急進的な利上げ観測への思惑がユーロ買いを後押ししています。このほか、長らくマイナス金利を続けるスイスについても、同国中銀の目標を上回るインフレ率を受けて、いよいよ利上げに舵を切る可能性があるとの観測が浮上しています。この点、主要国で金融緩和政策維持を貫く日本が遂に単独で取り残される格好となれば、金利差拡大への思惑から相対的に円が売られる構図は必然ともいえるだけに、当面の円安トレンドを想定しつつ、財務金融委員会で予定されている7日黒田日銀総裁の発言内容にも注目したいです。
一方で、米国は翌週14・15日開催の6月FOMCに向けてブラックアウト期間に突入、今週末10日には米CPIが予定されています。足元のFRBメンバー発言を見ると、インフレ抑制を最重要課題と位置付けたタカ派スタンス傾斜が目立つ中で、米CPI結果からインフレのピークアウトや9月以降の利上げペースを見極めたい思惑は根強いと見ています。仮に市場予想を上回る結果の場合、9月FOMCでの50bpの利上げ観測が高まり、それらを織り込む動きがドル高圧力を一段強める展開も想定して、今週は取引に臨みたいです。

円安トレンドは継続か?米CPI通過で一段のドル高圧力拡大の可能性も

ビックイベント米雇用統計、今夜は「平均時給」がカギとなるか

ADP雇用統計、ネガティブサプライズなら大きなドル売りの可能性

FRBバランスシート縮小、今日から開始

ECB内のタカ派支持拡大を後押しするか、欧消費者物価指数に注目

米リセッション懸念の広がりに警戒

4月米個人消費支出に注目

FOMC議事要旨で50bpsの利上げを支持、米国株は反発

ドル円約1か月ぶりの127円割れ、リセッション懸念が高まるなか、米株価指数の動向を睨む展開

迫るECB利上げに向け、短期的なユーロ選好地合いに熱視線

世界的な株安継続ならばドル円の上値は限定的か

リスクオフムードは後退するか?

米株価指数大幅下落、リスクオフの展開か?

本邦GDPに注目

パウエルFRB議長発言と米小売売上高に注目

株安・ドル高一服、速い値動きのリスクオフ巻き戻しになるか

リスクオフの円高復活?大口円ショート勢のロスカットを巻き込むドル円急落に警戒

米インフレ高水準、ドル円は米長期金利の動向に振られる展開か

  • 当サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものです。
  • 投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
  • 当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
  • 当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
  • いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

マーケット情報

みんなのマーケット

お役立ちコンテンツ

App Store アイコン Google Play アイコン

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

デイリーレポート

menu

提供:SBIリクイディティ・マーケット株式会社 FXレポート
お客様は、本レポートに表示されている情報をお客様自身のためにのみご利用するものとし、第三者への提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることは出来ません。情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 また、これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。本レポートに表示されている事項は、投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終判断はお客様ご自身でお願いします。

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会 FXレポート
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

FXドル円予想レポート一覧

FX初心者におすすめ!FXの基礎知識や失敗しないための方法を紹介

詳しくみる

【初心者におすすめ】FX自動売買とは?

詳しくみる

スプレッドとは

詳しくみる

【2021年】FXの税金や確定申告・税率について

詳しくみる

FX取引手法とは?初心者に役立つ分析方法を紹介

詳しくみる

【初心者向け】無料デモトレード

詳しくみる

トラッキングトレード ガチンコバトル!

詳しくみる

FX用語集

詳しくみる

FXブロードネットが選ばれる5つの理由

詳しくみる

テクニカルチャート分析

詳しくみる

【初心者から上級者に人気】ドル円予想レポート

詳しくみる

お知らせ&更新情報 一覧

■店頭外国為替証拠金取引「LIGHT FX」及び店頭暗号資産証拠金取引「LIGHT FXコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■LIGHT FXにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及び ロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 FXレポート 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■LIGHT FXコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、LIGHT FXコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■LIGHT FXにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる