FXのメリット

マルチタイムフレーム分析ってなに

マルチタイムフレーム分析ってなに
FX会社から提供されているチャートソフトによっては、
使える時間足が多少違っている場合もありますが、
MT4(Meta Trader4)なら、6~8倍に入らなくても
1分足チャートと5分足チャート(5倍)、
15分足チャートと1時間足チャート(4倍)、
1時間足チャートと4時間足チャート(4倍)、
でも全く問題は無いでしょう。

しかし、ここで注意して欲しいのは、
マルチタイムフレーム分析で2つの時間足を用いた場合、
その2つのうちの大きな時間足の役割は、
現在のトレンドの方向を把握する事が主な役割のはずです。

徹底検証!マルチタイムフレームって本当に有効なの?【クロス通信】

徹底検証!マルチタイムフレームって本当に有効なの?【クロス通信】

たとえば5分足チャートで上昇トレンドを見つけたけど、続いて1時間足チャートを見てみると下落トレンドになっている、なんて場面があった時。
マルチタイムフレーム分析を取り入れるなら、5分足チャートに見えた 上昇トレンドには乗らないほうがいい(いずれ下落するかもしれない) と判断するわけですが、 「せっかくトレンドが発生しているのにもったいないなぁ」というモヤモヤした気持ち も残ってしまうかもしれませんよね……。

ドル円15分足

この画像だけで相場を判断するとしたら、左下の陰線がつけた長い下ヒゲを底にして、上昇している場面に見えますね。
時折長い陽線も見えていますから、すぐさま 買いエントリー をしたくなる方もいるかもしれません。

しかし、 この情報だけでトレードを決断するのは早すぎます。
実際のトレードであれば、直近の相場状況も確認してみたいですし、今回取り上げているマルチタイムフレーム分析も気になるところ。

ドル円4時間足

どうでしょうか!
こうして長期足チャートで確認してみると、 キレイに大きく下落している 様子がハッキリとわかりますね。

ドル円15分足 その後

最初に確認した15分足チャートの、その後を追ってみました。
先ほどの画像では大きな陽線もいくつか付けていたので、このまま上昇トレンドに転換する可能性もありましたが、 画面中央付近を天井に下落し始めてしまいました。 長期足チャートで確認した下落の勢いはまだ終わっていなかったといえますね。

もしも最初に見た短期足チャートだけを確認して相場の行方を予測していたなら……。
エントリーした途端にトレンドが崩れて、損失を出してしまっていたかもしれませんね。
そうした経験の積み重ねによって「相場を読むのって難しい」という印象を持ってしまった方もいるのではないでしょうか。

追記:実は先日、誕生日をお祝いしました

その中でもぜひ注目したいのが、弊社で講師を務めている マックス岩本さん の連載記事です。
とうし科!!では現在、FX初心者から中級トレーダーまで、幅広い方に役立つインジケーターの使い方や分析法などをわかりやすく解説してくださっています。

マックス岩本さんといえば、 人気の無料講座「1秒スキャルFX 全4回 無料オンラインレッスン」の講師としても活躍されています。

この講座で学べるのは、 たった1秒で2つの色を見分ければ、瞬時に相場を判断できる という凄すぎる手法です。瞬時に色を見分けるだけなので、まだFXの勉強を始めたばかりという方でも簡単に取り入れることができるでしょう。

いまなら 「無料」で受講することが可能 ですから、少しでも興味を持ったらマックス岩本さんから1秒で稼げるノウハウを伝授してもらえる講座を始めてみましょう!

マルチタイムフレーム分析~時間足の組合わせとその恩恵を受ける方法

FX112201

しかし、マルチタイムフレーム分析では、
どの時間足とどの時間足を組み合わせるのが正解、
という答えが明確に決まっているものではないので、
FX初心者の場合、その組み合わせ方のパターンをいろいろ試行錯誤して
迷ってしまう事が少なくありません。

私の場合もそうでした。
初心者時代には、日足チャートから1分足チャートまで、
様々な時間足のチャートを組み合わせては、
デイトレに最も適したものは何なのか、
自分なりに幾つものパターンを試していました。

マルチタイムフレーム(MTF)分析というと、2つの時間足の組み合わせから
トレーダーによっては、5つも6つも違う時間足のチャートを
組み合わせる場合もあり、複雑に考えようと思えば、
幾らでも複雑にできてしまいます。

ですので、今回はFX初心者向きに、
一番単純な2つの時間足の組み合わせだけを考えますが、
その場合、おおよそ 6~8倍 程度の倍率の時間足を
見ているトレーダーが多いようです。

例えば、普段メインに見ているチャートが
5分足チャートなら、30分足チャート(6倍)、
30分足チャートなら、4時間足チャート(8倍)、
4時間足チャートなら、日足チャート(6倍)、

FX112202

FX会社から提供されているチャートソフトによっては、
使える時間足が多少違っている場合もありますが、
MT4(Meta Trader4)なら、6~8倍に入らなくても
1分足チャートと5分足チャート(5倍)、
15分足チャートと1時間足チャート(4倍)、
1時間足チャートと4時間足チャート(4倍)、
でも全く問題は無いでしょう。

しかし、ここで注意して欲しいのは、
マルチタイムフレーム分析で2つの時間足を用いた場合、
その2つのうちの大きな時間足の役割は、
現在のトレンドの方向を把握する事が主な役割のはずです。

ですので、その流れ、方向へ仕掛けることはもちろんですが、
その流れ、方向の恩恵というかアドバンテージを享受するためには、
少なくとも、その大きな時間足のローソク足1本分の時間くらいは
ポジションをキープしなければ意味がありません。

例えば、
5分足チャートをメインにして、30分足チャートの方向を見ているなら、
少なくとも30分ほどはポジションをキープ、
30分足チャートをメインにして、4時間足チャートの方向を見ているなら、
少なくとも4時間足ほどはポジションをキープ、
4時間足チャートをメインにして、日足チャートの方向を見ているなら、
少なくとも24時間ほどはポジションをキープ

このように大きな時間足のローソク足1本分の時間くらい
ポジションをキープすることで、
ようやく大きな時間足の恩恵、アドバンテージを享受する事ができます。

もちろんその時のチャート形状によっては、
それ以下の時間で手仕舞いすることもありますし、
トレンドが続くのなら、もっとポジションを引き伸ばす事も有り得ます。

でも、、、
5分足チャートをメインにして、30分足チャートで方向を確認しているのに
ポジションを持ってから、5分も経たないうちに利確してしまっては、
大きな時間軸を見ている意味はないですよ。

大きな時間足の恩恵を受けたいなら、
できるだけポジションを引き伸ばしましょう。

ちなみに、これらは利確の場合の話ですからね。
損切りの場合は、所定の位置まで反対方向へ進んでしまったら、
ポジションの保有時間に関係なく、決済しなければいけませんよ。

【秘技】勝てなかった理由はマルチタイムフレーム分析をしていないから

【基本】FX等の投資では当たり前のダウ理論 FXをやっていれば誰しも聞いたことのあるダウ理論ですが、実際どのようなものなのか、知らない人もいます。 マルチタイムフレーム分析ってなに そもそもダウ理論は19世紀の終わりにチャールズ・ダウが提唱した相場理論です。 そんな昔の古典的な理論と思うかもしれませんが、テクニカル分析の基礎として今現在も支持されています。 つまり、ダウ理.

中期足の見方

短期足の見方

副業に興味を持てば必ず取る道が情報商材です。 中には月に100万円稼げます、何もせずに50万円の不労所得が入ります等あまりにも興奮させてくれるキャッチフレーズであなたに営業をかけてきます。 そこで、本当にそんなことができるのか、考えて行きましょう。

【FX】トレンドラインタッチでアラート!スマホへの通知も可能!

【FX】トレンドラインタッチでアラート!スマホへの通知も可能! FXで勝つためにはずっとパソコンに張り付いてチャートの動きを確認しないといけないと言う意見もありますが、相場は動くときは動きますが動かないときは全く動きません。 なので.

【MQL】バイナリーオプションで使用するアローインジケーターの勝率表示

【MQL】バイナリーオプションで使用するアローインジケーターの勝率表示 FXやバイナリーオプションなどの投資において様々なインジケーターが世の中に存在します。 しかし、その勝率の真意や直近の正確な勝率を知らずに使用していませんか? .

GMMAからMAまで移動平均線について

FXで損切りができない。決め方は?そもそも必要?

FXで損切りができない。決め方は?そもそも必要? あなたは損切りをする事ができますか? そもそも損切りが必要だと思いますか? マルチタイムフレーム分析ってなに FXで成功するのに〇〇すれば絶対に勝てると言うことはありません。 損切りをしなくても勝つ方法はあるし損切り.

【便利ツール】十字カーソルからの水平線 ~LINE+~

【便利ツール】十字カーソルからの水平線 ~LINE+~ 水平線を引く際、ツールバーから水平線をクリックして引きたいポイントをっクリックするのが一般的ですが、マウスホイールで十字カーソル時に任意のポイントでラインが引けたら便利だと思いません.

【無料資金管理表】FXで誰でも一瞬で適正な資金管理が可能!

【無料資金管理表】FXで誰でも一瞬で適正な資金管理が可能! FXを始めるにあたって大切な事、それは資金管理です。 あなたは今そんなことは知っている。と思いませんでしたか? どんな教材や商材にもFXは資金管理が重要と書いてあるに.

マルチタイムフレーム(MTF)の分析方法と実際のトレード

マルチタイムフレーム

手法・トレードアイデア

そんな方は、今使っている手法に「マルチタイムフレーム(MTF)分析」という考え方を取り入れてみるのはいかがでしょうか。

マルチタイムフレーム(MTF)とは複数時間足による分析方法

マルチタイムフレーム分析を一言で説明するならば、複数の時間足を確認、分析することです。

マルチタイムフレーム

相場は大きな流れに寄っていくという考え方

マルチタイムフレームの考え方の根幹には、「マーケットの流れは大きな流れに沿って動く習性がある」というものがあります。

相場は大きな流れに寄っていく

つまり、大きな上昇局面で小さな調整(下落)が入ったとしても、結局は大きな上昇の波へと回帰していくということです。

同じ手法でも成績が変わる可能性

マルチタイムフレーム(MTF)分析による環境認識方法

現在大きな流れはどうなっているのか、大局に逆らったトレードをしようとしていないかを確認するための作業です。

マルチタイムフレーム(MTF)分析は上位足から見る

チャートを見るときは、自分がエントリーなどを決める足よりも長い時間足、いわゆる上位足のチャートを必ずチェックしましょう。

VLSIシンポジウムに速度を6割高めたHBM DRAMやレンズレスの超薄型カメラなどが登場

半導体デバイス・プロセス技術と半導体回路技術に関する最先端の研究開発成果を披露する国際学会「VLSIシンポジウム(2022 IEEE Symposium on VLSI Technology and Circuits)」が、3年ぶりにリアルイベントとして2022年6月13日~17日に米国ハワイ州ホノルルのリゾートホテル「Hilton Hawaiian Village」で開催される(以降、本稿で記述する日時はすべて米国ハワイ時間)。

キオクシアの超高密度3D NANDやTSMCの長寿命ReRAMなど

凸版印刷などの共同研究グループは、晴天の屋外(10万ルクスの照明下)マルチタイムフレーム分析ってなに でも20mの距離で3次元距離測定が可能なハイブリッド間接ToF(Time of Flight)方式イメージセンサーを開発した(講演番号C05-2)。縦横方向の測定分解能はVGA(横640×縦480ポイント)。距離測定の精度は15cm未満と高い。最大測定可能距離は30mである。

ルネサスのマイコン用MRAM、Samsungの2億画素イメージセンサーなど

15日の午後も、興味深い発表が少なくない。視線追跡機能を備えた超薄型カメラ(Rice Universityなど)、機械学習向けの超広帯域SRAM(TSMC)、誤り訂正機能を大幅に強化したHBM3準拠DRAMモジュール(Samsung Electronics)、22nm技術による32Mbitの埋め込みSTT-MRAMマクロ(ルネサス エレクトロニクス)、0.6μm角と小さな画素と2億画素と高い分解能を両立させたCMOSイメージセンサー(Samsung Electronics)などの講演が興味深い。

Rice UniversityとMeta Reality Labsは、人間の視線を追跡する機能を備えた超薄型カメラ「i-FlatCam」を共同で発表する(講演番号C12-2)。仮想現実感(VR)や拡張現実感(AR)などのメガネやゴーグルなどへの応用を想定した。カメラの撮像速度は253フレーム/秒(fps)と高い。撮影フレーム当たりの消費電力エネルギーは91.49μJである。240フレーム/秒で撮影すると、消費電力は単純計算で22mWとなる。

容量変化型の不揮発性メモリ技術、パッケージレベルのシリコンフォトニクスなど

木曜日の午前は、静電容量の変化をデータとする不揮発性メモリ技術(National University of Singapore)、3nmノードにGAA(ゲートオールアラウンド)タイプのFETを採用した先端ロジックのスタンダードセル設計(Samsung Electronics)、FPGAダイと光送受信チップレットを1つのパッケージに封止したシリコンフォトニクス(Intelなど)などの発表に注目したい。

National University of Singaporeは、静電容量の変化をデータとする不揮発性メモリ技術を発表する(講演番号T09-2)。記憶素子には強誘電体キャパシタを採用した。記憶容量が1Kbitのクロスポイントアレイを試作し、読み出しと書き込みの動作を確認した。

Samsung Electronicsは、3nmノードにGAA(ゲートオールアラウンド)タイプのFETを採用した先端ロジックのスタンダードセル設計手法を報告する(講演番号T10-1)。GAA FETと金属多層配線の接続にはローカル配線(MOL:middle of the line)を採用した。寄生抵抗と寄生容量の低減、信頼性の維持が必須だとする。また論理回路の動作速度を向上させる新型フリップフロップを開発した。

次世代高密度MRAM、低消費高密度SRAMなど

TSMCとITRI(Industrial Technology Research Institute)の共同研究グループは、スピン軌道トルク(SOT)方式MRAM技術で8Kbitの不揮発性メモリを試作した結果を述べる(マルチタイムフレーム分析ってなに 講演番号T11-3)。現在の大容量MRAM技術であるスピントルク注入(STT)方式には、読み出し動作でも磁気トンネル接合(MTJ)を電子が通過するので、書き換え寿命を伸ばしにくいという課題がある。SOT方式は読み出し動作でMTJを電子が通過しないので、原理的にはSTT方式に比べると書き換え寿命を伸ばしやすい。

POET TechnologyとNUS(National University of Singapore)の共同研究グループは、半導体の電子回路と光回路をウェハスケールでハイブリッド集積する光インターポーザ技術を説明する(講演番号T12-1)。CMOS技術でシリコンウェハに簡単な電子回路と電気配線層、光導波路を作り込んだ。シリコンの大規模集積回路と化合物半導体の光デバイスはウェハにフリップチップ接続する。半導体レーザーと光変調回路を搭載した試作モジュールは400Gbpsの光信号を送受信できた。

ワークショップで半導体製造における機械学習の利用などを議論

ワークショップ「半導体プロセス開発と製造装置開発に機械学習を応用する(Machine Learning Applications in Semiconductor Processes and Equipment Development)」の概要。公式Webサイトから抜粋したもの

ワークショップ「半導体プロセス開発と製造装置開発に機械学習を応用する(Machine Learning Applications in Semiconductor Processes and Equipment Development)」のショートスピーチ一覧。プラズマプロセス、欠陥の分類、プロセスの異常検出、画像分析のスピーチを予定する。公式Webサイトから抜粋したもの

ワークショップ「異種集積化によってスケーリングを推進するための材料とプロセスの課題(マルチタイムフレーム分析ってなに Heterogenous Integration – the next scaling frontier: Material and process challenges)」の概要。公式Webサイトから抜粋したもの

ワークショップ「異種集積化によってスケーリングを推進するための材料とプロセスの課題(Heterogenous Integration – the next scaling frontier: Material and process challenges)」のショートスピーチ一覧。異種集積化のロードマップ、ハイブリッド接合とTSV(シリコン貫通ビア)の課題、ハイブリッド接合の信頼性、放熱設計のスピーチを予定する。公式Webサイトから抜粋したもの

ワークショップ「ミリ波レーダーの最近の進歩:製造から回路、パッケージングまで(Recent Advances in mm-Wave Radar: Technology, Circuits and Packaging)」の概要。公式Webサイトから抜粋したもの

ワークショップ「ミリ波レーダーの最近の進歩:製造から回路、パッケージングまで(Recent Advances in mm-Wave Radar: Technology, Circuits and Packaging)」のショートスピーチ一覧。自動車の安全、テラヘルツイメージング、W帯レーダーのスピーチを予定する。公式Webサイトから抜粋したもの

ワークショップ「オープンソースのチップ設計における次世代のエコシステム(The Emerging Ecosystem of Open-Source Chip Design)」の概要。公式Webサイトから抜粋したもの

ワークショップ「オープンソースのチップ設計における次世代のエコシステム(The Emerging Ecosystem of Open-Source Chip Design)」のショートスピーチ一覧。オープンソースEDA、RISC-Vによる用途別設計、「OpenROAD」プロジェクト(RTL入力による設計自動化)、「CHIPKIT」フレームワーク(テスト回路の生成)、ミックスドシグナル回路設計自動化のスピーチを予定する。公式Webサイトから抜粋したもの

マルチタイムフレーム分析ってなに

ワークショップ「IoT向けアナログ回路(Analog Circuits for IoT)」のショートスピーチ一覧。電力管理のケーススタディ、センサーインターフェイス、IoT無線の同期、極低電力アナログデジタル変換、オンチップのナノアンペア基準電流源、などのスピーチがある。公式Webサイトから抜粋したもの

ワークショップ「量子コンピューティング向け極低温エレクトロニクス(Cryogenic Electronics for Quantum Computing)」のショートスピーチ一覧。公式Webサイトから抜粋したもの

金曜フォーラムでインフラと半導体の関わりを講演

17日にはポストイベント(メインイベントの後にくるサブイベント)を予定する。「金曜フォーラム(Friday Forum)」と呼ぶ、共通のテーマに基づく講演会である。今回のテーマは「インフラを支えるVLSIとVLSIのインフラ(マルチタイムフレーム分析ってなに VLSI for infrastructure and infrastructure for VLSI)」である。

金曜フォーラム「インフラを支えるVLSIとVLSIのインフラ(VLSI for infrastructure and infrastructure for VLSI)」の概要。2022年4月22日にオンラインで開催された記者会見の配布スライドから

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる