戦略

初心者におすすめの投資方法はどっち

初心者におすすめの投資方法はどっち
※純資産総額とは、ファンドが運用している株式や債券などの時価評価額の総額に、その他の収入(利息や配当金など)を加え、そこから運用費用などを差し引いた金額のことを指します。

ドコモのdポイント投資とは?初心者必見!おすすめの運用方法を解説

投資に少し興味があるという方は、ドコモのdポイントでおこなうdポイント投資をはじめてみませんか? 「本格的な投資に挑戦して現金がいきなり減ったら怖い…」と迷っている方にもおすすめです。 dポイントは、dカードやd払いによる支払いで金額に応じて進呈されます。たまったdポイントはdポイント加盟店でのショッピングや、ドコモのケータイ代金のお支払いなどにつかえるので毎月の節約にもなります。 dポイントをつかうのではなく、もっと増やしたいという方には、dポイントを運用するdポイント投資がぴったりです。面倒な手続きは不要で、初心者でも手軽に運用できます。気がつかないうちにたまっていたdポイントや、すぐにつかう予定のないdポイントがある方はぜひ試してみてください。

  • ためたdポイントで投資ができる?「dポイント投資」とは?
  • ドコモの「dポイント投資」はどうやってはじめればいいの?やりかたとコツを解説
  • 上級編!dポイントのおまかせ運用とは?詳しく解説
  • ドコモの「dポイント投資」のテーマ運用とは?どうやって選べばいいの?
  • ドコモと連携した「THEO+ docomo」とは?「米国大型株」を利用するための条件
  • ドコモの「dポイント投資」をはじめる5つのメリット!
  • ドコモの「dポイント投資」を運用するときの注意点は?
  • ドコモの「dポイント投資」は初心者の方も簡単に体験できる!

ためたdポイントで投資ができる?「dポイント投資」とは?

たまったdポイントのつかい道に!所有しているdポイントで投資をする

ドコモではdポイントを利用して投資ができるサービスを提供しています。投資というと、たくさんの資産を元にして運用するイメージがあって不安に感じませんか?ドコモの「dポイント投資」なら、dポイントを運用ポイントに交換して投資を行うので、現金をつかう必要がありません。

dポイント投資

dポイントの上手なためかたは?お金をかけずに投資でdポイントを増やせる?

電気やガス、水道、インターネットなどの固定費を口座引落としにしていませんか?固定費にかかる料金をdカードの支払いにまとめると、dポイントが自然とたまっておトクです。あわせて以下の特典も用意されていますので、チェックしてみましょう。

【dカード】家計まるごとdカードのお支払いがおトク!

また、普段のお買物でd払いの支払い方法をdカードに設定すると、d払いのポイントとdカードのポイントを二重ドリできます。

たまったdポイントを家計の節約につなげたい場合は、ドコモの「dポイント投資」をはじめてみませんか?dポイントを投資運用することで、お金をかけずにdポイントを増やせる可能性があります。毎日の生活でdポイントをためて、ドコモの「dポイント投資」をはじめましょう。

ドコモの「dポイント投資」はどうやってはじめればいいの?やりかたとコツを解説

dポイントで投資をはじめてみたい方は、ドコモの「dポイント投資」公式サイトにアクセスしましょう。

dポイント投資

ドコモの「dポイント投資」は誰でもできる?はじめかたは?

ドコモの「dポイント投資」は、dアカウントがあればドコモユーザー以外の方もすぐにはじめられます。スマホやパソコンから操作が可能です。

dポイントで運用をスタート!選べる2種類のコースとは?

ドコモの「dポイント投資」は、「おまかせ運用」と「テーマ運用」の2種類に大きく分けられ、同時運用も可能です。

ポイントの運用スケジュールを把握するのがコツ!

dポイント投資で交換(追加/引出)したポイントは、すぐには運用ポイントに反映されないので、運用スケジュールを確認しましょう。反映や更新はコースによってタイミングが異なり、土日祝の更新・反映はありません。

注文スケジュールについて

dポイントの運用状況はどうやって確認すればいいの?

投資をはじめると、運用ポイントがどうなっているか気になりますよね。「dポイント投資」の公式サイトにログインすると、運用状況や運用可能なdポイント数のほかに、過去の運用状況も確認できます。

ドコモの「dポイント投資」のおトクなキャンペーンをチェック!

実施中のキャンペーン

上級編!dポイントのおまかせ運用とは?詳しく解説

「株式会社お金のデザイン」の投資信託と連動

おまかせ運用のポイントは、「株式会社お金のデザイン」によって設定・運用される投資信託の基準価格と連動しています。

運用ファンド一覧

2種類のコースから選択可能

アップダウンがあってもリターンが高い投資を目指したい方には、アクティブコースがおすすめです。リスクを低くしてリターンを安定させたい方は、バランスコースが向いています。

ドコモの「dポイント投資」のテーマ運用とは?どうやって選べばいいの?

8つのテーマからコースを選択

テーマ運用は、興味を持っている分野のテーマに投資できるのがメリットです。投資初心者の方には難しく感じるかもしれませんが、身近なものをイメージしてみましょう。
たとえば、「生活必需品」は小売業や生活必需品メーカーの株式に、「ヘルスケア」は医薬品開発やバイオテクノロジーに優れている企業の株式に投資できます。

人気の投資テーマ「クリーン・エネルギー」

ドコモと連携した「THEO+ docomo」とは?「米国大型株」を利用するための条件

「THEO(テオ)+ docomo」は、「株式会社お金のデザイン」が提供する資産運用サービスです。テーマ運用の「米国大型株」は「THEO+ docomo」の口座開設が完了している方のみが利用できます。

ドコモと連携しているので、資産額に応じたdポイントを毎月もらえるのがメリットです。ドコモ回線ならもらえるポイントは1.5倍なのでおトクですね。ほかにも、dカードのおつりを積み立てたり、ドコモ口座からワンクリックで入金したりできます。

THEO+ docomo

ドコモの「dポイント投資」をはじめる5つのメリット!

1.初心者でも簡単に投資をはじめられる

dポイント投資は持っているdポイントではじめることができ、口座の開設や本人確認書類の準備などの手続きが必要ありません。情報取集や調査が面倒という場合も、dポイントを入れるだけでおまかせ運用ができるので、初心者でも簡単にトライできます。

2.投資の勉強をしたい方におすすめ

本格的な投資に興味があるけれど、実際に運用するまでには至らないという方は少なくありません。dポイント投資は気軽にはじめられるだけでなく、投資を通して勉強できるのもメリットのひとつです。ポイント投資サイトで楽しく学びながら知識を深められます。

3.現金のリスクや手数料がないのであんしん

本格的な投資は現金が減るリスクが伴いますが、dポイント投資は現金不要なのであんしんです。日常の生活でためたdポイントをつかって、100ポイントからスタートできます。また、dポイント投資には手数料もかかりません。

4.つかわないポイントを失効させずに活用できる

たまったdポイントをつかわずに放置していませんか?dポイント投資ならつかう予定のないdポイントを増やせる可能性があります。有効期限が過ぎるとdポイントは失効してしまうので、失効する前にdポイント投資に活用するのがおすすめです。

5.運用ポイントはdポイントで引出し可能

dポイント投資の運用ポイントは、いつでもdポイントに交換して引出せます。運用ポイント1ポイントはdポイント1ポイントと同じです。1ポイント単位でdポイントに戻せて、引出しポイント数の上限はありません。

初心者におすすめの投資方法はどっち

購入した不動産の滅失や壊れてしまうリスク
大地震や火事などによる場合以外は、基本的に入居者選びと不動産物件選びのリスクを想定して慎重に行えば回避できます。万が一の自然災害でも火災保険・地震保険による補てんで最悪のケースは回避できるでしょう。

空室が続いて賃料が下がってしまうリスク
物件選びの段階で回避可能です。物件の入居確率の高い条件がそろっているものに限定することでリスクは最小限に減らすことができます。

入居者が家賃を払ってくれないリスク
「入居審査を厳しくする」「保証会社による保証人を付ける」などを行うことで、あらかじめ未払いを回避することが期待できます。例えば不動産管理会社で家賃滞納時の保証のついたプランを選んでおけば、督促や交渉なども管理会社にお願いするといったことも可能です。

1-2-4. ミドルリスク・ミドルリターンタイプの投資に向いている性格

1-3. 投資タイプ③ ローリスク・ローリターンタイプ

1-3-1. ローリスク・ローリターンタイプの投資方法の例:投資信託

1-3-2. ローリスク・ローリターンタイプの投資で成功するには?

1-3-3. ローリスク・ローリターンタイプの投資で想定されるリスク

元本保証がされているわけではない
投資信託は元本保証されていません。銀行預金と異なり投資信託でも、大きな相場・為替変動が起きた場合や、金利変動が起きた場合等には、元本割れをすることがあります。
1つの投資信託に一括投資するのではなく、投資先の異なる投資信託を複数保有することで、元本割れのリスクを抑えることができます。

手数料がかかる
投資信託の購入・売却などのたびに手数料がかかる場合があるため、リスクヘッジのために複数保有すると手数料がかかります。また、投資信託には保有している間に支払う、「信託報酬」があります。
ただし、投資信託や販売会社によって手数料は異なるため、自分で調べてリーズナブルなものを選択することは可能です。

1-3-4. ローリスク・ローリターンタイプの投資に向いている性格

イメージ

不動産投資にご興味を持たれた方はこちら

2. これからの投資家向き おすすめ投資3原則

  • ●おすすめ投資3原則その1. 投資は守備に徹底する
  • ●おすすめ投資3原則その2. 投資は余ったお金でやる
  • ●おすすめ投資3原則その3. 投資は「長期」で行く

2-1. おすすめ投資3原則その1. 投資は守備に徹底する

2-2. おすすめ投資3原則その2. 投資は余ったお金でやる

  • ●目安として最低100万円
  • ●または年収の2割程度の金額以上
  • 初心者におすすめの投資方法はどっち
  • ●生活費にも将来の学資などにも一切影響されないお金であること

2-3. 原則その3. おすすめ投資3原則その3. 投資は「長期」で行く

初心者におすすめの投資方法はどっち
投資期間の長さ 目安の期間 投資リスク 投資リターン
1.短期 1年以内
2.中期 1年~10年以内 小~中
3.長期 10年~30年以内 小~中 中~大

短期
短期投資をする人は1年以内という短い期間で結果を出したい傾向のため、リスクは大きくなります。最悪の場合は、投資した金額を失うこともありますので、大きな金額で初めて取引する場合は注意が必要です。商品としては株式やFXが挙げられますが、まずは少額からコツコツ試していくのが良いでしょう。

中期
1~10年未満の投資期間を想定していますが、具体的に中期と書かれているものには3~5年が目立ちます。気になる投資方法に中期プランしかない場合は、期間がなるべく長いものから選びましょう。投資期間が短いほどリスクは高くなる傾向のため、同じ中期でも投資期間が短いものには注意が必要です。商品としては、中期タイプの投資信託、国債・社債などがあります。1~10年の期間に余裕資金があるのであれば、利用の検討をしてみましょう。

長期
最も短い期間で10年、より長ければ20年30年となります。典型的な投資方法は、不動産投資です。最初の10~20年前後まではローン支払いがあるため、大きなメリットは感じにくいでしょう。しかしローンの完済が近づいて来ると資産が確実に増えていることが実感できます。どれほど忙しくても不動産管理会社に業務をすべて委託することができることは大きなメリットです。
そのため本業に影響が出ないことも長期間の投資が続けられる大きな理由といえるでしょう。不動産投資以外には、長期で投資信託を保有する等も挙げられます。

2-4. おすすめ投資3原則を守って得られるメリット・デメリット

2-4-1. ライフプランに合わせて投資戦略をたてられる

長期投資は遠い先に得られるものが多い

初心者におすすめの投資方法はどっち
投資期間の長さ 目安の期間 投資リスク 投資リターン
1.短期 1年以内
2.中期 1年~10年以内 小~中
3.長期 10年~30年以内 小~中 中~大

自己資金少なめでもスタートできる=若くても大丈夫
10年単位の長期的視野で投資を考えれば、現時点で若くて手元に投資資金が十分になくても資金を作るための少額投資からスタートできます。1,000万円、1億円などと現実離れした目標を掲げても達成できなければモチベーションを落とすことにもつながりかねません。最初に必要なのは、投資に使える100万円からです。
そのため100万円を作るところから計画的にスタートできることが守備・余裕資金・長期で考える投資3原則のメリットといえるでしょう。

2-4-2. デメリット

  • ●早く投資をはじめたいからと生活費やボーナスから資金を捻出してしまい生活が苦しくなってしまう
  • ●10年は長いので3年や5年などと短い期間が気になってはじめてしまい早期に投資資金を使い切ってしまう
  • ●1つ目の長期投資計画の着地点が見えないうちにあれこれと投資をはじめてしまい、計画をしっかり立てずに行動し必要なときに資金が足りなくなる

イメージ

不動産投資にご興味を持たれた方はこちら

3. おすすめ3タイプの投資スタイル

3-1. 本業に集中しながら不労所得も作りたいタイプ

多忙でじっくり投資に取り組む時間がない
不動産投資は、不動産や業界に関した勉強をしないでもできるタイプの投資のため、多忙な中でもスムーズにスタートできます。購入から運営スタートまで不動産投資の担当者のサポートがあるため、必要な判断をして指示を出すのが主な仕事です。

年収500万円以上の会社員または医師である
年収500万円以上という年収帯の人は、社会的な信用が高く特に金融機関からの信用が厚いため、大きな金額の不動産投資でも融資がスムーズに進む可能性が高くなるでしょう。特に医師や看護師、公務員、大手企業の会社員などは一般的に将来にわたって高い所得が期待できると評価されるため、金融機関から大きな金額の融資を受けることも期待できます。

できれば本業に集中していたい
不動産投資をスタートして入居者が決まった後、不動産の管理は管理会社に委託できるため、本業に集中することができます。運営中も担当者のアシストがあるため、上がってきた報告をもとに必要な指示をしていくのが主な仕事です。このタイプは、どの不動産物件からでもスタートすることができます。
しかし、はじめは経験として少ない投資額からでもスタートできるワンルームマンション投資からはじめるケースが多い傾向です。ワンルームマンションへの不動産投資は、以下のように投資効率が良く結果が分かりやすいため、試運転として向いているでしょう。

  • ●少額資金からでもスタートできる
  • ●立地の良い物件が入手しやすい
  • ●購入と売却が簡単で流動性がある
  • ●建物価格の割合が大きい、かつ減価償却が大きく取れるため確定申告時に有利

3-2. 地道にコツコツ!手持ちのお金は減らしたくない堅実タイプ

投資信託
投資信託は、証券会社や銀行によっては数百円からの少額でスタートできます。途中で買い増しすることや、売却して現金化することも可能です。投資信託はプロが運用している金融商品のため、比較的リスクが低く、安心感があるでしょう。また、投資対象を分散し、積立投資を長期間続けることで元本割れしにくくなる傾向があります。

小中規模の不動産投資
不動産投資の中でも比較的、取り組みやすい値段の物件が揃っている中古物件をからピックアップしていきます。入居者の心をつかむ高いリノベーション技術のある不動産会社と組めば、入居者の個性に合った投資物件を自分で創り出すことが出来るでしょう。
自分らしさとオリジナリティのある住居を探している入居希望者にとって、このようなこだわりを感じるオンリーワンな部屋は、新築物件よりも高い価値を感じます。その結果、入居後は長く住み続けてくれるため、安定した投資回収ができます。

3-3. 勉強をしながら資産家になっていきたいタイプ

株式投資
株式投資のメリットは、企業の業績や景気が良くなると収益が期待できることです。インフレに強く物価に比例する傾向があるため、中長期の株式保有を行い資産形成することもいいでしょう。マイナスが出てしまった場合は、損切りをして別の株式を購入しすることで、損失を減らすことも期待できます。
そのため、「経済や数字に明るい」「頭と気持ちの切り替えが早い」といった性格の人の場合は株式投資に向いています。反対に値動きによって気持ちが左右されてしまう性格の人には向いていないでしょう。

不動産投資
このタイプは勉強熱心なため、投資をスタートする時点でかなりの情報を持っています。経験としてはじめてのワンルーム投資をスタートして、手ごたえをつかむと以下のようなより投資効率の良い方法へとシフトしていき順調に資産家へと成長していく人もいるでしょう。

TOPIXと日経225の違い-どちらに投資した方が有利なのか | ニッセイ基礎研究所

btn-mag-b.png

1TOPIX
TOPIXは、東証一部に上場する全ての国内株式を対象とした国内株式指標である。1968年1月4日の時価総額を100として、その後の時価総額が指数化されている。構成銘柄数は2,165銘柄と多い。各銘柄のウェイトは、時価総額の大きい銘柄ほどウェイトが高くなる、時価総額加重で算出される。但し、現在は単純な時価総額ではなく、実際に市場に流通している浮動株と言われる株式の時価総額が各銘柄のウェイトとして用いられている。

2日経225
日経225は日経平均株価の略称で、日本経済新聞社が発表する株価指数である。東証一部上場銘柄のうち、日本株式市場を代表する225銘柄を対象としている。1949年5月16日の単純平均株価176円21銭から算出され、対象銘柄の株価の合計を225で割った単純株価平均をベースに、株式分割等による株価変動を修正して株価の連続性を保っている(日経225=225銘柄の株価合計÷除数)。このように日経225のウェイトは、株価が高い銘柄ほどウェイトが高くなる株価平均型で算出される。

図表1 TOPIXと日経225の主な違い

3TOPIXと日経225の主な違い
最初に注目すべきTOPIXと日経225の違いは、主に銘柄数とウェイト算出方法の違いからくる、組入れ銘柄の違いである。まず、企業別にみると、日経225は固有銘柄の比率が高い。構成比率上位10銘柄の合計比率はTOPIXが17.3%、日経225が37.0%である(図表2)。中でも、ファーストリテイリングは、日経225の10.1%を占める。次に、業種別にみると、比率が最も高いのはTOPIX、日経225どちらも「電気機器」で一致しているが、比率自体を確認すると異なっている。TOPIXで日経225より比率が最も低い業種は、ファーストリテイリングが属する小売業で、その差は8.0%だ(図表3)。一方、TOPIXで日経225より比率が最も高い業種は銀行業で、その差は4.5%だ。

図表2 構成比率上位10銘柄/図表3 業種別構成比率

3――TOPIXと日経225のインデックスファンドのどちらの方が得か

1過去のインデックス指数の推移
図表4を見て分かるように、TOPIXと日経225の指数の推移はほぼ同じで、収益率(配当込み)の相関係数は0.97と非常に高かった。2002年1月末対比の指数の推移(図表4)をみると、日経225の方が上昇率は若干高く、2020年5月末時点では70.1ptの差があった。また、変動の幅は日経225の方が若干大きく、月次収益率(配当込み)の標準偏差はTOPIXが5.初心者におすすめの投資方法はどっち 0%、日経225が5.4%だった(2002年1月から2020年5月まで)。

図表4 TOPIX(配当込み)と日経225(配当込み)の推移

2一括投資した場合のパフォーマンス
過去に一括投資をしていた場合、実際のパフォーマンスはどちらがよかったのか見てみよう。240万円を投資し10年後、360万円を投資し15年後の最終時価残高でTOPIXと日経225を比較する。

図表5 一括投資した場合のパフォーマンス評価

3ドルコスト平均法で投資した場合のパフォーマンス
次に、ドルコスト平均法で過去に投資をしていた場合、実際のパフォーマンスはどちらがよかったのか。ドルコスト平均法は、定期的に「一定額」の投資を継続する手法である。図表6では、毎月2万円を10年間(積立金額総額240万円)投資した場合の最終時価残高、毎月2万円を15年間(積立金額総額360万円)投資した場合の最終時価残高について、図表5同様に示す。

図表6 ドル平均法で投資した場合のパフォーマンス評価

4――実際にインデックスファンドに投資する場合の留意点

1投資信託とETFの違い
実際に投資をする際の投資信託とETFの最大の違いは、購入価格の変動タイミングだ。投資信託は基本的に1日1回算出される基準価額で購入する。ETFは、価格がリアルタイムで変動し、指値注文や成行注文等を選んで購入することができる。

2販売・解約時の手数料と信託報酬
インデックスファンドはリターンの源泉にファンドごとの差はないため、手数料が最終的なリターンを決める重要なファクターとなる。まず、購入時、解約時に発生する手数料があり、ファンドごとに異なる。さらに、保有期間中に信託財産から毎日差し引かれる費用として「信託報酬」「監査報酬」「売買委託手数料」など(以下、信託報酬等)がある。リターンに大差がないのであれば、各種手数料は低い方が良い。

図表7 信託報酬等(税込)の比較(つみたてNISA対象有無、設定年別)/図表8 年率6%で100万円を運用した場合の信託報酬等の違いによるパフォーマンスの差

3信頼できる金融機関の選択
勤務先が提供する確定拠出年金やiDeCoやNISAでのインデックスファンド投資であれば、特に問題はないと思うが、最低でも金融庁監督下にある金融機関の中から選択することが大切である。その中でも信頼性が高く、倒産等の心配のない先を選ぶことが大切である。

投資信託分配金の再投資と受取とは?メリットとデメリットを比較

※純資産総額とは、ファンドが運用している株式や債券などの時価評価額の総額に、その他の収入(利息や配当金など)を加え、そこから運用費用などを差し引いた金額のことを指します。

1-1.普通分配金

1-2.元本払戻金(特別分配金)

1-3.分配金の計算方法

1万口あたりの分配金額 × (保有している口数 ÷ 初心者におすすめの投資方法はどっち 10,000)= 分配金額(税引き前)

分配金(税引き前)× (1 - 20.315%)= 分配金(税引き後)

2.分配金の取り扱い方法

2-1.分配金受取

2-1-1.分配金の入金日

項目 内容
決算日 毎月20日(休業日の場合は翌営業日)
約定日 申込日の翌営業日

初心者におすすめの投資方法はどっち
10/18(木) 10/19(金) 10/20(土) 10/21(日)初心者におすすめの投資方法はどっち 10/22(月) 10/23(火)
申込日 約定日 休業日 休業日 決算日 分配金入金日
※ファンドによって決算日が休日の場合の取り扱いや、約定日は異なりますので詳しくは目論見書等でご確認ください。

2-1-2.分配金受取のメリットとデメリット

分配金受取のメリット
分配金受取のデメリット

2-2.分配金再投資

2-2-1.分配金再投資のメリットとデメリット

分配金再投資のメリット

分配金再投資のデメリット

3.分配金に関連する重要ポイント

3-1.分配金にかかる税金

3-2.分配金利回り

  • 分配金受取は、分配金を定期的に受け取り、お小遣いのように楽しみたい人に適している。
  • 分配金再投資は、複利効果により長期運用における投資効率を高めたい人に適している。
  • 普通分配金には税金がかかり、元本払戻金(特別分配金)には税金がかからない。
  • ファンドの運用成績は、分配金利回りでは比較できない。

参加無料!お金のセミナー

休日も営業しているちばぎんコンサルティングプラザでは、以下のようなお金に関する様々な疑問・ご相談について、専門のスタッフが分かりやすく丁寧にご説明いたします。

  • 「お金の貯め方、増やし方」
  • 「マイホームのための資金づくり」
  • 「将来に対するお金の不安」

初心者の方でも安心してご参加いただける様々な 無料セミナー も開催しておりますので、是非お気軽にお立ち寄りください。

積立投資のデメリットとは?失敗しないために知るべき4つのこと

  • 2018.4.12
  • 資産運用

基準価額はどんなときに上がる?投資信託の基準価額を徹底解説

  • 2018.8.14
  • 初心者におすすめの投資方法はどっち
  • 資産運用

テスト6テスト6テスト6テスト6テスト6テスト6テスト6

  • 2016.10.18
  • カテゴリーA

SNSで最新情報をチェック

おすすめの記事

ソーシャルメディア

本コンテンツにおける各種記事や情報は、一般的な情報提供を目的としたものです。
金融商品取引に関する決定は、お客さまの判断で行ってください。
掲載にあたっては、慎重を期しておりますが、その正確性を保証するものではございません。
商号等 株式会社 千葉銀行 登録金融機関 関東財務局長(登金)第39号 加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

お金の勉強にオススメの本10冊|初心者でもお金の基本~応用まで知識が身につく

書籍紹介

一昨年の9月頃、夫が病気になり、半年間仕事を休んでいました。去年4月からは勤務日数を減らして出勤しているので、収入も以前より減っています。現在、上の子が認可外保育園に通っており、保育料が月5万円と高いので、なかなか貯蓄もできていません。 2年前まで収入が1000万円を上回っていたので税金が多く、休業した後も傷病手当金と貯蓄を切り崩して生活費や税金支払にあてていました。寒い時期は夫の体調もすぐれず、安定して働けない日も多かったので収入も30~39万円とバラつき、資金計画を立てにくいのも悩みです…。 4月からは長男の保育料は無償化になるので、少し余裕ができると思うのですが、少し手元に資金を作れたら投資信託を始めようかとも思っています。ですが、収入もまだ安定しないうえ、貯蓄を切り崩してまで投資するのはどうかとも思います。教育資金としてはどのような形で貯めていくのがベストでしょうか。 車1台は、昨年譲り受けたものですが、車にかかるお金が大きいのも悩みです。長くなりましたが、アドバイスをどうぞよろしくお願いいたします。

2022.05.30

教えて!かけいぼ相談室|老後資金も不安な中、マイホームの購入は可能?

現在、家族5人で公営住宅に住んでいます。家賃が安いので助かっていますが、家族が増えて手狭なため、できるだけ早く引っ越したいと考えています。マイホームの購入を希望していますが、現在の家計状況と貯蓄では無謀ではないかと思ってしまい、なかなか踏み切れません。 車2台(普通車・軽自動車)は夫の仕事と家族の生活のために必要ですが、軽は夫が仕事の移動でも使用するため、ガソリン代が高め。車関係の支出が家計を圧迫しているのも事実です。 現在、私も夫も借金やローンはなし。3人の子どもたちには平等に教育費を用意したいので、積立保険や定期積立を利用しています。毎月の積立3000円は、急な出費があるときに使用。私の臨時収入や小遣いを貯めたお金も10万円ほどありますが、家計簿には計上していません。 夫は親族にがんを経験している人が多く、お守りのつもりでいくつか保険に加入してもらっています。 夫の会社は退職金が無いため、私たち夫婦の老後資金をどう蓄えていけばいいのかも迷っています。ぜひ、よきアドバイスをお願いします。

2022.05.23

投資を始める前に読んでおきたい!【初心者向け】おすすめ入門本10選

2022.05.19

教えて!かけいぼ相談室|お金の流れを整理し、貯蓄を増やすには?

はじめまして。学生時代よりこのかけいぼ相談コーナーの大ファンです。今回思い切って、初めて応募させていただきます。 第三子の育休中ですが今月、フルタイムで復帰予定。これまで子どもの育休のたびに、家計について勉強したり見直したりしていますが、思うように貯蓄が増えません。また、予算の計画は立てるものの、口座の整理などがうまくいかずに、お金の流れがはっきりつかめていないことが多いです。 今後は節約もしっかりしていきたいですが、日々の生活に心の余裕がなくなるのは避けたいです。現在の家計の問題点や、これからすっきりとお金の流れを整理するためのアドバイス、そして長いスパンの教育費や老後資金の貯め方へのアドバイスをいただきたいです。 教育費については、長男は学資保険と夫積立預金と児童手当、次男は学資保険と妻つみたてNISAと児童手当、長女は今のところ児童手当のみで貯めています。老後資金は今月から夫婦で月1万2000円ずつiDeCoに加入予定。 また、夫婦ともがん保険に入っていないので加入を検討していますが、必要でしょうか?

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる