外国為替取引とは

ストップロス注文とは

ストップロス注文とは
HIS <日足> 「株探」多機能チャートより

SURVIVAL FUTURE(sabaibarufuyucha)

biru no tanima ni atsumaru ani maru
sora wo miage te nemure nu nichi mo aru
sonna toki ha Give me ya call . My friends !

shitsu teru kai ?
We are survival future
dare mo tome rare nai
We are survival future
yume ha mukae ni rai nai
nara ba iku shika nai
asa hiru soshite all night
Were gonna make our future

I ストップロス注文とは know you know
chijou wo mo ugokaseru chikara ストップロス注文とは
" like an earth quake "
tatoeba watashi nara kono koe de tsutaeyo u
" Singer pushim sing along "
warera ha mirai he to utaite wo tatake
Lets get to do it
Lets get to do it
ima sono toki sa yeah !

up and down marude kono onpu no you ni
one more chance mata utai naose ba ii

hane ha nai kedo habataku kono mi ha
chi ni ashi tsuke te saezuru kotori sa
kikoe ta nara Say my name . My friends !

shitsu teru kai ?
We are survival future
dare mo tome ストップロス注文とは rare nai
We are survival future
yume ha mukae ni rai nai
nara ba iku ストップロス注文とは shika nai
asa hiru soshite all night
Were gonna make our future

shitsu teru kai ?
We are survival future
dare mo tome rare nai ストップロス注文とは
We are survival future
yume ha mukae ni rai nai
nara ba iku shika nai
asa hiru soshite all night
Were gonna make our future

shitsu teru kai ?
We are survival future ストップロス注文とは ストップロス注文とは
dare mo tome rare nai
We are survival future
yume ha mukae ni rai nai
nara ba iku shika nai
asa hiru soshite ストップロス注文とは ストップロス注文とは all night
Were gonna make our future

Hey, generations!
一人一人の力が重なるSession!
We're gonna make our future

眼差しはいつもgo straight
たぐり寄せるようにゴールヘ
はじまったばかりさlong way
立ち止まればいっそ遠くへ

someday この手に掴みとるまで
day by day この目で見つけだすmy place

ビルの谷間に集まるアニマル
空を見上げて眠れぬ日もある
そんな時は Give me ya call. My friends!

知ってるかい?
We are survival future
誰も止められない
We are survival future
夢は向かえに来ない
ならば行くしかない
朝昼そして all night
We're gonna make our future

I know you know
地上をも動かせる力
“ストップロス注文とは like an earth quake”
例えば私ならこの声で伝えよう
“Singer pushim sing along”
我らは未来へと歌い手をたたけ
Let's get to do it
Let's get to do it
今 その時さ yeah!

up and down まるでこの音符のように
one more chance また歌い直せばいい

羽はないけどはばたくこの身は
地に足つけてさえずる小鳥さ
聴こえたなら Say my name. My friends!

知ってるかい?
We are ストップロス注文とは ストップロス注文とは survival future
誰も止められない
We are survival future
夢は向かえに来ない
ならば行くしかない
朝昼そして all night
We're gonna make our future

知ってるかい?
We are survival future
誰も止められない
We are survival future
夢は向かえに来ない
ならば行くしかない
朝昼そして all night
We're gonna make our future

知ってるかい?
We are survival future
誰も止められない
We are survival future
夢は向かえに来ない
ならば行くしかない
朝昼そして all night
We're gonna make ストップロス注文とは our future

ストップロスとは何ですか? Binanceに逆指値注文をする方法

ストップロス

つまり、ストップロスの一定の割合、たとえば口座の3%を設定します。 1000 USDのアカウントがあるため、最初の損失は1 USDを超えてはなりません。 したがって、この30 USDの損失に準拠したい場合、30 EURUSDを取引するときに、0.1ピップのストップロスを設定します(30ロットの1ピップは0.1 USDに相当します)。 明日は利益があり、最大1 USDのアカウントがある場合、ストップロスは1.500 USDになり、そこから適切な取引量を計算します。

チャートのパターンに従って損失を削減する

2ハイのパターンを取引する場合は、最高のハイで損失を止めます。 イブニングスターローソク足パターンを取引する場合は、この3つのキャンドルのクラスターの中央にあるキャンドルの上部にストップロスを置きます. 一般に、このパターンを理解し、それを使用するためにパターンと戦った経験がある必要があります。

実際の市場変動に応じて損失を削減

実際の市場変動に応じて損失を削減

逆指値注文Binanceの発行方法

バイナンスにストップロスを設定する方法

ステップ1:トレーディングエリアに行き、ストップリミットを選択します

ステップ2:注文情報を入力する

例えばあなたが買った BTC 8900ドルで、BTCあたり120ドルの損失(8780での損失の削減)を受け入れる場合は、次のように入力します。

  • ストップ:8800(価格指値注文のトリガー)
  • 制限:8780(指値注文価格)
  • 金額:損失を削減したいBTCの数

注:

  • 販売タブで損失を削減した場合に備えて、停止>制限価格。 下降トレンドのブレイクで購入したい場合は、ストップ価格
  • ストップ価格とリミット価格の間にはギャップがあるはずです。 市場が大きく変動する場合、これら2つの価格を近づけすぎると、注文が「ドリフト」(一致しない)するためです。

ステップ3:コマンド情報を確認する

ストップリミット注文の情報を入力した後、「買い」または「売り」ボタンをクリックします。 フロアは情報の確認を表示します。 終了するには確認ボタンを押すだけです。

Binance ストップロス注文とは Appについては、トランザクションエリアに移動します->選択します ムア または 売る ->選択 ストップリミット ->上記の指示に従って、上記のようにストップおよびリミット価格情報を設定します。

Binanceアプリケーションでストップロスを設定する方法

FX取引の入門ガイド

為替市場には、特に注目される7組の通貨ペアがあります。それは、EUR(ユーロ)/USD(米ドル)GBP(英ポンド)/USD(米ドル)USD(米ドル)/JPY(円)USD(米ドル)/CHF(スイスフラン)などです。JPYは、日本の正式な法定通貨である円です。CHFは、スイスの正式な法定通貨であるスイスフランです。さらに、主要通貨ペアと並んで、人気の高い「コモディティ通貨ペア」としてAUD(豪ドル)/USD(米ドル)USD(米ドル)/CAD(加ドル)NZD(ニュージーランドドル)/USD(米ドル)も挙げられます。AUDは、オーストラリアの正式な法定通貨である豪ドルです。また、CADはカナダ、NZDはニュージーランドの正式な法定通貨です。

主要通貨ペア以外に、為替市場には「クロス通貨ペア」というものもあります。基本的に、クロス通貨ペアには米ドルは含まれません。これには、EUR(ユーロ)/CHF(スイスフラン)EUR(ユーロ)/GBP(英ポンド)EUR(ユーロ)/JPY(円)などがあります。これらのクロス通貨ペアの流動性は4つの主要通貨ペアほどではありませんが、直接交換するのに十分な流動性があり、ボラティリティは最小限です。

また、為替市場には、「エキゾチック」通貨ペアというものもあります。エキゾチック通貨ペアは、主要通貨一つと、開発途上の国または地域の通貨一つから構成されます。エキゾチック通貨ペアの買値と売値とのスプレッド(差額)は、一般に主要通貨ペアやクロス通貨ペアよりも広くなっています。そのため、利益を出すためには、相場が有利な方向に少し大きく動く必要があります。スプレッドが大きい通貨ペアを取引する際の最大のリスクは、スリッページです。スリッページとは、特定の買値または売値で取引をしようとしたのに、異なる価格で取引が執行されることです。エキゾチック通貨ペアでは、取引量が不十分であるために、最初に目指していた買値または売値を選べないことがあります。その場合、注文は次に利用可能な価格で発注され、想定していた価格を上回ったり、下回ったりする可能性があります。最も流通しているエキゾチック通貨ペアは、GBP(英ポンド)/ZAR(南アフリカランド)USD(米ドル)/HKD(香港ドル)NZD(ニュージーランドドル)/SGD(シンガポールドル)EUR(ユーロ)/TRY(トルコリラ)などです。

通貨ペアをモニターするための取引チャート

ローソク足チャート

折れ線グラフ(ラインチャート)

棒グラフ

ストップロス注文とは FX取引の始め方

以下の場合は、通貨ペアを「買う」ことを選びます。

  • ベースカレンシーがクォートカレンシーに対して上昇すると予想する場合。あるいは、クォートカレンシーがベースカレンシーに対して下落すると予想する場合。

FX取引でのpipsとは?

“pips”とは「percentage in point」の略で、ほぼ為替取引でのみ使われます。大半の通貨ペアはpips単位で表示され、小数点以下の最後の位を使って計算されます。

以下の場合は、通貨ペアを「売る」ことを選びます。

  • ベースカレンシーがクォートカレンシーに対して下落すると考える場合。あるいは、クォートカレンシーがベースカレンシーに対して上昇すると考える場合。

FXトレーダーのためのリスク管理ツール

  • ストップ(逆指値)注文
    ストップ(逆指値)注文は、価格がポジション設定時よりも不利に動いた場合にポジションを手仕舞うための市場注文です。多くの為替トレーダーは、取引ごとに、取引資金の一定割合のリスクしか負わないことを確約する価格でストップロスを設定します。
  • 指値注文
    指値(利食い)注文は、価格がポジション設定時よりも有利に動いた場合にポジションを手仕舞うための市場注文です。経験豊富な為替トレーダーは、取引ごとに一定の利益率を確保するために指値注文を使うことがあります。

レバレッジ:仕組みを理解する

FX取引に伴う保有コスト

FX取引戦略

  • レンジ取引
    レンジ取引では、2つの所定の価格水準の間で通貨ペアを取引します。通貨ペアが「レンジ」内で推移していると判断した場合は、このレンジ内の安値で買い、高値で売れば良いのです。当社の「Trade Signals(取引シグナル)」ツールでは、潜在的なパターンとその発生確率を認識するテクノロジーが使われます。リスクを軽減するため、価格が取引レンジから外れた場合には、ストップロス注文を使うこともできます。
  • ブレイクアウト取引
    市場のボラティリティが高まることを望む為替トレーダーもいます。ボラティリティにより値動きが大きくなり、利益を出すチャンスが増えるからです。そのため、通貨ペアがそれまでの取引レンジから外れた場合は、ブレイクアウト取引戦略が役立ちます。通貨ペアの価格がそれまでの支持線を割り込んだ場合、従来の支持線の水準にストップロスを設定してショートポジションをとる方法もあります。
  • ストップロス注文とは
  • モメンタム取引
    トレンド自体ではなくトレンドの勢いに注目したいのであれば、モメンタム取引戦略が最適です。通貨の価格がどちらの方向に勢いを増しているかを判断するには、取引高と値動きが役立ちます。ニュース報道や主要な経済イベントなどのファンダメンタルズ要因も、通貨の市場センチメントに影響を与えることがあります。
  • ニューストレード
    ファンダメンタルズ分析の最終形であるニューストレード戦略は、経済情報を素早く理解し解釈することに自信があるならば有効です。この戦略では、ニュース記事や発表で相場がどちらの方向に動くかに基づいて、通貨ペアのロングまたはショートの注文を実行するうえで優位に立つことができます。

FX取引を行う際に注意すべき5つのポイント

  1. 取引する予定の通貨に対する理解を深めること
    資金を投じる前に、取引する予定の通貨と、利用する予定の取引戦略についてよく理解しておきましょう。通貨ペアの2つの通貨がマクロ経済要因とどのように関連しているかを慎重に検討してください。
  2. 最初にデモ口座を使って自分の戦略を試してみること
    苦労して稼いだお金を為替市場でリスクにさらす前に、リスクを負わずに、市場がどのようなものなのかを十分に理解しましょう。サクソバンクでは、20日間無料のデモ口座で、100,000米ドル相当の「デモマネー」を使って外国為替戦略を試してみることができます。当社のデモ口座は、「SaxoTraderGO」と「SaxoTraderPRO」の両方の取引プラットフォームに対応しています。
  3. 損は落とせ、さらば利益は大ならん
    この古くからの相場の格言は、数十年前と同じように現在も通用します。為替取引の儀式の一部にするべきことです。取引から感情の要素を全て取り除きながら、損失を最小限に抑え、利益の可能性を最大化するリスク管理戦略をとりましょう。
  4. 為替取引に体系的な考え方を取り入れること
    しっかりと守れる取引プランを立てましょう。ポジションの設定水準と決済水準をあらかじめ決めておくことで、利益と損失の可能性が明確になり、リスクとリターンの比率が為替市場でのストライクレートに見合ったものになります。

最新のレポート

口座開設は無料。オンラインで簡単にお申し込みいただけます。

■当資料は、いずれも情報提供のみを目的としたものであり、特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。
■当資料は、作成時点において執筆者またはサクソバンク証券(以下「当社」)が信頼できると判断した情報やデータ等に基づいていますが、執筆者または当社はその正確性、完全性等を保証するものではありません。当資料の利用により生じた損害についても、執筆者または当社は責任を負いません。
■当資料で示される意見は執筆者によるものであり、当社の考えを反映するものではありません。また、これら意見はあくまでも参考として申し述べたものであり、推奨を意味せず、また、いずれの記述も将来の傾向、数値、投資成果等を示唆もしくは保証するものではありません。
■当資料に記載の情報は作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。
■当資料の全部か一部かを問わず、無断での転用、複製、再配信、ウェブサイトへの投稿や掲載等を行うことはできません。
■上記のほか、当資料の閲覧・ご利用に関する「免責事項」をご確認ください。
■当社が提供するデリバティブ取引は、為替相場、有価証券の価格や指数、貴金属その他の商品相場または金利等の変動によって損失を生じるおそれがあります。また、お預けいただく証拠金額に比べてお取引可能な金額が大きいため、その損失は、預託された証拠金の額を上回る恐れがあります。
■当社が提供する外国証券取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。
■当社でのお取引にかかるリスクやコスト等については、こちらも必ずご確認ください。

サクソバンク証券株式会社
Saxo Bank Securities Ltd.
Toranomon Kotohira Tower 22F
1-2-8 Toranomon Minato-ku Tokyo 105- 0001
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-2-8
虎ノ門琴平タワー 22F

取扱商品・手数料
取引ツール
取引サポート
口座開設・サクソバンクについて

■外国為替証拠金取引は各通貨の価格を、貴金属証拠金取引は各貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。外国為替証拠金取引の手数料については、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。アクティブトレーダーでは取引金額に一定の料率(ステージ1: 0.003%、ステージ2: 0.002%、ステージ3: 0.001%)を掛けて求めた手数料が新規/決済それぞれで課金されます。さらにステージ2と3ではお支払いいただいた手数料の月間合計額が月額標準金額(ステージ2: 6万円、ステージ3: 20万円)に満たない場合は、その差額を追加で徴収させていただきます。ミニマムチャージの設定はありません。ステージはお客様ご自身で事前に選択していただき、月単位で適用されます。変更する場合は翌月以降の月の初日から有効となり、原則として月の途中で変更することはできません。貴金属証拠金取引の手数料についても、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。ただしスタンダードではミニマムチャージが設定されています。アクティブトレーダーの手数料は外国為替証拠金取引と同様の仕組みになります。なお、ステージ2と3における手数料の月間合計額の計算では、外国為替証拠金取引と貴金属証拠金取引で発生した手数料が合算されます。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。手数料については、外国為替オプション取引・貴金属オプション取引ともに無料です。なお、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETFを、個別株CFD取引は個別株や個別株関連のETFを、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の外国上場株式関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。手数料については、東京証券取引所上場株式を原資産とするCFD取引の日計り取引は「取引金額×0.05%」の手数料がかかり、建玉を持ち越した場合、キャッシュバック方式により、売買手数料は無料です。ETFを原資産としない株価指数CFD取引と商品CFD取引では売/買、新規/決済の別にかかわらず無料ですが、それ以外は有料となり「取引金額×一定料率」または「取引数量×一定金額」で求めた手数料がかかります。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。手数料の料率や金額または最低手数料は取引所や銘柄などによって異なります。
■上記全ての取引においては、当社が提示する売価格と買価格にスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■先物取引は各原資産の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。手数料については、売買手数料と取引所手数料が新規/決済のそれぞれで課金されます。売買手数料は注文単位当りで定められています。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また、建玉を翌日に持ち越すとキャリングコストが発生します。
■外国株式オプション取引は、対象とする外国上場株式の市場価格あるいは当該外国上場株式の裏付けとなっている資産の価格や評価額の変動等に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、対象とする外国上場株式の発行者の信用状況の変化等により、損失が発生することがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。さらに、外国株式オプションは、市場価格が現実の市場価格等に応じて変動するため、その変動率は現実の市場価格等に比べて大きくなる傾向があり、意図したとおりに取引ができず、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。また取引対象となる外国上場株式が上場廃止となる場合には、当該外国株式オプションも上場廃止され、また、外国株式オプションの取引状況を勘案して当該外国株式オプションが上場廃止とされる場合があり、その際、取引最終日及び権利行使日が繰り上げられることや権利行使の機会が失われることがあります。対象外国上場株式が売買停止となった場合や対象外国上場株式の発行者が、人的分割を行う場合等には、当該外国株式オプションも取引停止となることがあります。また買方特有のリスクとして、外国株式オプションは期限商品であり、買方がアウトオブザマネーの状態で、取引最終日までに転売を行わず、また権利行使日に権利行使を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。また売方特有のリスクとして、売方は証拠金を上回る取引を行うこととなり、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。売方は、外国株式オプション取引が成立したときは、証拠金を差し入れ又は預託しなければなりません。その後、相場の変動や代用外国上場株式の値下がりにより不足額が発生した場合には、証拠金の追加差入れ又は追加預託が必要となります。また売方は、権利行使の割当てを受けたときには、必ずこれに応じなければなりません。すなわち、売方は、権利行使の割当てを受けた際には、コールオプションの場合には売付外国上場株式が、プットオプションの場合は買付代金が必要となりますから、特に注意が必要です。さらに売方は、所定の時限までに証拠金を差し入れ又は預託しない場合や、約諾書の定めによりその他の期限の利益の喪失の事由に該当した場合には、損失を被った状態で建玉の一部又は全部を決済される場合もあります。更にこの場合、その決済で生じた損失についても責任を負うことになります。外国株式オプション取引の取引手数料については、1ロットあたり3.0米ドルが一回の取引ごとに課金されます。その他にも取引所手数料やキャリングコストなど様々な費用がかかります。手数料の詳細は、発注前の取引画面でご確認ください。外国株式オプション取引(売建て)を行うにあたっては、所定の証拠金を担保として差し入れ又は預託していただきます。証拠金率は各銘柄のリスクによって異なりますので、発注前の取引画面でご確認ください。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、取引証拠金を事前に当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時の比率は4%から20%が適用されます。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出(1週間に1度)した比率を下回らないように当社が設定します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロス)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■外国証券売買取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。

サクソバンク証券株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会

ご使用になられているブラウザ環境によりウェブサイトを正しく表示できません。

本サイトでは iOS 9.X および Microsoft Internet Explorer 10 以降のブラウザのご利用を推奨しています。これ以外の環境でご利用いただいた場合、本サイトの利用に必要な機能が使用できず、画面が正常に表示されない、動作しない等の現象が起きることがあります。

【注目】 話題株ピックアップ【昼刊】:旅行関連、三菱重、INPEX

HIS <日足> 「株探」多機能チャートより

■アインホールディングス 6,590円 +770 円 (+13.2%) 11:30現在 東証プライム 上昇率トップ
アインホールディングスが急動意。フシ目の6000円大台を回復、中段もみ合いを上放れる動きが鮮明だ。調剤薬局のトップで業績は絶好調に推移している。前週末3日取引終了後に発表した23年4月期の業績は営業利益が前期比32%増の200億円予想と大幅な伸びが続く見通しにあり、これを材料視する買いを呼び込んでいる。新型コロナウイルスの影響から完全に立ち直る形で、営業利益は5期ぶりの過去最高更新となる見込みだ。また、好業績を背景に今期の年間配当を前期実績から5円増配の60円とすることも発表しており、これも物色人気を助長している。

■日本駐車場開発 178円 +17 円 (+10.6%) 11:ストップロス注文とは 30現在 東証プライム 上昇率3位
日本駐車場開発は急騰し年初来高値を更新。前週末3日の取引終了後に発表した第3四半期(21年8月~22年4月)の連結決算で、売上高199億3600万円(前年同期比8.9%増)、営業利益37億200万円(同37.5%増)、純利益24億3900万円(同34.6%増)と大幅増益となったことが好感されている。駐車場事業は月極契約営業強化による時間貸物件の収益改善や、前期からの新規物件受託の寄与により順調に推移した。また、スキー場事業やテーマパーク事業において、来場者数が回復していることなども寄与した。なお、22年7月期通期業績予想は、売上高254億円(前期比6.8%増)、営業利益45億円(同37.9%増)、純利益29億円(同24.2%増)の従来見通しを据え置いた。同時に、上限を400万株(発行済み株数の1.24%)、または5億円とする自社株買いを実施すると発表したことも好材料視されている。取得期間は6月7日から8月15日までで、株主還元及び資本効率の向上と経営環境の変化に応じた機動的な資本政策の遂行を図るためという。

■ロードスターキャピタル 1,520円 +98 円 (+6.9%) 11:30現在
ロードスターキャピタルが大幅高、一時7.9%高と値を飛ばし1500円台を回復した。5日・25日移動平均線のゴールデンクロスも接近しており、目先上値を見込んだ買いが活発化している。不動産流動化ビジネスを展開するが、都内の中規模ビルディングを対象としており、円安進行で海外投資資金が誘引されるなか、都心の地価上昇思惑が同社株の刺激材料となっている。また、足もと不動産投資は旺盛な個人投資家の投資意欲を背景に好調で、同社の22年12月期第1四半期(22年1~3月)営業利益は前年同期比28%増の12億7300万円と大幅な伸びを確保した。クラウドファンディングも手掛け、不動産投資分野における専門性とIT技術の融合を経営戦略の主眼に置いている。

■石原産業 1,169円 ストップロス注文とは +53 円 (+4.8%) 11:30現在
石原産業が続伸、株価は5月下旬に動意づいたが、今月に入り上値を買い進む動きが加速している。酸化チタンのトップメーカーで、自動車向けや高速通信規格の5G関連などで急増する需要を捉えている。また、ここ最近はウクライナ有事に絡みチタン需要が逼迫する状況にある。同社では、5月末に酸化チタンの値上げを発表、日本を除くアジア・太平洋地域を対象に7月から1トン当たり300ドル引き上げる方針で、これによる収益採算の向上を期待した買いを誘導している。きょうは、ハイグレードのスポンジチタンを製造する東邦チタニウムや大阪チタニウムテクノロジーズなども大きく株価水準を切り上げている。

■エイチ・アイ・エス 2,330円 +49 円 (+2.2%) 11:30現在
エイチ・アイ・エスが大幅続伸している。4日付の日本経済新聞朝刊で、「政府内で観光需要喚起策『Go To トラベル』を6月末~7月にも再開する案が浮上してきた」と報じられており、旅行需要の高まりを期待した買いが関連銘柄に入っているようだ。記事によると、都道府県による旅行割引の支援事業である「県民割」の対象を全国に広げることで、実質的に「Go To」の代替とする案もあるという。新型コロナウイルスの流行が落ち着きつつあることから、個人消費の押し上げに向けた目玉施策とするもようで、同社のほか、オープンドアやアドベンチャー、エアトリ、KNT-CTホールディングスなどの旅行会社も軒並み高く、JR東日本、JR西日本、JR東海などのJR各社も買われている。

■三菱重工業 5,312円 +110 円 (+2.1%) 11:30現在
三菱重工業の上げ足が止まらない。年初から25日移動平均線をサポートラインとする上昇トレンドを継続、新値街道をまい進中だ。岸田文雄首相は、日米首脳会談を経て防衛予算の大幅増額を表明している。ロシアのウクライナ侵略や中国の台湾への圧力などを背景に有事リスクに対する警戒が強まり、世界的に防衛費の増大傾向が強まっている。日本では防衛費の拡大に加え、防衛装備品の輸出規制についても見直す動きにあり、防衛省と取引関係のある銘柄に収益機会拡大の思惑が浮上し、株価を後押ししている。きょうは防衛市場向けのレーダー機器や艦艇向け航法装置などの開発・生産で高実績を有する東京計器、ロケットの推進薬などを手掛けるカーリットホールディングス、陸上自衛隊向け火器を製造する豊和工業なども大きく上値を追っている。

■ワールド 1,502円 +30 円 (+2.0%) 11:30現在
ワールドは3日続伸し年初来高値を更新した。前週末3日の取引終了後に発表した5月度の月次売上概況で、既存店売上高が前年同月比51.1%増となり、3カ月連続で前年実績を上回ったことが好感されている。休日数が1日少なく、中国・上海ロックダウンで一部商品の納期遅れによる機会ロスがあったものの、3年ぶりに行動制限や休業がなくなり、月初の大型連休などの全国的な人出の増加が店舗売り上げ伸長の追い風となった。また、下旬には真夏日になった地域も出てきたことから夏物需要が旺盛となり、全てのブランドが売り上げを伸ばした。

■INPEX 1,631円 +25 円 (+1.6%) 11:30現在
INPEXや石油資源開発、ENEOSホールディングスといった石油関連株が高い。3日の米原油先物相場はWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の7月限が前日比2.00ドル高の1バレル=118.87ドルと上昇。時間外取引で一時120ドル台に上昇し3月上旬以来、3カ月ぶりの高値をつけた。サウジアラビアなど石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどから構成される「OPECプラス」は2日、増産の拡大を決めたが規模は小さく供給不足は解消されない、との見方が根強い。原油の先高観測が浮上するなか、石油関連株に対する買いが流入している。

■ALサービス 2,130円 +11 円 (+0.5%) 11:30現在
アークランドサービスホールディングスは4日続伸。前週末3日の取引終了後に発表した5月度の月次売上速報値で、「かつや」既存店売上高が前年同月比11.3%増となり、8カ月連続で前年実績を上回ったことが好感されている。客単価が同4.1%減となったものの、客数が同16.0%増となったことが牽引した。なお、全店売上高は同14.5%増だった。

■IRジャパン 3,570円 -700 円 (-16.4%) ストップ安 11:30現在 東証プライム 下落率トップ
アイ・アールジャパンホールディングスがストップ安の3570円に売られている。今朝の日本経済新聞電子版で「元役員が、同社の未公表情報に基づいて知人が発注した不正な同社株の取引に関与した疑いがあるとして、証券取引等監視委員会は6日までに元役員の関係先を金融商品取引法違反容疑で強制調査した」と報じられており、これが売り材料視されているようだ。これに対して会社側は、「一部報道のとおり当社にて強制調査が行われたのは事実」と報道を認め、「当社の元役員が嫌疑の対象となっているものと理解している」と発表している。

■ハイレックス 1,149円 -32 円 (-2.7%) 11:30現在
ハイレックスコーポレーションが反落している。前週末3日の取引終了後、22年10月期の連結業績予想について、営業利益を76億円から17億円(前期比2.5倍)へ、最終利益を44億円から7億円(同85.7%減)へ下方修正したことが嫌気されている。円安による邦貨換算額の増加の影響などで売上高は2446億円から2484億円(同14.1%増)へ上方修正した。ただ、半導体供給不足による各国自動車メーカーの減産が想定よりも増加していることや、顧客への販売が予想水準を下回って推移している影響があるほか、資源・素材の高騰で材料コストが上昇したことや世界的な輸送コストの高止まり、米国を中心に雇用逼迫の影響から人件費が上昇したことなどが損益を悪化させた。なお、同時に発表した第2四半期累計(21年11月~22年4月)決算は、売上高1208億6600万円(前年同期比4.7%増)、営業損益4億1600万円の赤字(前年同期34億9400万円の黒字)、最終損益7億4300万円の赤字(同60億400万円の黒字)だった。

■村田製作所 8,469円 -89 円 (-1.0%) 11:30現在
村田製作所、太陽誘電、TDKなど大手電子部品メーカーが軒並み安い。前週末の米国株市場では、5月の米雇用統計発表を受けた米長期金利の上昇で、ハイテク株への売りが目立った。そのなかスマートフォン大手のアップルが、同社のアプリ配信サービスの成長鈍化が指摘され4%近い下げをみせた。また、中国の都市封鎖の影響でiPhoneの新機種開発が遅れていることなども警戒されている。東京市場では、アップルの筆頭サプライヤーである村田製をはじめ、有力サプライヤーである電子部品メーカーに売りが波及している。

■トヨタ自動車 2,158円 -7 円 (-0.3%) 11:30現在
トヨタ自動車、ホンダなど自動車株が全般軟調地合いのなかも底堅さを発揮している。前週末に発表された5月の米雇用統計は非農業部門の雇用者数の伸びが市場コンセンサスを上回ったことで米長期金利が上昇し、米株市場はリスク回避目的の売りで大幅安を余儀なくされたが、一方で外国為替市場ではドル買い・円売りの動きを誘発、1ドル=131円台近辺まで円安が進んだ。これを受けて輸出セクターのなかでも特に為替感応度の高い自動車株は輸出採算向上期待で株価にポジティブ材料となっている。トヨタは前週に5日・25日移動平均線のゴールデンクロスを示現しており、大勢トレンドの転換を示唆、押し目買い意欲が旺盛となっている。

■東洋刃物 2,210円 +400 ストップロス注文とは 円 (+22.1%) ストップ高買い気配 11:30現在
東洋刃物がストップ高の2210円水準でカイ気配となっている。フェローテックホールディングスが前週末3日の取引終了後、持ち分法適用関連会社である同社の完全子会社化を目指してTOBを実施すると発表しており、TOB価格2254円にサヤ寄せする格好となっている。フェローテクは現在、洋刃物株式の33.24%を所有しているが、完全子会社化による一体経営を行うことで、グローバルネットワーク(顧客・調達網)の活用などによるコストの削減や人事交流の活発化による人材の有効活用、製品ラインアップの拡充などを図るのが狙い。買付予定数は95万7331株(下限47万9400株、上限設定なし)で、買付期間は6月6日から7月15日まで。TOB成立後、洋刃物は所定の手続きを経て上場廃止となる予定で、これを受けて東京証券取引所は6月3日付で洋刃物株式を監理銘柄(確認中)に指定している。

■ソフトマックス 916円 ストップロス注文とは +150 円 (+19.6%) ストップ高買い気配 11:30現在
ソフトマックスは朝方から買いが先行し、ストップ高の916円水準でカイ気配となっている。前週末3日の取引終了後、鹿児島県から医療情報システム導入に係る大口の受注を獲得したと発表したことが好感されている。受注金額は7億300万円で納期は22年12月から23年3月までで、売り上げ計上時期は22年12月期及び23年12月期となる予定。なお、22年12月期業績予想には織り込んでおらず、業績への影響は精査中としている。

■ケイブ 1,045円 +150 円 (+16.8%) ストップ高買い気配 11:30現在
ケイブは寄り付き大量の買い注文を集め、カイ気配スタートで急速に水準を切り上げる展開。3月末につけた年初来高値908円を気配値のまま上抜き新値圏に突入した。ソーシャルゲームを主力展開するほか、ライブ配信サービスにも参入するなど事業エリアを広げている。業績は主力部門の不振で苦戦を強いられているが、ライブ配信サービスなどに期待が大きい。そうしたなか、前週末3日取引終了後にスマートフォンゲームの開発運営会社で同社の上位株主である、でらゲー(東京都渋谷区)の全株式を取得し子会社化することを発表、でらゲーは同社の連結子会社となる。これが株価を強く刺激する材料となっている。

●ストップ高銘柄
ガーラ 545円 +80 円 (+17.2%) ストップ高 11:30現在
東京通信 1,111円 +150 円 (+15.6%) ストップ高 11:30現在
sMedio 767円 +100 円 (+15.0%) ストップ高 11:30現在
など、6銘柄

  • ・注目銘柄ダイジェスト(前場):イメージマジック、IRJーHD、アインHDなど (06/06)
  • ・本日の【ストップ高/ストップ安】 ストップロス注文とは 前場 S高= 7 銘柄 S安= 2 銘柄 (6月6日)
  • ・【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─東京市場に育つ大きな3つの柱! (06/05)
  • ・日本買い復活の6月相場、業績変貌の中小型株「最強6銘柄」を追え <株探トップ.. (ストップロス注文とは 06/04)
  • ・利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 33社選出 <成長株特集> (06/05)
  • ・前場のランキング【値上がり率】 (6月6日)
  • ・前場のランキング【値下がり率】 (6月6日)
  • ・東京株式(前引け)=続伸、押し目買いで朝安後に切り返す展開 (06/06)
  • ・東証グロース(前引け)=値上がり優勢、sMedio、東京通信がS高 (06/06)
  • ・東証スタンダード(前引け)=値上がり優勢、ガーラがS高 (06/06)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる