海外FXの始め方とは

暗号資産(仮想通貨)の買い方をわかりやすく徹底解説

暗号資産(仮想通貨)の買い方をわかりやすく徹底解説
引用:trading view

仮想通貨/ビットコインの買い方|初心者向けに購入手順を徹底解説

DMM Bitcoinを運営する株式会社DMM Bitcoinは、DMM.暗号資産(仮想通貨)の買い方をわかりやすく徹底解説 com証券を傘下に抱える合同会社DMM.comのグループ会社。 売買コストの低さとレバレッジ取引の種類の豊富さに定評がある。 スマホアプリでは様々な注文方法に対応していることで知られている。DMM.com証券を通じて培った金融サービス運営のノウハウを有していることを強みの一つとしており、サーバーの強度に関しては、国内屈指の水準を誇る。現物取引が可能なのは、ビットコイン、イーサリアム、リップルのみであり、他のアルトコインはレバレッジ取引での売買となる点には注意されたい。

暗号資産(仮想通貨)の買い方をわかりやすく徹底解説
取扱仮想通貨15種類
手数料 販売所:スプレッド
最低取引数量 BTC/JPY:0.0001, ETH/JPY:0.001, XRP/JPY:1
スマホ対応 初心者向け「STモード」と豊富な機能の「EXモード」が選べる
セキュリティ 顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理を実施

Coincheckを運営するコインチェック株式会社は2012年の創業。2018年1月に大規模なハッキング事件(参考:コインチェック事件)に見舞われたが、東証一部上場のマネックスグループの傘下で、経営再建を図り、平成31年1月11日に仮想通貨交換業登録を完了した。 暗号資産(仮想通貨)の買い方をわかりやすく徹底解説 サービスの使いやすさに定評があり、スマホアプリの累計ダウンロード数は2021年11月18日時点で440万を突破。取引手数料は無料。国内では最多となる17通貨に対応しており、国内ではCoincheckでしか取り扱っていないアルトコインも多い。代表取締役を務める蓮尾 聡氏は、日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)の理事(非常勤)を務めている。

暗号資産(仮想通貨)の買い方をわかりやすく徹底解説 暗号資産(仮想通貨)の買い方をわかりやすく徹底解説
取扱仮想通貨 17種類
手数料 取引所:0%
最低取引数量 円建てで500円相当額
スマホ対応投資初心者でも見やすく分かりやすい優れたUI/UX
セキュリティ 国内外複数の情報セキュリティ企業等を通じ、情報システムの信頼性、安全性、効率性のモニタリングを実施

GMOコインを運営するGMOコイン株式会社は、GMOクリック証券を傘下に抱える東証一部上場企業であるGMOインターネットのグループ会社。 GMOコインでは、取引手数料のみならず、入出金手数料もすべて無料となっており、売買コストの低さには定評がある、また、「GMOコイン 暗号資産ウォレット」の使いやすさで初心者にも人気がある。6年連続でFX取引高世界ナンバーワンを記録しているGMOクリック証券を通じて培った金融サービス運営のノウハウを有していることを強みの一つとしている。

仮想通貨の買い方を分かりやすく解説|購入タイミングやおすすめ取引所は?

仮想通貨買い方

価格が暴落した時

引用:trading view

しかし、 下落したチャンスに買い増すことができれば、相場が上昇した時の売却益を得やすくなります。

この時が、ビットコインや仮想通貨取引のタイミングだといえます。

ポジティブなニュースがでたとき

過去の歴史において、ビットコインやその他の仮想通貨にとってポジティブなニュースがでたとき、その仮想通貨の価格は大きく上昇してきました。

しかし、逆をいえばネガティブなニュースが流れると価格が急落するというリスクもありますので、仮想通貨を取引する際は関連するニュースから目を離さないほうが良いでしょう。

価格高騰のチャンスを掴むには、一つの仮想通貨に固執するのではなく、できるだけ多くの銘柄に目を配るべきです。

その点、bitFlyerはビットコインをはじめとする14種類の仮想通貨を取り扱っています

どのような通貨を取り扱っているかは、bitFlyerの公式サイトでご確認ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

おすすめの仮想通貨取引所

bitFlyer

bitflyer-top
取り扱い銘柄数販売所形式:15種類
取引所形式:8種類
レバレッジ取引:ビットコインのみ
最小発注数量(ビットコインの場合)販売所形式:0.00000001BTC
取引所形式:0.001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
取引手数料(ビットコインの場合)販売所形式:無料(スプレッドあり)
取引所形式:約定数量×0.01%〜0.15%
レバレッジ取引:無料(スワップ手数料、スプレッドあり)
ツールネットブラウザ、スマホアプリ
その他のサービスステーキングリワードサービス
ビットコインをもらう
ビットコインをつかう
かんたん積立
bitFlyerクレカ
公式サイトbitFlyerの公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

bitFlyerは、6年連続ビットコイン取引量がナンバー1である仮想通貨取引所です。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

bitFlyerはビットコインに関する経験が豊富で、セキュリティ能力が高く、販売所や取引所、つみたて、レバレッジ取引ができるプロ向け取引所、bitFlyerクレカなど様々なサービスを展開しています。

bitFlyerのサービスに興味がある方は、公式サイトをご覧ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

DMM Bitcoin

dmmbitcoin-top
名称DMMビットコイン
取扱通貨数現物取引:6種類
レバレッジ取引:10種類
売買手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
提供サービス販売所
レバレッジ取引
レバレッジ倍率2倍
公式サイトDMMビットコイン公式サイト
関連記事DMM ビットコインの評判

DMM Bitcoinは、DMMグループに属する仮想通貨取引所です。

DMM Bitcoinの特徴は、売買手数料や入出金手数料が無料であることと、10種類の銘柄でレバレッジ取引ができることです。

さまざまな仮想通貨でレバレッジ取引したい方にはぴったりの取引所ですのでは、DMM Bitcoinのサイトをご覧ください。

\もれなく2000円もらえる/

GMOコイン

GMOコイン-top
名称GMOコイン
取扱通貨数19種類
売買手数料販売所:無料
取引所:Maker:-0.01%,Taker:0.05%
入金手数料無料
出金手数料無料
大口出金:400円
提供サービス販売所
取引所(現物・レバレッジ)
暗号資産FX
貸暗号資産
つみたて暗号資産
公式サイトGMOコイン公式サイト
関連記事GMOコインの評判

GMOコインは、GMOグループに属する仮想通貨取引所です。

取扱通貨数が16種類あり、販売所、取引所、暗号資産FX、貸暗号資産サービス、つみたて暗号資産など多様なサービスを展開しています。

幅広い銘柄で様々な種類の取引をしてみたい方は、GMOコインの公式サイトでサービス内容などをご確認ください。

Coincheck

コインチェック-top
名称Coincheck
取扱通貨数18種類
売買手数料販売所:無料
取引所:無料
※手数料相当額:0.1~5.0%
入金手数料銀行振込:無料(振込手数料は顧客負担)
コンビニ入金:3万円未満は770円、3万円以上は1018円
クイック入金:3万円未満は770円、3万円以上は1018円
出金手数料407円
提供サービス販売所
取引所
Coincheck NFT(β版)
Coincheckつみたて
貸暗号資産サービス
Coincheckでんき
Coincheckガス
Coincheck IEO
レバレッジ取引取扱なし
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判

Coincheckは、マネックスグループの完全子会社となっている仮想通貨取引所です。

販売所や取引所、つみたてサービス、貸暗号資産サービスといった仮想通貨関連のサービスはもちろんのこと、NFT取引やでんき、ガスの取引、仮想通貨IEOといった新しい事業にも乗り出しています。

Coincheckの事業内容や仮想通貨取引については、 Coincheckの公式サイト をご覧ください。

ビットコイン/仮想通貨の買い方に関するQ&A

仮想通貨取引は何円から始められますか?

仮想通貨の最低取引金額は、仮想通貨取引所や仮想通貨の銘柄ごとに異なります。

たとえば、bitFlyerの場合は日本円で1円から購入可能です。

仮想通貨はいつ取引できますか?

原則、24時間取引可能です。

ビットコイン/仮想通貨の買い方まとめ

  • 仮想通貨を購入するには仮想通貨取引所で口座を開かなければならない
  • 口座を開くときにはメールアドレス、本人確認書類、銀行口座が必要
  • 仮想通貨に注目が集まっている理由は、仮想通貨の価値が認められつつあり、以前よりもセキュリティが強化され
  • 暗号資産(仮想通貨)の買い方をわかりやすく徹底解説
  • ボラティリティの高さから大きな損失を出す懸念もある
  • 仮想通貨を買うタイミングは、暴落したときやポジティブなニュースが流れたとき
  • 仮想通貨の最低取引金額は取引所や仮想通貨銘柄によって異なる
  • bitFlyerは、1円から取引でき、高いセキュリティ能力を持っている代表的な取引所

ビットコインをはじめとする仮想通貨を購入するためには、仮想通貨を取り扱っている取引所で口座を開かなければなりません。

口座開設にはメールアドレスや本人確認書類、銀行口座が必要です。

近年、仮想通貨に注目が集まっている理由は、仮想通貨の価値が認められつつあるからで、ボラティリティの高さによりさらに注目度が上がっています。

仮想通貨を買うタイミングとしては、暴落したときや仮想通貨にとってポジティブなニュースが流れたとき ですが、相場の急変には注意が必要です。

仮想通貨が持つ高いボラティリティは、価値を不安定にしていますが、同時に売買で得られるキャピタルゲインを増大させる絶好のチャンスです。

しかも、bitFlyerなら1円から仮想通貨取引に参加可能ですので、詳しくはbitFlyerの公式サイトをご覧ください。

仮想通貨(暗号資産)とは?特徴を初心者にもわかりやすく簡単に解説

仮想通貨(暗号資産)とは?特徴を初心者にもわかりやすく簡単に解説

※3 期間:2022年4月1日(金)~2022年5月31日(火)まで / 実施時間:土日祝日・メンテナンス時間を除く、マーケットレポート公開日の15時00分~21時00分※その日のマーケットレポートを公開後、15時00分から開始。WEBサイトに掲載しているマーケットレポートの中で、その日に取り上げた暗号資産銘柄とBTC/JPY、ETH/JPY、XRP/JPYのいずれかの銘柄一つについて、スプレッドを縮小。

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT

  • 大手にないが魅力的でマイナーなアルトコインを多く取り扱う
  • 各種手数料が無料
  • 新規口座開設でお得なキャンペーンを実施中

BITPOINT(ビットポイント)は、2017年9月に金融庁の認可を受けた 東証2部上場の株式会社リミックスポイントの子会社 が運営する取引所です。

BITPOINTでは、コインチェックやbitFlyerなどの 大手にはないアルトコイン が取引できるのが最大の特徴です。

BITPOINTの基本情報

BITPointキャンペーン情報

  • 3種の暗号資産BTC・ETH・IOSTがもらえる口座開設キャンペーン ※1
  • 100,000JMY以上の入金で10名様に10万円相当のJMY(ジャスミー)をプレゼント! ※2

※1 期間:2022年4月28日(木)16時 ~ 2022年5月31日(火)16時まで。期間中に、口座開設が完了した方。1,000円相当のBTCか、ETHか、IOSTの合計で3,000円相当をプレゼント

bitFlyer

bitFlyer

  • ビットコイン取引量国内6年連続No.暗号資産(仮想通貨)の買い方をわかりやすく徹底解説 暗号資産(仮想通貨)の買い方をわかりやすく徹底解説 1 ※1
  • 15種類のアルトコインを取引可能
  • 各種取引手数料が無料
  • 1円から仮想通貨を購入できる
  • 7年以上ハッキング0

bitFlyerは 「 株式会社bitFlyer」 によって2014年にサービスが開始された仮想通貨取引所です。ビットコインの取り扱い量は仮想通貨業界でトップをひた走っており、 「ビットコイン取引量国内6年連続No.1」 ※1 となっています。

bitFlyerでは 1円から仮想通貨を購入することが可能 です。少額取引可能な仮想通貨取引所でも最低取引金額は500〜1,000円というところが多いので、これは破格の数字と言えるでしょう。

またbitFlyerはセキュリティ対策も万全で、 7年間1度もハッキング被害に遭っていません。 利用者が安心して取引できるようなサポート体制も充実しています。

bitFlyerの基本情報

bitFlyerキャンペーン情報

  • 毎日最大 10 名様に 1,000 円が当たる!アプリ限定ログインボーナスプログラム ※1

※1 2020 年 7 月 1 日(水)午前 00 時 00 分~ 終了期間未定

GMOコイン

GMOコイン

  • 取扱銘柄数国内No.1 ※1
  • 500円から積立投資を行える「つみたて仮想通貨」
  • 現物の売買からレバレッジ取引まで、1つのアプリでできる
  • 信頼と実績の「GMOインターネットグループ」が運営
  • 各種手数料が無料

GMOコインは 「GMOインターネットグループ」 によって運営されている仮想通貨取引所です。

GMOコインの特徴は取り扱い通貨の豊富さ。現在20種類の仮想通貨を取り扱っており、 取扱銘柄数は国内No.1 ※1 となっています。

また、GMOコインでは仮想通貨取引初心者でも手軽に投資できる 「 つみたて仮想通貨」 を提供しています。

つみたて仮想通貨は 毎月自動的に一定額を仮想通貨に投資してくれる ので、普段忙しくてチャートを気にしていられない人や、仮想通貨の知識があまりない人でも安心です。

GMOコインの基本情報

GMOコイン キャンペーン情報

  • 暗号資産(仮想通貨)の購入で毎日10人に1,000円が当たる!※1
  • 暗号資産FXで毎日1人に1万円が当たる※1

※1 JVCEA 「取扱仮想通貨及び仮想通貨概要説明書」をもとに算出

仮想通貨とは?よくある質問

この記事では、 仮想通貨(暗号資産)とはそもそも何か や、 始め方、仮想通貨と暗号資産の違い、仮想通貨のメリット・デメリット、オススメの取引所5選 を紹介しました。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

【初心者向け】ビットコインとは?仕組みをわかりやすく解説!

ビットコイン(BTC)と電子マネーの違い

ビットコインの価格推移


出典:CoinMarketCap

年月
出来事
1BTCの価格
2021年末〜2022年1月
FRBによるテーパリング実施に対する懸念 600万円台→400万円台
2022年1月20日
ロシア中銀が国内における暗号資産の利用およびマイニングの禁止を提案
約480万円→約400万円
2022年2月24日 ロシアがウクライナに侵攻を開始 約500万円→約430万円
2022年5月9日 テラ(LUNA)問題により市場が急落 約515万円→約380万円

LUNAの運営組織である「Luna Foundation Guard(LFG)」は、USTのペグを維持するための準備資産として約35億ドル相当のビットコインを保有していましたが、今回の騒動を受けて「LFGがペグを維持するために、大量のビットコインを売却するのではないか?」という憶測が広がり、市場でビットコインの売りが加速。約515万円から約380万円まで下落します。

暗号資産の今後や将来期待ができる通貨・見分け方などについて徹底解説!

ビットコイン(BTC) リップル(XRP) イーサリアム(ETH) イーサリアムクラシック(ETC) リスク(LSK) ファクトム(FCT) ネム(XEM) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) モナコイン(MONA) ステラルーメン(XLM) 暗号資産(仮想通貨)の買い方をわかりやすく徹底解説 クアンタム(QTUM) ベーシックアテンショントークン(BAT) アイオーエスティー(IOST) エンジンコイン (ENJ) オーエムジーコイン(暗号資産(仮想通貨)の買い方をわかりやすく徹底解説 OMG) パレットトークン(PLT)

LINE 暗号資産(仮想通貨)の買い方をわかりやすく徹底解説 BITMAX

  • 直感的に操作できる
  • LINEpayとの連携で便利に使える
  • 運営元が超大手企業

暗号資産(仮想通貨)の買い方をわかりやすく徹底解説
仮想通貨取引所名 LINE BITMAX(ラインビットマックス)
最低取引数量 1円~
出金手数料 110円(税込)〜
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料 *
取り扱い通貨 6通貨

ビットフライヤー(bitFlyer)

  • 最短即日の取引が可能
  • 各種手数料が無料
  • ビットコイン取引国内No.1

スマホアプリは初心者でも使いやすく、リアルタイムでいつでもレートの確認ができるため急な価格変動などの取引のタイミングを逃すことも少ないです。

\ ビットコインの取引量、6年連続No.1! (※2) /


今後に期待して草コインに投資する

知名度が低い草コインが取引所に上場すると価格が一気に高騰する傾向にあり、上場する前に保有していれば大きなリターンにも期待ができます。

ただし、 暗号資産(仮想通貨)の買い方をわかりやすく徹底解説 逆に投資をしていた通貨の価値がゼロになってしまう可能性もある ため、この点を理解して投資を行うようにしてください。

暗号資産 今後に関するよくある質問

  • 暗号資産(仮想通貨)の魅力は?
  • どの取引所を利用すればいい?
  • 草コインはどこの取引所で売買できますか?
  • 草コインを選ぶ時の注意点は?

暗号資産(仮想通貨)の魅力は?

どの取引所を利用すればいい?

草コインはどこの取引所で売買できますか?

草コインを選ぶ時の注意点は?

暗号資産 今後のまとめ

仮想通貨(暗号資産)は基本的に将来性に期待ができると言えるでしょう。

ただし、全ての通貨に未来があるわけではないため、 価格が高騰するであろう通貨を見極めて投資をすることが大切です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる