FX基本用語

オプションの概要について

オプションの概要について

<特徴>

Amazon S3 ストレージクラス

Amazon S3 は、ワークロードのデータアクセス、復元力、およびコスト要件に基づいて選択できるさまざまなストレージクラスを提供しています。S3 ストレージクラスは、さまざまなアクセスパターンに最低コストのストレージを提供できるように設計されています。S3 ストレージクラスは、要求の厳しいパフォーマンスニーズ、データ常駐要件、不明または変更されたアクセスパターン、アーカイブストレージなど、事実上すべてのユースケースに最適です。

S3 のストレージクラスには、アクセスパターンが不明または変化するデータに対して自動的にコストを削減する S3 Intelligent-Tiering、アクセス頻度の高いデータ向けの S3 Standard、アクセス頻度の低いデータ向けの S3 Standard-Infrequent Access (S3 Standard-IA) および S3 One Zone-Infrequent Access (S3 One Zone-IA)、 即時アクセスを必要とするアーカイブデータ向けの S3 Glacier Instant Retrieval、即時アクセスを必要としないアクセス頻度の低い長期データ用の S3 Glacier Flexible Retrieval (旧 S3 Glacier)、クラウド上の最も低コストなストレージで数時間で取り出し可能な長期アーカイブやデジタル保存用の Amazon S3 Glacier Deep Archive (S3 Glacier Deep Archive) などがあります。既存の AWS リージョンで適合できないデータレジデンシーの要件がある場合は、S3 Outposts ストレージクラスを使用して、オンプレミスに S3 のデータを保存することができます。Amazon S3 には、ライフサイクル全体でデータを管理する機能が搭載されています。S3 ライフサイクルポリシーを設定すると、データは別のストレージクラスに自動的に移行されます。アプリケーションに変更を加える必要はありません。

S3 標準は、アクセス頻度の高いデータ向けに高い耐久性、可用性、パフォーマンスのオブジェクトストレージを提供します。低レイテンシーと高スループットを提供するため、S3 標準は、クラウドアプリケーション、動的なウェブサイト、コンテンツ配信、モバイルやゲームのアプリケーション、ビッグデータ分析など、幅広いユースケースに適しています。S3 ストレージクラスはオブジェクトレベルで構成でき、1 つのバケットには S3 標準、S3 Intelligent-Tiering、S3 標準 IA、S3 1 ゾーン IA に格納されたオブジェクトを含めることができます。また、S3 ライフサイクルポリシーを使用して、アプリケーションを変更せずに、ストレージクラス間でオブジェクトを自動的に移行することもできます。

  • 低レイテンシーかつ高スループットなパフォーマンス
  • 複数のアベイラビリティーゾーンにわたってオブジェクトに耐久性 99.999999999% を達成するよう設計
  • アベイラビリティーゾーン全体に影響を及ぼすイベントに対する柔軟性
  • 1 年で可用性が 99.99% になるように設計 で可用性が保証されています
  • 転送中のデータの SSL と保管中のデータの暗号化をサポート
  • 他の S3 ストレージクラスにオブジェクトを自動移行するためのライフサイクル管理

不明なアクセスまたはアクセス権の変更

Amazon S3 Intelligent-Tiering (S3 Intelligent-Tiering) は、パフォーマンスへの影響、取り出し費用、運用上のオーバーヘッドなしに、アクセス頻度に基づいてデータを最も費用対効果の高いアクセス階層に自動的に移動することにより、きめ細かいオブジェクトレベルでストレージコストを自動的に削減できる初めてのクラウドストレージです。S3 Intelligent-Tiering は、高頻度、低頻度、およびアーカイブインスタントアクセス階層で、頻繁に、稀に、そしてめったにアクセスされないデータ向けに、ミリ秒単位でのレイテンシーと高スループットのパフォーマンスを提供します。S3 Intelligent-Tiering を、事実上すべてのワークロード、特にデータレイク、データ分析、新しいアプリケーション、およびユーザー生成コンテンツのデフォルトのストレージクラスとして使用できます。

オブジェクトのモニタリングとオートメーションに対して発生する少額の月額料金で、S3 Intelligent-Tiering を使用してアクセスパターンをモニタリングし、アクセスされていないオブジェクトを自動で低コストの階層に移動させることができます。S3 Intelligent-Tiering は、高頻度アクセスに最適化された階層、低頻度アクセスに最適化された 40% 低コストの階層、めったにアクセスされないデータに最適化された 68% 低コストの階層の 3 つのアクセス階層にオブジェクトを自動的に保存します。S3 Intelligent-Tiering はアクセスパターンをモニタリングし、30 日間連続してアクセスされなかったオブジェクトを低頻度アクセス階層に移動し、90 日間アクセスがなければ、アーカイブインスタントアクセス階層に移動します。すぐに取り出す必要のないデータの場合、S3 Intelligent-Tiering を設定して、180 日以上アクセスされていないオブジェクトをモニタリングし、自動的にディープアーカイブアクセス階層に移動して、ストレージコストを最大 95% 節約できます。

S3 Intelligent-Tiering には取り出し料金は発生しません。低頻度アクセス階層またはアーカイブインスタントアクセス階層にあるオブジェクトに後でアクセスすると、そのオブジェクトは高頻度アクセス階層に自動的に戻されます。取得するオブジェクトがオプションでディープアーカイブ階層に保存されている場合、オブジェクトを取得する前に、まず RestoreObject を使用してコピーを復元する必要があります。 アーカイブされたオブジェクトの復元については、 アーカイブされたオブジェクトの復元 をご参照ください。 S3 Intelligent-Tiering ストレージクラスのアクセス階層間でオブジェクトを移動させるときに追加の階層化料金は発生しません。

  • 高頻度アクセス階層、低頻度アクセス階層、およびアーカイブインスタントアクセス階層は、S3 Standard と同じ低レイテンシーと高スループットのパフォーマンスを備えています。
  • 低頻度アクセス階層は、ストレージコストを最大 40% 節約
  • アーカイブインスタントアクセス階層は、ストレージコストを最大 68% 節約
  • まれにしかアクセスされなくなるオブジェクトのオプトイン非同期アーカイブ機能
  • ディープアーカイブアクセス階層は、Glacier Deep Archive と同じパフォーマンスを発揮し、まれにしかアクセスされないオブジェクトを最大 95% 節約します。
  • 特定の 1 オプションの概要について 年間において、複数のアベイラビリティーゾーンにわたるオブジェクトの 99.999999999% の耐久性と 99.9% の可用性を実現するように設計 で可用性が保証されています
  • わずかな月額料金でモニタリングと自動階層化が可能
  • 運用オーバーヘッド、ライフサイクル料金、取得料金、最小ストレージ期間なし
  • 128 KB オプションの概要について より小さなオブジェクトは S3 Intelligent-Tiering に保存できますが、常に高頻度アクセス階層料金で課金され、モニタリング料金やオートメーション料金は発生しません。

低頻度アクセス

S3 Standard-IA は、アクセス頻度は低いが、必要に応じてすぐに取り出すことが必要なデータに適しています。S3 Standard-IA は、S3 Standardと同じ高い耐久性、高スループット、低レイテンシーを低価格のストレージ料金 (GB 単位) および取り出し料金 (GB 単位) で提供します。低コストかつ高パフォーマンスのこの組み合わせは、S3 Standard-IA は長期保存、バックアップ、災害対策ファイルのデータストアとして理想的です。S3 ストレージクラスはオブジェクトレベルで構成でき、1 つのバケットには S3 標準、S3 Intelligent-Tiering、S3 標準 IA、S3 1 ゾーン IA に格納されたオブジェクトを含めることができます。また、S3 ライフサイクルポリシーを使用して、アプリケーションを変更せずに、ストレージクラス間でオブジェクトを自動的に移行することもできます。

  • S3 標準と同じ低レイテンシーかつ高スループットなパフォーマンス
  • 複数のアベイラビリティーゾーンにわたってオブジェクトに耐久性 99.999999999% を達成するよう設計
  • アベイラビリティーゾーン全体に影響を及ぼすイベントに対する柔軟性
  • アベイラビリティーゾーンひとつが全部失われてもデータは回復性を維持
  • 1 年で可用性が 99.9% になるように設計
    で可用性が保証されています
  • 転送中のデータの SSL と保管中のデータの暗号化をサポート
  • 他の S3 ストレージクラスにオブジェクトを自動移行するためのライフサイクル管理

S3 1 ゾーン – IA は、アクセス頻度は低いが、必要に応じてすぐに取り出すことが必要なデータに適しています。データを少なくとも 3 つのアベイラビリティーゾーン (AZ) に保存する他の S3 ストレージクラスとは異なり、S3 1 ゾーン – IA はひとつの AZ にデータを保存するため、S3 標準 – IA よりもコストを 20% 削減できます。S3 1 ゾーン – IA はアクセス頻度が低いデータに適した低コストのオプションが必要だが、S3 標準または S3 標準 – IA のようなアベイラビリティーを必要としないお客様に最適です。オンプレミスデータまたは容易に再作成可能なデータのセカンダリバックアップのコピーを保存するのに適しています。また、S3 クロスリージョンレプリケーションを使用して別の AWS リージョンからレプリケートされたデータを、コスト効率の高いストレージとして使用することもできます。

S3 1 ゾーン – IA オプションの概要について は、S3 Standard と同じ高い耐久性、高スループット、低レイテンシーを低価格のストレージ料金 (GB 単位) および取り出し料金 (GB 単位) で提供します。S3 ストレージクラスはオブジェクトレベルで構成でき、1 つのバケットには S3 Standard、S3 Intelligent-Tiering、S3 標準 – IA、S3 1 ゾーン – IA に格納されたオブジェクトを含めることができます。また、S3 ライフサイクルポリシーを使用して、アプリケーションを変更せずに、ストレージクラス間でオブジェクトを自動的に移行することもできます。

  • S3 標準と同じ低レイテンシーかつ高スループットなパフォーマンス
  • ひとつのアベイラビリティーゾーンのオブジェクトで耐久性 99.999999999% が得られるように設計
  • 1 年で可用性が 99.5% になるように設計 オプションの概要について
    で可用性が保証されています
  • 転送中のデータの SSL と保管中のデータの暗号化をサポート
  • 他の S3 ストレージクラスにオブジェクトを自動移行するためのライフサイクル管理

† S3 1 ゾーン – IA はひとつの AWS アベイラビリティーゾーンに保存しますので、このストレージクラスに保存されたデータはアベイラビリティーゾーンが破壊されると失われます。

アーカイブ

Amazon S3 Glacier ストレージクラスは、データアーカイブ専用に設計されており、クラウドで最高のパフォーマンス、最高の検索の柔軟性、最低のコストのアーカイブストレージを提供します。さまざまなアクセスパターンやストレージ期間に最適化された 3 種類のアーカイブストレージクラスから選択できます。医療画像、ニュースメディアアセット、ゲノミクスデータなど、すぐにアクセスする必要のあるアーカイブデータであれば、ミリ秒レベルの取得時間で最低コストのストレージを提供するアーカイブストレージクラスである S3 Glacier Instant Retrieval ストレージクラスを選択できます。バックアップや災害対策のユースケースなど、すぐにアクセスする必要はないものの、大量のデータを無料で取得できる柔軟性が必要なアーカイブデータであれば、S3 Glacier Flexible Retrieval (以前の S3 Glacier) を選択すれば、数分での検索、または 5〜12 時間での無料での一括検索が可能です。コンプライアンスアーカイブやデジタルメディア保存などの長寿命のアーカイブストレージにかかるコストをさらに節約するには、S3 Glacier Deep Archive をお選びください。12〜48 時間のデータ取得が可能でクラウドで最も低コストのストレージです。

Amazon S3 Glacier Instant Retrieval は、アクセスされることがほとんどなく、ミリ秒単位の取り出しが必要な、長期間有効なデータ用に最低コストのストレージを提供するアーカイブストレージクラスです。S3 Glacier オプションの概要について Instant Retrieval を使用すると、四半期に一度データにアクセスする場合、S3 Standard-Infrequent Access (S3 Standard-IA) ストレージクラスを使用する場合と比較して、ストレージコストを最大 68% 節約できます。S3 Glacier Instant Retrieval は、S3 Standard および S3 標準 – IA ストレージクラスと同じスループットとミリ秒でのアクセスによる、アーカイブストレージへの最速のアクセスを提供します。S3 Glacier Instant Retrievalは、医療画像、ニュースメディアアセット、ユーザー生成コンテンツアーカイブなど、すぐにアクセスする必要のあるアーカイブデータに最適です。オブジェクトを S3 Glacier Instant Retrieval に直接アップロードするか、S3 ライフサイクルポリシーを使用して S3 ストレージクラスからデータを転送できます。詳細については、Amazon S3 Glacier Instant Retrieval のページをご覧ください »

  • S3 Standard と同じパフォーマンスのミリ秒単位でのデータの取り出し
  • 複数のアベイラビリティーゾーンにわたってオブジェクトに 99.999999999% の耐久性を達成するよう設計
  • アベイラビリティーゾーンひとつが全部失われてもデータは耐障害性を維持
  • 特定の年間に 99.9% のデータ可用性を実現するように設計
  • 128 KB の最小オブジェクトサイズ で可用性が保証されています
  • S3 Glacier Instant Retrieval に直接アップロードする S3 PUT API と、オブジェクトを自動移行するための S3 ライフサイクル管理

S3 Glacier Flexible Retrieval は、1 年に 1〜2 オプションの概要について オプションの概要について 回アクセスされ、非同期で取り出されるアーカイブデータ向けに、(S3 Glacier Instant Retrieval よりも) 最大 10% 低いコストのストレージを提供します。バックアップや災害対策のユースケースなど、すぐにアクセスする必要はないものの、大量のデータを無料で取り出せる柔軟性が必要なアーカイブデータにとって、S3 Glacier Flexible Retrieval (旧 S3 Glacier) は理想的なストレージクラスです。S3 Glacier Flexible Retrieval は、コストと数分から数時間のアクセス時間、および無料の一括検索とのバランスをとる、最も柔軟性が高い取り出しオプションを提供します。バックアップ、災害対策、オフサイトのデータストレージのニーズ、および一部のデータを数分で取り出す必要があり、コストの心配をしたくない場合に理想的なソリューションです。S3 Glacier Flexible Retrieval は、特定の 1 年間に、物理的に分離された複数の AWS アベイラビリティーゾーンにデータを冗長的に保存することにより、99.999999999% (11 9s) のデータの耐久性と 99.99% の可用性を実現できるように設計されています。詳細については、Amazon S3 オプションの概要について Glacier ストレージクラスのページを参照してください »

  • 複数のアベイラビリティーゾーンにわたってオブジェクトに耐久性 99.999999999% を達成するよう設計
  • アベイラビリティーゾーンひとつが全部失われてもデータは回復性を維持
  • 転送中のデータの SSL と保管中のデータの暗号化をサポート
  • コストを気にせずに、時に大量のデータを数分で取り出す必要があるバックアップと災害対策のユースケースに最適です。 オプションの概要について オプションの概要について
  • 設定可能な取り出し時間 (数分から数時間)、無償の一括取り出し
  • S3 Glacier Flexible Retrieval に直接アップロードする S3 PUT API と、オブジェクトを自動移行するための S3 ライフサイクル管理

S3 Glacier Deep Archive は、Amazon S3 の最も低コストのストレージクラスであり、1 年のうち 1 回か 2 回しかアクセスされないようなデータを対象とした長期保存やデジタル保存をサポートします。特に、金融サービス、ヘルスケア、パブリックセクターなどの規制が厳しい業界のお客様を対象としており、コンプライアンス要件を満たすために 7~10 年以上データセットを保管するように設計されています。S3 Glacier Deep Archive は、バックアップや災害対策のユースケースにも使用することができ、オンプレミスのライブラリやオフプレミスのサービスに関係なく、磁気テープの代替策として、費用効率が高く、管理が簡単です。S3 Glacier Deep Archive オプションの概要について は、Amazon S3 Glacier を補完します。このオプションは、データが定期的に取得され、いくつかのデータは数分で取り出す必要のあるアーカイブに最適です。S3 Glacier Deep Archive に保存されているオブジェクトはすべて地理的に分散した 3 つ以上のアベイラビリティーゾーンにレプリケートおよび保存され、99.999999999% 以上の耐久性で保護されているだけでなく、12 時間以内に復元できます。 詳細については、Amazon S3 Glacier ストレージクラスのページを参照してください »

  • 複数のアベイラビリティーゾーンにわたってオブジェクトに耐久性 99.999999999% を達成するよう設計
  • 7〜10 年間保持されるデータの長期保存用に設計された低コストのストレージクラス
  • 磁気テープライブラリの理想的な代替策
  • 取り出し時間は 12 時間以内
  • S3 Glacier Deep Archive に直接アップロードする S3 PUT API と、オブジェクトを自動移行するための S3 ライフサイクル管理

S3 on Outposts

Amazon S3 on オプションの概要について オプションの概要について Outposts により、オンプレミスの AWS Outposts 環境でのオブジェクトストレージが提供されます。今回、AWS の各リージョンで提供が開始された S3 の 機能や API により、S3 on オプションの概要について オプションの概要について Outposts を使用する Outpost でのデータの保存と取得が容易になります。同時に、データの保護、アクセス制御、タグ、レポート作成なども行えます。S3 on Outposts では、S3 Outposts という名前で 1 つの Amazon S3 ストレージクラスが提供されます。このクラスでは S3 API の使用が可能であり、また、Outpost の複数のデバイスとサーバーにデータを永続的かつ冗長的に保存するように設計されています。S3 Outposts のストレージクラスは、ローカルでのデータレジデンシーの要件があるワークロードを処理するのに最適です。また、データをオンプレミスアプリケーションの近くに保持することにより、パフォーマンスに関する厳しい要件を満たすことができます。

  • S3 Object 互換性、および、S3 オプションの概要について SDK を介してのバケット管理
  • Outposts での信頼性と冗長性のあるデータ保存に適した設計
  • SSE-S3 と SSE-C を使用した暗号化
  • IAM と S3 Access Points を使用した認証と認可
  • AWS DataSync を使用して、AWS の各リージョンへのデータ転送
  • S3 ライフサイクル終了アクション

S3 ストレージクラスのパフォーマンス

オプションの概要について オプションの概要について オプションの概要について オプションの概要について
S3 標準 S3 Intelligent-Tiering*
S3 標準 – 低頻度アクセス
S3 1 オプションの概要について ゾーン - IA†
S3 Glacier
Instant Retrieval
S3 Glacier Flexible Retrieval S3 Glacier
Deep Archive
耐久性を重視した設計
99.999999999%
(9 x 11)
99.999999999%
(9 x 11)
99.999999999%
(9 x 11)
99.999999999%
(9 x 11)オプションの概要について
99.999999999%
(9 x 11)
99.999999999%
(9 x 11)
99.999999999%
(9 x 11)
可用性を重視した設計
99.99% 99.9% 99.9% 99.5% 99.9% 99.99% 99.99%
可用性 SLA 99.9% 99% 99% 99% 99%
99.% 99.9%
アベイラビリティーゾーン ≥3 ≥3 ≥3 1 ≥3 ≥3 ≥3
オブジェクト当たり最小キャパシティー料金 該当なし 該当なし 128 KB 128 KB 128 KB 40 KB 40 KB
最小ストレージ期間料金 該当なし 該当なし 30 日間 30 日間 90 日間 90 日間 180 日間
取り戻し料金 該当なし
該当なし
取り出し GB あたり
取り出し GB あたり 取り出し GB あたり 取り出し GB あたり 取り出し GB あたり
最初のバイトのレイテンシー ミリ秒 ミリ秒 ミリ秒 ミリ秒 ミリ秒 分または時間 時間
ストレージタイプ オブジェクト オブジェクト オブジェクト オブジェクト オブジェクト オブジェクト オブジェクト
ライフサイクル移行 はい はい

† S3 1 ゾーン – IA はひとつの AWS アベイラビリティーゾーンに保存しますので、このストレージクラスに保存されたデータはアベイラビリティーゾーンが破壊されると失われます。

* S3 Intelligent-Tiering では少額のモニタリング料金およびオートメーション料金が課金され、自動ティアリングの最小適格オブジェクトサイズは 128KB となります。より小さなオブジェクトは保存されますが、常に高頻度アクセス階層料金で課金され、モニタリング料金やオートメーション料金は発生しません。詳細については、Amazon S3 の料金を参照してください。

*** 高頻度のアクセス層と低頻度のアクセス層の S3 Intelligent-Tiering の最初のバイトのレイテンシーはミリ秒のアクセス時間であり、アーカイブアクセス層とディープアーカイブアクセス層の最初のバイトのレイテンシーは数分または数時間です。

COLUMN

データベースはあらゆるシステムの基盤として欠かせない技術の一つです。Azureでは利用者の環境にあわせて複数のデータベースが利用でき、クラウドサービスならではの特徴とあわせて、Azure Database独自の強みも持っています。
今回は、Azure Databaseの概要から、特に、Azure オプションの概要について SQL Databaseの機能や特徴、Azure SQL Databaseを利用するメリットを紹介します。

Azure Databaseで利用できるDBの種類

Azure Databaseは、Azureサービス上で利用できるフルマネージドでインテリジェントなクラウドデータベースサービスの総称です。Azure Databaseではいくつかのデータベースエンジンからご利用の環境にあわせて選択できます。ここでは、代表的な5つのデータベースエンジンを見ていきましょう。

Azure SQL Database
Azure Database for PostgreSQL

オープンソースのリレーショナルデータベースであるPostgreSQLを、フルマネージドなクラウド環境上で利用するサービス。ハイパースケールを使用した高パフォーマンス水平スケーリング機能に対応。Azure Database for PostgresSQLについては、「Microsoftプラットフォームで力を発揮する『Azure PostgreSQL』の魅力と特徴」を参照してください。

Azure Database for MySQL

オープンソースのリレーショナルデータベースであるMySQLを、フルマネージドなクラウド環境上で利用するサービス。簡単にセットアップ、スケーリングが行え、MySQLの最新コミュニティエディションで構築可能。Azure Database for MySQLについては、「Azureの基盤上でMySQLを動かす!フルマネージドサービスの Azure Database for MySQLの特徴や注意点を解説」を参照してください。

Azure Database for MariaDB

オープンソースのリレーショナルデータベースであるMariaDBを、フルマネージドなクラウド環境上で利用するサービス。一般的なオープンソースフレームワークやプログラミング言語が使用でき、Azure Web Appsと強固に統合されている。

Azure Cosmos DB

Microsoft独自のグローバル分散マルチモデルデータベースサービス。NoSQLデータベースに分類され、高速な処理が特徴であり、1桁ミリ秒の応答時間と99.999%の可用性のSLAが適用されている。Azure Database for オプションの概要について Cosmos DBについては、「ミッションクリティカルなシステムに対応できるAzure Cosmos DBの特徴や注意点を解説」を参照してください。

このほかにも、Azure Synapse AnalyticsやAzure Cache for Redisなど、Azure Databaseが提供するサービスは存在しますが、そのなかでもフルマネージドのPaaSデータベースエンジンである「Azure SQL Database」について機能や特徴などを詳しく見ていきましょう。

Azure SQL Databaseの機能、特徴

Azure SQL Databaseの機能や特徴について、一つずつ紹介します。

自動的な更新プログラムの適用

オンプレミスのSQL Serverの更新プログラムは、製品のリリース後12か月までは毎月提供され、その後は隔月で提供されるサービスモデルとなっています。
一方、Azure SQL Databaseはフルマネージドのサービスであるため、更新プログラムの適用はAzure側で自動的に行われ、ユーザーによる手動での更新プログラム適用をしなくても、常に最新の状態で利用可能です。

最新バージョンのデータベースエンジンの利用

Azure SQL Databaseでは、更新プログラムの適用だけでなくSQL Serverのバージョンアップも自動的に行われます。そのため、ライフサイクルをユーザー側で意識しておく必要はありません。
オンプレミスのSQL Serverでは利用できる機能はインストールしたバージョンに依存するため利用しているバージョンが実装していない機能を使いたい場合にはユーザーが手動でバージョンアップする必要がありました。また、バージョンのライフサイクルもユーザー側での把握が必要で、利用しているバージョンのサポート終了までにバージョンアップなどをしておかなければなりませんでした。

99.9%の可用性

Azure SQL Databaseは、99.9%以上の時間における可用性がSLAによって保証されています。Azure SQL Databaseの構成やサービスレベルによって詳細は異なりますが、SLAが既定する可用性は99.9%を下回ることはありません。(2020年8月現在)Azure SQL Databaseでデータベースを作成すると、標準でデータベースの可用性が考慮された構成で作成可能です。

バックアップの自動的な取得

Azure SQL Databaseはサービスレベルにかかわらず、完全・差分・トランザクションログの自動バックアップを取得します。

オプションの概要について
バックアップの種類 バックアップ頻度
完全バックアップ 毎週
差分バックアップ 12~24時間ごと
トランザクションログバックアップ5~10分ごと

柔軟なリソーススケールの変更

Azure SQL DatabaseではCPUやメモリなどのリソースを柔軟にスケールできます。標準で可用性が考慮された構成で作成されるためダウンタイムが最小化でき、また、オンラインでのスケール変更も可能です。Azure SQL Databaseは従量課金制ですが、「利用者が多い時間帯はスケールアップ」「利用者が少ない時間帯はスケールダウン」といった柔軟なリソーススケールの変更によって、コストを抑えることもできます。

Azure SQL Databaseを利用するメリット

Azure SQL Databaseを利用するメリットとしては、次のようなものが挙げられます。

最大86%のコストカットが可能

Azure オプションの概要について SQL DatabaseとAWS RDSを利用する際のコストを比較すると、Azure SQL Databaseでは最大86%のコストカットが可能という結果が出ています。コストパフォーマンスに関する調査は、2019年8月にMicrosoft社がGigaOm社に依頼して調査した結果をもとにしています。
この調査では、Azure/AWSの双方で3年間データベースサービスを利用する際のコストを1秒間のスループットあたりのトランザクション数で割った結果で比較していて、AWS RDSが$2,119.10/tpsであるのに対して、Azure SQL Databaseは$290.72/tpsと86%ものコストカットができることが明らかになっているのです。

選べるデプロイオプションによる高可用性・最適化を実現

Azure SQL Databaseでは、ご利用の環境にあわせて次の3つのデプロイオプションが用意されています。

単一データベース
エラスティックプール
Managed Instance

オンプレミスのSQL Server環境をセキュアにクラウドへリフト&シフトする際に利用できるデプロイオプション。オンプレミスから手間を掛けずにAzure SQL Databaseに移行したいユーザー向け。

自動パフォーマンス監視によるメンテナンスコストの削減

Azure SQL Databaseには「Query Performance Insights」と呼ばれる自動パフォーマンス監視機能が提供されています。データベースリソースの消費量情報や、実行回数での上位データベースクエリの詳細など、ダッシュボード形式でデータベースのパフォーマンスの監視が可能です。
また、AIと機械学習に基づく自動パフォーマンスチューニング機能も備わっており、自動チューニングが有効な状態で長時間稼働させることで、パフォーマンスを向上させることができます。一般的に、データベースのパフォーマンス監視・チューニングは非常に手間が掛かりますが、Azure SQL オプションの概要について Databaseでは自動化できるためメンテナンスコストの削減が可能なのです。

Azure SQL Databaseの料金体系

Azure SQL Databaseの料金体系は「購入モデル」と「サービスレベル」からなります。購入モデルは「vCore」「DTU」から選択可能です。

vCore(仮想コア)モデル

Azure SQL Databaseの処理能力とストレージをそれぞれ選択できるモデルであり、ユーザー側で要件を個別に選択できる柔軟性がある。単一データベースのvCoreモデルのみ、サーバーレスのコンピューティングレベルを選択可能。

DTU(Database Transaction Unit)モデル

購入モデル サービスレベル 概要
vCore 汎用 予算重視でバランスの取れたスケーラブルなオプション
Business Critical 障害に対する最大の回復性をアプリケーションに提供するオプション
ハイパースケール 必要に応じてストレージの柔軟な自動拡張が可能。障害に対するより高い回復性を提供するオプション
DTU Basic 最大ストレージサイズ2GB、最大バックアップ保有期間7日間
Standard 最大ストレージサイズ1TB、最大バックアップ保有期間35日間
Premium 最大ストレージサイズ4TB、最大バックアップ保有期間35日間

購入モデル・サービスレベルの詳細や、価格については「Azure SQL Databaseの価格 」をご参照ください。

Azure DatabaseはAzureサービス上で利用できるフルマネージドでインテリジェントなクラウドデータベースサービスの総称です。そのなかでも、本コラムではAzure SQL Databaseについて、機能や特徴、利用するメリットについて紹介しました。Azure SQL Databaseは最新バージョンのデータベースエンジンが利用でき、99.9%以上の可用性が保証されたフルマネージドのPaaSデータベースエンジンです。
Azure SQL Databaseは競合他社の製品と比較して最大86%のコストカットできる可能性があることや、自動パフォーマンス監視・チューニングなどのメリットがあります。

オプションの概要について

新型「STEP WGN(ステップ ワゴン)」を発売
~家族それぞれのライフスタイルを素敵に引き立てることを目指した6代目~

ステップワゴン 残価設定型クレジット実施中!

ステップワゴン バリュー保証プラン実施中!

頭金0円、ずっと定額!

新型STEPWGN特集!

安全運転支援システム Honda SENSING

安全運転支援システム Honda SENSING

Honda純正アクセサリー

福祉車両

Honda Stories Hondaのこれからがわかるメディア

自動車ビジネス新時代 ”好み”をクルマにインストール

Honda公式ソーシャルメディアアカウント

Honda公式メールマガジン

© Honda Motor Co., Ltd. and its subsidiaries and affiliates. All Rights Reserved.

オプションの概要について

ミニプラン基本料最大半年間実質無料キャンペーン

新プラン登場!ミニプラン

PayPayポイントあげちゃうキャンペーン

LINE MUSIC 6カ月無料キャンペーン

アプリでかんたん初期設定

ソフトバンクまとめて支払い

900万種類以上の対象クリエイターズスタンプ使い放題! LINEスタンプ プレミアム ポイントバックキャンペーン

通話オプション 割引キャンペーン スマホプラン加入から1年後まで 5分以内の国内通話定額オプションが 無料!

特徴 特徴

選べる
2つのプラン

選べる2つのプラン

  • ※ 時間帯により速度制御の場合あり。

LINE
ギガフリー

広範囲の
通信エリア

キャリア
品質の
高速通信

eSIM対応

オンライン
限定

  • スマホプラン・ミニプランの注意事項
  • ・契約者年齢が18歳以上であることが必要です。
  • ・法人は対象外です。
  • ・3G専用端末、VoLTEに対応していない端末、SIMロック解除に対応していない端末など一部対象外端末あり。
  • ・SMSや海外でのご利用分などは別途料金が発生します。
  • ・1カ月あたりのデータ量が、スマホプランは20GBを超えた場合、月末まで通信速度を送受信時最大1Mbpsに制限します。ミニプランは3GBを超えた場合、月末まで通信速度を送受信時最大300kbpsに制限します。
  • ・データ量上限を超過した場合、追加データ(550円/1GB)を購入することで、通常速度でご利用いただけます。
  • オプションの概要について
  • ・月途中に解約の場合(初月に解約の場合を除く)は、日割り計算は行いません。
  • ・ネットワークサービスの安定的な提供のため、時間帯により、動画、ゲーム等のサービス、AR(拡張現実)等の機能を用いたサービス、その他トラフィックの混雑を生じさせるおそれのあるサービスのご利用にあたり、通信速度を制御します。
  • ・通信が混雑、または通信の混雑が⽣じる可能性がある場合、ネットワーク全体の品質を確保するため、通信の種類及び内容にかかわらず、通信速度を制御する場合があります。
  • ・一定期間内に著しく大量の通信を継続的に行い、機械的な通信と当社が判断した場合は、当該通信を行うお客さまに対して通信速度を制限することがあります。
  • ・余ったデータ量は翌月以降に繰り越せません。
  • ・「スマホプラン」提供条件書
  • ・「ミニプラン」提供条件書

ミニプラン基本料最大半年間実質無料キャンペーン

PayPayポイントあげちゃうキャンペーン

LINE MUSIC 6カ月無料キャンペーン

通話オプション 割引キャンペーン スマホプラン加入から1年後まで 5分以内の国内通話定額オプションが 無料!

900万種類以上の対象クリエイターズスタンプ使い放題! LINEスタンプ プレミアム ポイントバックキャンペーン

スマートフォンは? オプションの概要について スマートフォンは?

利用中の
ものを使う

新しく
購入する

SIMロック解除って?

SIMロック解除って?

  • ※ ソフトバンク・ワイモバイルで端末を購入後、現在ご利用の電話番号のままLINEMOに乗り換える場合、 事前のSIMロック解除のお手続きは不要です。
    ただし、eSIMを利用する場合は事前にSIMロック解除の手続きが必要です。詳しくはこちらをご確認ください。

動作確認端末 動作確認端末

利用開始までの
流れ 利用開始までの
流れ

スマートフォンを
用意する

SIMタイプを
決める

本人確認書類
を用意

MNP予約
番号の取得

暗証番号の
確認

SIM受け取り

スマートフォンを
再起動

本人確認書類 本人確認書類

自身(18歳以上)の契約

子ども(17歳以下)の
契約を親が行う

同居している親の
契約を子が行う

    オプションの概要について
  • ※「契約者」とは、LINEMOと契約を結ぶ名義の方で、利用料金を支払う方を指します(クレジットカードの名義が契約者と同じ必要があるため)。
  • ※SIMカードは契約者の住所(=契約者の本人確認書類に記載されている住所)に届きます。

サービス サービス

LINEMOで
できないこと LINEMOで
できないこと

キャリアメール(MMS)

  • ※ 現在キャリアメールをご利用中の場合、ご利用中キャリアのメールアドレス持ち運びサービスをご利用いただくことで、引き続きキャリアメールが利用可能です。ソフトバンクキャリアメールお使いの方は1メールアドレスにつき年額3,300円(税込)(※1)
  • ※ ドコモ・auのキャリアメールをお使いの方は月額330円(税込)(※2)です。

Yahoo!プレミアム

ソフトバンク特約
Yahoo!プレミアム for オプションの概要について オプションの概要について Y!mobile

ソフトバンク・ワイモバイルからLINEMOにのりかえた場合、料金プランに含まれていた「Yahoo!プレミアム(ソフトバンク特約の適用)」やワイモバイルの基本料に含まれていた「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」は自動的に解約され、利用できなくなります。

<自動解約時の影響>
・ヤフオク!出品中の場合は、出品が取消。
・Yahoo!かんたんバックアップの容量減少。
・容量無制限が終了、上限は5GBまで。90日以上経過しても5GB以上の容量をお使いの場合、データはすべて削除。
・プレミアム会員割引の適用が終了、加入中の有料サービスの料金が発生。

【限定5セット】ネクストキャンパーから特別仕様オプション「ブラックエディション」が登場!

ネクストキャンパーは3つのグレードからなるブレイズオリジナルの軽キャンピングカーキットです。
今回は、以前よりお客様からいただいていた「カッコ良さを重視したキットが欲しい」という声にお応えし、新しくワイルドなデザインの特別仕様オプション「ブラックエディション」を製作いたしました。

「ブラックエディション」では、内装だけでなくタイヤ、ホイール、オーニングやキャリアにも変化をつけ、より多くのお客様に満足していただける仕様となっており、ネクストキャンパーの全グレードに対応しています。
仕様の詳細は以下をご確認ください。



仕様詳細

対応キットグレード:全グレード
マット:限定ブラックレザー
キャリア、オーニング、ラダー:ハードカーゴ製
タイヤ:トーヨータイヤ製オープンカントリー
ホイール:エム エル ジェイ製エクストリームJ

価格(キット+ブラックエディション+取付費 ※車両は含まれません。)
アクティブキット:¥835,800 (税込 ¥919,380)
リミテットキット:¥1,055,900 (税込 オプションの概要について ¥1,161,490)
プレミアムキット:¥1,165,900 (税込 ¥1,282,490)

ご注文方法
ネクストキャンパー公式サイトからお問合せください。(売り切れ次第終了となります。) オプションの概要について
https://nextcamper.jp/

取り付け納期
1~2ヵ月
(納車までの期間は、ベースの車両によって異なります。)


ネクストキャンパーとは?


<特徴>


日本の職人の手で作り上げた最高品質の家具やベッドマット。
業界初の180°回転するシンクや1.5m伸縮式シャワーで車外でも快適。 オプションの概要について
2000Wインバーター搭載でさまざまな家電製品が使用可能。
デザイン性・機能性・品質・経済性すべてにおいてこだわり抜き、キャンピングカーとしてのご使用はもちろん、日常生活でも使える一台。

■キット価格 :¥398,000 (税込 ¥437,800 )~

取り付け車種については、
1.新車購入ベース 2.新古車・中古車ベース 3.車両持ち込みベース
がございます。
車種・年式・グレード・色・予算などお客様のご希望の車両条件をスタッフにご相談ください。


会社概要/お問い合わせ先

株式会社ブレイズ
弊社は株式会社MTG<7806. 東証グロース市場>のグループ企業です。
〒454-0971 愛知県名古屋市中川区富田町千音寺狭間4603
代表取締役 市川秀幸(いちかわ ひでゆき)
【コーポレートサイト】https://www.blaze-inc.co.jp/
【商品ポータルサイト】https://portal.blaze-inc.co.jp/
【ネクストキャンパー公式サイト】https://www.nextcamper.jp/
TEL :052-439-0277(年中無休 24時間受付可)
MAIL:[email protected]

【事業内容】
<EVカンパニー>
立ち乗りEVバイク(ブレイズEVスクーター)企画・製造・販売
折り畳みEVバイク(ブレイズスマートEV)企画・製造・販売
EV3輪トライク(ブレイズEVトライク・EVデリバリー)企画・製造・販売
EV4輪ミニカー(ネクストクルーザーEV・EVクラシック) 企画・製造・販売
軽キャンピングカー(ネクストキャンパー)企画・製造・販売
衛生用品(e-3X・ドゥキレイ)販売

本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる