デモトレード

ヘッジ会計の概要

ヘッジ会計の概要

ソフトバンクグループ株式会社 (9984)

5月27日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり143銘柄、値下がり80銘柄、変わらず2銘柄となった。 日経平均は4日ぶり反発。 26日の米株式市場でNYダウは516ドル.

日経平均は4日ぶり反発。 26日の米株式市場でNYダウは516ドル高と大幅に5日続伸。 連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が想定内の内容にとどまり、過度な利上げ懸念が後退したこ.

27日の日経平均は4日ぶりに反発。 176.84円高の26781.68円(出来高概算11億6000万株)で取引を終えた。 米小売大手の良好な決算などを映して前日の米主要株価指数が上.

ソフトバンクグループ株式会社 分析

ソフトバンクグループ株式会社 企業情報

ソフトバンクグループ株式会社 企業情報

損益計算書

テクニカルサマリー

人気銘柄の動向

人気銘柄の動向

9984 口コミ

こんにちは、私はシニア投資家です。 私は数年前から株式に投資してきましたが、最近は香港の株式に投資する予定です。 米国株は香港株への影響が少ないので、香港株にも投資したい場合は、私のLINEまたはWhatsAppを追加してください。 一緒に話し合い、学びましょう。LINE:zihan1990電話番号:+86 16603248725他のアプリケーションがある場合は、私にメッセージを残してください

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

AWS Summit 2022が開幕、長崎社長「クラウドはイノベーションに直結する」

アマゾン ウェブ サービス(Amazon Web Services) ジャパンの年次イベント「AWS Summit Online」が5月25日に開幕した。「未来を拓くクラウドの真価」というタイトルの下で行われた初日の基調講演では、例年と同様、代表執行役員社長の長崎忠雄氏が、さまざまな新サービスの提供開始を発表した。今年は、どんなサービスが登場したのだろうか。
クラウドの真価はイノベーションにある
長崎氏は冒頭、ビジネス概況として、2021年度の売上が622億200万ドル、前年同期比で37.1%増だったことを紹介し、2021年に行った機能改善は3084と前年を上回っており、「幅広い顧客の声に応えてきた結果」と語った。


そして、長崎氏は今回発表になった新しいサービスを紹介した。同氏が紹介した主要なサービスは以下の通りだ。
AWS Graviton3
AWS ヘッジ会計の概要 Cloud WAN
Amazon MemoryDB for Redis
Amazon SageMaker Canvas
AWS Mainframe ヘッジ会計の概要 Modernization
Amazon DevOps Guru for RDSs
Customer Carbon Footprint Tools
「AWS Graviton」は独自開発したプロセッサで、Amazon EC2のワークロードで最高の昨年に第2世代が発表されたが、今年は第3世代が発表された。長崎氏は「ユーザーの声に応えて、“止まらない”Graviton3を開発した。Graviton3は最大25%コンピューティングのパフォーマンスが向上している。サステナビリティも考慮し、消費電力は最大60%削減されている」と説明した。Graviton3はAmazon EC2 C7gインスタンスで利用可能だ。
「AWS Cloud WAN」はオンプレミスのデータセンターや各事業拠点とAmazon VPCをシームレスに接続するサービスで、クラウドとオンプレミスのグローバルネットワークの一元管理を実現する。
長崎氏は、「クラウドが顧客のビジネス、イノベーション、文化に直結することを実感している。クラウドの真価はイノベーションにある。というのも、クラウドは小さく始められるため、試行錯誤を頻繁に行って、イノベーションの種をたくさんまくことができる。クラウドを活用すれば、誰もが速く安くイノベーションにチャレンジできる」と述べ、クラウドがイノベーションにおいて不可欠なものであることを強調した。
変革の成功にはそのためのメカニズムが必要
昨今、あらゆる企業が成長していくためにDX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組んでいるが、長崎氏は「これまでの経験から、よいプロセス 優れた人材 両輪がそろうことで、変革の成功につながることがわかってきた。メカニズムがあることで、初めて変革は動く」と述べた。
AWSでは、顧客が求めることを徹底的に追及してから、サービス開発に動き出すという。長崎氏はこの仕組みを「Working Backwards(顧客から逆算する)」と紹介した。具体的には、「5つの質問に答える」→「プレスリリースを書く」→「FAQを練る」→「ビジュアルで体験をクリアにする」といったステップを踏む。
「Working Backwardsはサービス開発前の段階なので、結構時間を使う。当社には、顧客に対する付加価値を明らかにするまでは前に進まないというメカニズムがある」(長崎氏)
長崎氏は、こうしたAWSの変革のメカニズムを体験してもらうためのプログラムとして、「デジタルイノベーションプログラム」(DIP)を紹介した。同プログラムでは、AWSのメンバーと顧客がチームを組んで、ビジネス課題に取り組む。最終的にアウトプットを出し、経営層にプレゼンまでする。
そして、DXには人材が欠かせないが、現在その不足が問題視されている。こうした状況を踏まえ、同社は今年4月に顧客のクラウド人材育成を包括的に支援するプログラム「AWS Skills Guild」を発表した。同プログラムでは、顧客のビジネスゴール達成に向けて、必要なデジタルスキルの精査とそれを習得するための人材育成計画立案から支援する。
長崎氏は「デジタルイノベーションプログラムでは、顧客と一緒に育成計画を練り、その顧客のためにカスタマイズしたトレーニングを提供する。また、トレーニングだけでは終わらない。学んだことを忘れないように、学び続ける組織文化を手に入れてもらうためのプログラムも取り入れている。人材育成はトップのコミットメントがないとうまくいかない。われわれはできないことはないと考えており、できないことをどう支援するかに注力している」と語った。
メインフレームのクラウド移行を支援
企業のIT環境をクラウドに移行するという機運はずいぶん前からあるが、ここにきて、基幹システムなどの大規模な環境のクラウド移行に対する注目度が高まっており、AWSをはじめとするさまざまなベンダーが支援サービスの提供を始めている。
長崎氏は、大規模なクラウド移行における課題として、同社が「システムの構成・変更」「プロジェクトの計画・運営」「既存IT資産の有効活用」に絞り込んでいると説明した。
同社の経験をもとに開発した、大規模なクラウド移行を支援するプログラムが「ITトランスフォーメーションパッケージ2.0」だ。同プログラムでは、クラウド移行を「評価」「準備」「移行」の3つのフェーズに分けて支援する。長崎氏によると、昨年に発表して以来、同プログラムを100社に提供したそうだ。
長崎氏は、大規模なクラウド移行においては、必ずメインフレームが話題になると述べた。メインフレームをクラウドに移行する手法は、リフト&シフトやリファクタリングなどいくつもあるが、「どれも複雑なプロセスになる」と同氏。
メインフレームのワークロードを迅速にクラウドに移行し管理することを可能にするサービスとして、長崎氏は「AWS Mainframe Modernization」を紹介した。同サービスは、メインフレームからクラウドへアプリケーションを移行するためのツール一式を提供する。
さらに、長崎氏はサステナビリティの取り組みについても言及した。AWSはパリ協定より10年早くCO2の排出削減の目標を達成することを掲げているという。
ただし、長崎氏は「サステナビリティは1社では完結しない」として、顧客がサステナビリティに歩みだすことを支援するサービス「Customer Carbon Footprint Tools」の提供を開始したことを明らかにした。同サービスでは、オンプレミスのシステムを使い続けていた場合のCO2排出を計算できる。
長崎氏は同社が低炭素技術に対する投資を加速していくとともに、企業のサステナビリティに対するチャレンジを応援していくと語っていた。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる